« 東京・葛飾区の京成押上線の線路内に重しを置いた28歳会社員の男逮捕(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年10月 5日 (月)

東京地検 献金虚偽記載で鳩山総理の弁護士を聴取 (5日)

鳩山総理大臣の資金管理団体が、収支報告書に嘘の記載をしていた問題で、東京地検特捜部が過去5年分の会計帳簿の任意提出を受け、調査を担当した弁護士から事情を聴いていることが新たに分かりました。

 今年6月、鳩山総理は、資金管理団体である「友愛政経懇話会」の収支報告書にすでに亡くなった人などの名義が使われていたことを公表しました。東京地検特捜部は、収支報告書に名前が記載された人などから参考人聴取を始めています。関係者によると、特捜部は収支報告書に載らない5万円以下の献金者名が記載されている「会計帳簿」の任意提出を受けたうえ、鳩山総理側からの依頼で、調査を担当した弁護士からも事情を聴いていることが新たに分かりました。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

« 東京・葛飾区の京成押上線の線路内に重しを置いた28歳会社員の男逮捕(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46401940

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検 献金虚偽記載で鳩山総理の弁護士を聴取 (5日):

« 東京・葛飾区の京成押上線の線路内に重しを置いた28歳会社員の男逮捕(5日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »