« 2009年10月25日 | トップページ | 2009年10月27日 »

2009年10月26日

2009年10月26日 (月)

千葉大生殺害、遺体付近に放火か(26日)

千葉県松戸市で起きた千葉大学の女子学生殺人・放火事件です。警察へのその後の取材で、犯人が女子学生の遺体付近に火を放った可能性があることが新たに分かりました。

 千葉県松戸市で、火事が起きたアパートから遺体となって発見された荻野友花里さん(21)。「部屋の中も真っ黒だったので、かなり燃えていたと思う」(近所の人)

 捜査本部などによると発見された時、荻野さんは衣服を身につけていない状態で布団をかぶせられ、首や胸などには刃物による傷があったほか、首にはストッキングが巻かれたような跡がありました。
 そして、焼け方は荻野さんの遺体があった部屋の窓付近が一番激しかったことが新たに分かりました。警察は犯人が証拠などを隠滅しようとして、遺体の周辺に火を放った可能性があるとみています。

 千葉大学・園芸学部の4年で、明るい学生だったという荻野さん。荻野さんは地元・兵庫県の農業高校を卒業し、3年前に千葉大学に進学しました。大学側は26日、会見を開きました。「私どもも誠に残念。遺憾としか申し上げることがない」
 「普段は明るく元気な、気さくに誰とでも話すことができる性格の良い学生だった」
 「(ストーカーなどの)相談はございませんでした」(千葉大学の会見)

 捜査本部によると、荻野さんは20日午後11時ごろに友人宅を後にしてから、連絡がとれなくなり、22日午後8時15分ごろ、友人らが荻野さんの部屋を訪れた際に火が出ているの見つけ、通報したといいます。

 捜査本部は、この直前に現場周辺に不審な人物や車がいなかったか調べるとともに、荻野さんの交友関係についても調べを進めています。(26日16:33) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4267833.html

千葉大生殺害、死因は出血性ショック

千葉大学に通っていた女子学生の殺人・放火事件。捜査本部から荻野さんの遺体の司法解剖の結果が発表され、死因は出血性ショックであることが分かりました。
 荻野さんには、首や胸などに刃物による傷が複数ありましたが、捜査本部によりますと荻野さんの胸に深さ11センチの傷があり、これが致命傷となったということです。凶器は、片刃の刃物とみられています。
 また、腕には目立った傷がないことから、荻野さんが抵抗する間もなく殺害された可能性が高いことが分かりました。
 荻野さんは部屋に火が放たれたときにはすでに死亡していたとみられていますが、遺体の状況から、荻野さんが殺害されたのは少なくとも火が出た数時間以上前だということです。
 捜査本部は事件当日に、不審な人物や車がいなかったか調べを進めています。(26日19:15)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4267848.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(26日)1件

携帯電話の不正買い取りで「道具屋」の男逮捕
Annlogo1 インターネットに広告を出し、携帯電話を不正に買い取ろうとしたとして、2人の男が逮捕されました。警視庁は、振り込め詐欺に使われたとみて調べています。 逮捕されたのは、東京・板橋区の無職・鈴木一郎容疑者(40)ら2人です。鈴木容疑者らは先月、インターネットに「買い取りです。動作確認できたら即金でお支払いします」などと書き込み、携帯事業者の承諾なしに携帯電話を買い取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によると、鈴木容疑者は1台2万円ほどで買い取った携帯電話を4万円で転売する「道具屋」として、毎月400万円以上を売り上げていました。警視庁は、転売された携帯電話が振り込め詐欺などに使われたとみて調べています。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20091026203438

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

法制局長官 答弁させぬ方向で(26日)

民主党の小沢幹事長は、記者会見で、国会審議での官僚答弁を禁止する国会法の改正問題に関連して、内閣法制局長官についても、常任委員会などへの出席を認めない方向で検討したいという考えを示しました。

