« 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) | トップページ | 万引き被害:年670億円 振り込め詐欺の11倍(24日) »

2009年10月24日 (土)

女子大生の首と胸に刃物傷 千葉県警、殺人容疑で捜査(24日)

千葉県松戸市で22日夜、マンション2階の一室で火災が起き、千葉大4年生の荻野友花里さん(21)が遺体で見つかった事件で、遺体の首と胸に、刃物によるものとみられる傷があったことが24日、県警への取材で分かった。近くに刃物はなく、県警は荻野さんが殺された疑いが強いと判断。同日午後にも捜査本部を設置して捜査を本格化させる。

 捜査関係者によると、傷は何者かに刃物で切られたものと、刺されて生じたものの可能性が高いという。県警は司法解剖して傷の状況などを詳しく調べる。マンションはオートロックで、玄関は施錠されていたが、出窓は開いていた。ベランダの窓は閉まっていたが、施錠はされていなかった。県警は何者かが部屋に出入りしたとみて、経路についても調べている。

 火事は22日午後8時20分ごろ発生。約40分後に鎮火したが、204号室(約20平方メートル)がほぼ全焼し、一人暮らしの荻野さんが、ベッドで仰向けの状態で見つかった。遺体の歯型から身元が判明したという。

 松戸署の説明では、荻野さんはアルバイト先を火災の2日ほど前から無断欠勤していた。メールや電話でよく連絡を取り合うという知人女性が21日午前にメールを送ったが返信はなかった、という。 現場はJR常磐線松戸駅から南に約1キロの住宅街。千葉大園芸学部の敷地に近い。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY200910240197.html

 

« 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) | トップページ | 万引き被害:年670億円 振り込め詐欺の11倍(24日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子大生の首と胸に刃物傷 千葉県警、殺人容疑で捜査(24日):

« 【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日) | トップページ | 万引き被害:年670億円 振り込め詐欺の11倍(24日) »