« 連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(9) | トップページ | 警察庁 薬物対策の強化を指示(23日) »

2009年10月23日 (金)

押尾被告 女性の死亡でも捜査(23日)

合成麻薬を使ったとして起訴された俳優の押尾学被告について、警視庁は、いっしょに薬物を使って死亡した女性の様子が急変したときに、すぐに消防に通報するなど適切な救命措置をとらなかった疑いがあるとして、捜査を進めています。

押尾学被告(31)について、警視庁はことし8月、東京・六本木のマンションで合成麻薬のMDMAを使った際に、いっしょに麻薬を使った飲食店従業員の30歳の女性が死亡したいきさつについても話を聞いています。警視庁によりますと、押尾被告は「女性が錠剤を飲んだらけいれんが起きたり、歯を食いしばったりしたので心臓マッサージをしたが、意識が戻らないので知人を呼んだ」などと話しているということで、駆けつけた知人の男性が消防に通報したのは、女性に異変が起きてからおよそ3時間後だったということです。警視庁は、女性の様子が急変してから死亡するまでに一定の時間があった可能性が高いとみて、押尾被告がすぐに消防に通報するなど適切な救命措置をとらなかった疑いがあるとして、保護責任者遺棄などの疑いで捜査を進めています。News_pic1_5 http://www.nhk.or.jp/news/k10013319871000.html

 

« 連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(9) | トップページ | 警察庁 薬物対策の強化を指示(23日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46563614

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾被告 女性の死亡でも捜査(23日):

« 連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(9) | トップページ | 警察庁 薬物対策の強化を指示(23日) »