« 線路に男性遺体遺棄容疑、知人の男を逮捕 千葉県警(20日) | トップページ | 東京・杉並区の居酒屋で偽1万円札を使った疑いで逮捕された41歳男を起訴(20日) »

2009年10月20日 (火)

補助金不正流用:全精社協理事長ら逮捕へ 大阪地検特捜部(20日)

全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)による厚生労働省の補助金約5100万円の不正流用問題で、補助金の虚偽申請にかかわった疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は19日、補助金適正化法違反容疑で、全精社協の理事長(55)と元幹部2人の逮捕状を取った。同容疑で元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄被告(58)=業務上横領罪で起訴=の逮捕状も取っており、20日、4人を事情聴取し、逮捕する方針。

 流用された補助金の一部が政官界に流れた疑惑もあり、特捜部は組織的な不正とみて、全精社協の資金の流れの全容解明を目指す。

 全精社協は、厚労省から障害者自立支援の調査研究事業の補助金として07年度に3130万円、08年度に1980万円を受給した。特捜部の調べで、ほぼ全額が障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の運営費や、栃木県からの補助金剰余分の返還などに流用されたことが判明している。

 捜査関係者らによると、全精社協は08年2月ごろに07年度分、08年11月ごろに08年度分の補助金交付申請書を厚労省へ提出。その際、補助金を不正流用する目的で理事長らが申請書に虚偽の内容を記載し、計約5100万円を適正に使用したように装った疑いがもたれている。

 全精社協を巡っては、会計担当だった五月女被告が05年9月~08年4月、資金約835万円を着服したとして、業務上横領罪で起訴された。この捜査の過程で、理事長ら複数の幹部が任意聴取に不正流用を認めている。【久保聡、村松洋】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091020k0000m040140000c.html

 

« 線路に男性遺体遺棄容疑、知人の男を逮捕 千葉県警(20日) | トップページ | 東京・杉並区の居酒屋で偽1万円札を使った疑いで逮捕された41歳男を起訴(20日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46533185

この記事へのトラックバック一覧です: 補助金不正流用:全精社協理事長ら逮捕へ 大阪地検特捜部(20日):

« 線路に男性遺体遺棄容疑、知人の男を逮捕 千葉県警(20日) | トップページ | 東京・杉並区の居酒屋で偽1万円札を使った疑いで逮捕された41歳男を起訴(20日) »