この中で、小沢幹事長は「公正取引委員会の委員長など、政府と独立した所の人を一般の官僚といっしょにするのはよくない。ただ、内閣法制局長官は官吏だから、委員会に参加できない範疇(はんちゅう)の人だ」と述べ、現在は政府特別補佐人として委員会などへの出席を認められている内閣法制局長官についても常任委員会などへの出席を認めない方向で検討したいという考えを示しました。また、小沢氏は、来年の参議院選挙で、定員が2人以上の選挙区で複数の候補者を擁立するというみずからの方針を踏まえ、幅広い人材を発掘するためにも党本部として候補者の公募を実施したいという考えを示しました。一方、小沢氏は、日本郵政の社長に斎藤次郎元大蔵事務次官の起用が決まったことに、野党側から「いわゆる天下りだ」などと批判が出ていることに関連して「斎藤氏は、非常に腹が据わった優秀な事務次官だった。私が斎藤氏と親しいなどという報道があるが、政府側から『政府内はみな了解している』という話があったので『ああそうですか』と言っただけだ」と述べました。http://www.nhk.or.jp/news/t10013375451000.htmlNews_pic1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生、死因は出血性ショック…傷深さ11cm(26日)

千葉県松戸市のマンションで千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(21)が遺体で見つかった事件で、松戸署捜査本部は26日、荻野さんの死因を「胸部損傷による出血性ショック」と発表した。

 発表によると、胸に数か所ある刺し傷は、幅が4センチあり、深さは最高11センチに達していた。動脈が切断され、大量に出血したとみられる。傷口から、凶器は文化包丁のような片刃の刃物で、刺し傷、切り傷以外に目立った外傷はなかった。

 捜査本部のこれまでの調べで、荻野さんは20日午後11時頃、千葉市内にある友人の女子学生宅に泊まり、その後、この女子学生が携帯電話やメールで連絡を取ったが、返信がなかったことが判明している。

 同学部の菊池真夫学部長(65)は26日、記者会見し、荻野さんが21日午前10時半と午後1時の授業を欠席したと説明。また、荻野さんがアルバイトしていた東京都台東区の飲食店関係者は出勤時刻を過ぎても荻野さんが姿を見せなかったため、21日午後8時頃、携帯電話に連絡したが、応答はなかったという。

 捜査本部の調べで、荻野さんの部屋の玄関ドアには、4種類の鍵があり、暗証番号を打ち込むプッシュボタン式の鍵は電源が入っておらず、チェーンの鍵もかかっていなかったが、ドアにある2種類の鍵は施錠されていたという。(2009年10月26日21時41分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_5 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091026-OYT1T01123.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢対策、電車に防犯カメラ設置要望 警視庁(26日)

電車内の痴漢が悪質化しているとして、警視庁と埼玉、千葉、神奈川3県警は26日、JR東日本や私鉄各社など首都圏の主な16鉄道事業者を集め、初の会議を開いた。警察側は抑止対策として、電車内に防犯カメラの設置を検討するよう要望した。事業者側には、乗客のプライバシーやコストの面からカメラの設置に消極的な意見もある。

 警視庁は今月22~24日にホームページを通じてアンケートを行い、2117人が回答。望む痴漢対策で最も多かったのは「巡回警備」(82.1%)で、「警察による取り締まりの強化」(74.8%)、「車内の防犯カメラの導入」(73.7%)と続いた。 Logo3_5http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY200910260135.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の中2女子が偽千円札10枚を使用(26日)

ショッピングセンターで偽札を使い、商品券を購入しようとしたとして、奈良県警橿原署などは26日、偽造通貨行使の疑いで、奈良市内の公立中学2年の女子生徒(14)を現行犯逮捕し、送検したと発表した。同署によると、女子生徒は「間違いありません」と認めているという。

 送検容疑は24日午後1時40分ごろ、奈良県橿原市内のショッピングセンターで商品券を購入するため、偽造した千円紙幣10枚を店員に渡したとしている。

 橿原署によると、偽札は千円札の両面をカラーコピーしたもので透かしはなかった。同じ日の午前中にショッピングセンター内で偽造千円札計6枚が使用され、同署員が警戒していたという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/317215/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(単位・レベル)

女子大生殺人の筋が見えた

【治安解説】 25日夜、東京都内で気になる事件が発生した。午後11時ごろ、大田区南六郷の都営住宅の敷地内で、10代の少女が、キリのような物を持った男に追いかけられ、尻2 を刺されたという。

