« 2009年10月29日 | トップページ | 2009年10月31日 »

2009年10月30日

2009年10月30日 (金)

連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(10)

 小便入りラーメン

Dvc00184  二十四時間警戒のため徹夜担当の交替要員の到着を待っていた。通常なら交替時間は夕食前後の午後七時から八時ころのはずだ。ところが交替は九時になっても来なかった。腹が減った。インスタントラーメンを食べようと、テント近くの道ばたの雪をかき集めてお湯にした。

 食べ終えた時、他社のカメラマンが私が雪を採ったその付近で立ち小便をした。「もしかして」と思い、私が雪を採取した付近の残雪を調べたら、小便の跡がいっぱい。一㍉程度の新雪の下までは分からなかった。
 小便の跡で残雪は真っ黄色になっていた。私は他人の小便をラーメンの汁に利用したことになる。無性に腹が立ってきた。交替者と言葉を交わすのも嫌になり引き揚げた。

 宿舎兼前線本部で待っていたのは、例の金子デスクだった。
 「なにしてんだよ。こんな時間に帰って来て…打ち合わせなんて全部済んでるよ。あしたのお前の位置は、ここ」と地図上を指さして言った。

 「役目は、玄関から警察が突入した場合、人質を楯に裏側に逃げるだろうと思われるので、お前は身体を張ってその瞬間を撮ることだ。最高のポジションだぞ」
 例によって言葉の少ない実に簡単な指示だった。後にこの言葉不足が私に大きなダメージを与えることになる。
   九機の隊旗に涙

 九日目の朝は晴れていた。しかし気温は零下五度。雪を抱いた連山が朝日に輝いて綺麗だった。警察にとって長い一日になろうとは誰も予測はしなかった。
 人質になっている牟田泰子さんの夫、郁男さんの山荘への呼びかけからその日は始まった。

 「泰子、もう少しの辛抱だ。頑張れよ」
 呼びかけにも山荘からは何の音もなく郁男さんの声だけが夜明けの空に虚しくこだました。

午前五時五十分を過ぎていた。
 私が配置に着いてのは午前六時過ぎ。郁男さんの呼びかけを聞きながら山荘を後に、修羅場となるであろう正門の反対、北側の崖の下に向かった。
  見上げるような場所だが、各社のカメラマンも続々とやってきた。テレビ局のカメラマンが三脚を広げながらポツリと言った。
 「この場所は参加するだけだから…」

 賑やかになったのは午前八時五十一分。山荘の方向からハンドマイクで呼びかける警察部隊の声が聞こえてきた。

 「諸君、警察はもう待てない。勇気を持って判断せよ。話し合う気があるなら泰子さんを連れて白い布を振って部隊の見えるところまで出てこい」
 警察部隊の呼びかける声が聞こえるだけで建物からは何の応答もなく動きもみられなかった。昨夜の事前発表によると、今頃は、警察にとって突入時の最大の武器となる鉄球のついたクレーン車が玄関に到着しているはずだ。

 容赦なく銃を乱射してくる建物への突入は、玄関だけでは困難だ。鉄球で壁を壊して突入口をつくる必要があった。鉄球クレーン車はそのためのもので、警察はモンケンと呼んでいた。

 嵐の前の静けさが暫く続いた。上空に報道関係のヘリコプターが旋回し始めて緊張の時を迎えた。

 

続きを読む "連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(10)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚詐欺女“不倫サイト”83歳男性から金(30日)

結婚詐欺事件で逮捕されている東京・豊島区の女(34)が、結婚相手を探すサイトだけでなく、不倫相手を探すサイトでも男性に接触し、多額の金を受け取っていたことが新たにわかった。 この女は、結婚相手を探す会員制のサイトで出会った4人の男性から金をだまし取ったなどとして逮捕されている。警察のその後の調べで、女は、不倫相手を探すサイトにも登録し、サイトを通じて不倫交際した男性(83)を脅して、現金百数十万円を受け取っていたことが新たにわかった。 この男性は被害届を出しておらず、警察は、女が被害届を出しにくい人を狙って接触していた疑いもあるとみて調べている。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/10/30/07146834.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人被害者遺族の会:ロス事件・白石千鶴子さんの姉が入会(30日)

