« 新たに中学生3人を逮捕 兵庫の中2男子暴行事件(6日) | トップページ | 生後1カ月の長男を殴り死なす 傷害致死容疑で母親逮捕(6日) »

2009年10月 6日 (火)

消費期限切れの魚、日付改ざん販売 浜松のイオン系店舗(6日)

流通業界大手イオングループ傘下のマックスバリュ東海(本社・静岡県長泉町)が運営する浜松市のスーパーが08年10月~09年1月、消費期限切れの鮮魚を、日付を改ざんして販売していたことが分かった。正社員である職場チーフ(責任者)の指示で改ざんを繰り返した実態を派遣社員がノートに記録し、退社後に告発した。同社は役員3人や販売に関与した社員ら計11人を降格や減俸などの社内処分にした。

 このスーパーは同市南区の「ヤオハン立野店」。派遣社員だった60代男性は在職中、鮮魚売り場のチーフの指示を受けて、消費期限を2日程度、改ざんした。「期限切れのマダイのサク(切り身)を刺し身にして店に出して売った(色の変わったところは捨てて)」などと改ざん販売の内容を、証拠のシールとともに1冊のノートに記録。退職後の6月、ノートを同社に郵送した。

 ノートによると、改ざんはブリが中心で約20回に及ぶ。冷蔵庫内で保存したまま消費期限が切れたものを切り身に調理したほか、しゃぶしゃぶ用にして販売。保存用の箱に消費期限が記載されたシールが張られていたが、店頭に並べる際は消費期限を先の日付に書き直した。

 ほかにも、蒸しダコをパックから出して消費期限を書き換え、ぶつ切りにしてトレーに入れて売ったほか、期限が来た冷凍エビを水道水で解凍して販売。改ざんの対象となった鮮魚はマグロやメヒカリ、ニギスなど計7品目で、チーフが他店に異動する2月の直前まで続けられたという。 同社の調査に、当時のチーフはノートの内容を認め、「売り上げ目標を重圧に感じていた」と話したという。

 同社は7月、浜松市保健所に改ざんを報告したが、ブリのみを「社内基準違反があった」と説明。ほかの鮮魚については「責任者は認めたが、具体的な事案について記憶があいまいで確証が得られなかった」として公表しなかった。同月上旬に店内に張り出した「お詫(わ)びとお知らせ」という紙でも、ブリしか触れていない。

食品衛生法は、適正な期限の設定と表示を義務づけているが、期限の設定は店側にゆだねている。同保健所は報告にそう形で「不適切だが、明確な法違反は見当たらない」と判断し、口頭や文書による指導にとどめていた。

 信用調査会社などによると、同社の前身は97年に倒産したヤオハンジャパンで、イオンが支援して経営再建。静岡、愛知、神奈川、山梨各県で約80店舗を展開し、09年2月期の売り上げは約1255億円。 マックスバリュ東海広報室は「ルールを無視した自己中心的な行為だった。今後は二度とこのようなことがないよう、コンプライアンス教育を徹底していく」としている。(小松隆次郎) Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1005/NGY200910050021_01.html

 

« 新たに中学生3人を逮捕 兵庫の中2男子暴行事件(6日) | トップページ | 生後1カ月の長男を殴り死なす 傷害致死容疑で母親逮捕(6日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46409845

この記事へのトラックバック一覧です: 消費期限切れの魚、日付改ざん販売 浜松のイオン系店舗(6日):

« 新たに中学生3人を逮捕 兵庫の中2男子暴行事件(6日) | トップページ | 生後1カ月の長男を殴り死なす 傷害致死容疑で母親逮捕(6日) »