 ケガの程度は軽症だというが、犯人は20代から30代の男で、無言の行動だったといい、放置することはたいへん危険な状況にある。

 ところで、今年4月の話しである。警視庁では、子供や女性が被害者となる犯罪の未然防止にあたる56人の捜査班「さくらポリス」が発足しているはずだ。

 スタート時は、都内を3地域に分けて分担し、「不審者がいた」などの情報を受けたら現場に急行。地元の署員と協力し不審者を捜して注意したり、容疑者を逮捕したりする。

 凶悪事件に発展する恐れがあると判断した場合には、捜査1課と合同で捜査に当たり、誘拐や強姦(ごうかん)などに発展するのを防ぐという。

 たしか、心理学を学んだ女性警察官を 多く配置している。まさに、今回の事件は、警察庁の安藤長官が重視している「事件の前兆」とも受け取けとられる事案であろう。不審者としてはA級であり、「さくらポリス」の活動が期待される事件だ。それにしても最近は、活動報告が広報されていない。残念である。続発するようなら治安が心配だ。抑止を期待し「レベル2(ブルー)」の現状とする。

千葉県警の女子大学生殺人事件は、ここにきて、火災時の生活反応はなく、致命傷は胸の深さ11㌢の大動脈切断、防御傷なし、全裸、カギは全部かかり、逃走用として窓のみが開いていた。財布が残されていた。しかし、凶器は消えていたことなどが分かった。総合すると、顔見知りの恨みによる犯行と見ていいだろう。しかも、念には念を入れており、動機が見えてくる。

 「日本列島振り込め詐欺」は、http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生殺害:海外旅行を予定、今月下旬に友人と(26日)

千葉県松戸市のマンションの1室が全焼し、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里(ゆかり)さん(21)が遺体で見つかった殺人・放火事件で、荻野さんは今月下旬、親しかった友人女性と海外旅行に行く矢先だったことが捜査関係者への取材で分かった。事件直前に宿泊したこの友人宅から何のメッセージも残さずに立ち去っていたことから、県警松戸署捜査本部は荻野さんのその後の足取りを詳しく調べている。

 捜査関係者によると、荻野さんはこの友人に「21日は大学の授業がある。単位のこともあるので行かなければいけない」と話していたという。20日に千葉市内にあるこの友人宅を訪問。同日午後11時ごろに友人と就寝したが、友人が翌日昼ごろ目を覚ました時にはいなくなっていた。書き置きなどはなく、21日の授業は欠席していた。

 この友人は荻野さんと突然連絡が取れなくなったため、友人の交際相手である男性会社員に荻野さんの様子を確認に行くよう依頼。会社員が荻野さんのマンションに到着した時には部屋から炎が出ていたという。

 荻野さんは普段、電車を主な移動手段にしており、捜査本部は駅の防犯カメラの解析などを進め、友人宅から立ち去った後の足取りを調べている。【神足俊輔、中川聡子】

◇事件発生前後の経緯

10月20日 千葉市内にある友人の女子学生宅を訪問。「明日は授業がある」と話す

午後11時ごろ この女子学生宅で女子学生と就寝

21日昼ごろ 女子学生が起きると荻野さんの姿がなく、以後は電話やメールで連絡が取れなくなる

22日 心配した女子学生が、荻野さんの様子を見に行くよう交際相手の会社員に依頼

午後8時20分ごろ マンションに着いた会社員が荻野さんの部屋が燃えているのを発見し110番

同9時ごろ 消防が鎮火し、焼け跡から荻野さんの遺体発見Logo_mainichi1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091026k0000e040061000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢対策:首都圏16鉄道事業者、警察と初会議(26日)

 電車内の痴漢対策を推進するため、警視庁と埼玉、千葉、神奈川県警は26日、JR東日本や東武鉄道、西武鉄道など首都圏の16鉄道事業者を招き、初めての官民会議を開催した。警察は電車内に防犯カメラを設置するよう事業者に要請した。乗客のプライバシーやコスト面から設置に消極的な事業者もあるとみられ、事業者側の対応に注目が集まる。