79年に米ロサンゼルス近郊で変死体で見つかった白石千鶴子さん(当時34歳)の姉で、米国に住むファッションデザイナーの美佐子さん(73)が、凶悪事件の公訴時効撤廃・停止を求めている「殺人事件被害者遺族の会(宙=そら=の会)」(宮沢良行会長、22事件の家族で構成)に入会した。殺人の時効がない米国での経験を踏まえて協力する。

 ◇殺人の時効ない米国「私は救われた」

 千鶴子さんは、昨年10月にロサンゼルス市警の留置場で自殺したとされる元社長(当時61歳)の元交際相手で、79年5月、ロス中心部から北西に約35キロ離れた荒れ地で死亡して見つかった。81年に銃撃され死亡した元社長の妻の事件とともに、「ロス疑惑」の一つとして日米当局が捜査したが立件されなかった。

 美佐子さんは76年から米国在住。年1回は帰国し、山口県にある千鶴子さんの墓参りをしてきた。その際に警視庁に足を運ぶこともあったが、日本では15年の時効が成立しており、「『捜査本部は解散した』と言われ悔しい思いをした」と言う。

 ところが、08年2月、事件から約30年たって元社長が米当局にサイパンで逮捕された後、ロス市警や検察で事件当初から捜査に当たっていたジミー佐古田氏らが、ニューヨークの自宅を訪ねてきた。「新しい証拠が見つかったから、捕まえに行く」と言ったという。

 美佐子さんは「30年も捜査を続け、見捨てられていなかったことに感激した。時効がない米国では法律によって日本人も守られていたことがわかり、気持ちの中でけじめがついた」と振り返る。来日中の今月28日、宙の会の宮沢会長、小林賢二代表幹事らと面談し、「日米の時効の差を知る遺族として、日本の遺族の役に立ちたい」と協力を申し出た。「時効がないことで、私は救われた。日本でも時効は廃止すべきだ」と話した。

 同会には、千葉県市川市で07年3月に殺害された英国人英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の父親も入会している。英国にも時効はない。【山本浩資】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091030k0000e040085000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(30日)2件

振り込め詐欺:弁護士の名かたった被害が横行

Logo_mainichi1 第二東京弁護士会は30日、所属弁護士の名前をかたった振り込め詐欺の被害が全国で相次いでいると発表した。3月以降で未遂を含め42件を把握し、うち4件では計1641万円がだまし取られたという。同会は警察に捜査を要請し「弁護士が面談せずに金を振り込ませることはない」と注意を呼びかけている。同会によると「全国消費生活センター」と称する団体から「あなたが提訴されたので弁護士を紹介する」とのはがきが届き、紹介された弁護士に連絡すると、供託金や訴訟費用などの名目で振り込みを求められるケースが目立つ。名前を悪用された弁護士は約10人だが、事務所名、住所、電話番号はすべて虚偽だった。精巧に偽造された受任契約書などが届く場合もあった。川崎達也会長は「本物かどうか被害者が確認できないよう、業務停止処分で事務所が稼働していなかったり、高齢で名簿に連絡先がない弁護士の名前をかたる悪質な例もある。注意してほしい」と話した。http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091031k0000m040050000c.html

振り込め詐欺:防止ビデオを作製 お笑い集団起用、銀行や県警が配布 /福島

 振り込め詐欺の被害を食い止めようと、県金融機関防犯対策協議会(北村清士会長)と県警は、県内で活躍するお笑い集団「みちのくボンガーズ」を起用したプロモーションビデオ(PV)を製作した。県内の金融機関約1300カ所や運転免許センターに配布し、窓口周辺などで映像を流して客に注意を呼び掛けるよう求める。PVは約7分間で、おかっぱ頭と黒縁の四角い眼鏡をかけたメンバーの藤吉藤吉郎さん(26)が出演。県警がまとめた、振り込め詐欺犯がよく使う12のキーワードとして▽風邪を引いて声がおかしい▽融資するためには保証金が必要▽言う通りにATM(現金自動受払機)を操作して--などを紹介し、「少しでもおかしいと思ったら、迷わず警察に相談を」などと呼び掛けている。 ロビーで放映を始めた福島市森合町の「ゆうちょ銀行福島店」に訪れた女性(24)は「出演者がインパクトのある格好なので興味を引きます」と話していた。県警捜査2課によると、今年9月末までの振り込め詐欺の認知件数は51件(前年比51件減)で、被害総額は約8110万円(同3830万円減)となっている。【蓬田正志】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091029ddlk07040255000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

