« ウガンダ国籍の3容疑者逮捕 ハイエース専門窃盗団か(10日) | トップページ | 防犯川柳コンテスト、応募2万7399点(10日) »

2009年10月10日 (土)

菅家さん、誘導通り「自白」…録音テープ(10日)

栃木県足利市で1990年に4歳女児が誘拐・殺害された足利事件で再審が決まった菅家利和さん(62)が、別の幼女殺害事件について県警の取り調べを受けた際の録音テープの内容の一部が9日、事件関係者への取材でわかった。

捜査員の「ヒント」で、菅家さんが「自白」に導かれる様子が記録されていた。

 関係者の説明によると、79年8月3日の正午過ぎに足利市内の5歳の女児が行方不明となり、6日後に同市内の渡良瀬川河川敷でリュックサックに詰め込まれた遺体で見つかった事件の取り調べ。菅家さんが足利事件で起訴される前日の91年12月20日、足利署で捜査員2人によって行われた。

 テープでは、捜査員が「犯行はいつやったの」と尋ね、菅家さんは2度、「仕事が終わってから」と答えた。すると、捜査員は「昼のこと考えてくれ。昼なら明るかんべ。夜だと暗くなるだろ」とたたみかけた。菅家さんは「じゃあ、夜です」と答え、かみ合わないやり取りとなった。

 捜査員は次に、遺体を運んだ手段について質問。菅家さんが「自転車にひもで縛った」と答えたが、捜査員に「それ、落ちるだろう」などと指摘され、「ビニールの袋(に入れた)」と供述を変えた。さらに菅家さんが「袋を持ってきた。女の子を縛った」と話すと、捜査員は「透き通っていないものだな」と質問。菅家さんは「ええ、黒いものです」と答えた。テープはいったん途切れ、録音再開後に、捜査員が再び「(遺体を)何に入れたの」と尋ねた。すると、菅家さんは「うーん、リュックですか」と聞き返し、捜査員が「うん、リュック」と答えた。

 菅家さんは取り調べ4日後の24日、5歳女児を殺害した容疑で再逮捕されたが、宇都宮地検は92年1月に「自供を裏付ける物証がない」として処分保留とし、1年後に不起訴とした。

 関係者は取り調べについて、「会話にヒントを挟み込み、あたかも誘導するような手法で、誤った自白が作られる見本のようだ」と指摘している。県警幹部は「テープについて今のところ申し上げることはない」と話している。(2009年10月10日03時08分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091010-OYT1T00011.htm?from=main1

 

« ウガンダ国籍の3容疑者逮捕 ハイエース専門窃盗団か(10日) | トップページ | 防犯川柳コンテスト、応募2万7399点(10日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅家さん、誘導通り「自白」…録音テープ(10日):

« ウガンダ国籍の3容疑者逮捕 ハイエース専門窃盗団か(10日) | トップページ | 防犯川柳コンテスト、応募2万7399点(10日) »