 警視庁は22~24日、ホームページで電車内の痴漢に関する緊急アンケートを実施し、約2100人から回答を得た。痴漢を防ぐための手段(複数回答)を聞いたところ、「駅構内、電車内の巡回警備」を挙げた人が82%で最も多く、「警察による取り締まり強化」(75%)▽「駅構内、電車内の防犯カメラ設置」(74%)▽「放送による注意喚起・警告」(62%)--と続いた。また、女性回答者(約940人)の約83%が「痴漢にあったことがある」と答えた。

 こうしたアンケート結果を踏まえ、警察側は、JR埼京線など痴漢が多発する路線を走る電車内に防犯カメラを設置するよう求めた。また、会議で警察側と鉄道事業者は、痴漢は絶対に許さないとする共同宣言を採択。車内放送やポスター掲示などを通じ、痴漢撲滅の機運を高めることを確認した。【川辺康広】Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20091026k0000e040017000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スカートの中を盗撮容疑、元警視庁巡査部長を逮捕(26日)

警視庁下谷署は26日、同庁築地署刑事組織犯罪対策課の50歳代の元男性巡査部長(23日付で辞職)を東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検した。

 同庁幹部によると、元巡査部長は9月18日午後6時頃、東京都内の東京メトロ日比谷線電車内で、女性のスカートの中を携帯電話で盗撮した疑い。

 元巡査部長は帰宅途中で、たまたま乗り合わせた別の警察官が盗撮を目撃。呼び止められた元巡査部長は入谷駅ホームで携帯電話を壊したため、映像は残っていなかったが、「大変申し訳ない。過去にも数回同じ行為をした」と容疑を認めているという。元巡査部長は減給処分となっていた。(2009年10月26日13時31分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091026-OYT1T00665.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭から布団をかぶせて放火か…千葉大生殺人(26日)

 千葉県松戸市のマンションで千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(21)が遺体で見つかった事件で、荻野さんは殺害後に頭から布団のような布をかぶせられて放火されたとみられることが26日、捜査関係者への取材で分かった。

荻野さんの部屋は、道路に面して出窓がある居間と、台所がある。捜査関係者によると、荻野さんは発見時、居間のマットレス上で頭から布団のような布をかぶせられ、あおむけに倒れていた。顔は識別できる状態で、頭は出窓のほうを向き、足はマットレスからはみ出ていたという。台所に比べ、居間が激しく燃えていた。(2009年10月26日14時40分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091026-OYT1T00710.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告「介護学びたい」「離婚して更生」(26日)

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)に問われた元女優の酒井法子(本名・高相法子)被告(38)の初公判が26日午後、東京地裁(村山浩昭裁判官)で開かれた。酒井被告は、罪状認否で「間違いありませんか」と聞かれ、「ありません」と述べて起訴事実を認めた。検察側は「数年にわたり多数回覚せい剤を使用しており、厳罰に処すべきだ」と述べ、懲役1年6月を求刑した。公判は結審し、判決は11月9日。

 酒井被告は黒の上着、スカートという姿で出廷。村山裁判官から職業を尋ねられると、「無職です」と答えた。続く冒頭陳述で検察側は、酒井被告が4年前頃から夫に勧められて覚せい剤の使用を始め、昨年夏頃から継続的に使うようになったと主張。起訴された鹿児島県・奄美大島での使用については、夫から「あるから吸っていいよ」と勧められ、ホテルのバスルームで覚せい剤をあぶって吸ったとした。

 証人尋問には、酒井被告が所属していたサンミュージックの相沢正久副社長(60)が出廷。弁護人から出廷した理由を問われ、「被告が14歳の頃から一緒にやってきて、四半世紀にわたり父親代わりだった。契約を解除しても情を断ち切るのは難しい」と話すと、酒井被告のほおを涙が伝った。酒井被告は被告人質問で弁護人から、今後の生活について問われ、「まずは覚せい剤を確実にやめることが大切。介護を学び、仕事で生かしていきたい」。夫の高相祐一被告(41)(公判中)との関係については「離婚をしてお互いに更生する努力が必要だと思います」と述べた。