16歳と15歳にも売春させた疑い 逮捕の17歳少年(30日)

山口市内の無職少年(17)が13歳の女子中学生に売春させたとされる事件で、少年が別の少女2人にも売春を強要し、この3人から数週間で30万~40万円を奪った疑いがあることが29日、山口県警への取材でわかった。3人は計約20人と売春していたとみられ、ほとんどの金は少年が独り占めしていたという。県警は少年を別の少女2人への売春防止法違反(周旋)などの疑いで追送検する方針で、買春行為をした客についても、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで調べている。

 県警によると、少年は家出中の女子中学生(13)と今年4月ごろ、携帯電話のコミュニティーサイトで知り合い、携帯電話の出会い系サイトに「お金がないので割り切り出来る人メール下さい」と書き込ませ、5月末から8日間に山口市、宇部市の20代と30代の男とみだらな行為をさせた疑いがある。

 その後の捜査で、少年はほぼ同じ時期、女子中学生とは別の山口市内の無職少女(16)と女子中学生(15)についても同じ手口で売春をさせていた疑いが浮上。客から代金として1万5千~2万円を受け取っていたが、少女らにはホテル代や携帯代を渡すだけで、残りの8割は少年が奪っていたという。 Logo3_2http://www.asahi.com/national/update/1030/SEB200910290051.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠剤、食事と飲ませる?遺体は食後数時間 連続不審死(30日)

東京都豊島区の無職の女(34)=詐欺罪で起訴=の知人男性が相次いで死亡していた事件で、8月に埼玉県富士見市のレンタカー内で死亡していた会社員大出嘉之さん(41)=東京都千代田区=の胃から肉などが見つかっていたことが、捜査関係者への取材で分かった。食後5~6時間以内とみられ、埼玉県警は遺体の血液から検出された睡眠導入剤は、食事と同時に飲まされた疑いもあるとみて調べている。

 捜査関係者によると、大出さんは8月6日朝、駐車場に止めたレンタカー内で一酸化炭素中毒死しているのが見つかった。県警が胃の内容物を調べたところ、肉やタマネギなどが見つかった。消化の状態から、これらを食べたのは亡くなる5、6時間以内とみている。

 これまでの調べで、大出さんは遺体発見前日の5日、自分名義で借りたレンタカーで、女が当時住んでいた東京都板橋区のマンションを訪問。その後、女と一緒に車で富士見市の現場に向かったことが確認されている。女は「自宅マンションで大出さんとビーフシチューを食べた」と説明し、「駐車場に止めた車内で、けんかになり別れた。タクシーで帰った」とも話しているという。大出さんの遺体からは睡眠導入剤とアルコールの成分が検出されている。

 女は5日午後10時すぎ、現場から約300メートル離れた温泉施設前でタクシーに乗り、板橋区の自宅マンションに帰宅。現金で支払いを済ませたという。

 大出さんは5日昼、ブログに「今夜から2泊3日で相手と婚前旅行に行きます」と記載。交際相手から土産を持ってくるように言われたとして、包装されたクッキーの商品の写真も載せていた。Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1030/TKY200910300222.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯人の血液型はO型か 愛知・蟹江町の3人殺傷(30日)

愛知県蟹江町で会社員、山田喜保子さん=当時(57)=宅で親子3人が殺傷された事件で、県警蟹江署捜査本部が現場の遺留物のDNAを分析した結果、血液型がO型だったことが30日、分かった。捜査幹部が明らかにした。山田さん家族はいずれもA型で、捜査本部は犯人はO型の可能性があるとみて調べている。

