カテゴリー

« 国際結婚の紛争解決条約、国内法整備に2年必要(18日) | トップページ | 凶悪無期懲役:検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件で(18日) »

2009年10月18日 (日)

マージャン店の男性遺体は従業員、殺人容疑で捜査(18日)

東京都大田区大森北のマージャン店で17日朝、男性が頭から血を流して死亡していた事件で、男性は同店従業員伊藤猛さん(60)(品川区南大井)と判明した。

伊藤さんは頭部に複数の傷があり、腕には争った際にできたとみられる傷もあった。警視庁は詳しい死因を調べるとともに、殺人容疑で捜査を始めた。

 同庁幹部によると、死亡推定時刻は同日午前6時頃で、店内の金庫などに物色された跡はなかった。同庁では、現場の状況などから、伊藤さんは複数の人物に襲われ、血痕が付着していた店内のサイドテーブルが凶器に使われた可能性があるとみている。伊藤さんはこの日午前5時頃まで、男性客2人と同僚従業員の4人でマージャンをし、その後は1人で閉店作業をしていたという。(2009年10月17日23時10分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091017-OYT1T01102.htm

 

« 国際結婚の紛争解決条約、国内法整備に2年必要(18日) | トップページ | 凶悪無期懲役:検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件で(18日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マージャン店の男性遺体は従業員、殺人容疑で捜査(18日):

« 国際結婚の紛争解決条約、国内法整備に2年必要(18日) | トップページ | 凶悪無期懲役:検察が仮釈放に慎重審理求める 指定事件で(18日) »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