 酒井被告は最終意見陳述で、「私の軽率な行いで、多くの方に迷惑をかけ、申し訳ありません。2度と使用することがないよう、信頼を取り戻せるよう頑張ります」と言葉をかみしめるように語った。(2009年10月26日15時42分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091026-OYT1T00809.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台の男性04年から不明 強盗殺人容疑で男4人逮捕(26日)

仙台市青葉区の風俗店経営の男性が04年から行方不明になる事件があり、この男性を殺害して現金約5千万円を奪ったとして、宮城県警は26日、北海道旭川市東鷹栖三線、無職笹本智之容疑者(35)=逮捕監禁罪などで起訴=ら男4人を強盗殺人の疑いで逮捕し、発表した。男性の遺体は見つかっておらず、県警は捜索を急いでいる。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市港南区港南4丁目、無職小谷野裕義(37)、東京都杉並区南荻窪3丁目、会社員川本仁哲(37)、仙台市若林区連坊小路、会社役員菅田伸也(31)の3容疑者。調べに対し、笹本、小谷野の両容疑者は容疑を認め、川本、菅田の両容疑者は否認している、と県警は説明している。

 また、男性に対する逮捕監禁などの疑いで同市青葉区通町2丁目、会社役員鈴木浩人容疑者(30)を逮捕した。

 泉署捜査本部によると、殺害されたのは同区柏木1丁目、風俗店経営石垣英治さん(当時30)。容疑者の一部が06年に別の事件で逮捕された際、「石垣さんを山に埋めた」などと供述、県警が捜査を続けていた。 Logo3_4http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY200910260218.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告に懲役1年6カ月求刑、覚せい剤使用・所持

覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われたタレント酒井法子(本名・高相法子)被告(38)の初公判が26日、東京地裁(村山浩昭裁判官)であった。酒井被告は黒いスーツ姿で法廷に現れ、軽く一礼。罪状認否で「間違いないですか」と問われ、「いいえ、ありません」と述べて起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6カ月を求刑した。

 起訴状によると、酒井被告は7月30日ごろ、鹿児島・奄美大島のホテルの部屋で覚せい剤をあぶって吸った▽8月3日には自宅マンションで0.008グラムの覚せい剤を所持した――とされる。

 酒井被告をめぐる覚せい剤事件は、夫の高相祐一被告(41)=同法違反の罪で公判中=が8月2日深夜、警視庁の職務質問を受けたことで発覚。酒井被告は現場に駆けつけた後に行方をくらませていたが同月8日夜に出頭した。

 地裁は、午後1時半からの初公判を傍聴するための抽選を午前9~11時に日比谷公園で実施した。雨の中、一般傍聴席20席を求めて6615人の希望者が集まった。倍率330倍は過去最高となった。

 地裁が同公園で傍聴券抽選を行うのは、04年2月のオウム真理教元代表・松本智津夫死刑囚(54)の判決公判以来。このときには38の傍聴席を求めて4658人が長蛇の列を作り、122倍の倍率になった。

 同地裁として初めてリストバンド型整理券の配布をした。整理券は番号が印刷された幅1.25センチの紙製。一般の抽選方法と違って、手首に巻いてシールではり付けたら、その場を離れられる。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY200910260249.html

 

続きを読む "酒井法子被告に懲役1年6カ月求刑、覚せい剤使用・所持"

| コメント (0) | トラックバック (0)

浜松で偽一万札3枚見つかる(26日)

浜松市の雑貨店3店で今月中旬から下旬にかけ、偽一万円札3枚が相次いで使われたことが26日、静岡県警の調べで分かった。透かしがないなどの特徴や、高齢の女性が1人で営業する店を狙う手口が共通していることから、県警は同一犯とみて偽造通貨行使の疑いで捜査している。 県警によると、23日と25日の午後、浜松市西区の雑貨店2店で、いずれも20歳前後の男が数百円の食品などの支払いに1枚を使用、釣り銭を受け取った。また10日にも、同市北区の雑貨店で同様の被害が発生した。

