« 休耕田の女性遺体、身元は近くの26歳会社員 宇都宮(5日) | トップページ | 警察官による逮捕増加を 痴漢対策で警察庁が指示(5日) »

2009年10月 5日 (月)

盗難携帯売買防止へ 対策強化(5日)

盗難にあった携帯電話がインターネットのオークションで不正に売買されるのを防ごうと、携帯電話各社は、出品されている端末が盗まれたものかどうかを見分けられるサイトを開設するなど、対策を強化しています。

インターネットのオークションサイトでは、盗難にあった携帯電話や、偽の証明書などを使って契約された携帯電話が、販売店より安い価格で不正に売買され、携帯電話各社にとって対策が急務となっています。このため「NTTドコモ」は、今月、新しいサイトを開設し、携帯電話1台ごとに割り当てられた製造番号を入力すれば、不正に入手されたものかどうかをすぐに見分けられるようにしました。さらに「Yahoo!オークション」や「楽天オークション」などのオークションサイトに対して、出品されている携帯電話の製造番号をサイトに載せるよう要請し、今月以降、順次、実施されることになっています。同じような仕組みは、「ソフトバンクモバイル」も来年3月までに導入することを決めたほか、「イー・モバイル」も検討しています。一方、auの「KDDI」は、中古の携帯電話は販売店で登録しないと利用できないようにしており、各社とも不正利用の防止策を強化しています。News_pic1_4 http://www.nhk.or.jp/news/t10015891581000.html

 

« 休耕田の女性遺体、身元は近くの26歳会社員 宇都宮(5日) | トップページ | 警察官による逮捕増加を 痴漢対策で警察庁が指示(5日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46400204

この記事へのトラックバック一覧です: 盗難携帯売買防止へ 対策強化(5日):

« 休耕田の女性遺体、身元は近くの26歳会社員 宇都宮(5日) | トップページ | 警察官による逮捕増加を 痴漢対策で警察庁が指示(5日) »