 捜査幹部によると、遺留物は山田さん宅の室内から採取。これとは別に、廊下にあった食器に付着していた犯人の唾液(だえき)からもDNAを検出したが、量が少なかったため、今回O型を検出した遺留物と同一人物のものかまでは分からなかった。

 事件は5月1日夜から2日未明にかけ、山田さんと次男、雅樹さん=当時(26)=が包丁で刺されるなどして殺害され、三男の勲さん(25)もけがを負った。犯人は男で2日午前中まで山田さん宅にとどまり、通報で駆け付けた警察官が姿を見掛けたが、逃走した。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/318719/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生のカードで男が現金引き出す(30日)

千葉県松戸市の千葉大学女子学生殺害・放火事件で、遺体発見の前日、女子学生のキャッシュカードを使って、現金を引き出す男の姿が確認されていることが、その後の警察への取材で新たに分かりました。

 この事件は、千葉大学園芸学部の4年生の荻野友花里さんが今月22日、松戸市の自宅マンションで胸を刃物で刺されて殺害されたうえ、部屋を放火されたものです。

 警察へのその後の取材で、荻野さんの遺体が見つかる前日の今月21日昼ごろ、近くのスーパーのATMで荻野さんのキャッシュカードを使って、現金を引き出す男の姿が防犯カメラに映っていたことが新たに分かりました。

 このキャッシュカードは依然発見されていないということで、警察は防犯カメラに映った男の特定をすすめています。(30日17:23) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4271296.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日)

(単位・レベル)

子供の犯罪を真剣に考えろ

【治安ニュース】 15日から全国で実施されている「振り込め詐欺撲滅月間」に会わせて警視庁の米村敏朗警視総監と歌手の橋幸夫さんが東京・銀座の数寄屋橋交番前で、振り込め2 238839_c1851 詐欺への警戒を呼びかけるチラシを街行くひとに配った。

 橋さんは、振り込め詐欺被害防止特別アドバイザーを務めており、関係者約60人とともに、「絶対にひっかからないように」と訴えた。

 配布後に米村総監は、「被害に遭われた方は心に痛手を負う。周りの人にも注意を呼びかけてほしい」と語った=産経新聞電子版

「日本列島降り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状維持とする。

【治安コラム】山口県警は、17歳の無職少年が13歳の女子中学生に売春させていたほか、さらに2人の少女にも売春をさせて、数週間で30万円から40万円を一人占めにしていた事件を立件した。

 北海道旭川市内では65歳の女性が現金10万円入りの手提げバッグをひったくられる事件があり、旭川中央署は、同市内の中学2年の生徒(13)と小学4年(10)の児童の2人を窃盗容疑で補導したと発表した。もう、どうしようもないですな。

 神奈川県の某市で民生委員をしている友人がいる。中学校の校長先生を退職し、ボランティア活動だそうだ。民生委員と言っても「お年寄り」ではなく「青少年担当」。

 彼の話によると、最近の子供達は「万引なんて犯罪だと思っていない」と言う。そして彼は「学校教育だけでなく、家庭の問題だ」と力説する。それが、万引」だけでなく、少年犯罪全般に影響しているのではないかと思えてならない。特に、山口県警の例などは、まさに「17歳少年のビジネス」ですよ。ここまで落ちている実態をどうするか。大人が真剣に考える時期にきている。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県警、飲酒運転の警部補を懲戒免職 検問で発覚(30日)

酒を飲んで乗用車を運転したとして、千葉県警は30日、千葉中央署地域課に勤務する男性警部補(42)を同日付で懲戒免職処分とし、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で千葉地検に送致した。県警監察官室によると、警部補は9月28日午後11時50分ごろ、船橋市内で飲酒後、乗用車を運転したとされる。同市内の市道で実施されていた検問で飲酒の事実が発覚した。

 警部補は運転する前、家族と食事し、梅干しサワー4杯を飲んだと説明しているという。

 警部補は「本来は近くに住む親族に迎えに来てもらう予定だった」などと説明したが、監察官室の調べで、親族に迎えを依頼した事実はなかったという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/318842/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月29日 | トップページ | 2009年10月31日 »