 偽札は3枚とも透かしやホログラムがなく、全体的に不鮮明。カラーコピーとみられるが、記番号はすべて同じではないという。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/317135/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者引き渡し義務化の提起検討 政府、日米協定改定で(26日)

鳩山内閣は、在日米軍人らの法的地位を定めた日米地位協定に関する合意で、殺人など凶悪犯罪に限り行われていた容疑者の起訴前身柄引き渡しについて、日本側の要請があればあらゆる犯罪で引き渡すよう義務付ける内容で協定を改定することを、米側に提起する方向で検討に入った。複数の政府筋が25日、明らかにした。

 米側は日本の捜査手法をめぐり取り調べの可視化(全過程の録音・録画)の遅れなどを批判、改定に応じない理由の一つに挙げてきた経緯がある。このため、可視化実現のため関連法改正に取り組む姿勢を強調することで、地位協定改定に向け米側に対応を促していく。

 政府関係者は「米国は日本の取り調べが人権を軽視しているととらえている。協定改定には日本側も取り調べ可視化で努力する必要があり、鳩山政権はその方向で進める」と明言した。

 鳩山由紀夫首相は11月に来日する予定のオバマ米大統領にそうした考えを伝える意向だが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で日米関係がぎくしゃくしており、問題提起を先送りする可能性もある。

 協定見直しで政府は、米軍に裁判権がある公務中の犯罪や事件について、基地の外で起きた場合は日本側に裁判権を与えるよう求めることも検討。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009102501000405.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区でバイクの燃料パイプが切られているのが見つかる 以前にも同様の事件(26日)

東京・世田谷区の路上で、バイクの燃料パイプが切られているのが見つかった。
25日午後4時10分ごろ、世田谷区若林1丁目の路上で、止まっていたバイクのゴム製の燃料パイプが切断されているのが見つかった。
10月18日にも、現場近くの路上に止めてあったバイク6台の燃料パイプが切られていたことから、警視庁は同一犯による犯行の可能性もあるとみて器物損壊の疑いで調べている。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165413.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子被告、26日午後に東京地裁で初公判(26日)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子(本名・高相法子)被告(38)の初公判が、26日午後、東京地方裁判所で行われる。
夫・高相祐一被告(41)の逮捕後、失跡し、のちに出頭して逮捕された酒井法子被告。
9月17日に、拘置先の警視庁東京湾岸署から40日ぶりに保釈され、涙ながらに謝罪した。
覚せい剤所持と使用の罪に問われている酒井被告は、捜査段階で「主人に勧められて覚せい剤を使い始めた。あぶりなどをすると、疲れが取れた」と覚せい剤使用を認めていて、26日の法廷でも起訴事実をおおむね認めるものとみられている。
審理は、午後1時半からおよそ1時間が予定されている。
元アイドルの裁判には、多くの傍聴希望者が見込まれ、東京地裁近くの日比谷公園で、番号が印字されたリストバンド型の整理券を配布する抽選が行われる予定になっている。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165419.html
Logo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審火:35分間に4件 愛知・小牧(26日)

25日午後5時20分ごろ愛知県小牧市新町2の家具会社で、立体駐車場の壁に取り付けた配水管が燃えているのを従業員が見つけた。配水管に巻かれた布約50センチが焦げた。この後、約35分の間に近くのマンション入り口の掲示板や焼き肉店の外に置かれた米袋が燃えるなど、計4件の不審火が連続した。県警小牧署は、現場が半径50メートル以内に集中し、いずれも火の気のない場所から出火しており不審火とみて捜査している。同市内では24日にもマンション入り口のポストなどが焦げる不審火が2件起きており、関連についても調べている。【花井武人】毎日新聞 2009年10月26日 1時56分Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091026k0000m040151000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生殺害:胸刺され致命傷 強盗目的以外か(26日)

千葉県松戸市のマンション2階の1室が全焼し、この部屋に住む千葉大4年、荻野友花里さん(21)の遺体が見つかった殺人・放火事件で、荻野さんの胸部に致命傷となる刺し傷があったことが、捜査関係者への取材で分かった。部屋からは現金が入った財布も見つかっており、県警松戸署捜査本部は金品を奪う以外の目的を持った犯行との見方を強めている。26日、遺体を司法解剖する。

 捜査関係者によると荻野さんは、首や胸に複数の刺し傷があるほか、首には何かで絞められ、布のようなものが巻かれた痕跡を示す繊維片があった。しかし、窒息の際に表れる反応がみられず、胸の刺し傷が致命傷になったとみられる。両腕には刃物を防ごうとする際にできる傷がないことなどから、抵抗する間もなく被害に遭った可能性がある。衣服は何も身に着けていなかった。また、20日深夜から火事が発生した22日夜までの間、近所の住民らは悲鳴や争う音は聞いていないという。

 荻野さんの部屋からは財布とともに携帯電話も見つかっており、捜査本部は通話履歴を調べる。また、荻野さんは東京都内の飲食店でアルバイトをしていたことから、捜査本部は交友関係なども調べている。【神足俊輔、中川聡子、黒川晋史】毎日新聞 2009年10月26日 2時30分Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091026k0000m040146000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

復縁迫るストーカー、車乗せ手助けした男も逮捕(26日)

大阪府警西署は25日、元交際相手の女性宅に繰り返し押し掛けたとして、大阪市旭区の無職阿部純也容疑者(36)をストーカー規制法違反容疑で、知人の同市平野区の無職山原弘典容疑者(34)を同法違反(ほう助)容疑で逮捕したと発表した。

阿部容疑者は容疑を認め、山原容疑者は否認しているという。同署によると、同法違反のほう助容疑での立件は異例という。発表では、阿部容疑者は今月3~12日に3回、数年前まで交際していた20歳代女性に復縁を迫るため、同市内の自宅に押し掛け、山原容疑者はその際、阿部容疑者を車で送り届けた疑い。

 同署は8日、阿部容疑者に文書で警告していた。調べに対し、阿部容疑者は、「協力の見返りとして山原容疑者に貴金属類を贈った」と供述しているという。2009年10月25日23時39分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091025-OYT1T01025.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生殺害事件 部屋の鍵、犯人が施錠後持ち去る?(26日)

千葉県松戸市のマンション2階の自室で千葉大園芸学部4年の荻野友花里さん(21)が殺害され、放火された事件で、室内からこの部屋の鍵が見つかっていないことが捜査関係者への取材でわかった。県警は犯人が施錠して、持ち去った可能性が高いとみて調べている。

 捜査関係者によると、これまでの捜査で、荻野さんが自分用の鍵以外にもスペアの鍵を作っていた可能性が高いことが判明した。しかし、室内を検証した結果、いずれの鍵も見当たらないという。 関係者によると、玄関ドアには異なる鍵が必要な2カ所の鍵穴があり、それ以外に暗証番号を押す必要のある錠も備えられているという。

 県警の調べでは、火災が発生して、消防隊が到着した際は玄関ドアは施錠されていたが、ドアチェーンはかかっていなかった。一方、ベランダの窓は無施錠で出窓が開いていたという。 また、荻野さんの遺体には首と胸の刺し傷以外に、首の周りにストッキングが焼けた後のようなものが付着していたこともわかった。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY200910250345.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

首に締められた跡 千葉・女子大生殺人(26日)

千葉県松戸市のマンションの一室が焼け、この部屋に住む千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん(21)が殺害されて見つかった事件で、荻野さんの体には、複数の刺し傷以外に、首を絞められたあとがあったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。千葉県警松戸署捜査本部は、26日午前から司法解剖を行い、死因や死亡時刻の特定を行うとともに、引き続き現場検証を行う方針。

 捜査関係者によると、荻野さんの遺体は、下半身を中心に黒こげの状態で発見され、首にストッキングが溶けたとみられる物質が付着していた。捜査本部は首を絞められた可能性もあるとみて、付着物の特定を進めている。

 捜査本部は、荻野さんの部屋から、金銭などが持ち出された形跡がないことから、何者かが荻野さんを殺害する目的で室内に侵入し、犯行に及んだとみて調べている。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316870/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月25日 | トップページ | 2009年10月27日 »