« 2009年10月23日 | トップページ | 2009年10月25日 »

2009年10月24日

2009年10月24日 (土)

犯人がいつ放火したかが捜査の焦点(24日)

千葉県松戸市で火災現場から女性が遺体で見つかった事件は、殺人放火事件と断定されました。千葉県警・松戸警察署前からの報告です。

 千葉県警・松戸警察署では午後5時から捜査本部の設置にともなう捜査一課長ら捜査本部幹部の会見が行われています。その中で、捜査幹部は、現場のベランダの窓と出窓が開いていたことなどを新たに明らかにしています。

 今後の捜査ですが、犯人がいつ荻野さんを襲撃し、いつ部屋に火を放ったかが焦点となりそうです。荻野さんの部屋から火が出ているのが見つかったのは、22日午後8時20分ごろで、20日午後11時から連絡がとれなくなった荻野さんを心配した友人らが部屋を訪れた際に発見し、通報しました。

 捜査本部は友人らが部屋を訪れる直前の午後8時15分ごろに犯人が部屋に火を放ったとみて、この時間帯に付近で不審な人物や車の目撃がなかったか調べるなどして、犯人が荻野さんを襲撃した時間などの特定を進めるとともに、26日、遺体を司法解剖して、死因や死亡時期などについて詳しく調べる方針です。(24日17:37) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4266500.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「火をつけてやる」“お礼参り”で脅迫、女を逮捕(24日)

逮捕された逆恨みで脅したとして、新潟東署は23日夜、脅迫の疑いで新潟市南区和泉の元マッサージ店経営、田中玲子容疑者(38)を逮捕した。

 同署の調べでは、田中容疑者は同日午前10時45分ごろ、同市中央区花園の託児施設を訪れ、40代の女性職員に「ここで仕事ができると思うな」「火をつけてやる」などと脅迫した疑いが持たれている。容疑を否認している。田中容疑者は、託児施設と同じビルで経営していたマッサージ店で違法な営業をしていたとして、9月30日に風営法違反で逮捕、罰金の略式命令を受け、21日に釈放されていた。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316565/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「やりたいことあったろうに」 千葉・松戸で殺害女性の母校校長会見(24日)

千葉県松戸市の自宅で殺害された荻野友花里さん(21)が通っていた兵庫県立農業高校(同県加古川市)の松島正志校長は24日、取材に応じ、「まだやりたいことがたくさんあっただろうに、残念だ」と悔しさをにじませた。

 同校によると、荻野さんは平成18年3月、同校園芸科を卒業した。3年生のときには、陸上部で主将を務め、体育大会では応援団長もする活発な生徒だったという。

 努力家で、都市緑化と温暖化防止について研究したいと千葉大学に進学。今年6月には教育実習生として母校で2週間、2年生の生徒に農業について教えていたという。

 松島校長は「犯人は大変なことをしたと思い至ってもらいたい。大学4年で亡くなるなんて、これから楽しいこともあっただろうに本当にかわいそうなことだと思う」と話していた。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316591/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日)(単位・レベル)

千葉の事件で思うこと

【治安解説】 警視庁が「全国万引犯罪防止機構」の協力で実施した調査によると、東京都 内2の万引き被害は振り込め詐欺の10倍以上の年間670億円になることが分かった。調査の数字は推計額と言うが、想像を上回るデータに、警視庁幹部は「被害の重大さを改めて認識した」と驚いているという。

 ちょっと複雑な試算によるものだが、全国のスーパーやコンビニ、書店など小売業850社(回答367社)を調査した結果、店内にあるはずのものがなくなっている商品の割合「ロス率」は0.94%だった。うち半数は流通過程での盗難や仕入れでのカウントミスなどだが、残りの半数は万引きによる損害と推計されるという。

 一方、経済産業省の商業統計調査によると、都内の小売業のうち万引き被害が想定されるスーパーや書店など57業種の年間販売総額は14兆2712億円(07年)。警視庁は、この数字にロス率の半分を掛け合わせた約670億円を被害額と推計した。この数字は、08年の都内の振り込め詐欺被害額(約59億9000万円)の約11倍に相当するという=毎日新聞電子版

 警察庁によると今年上半期(1~6月)の万引犯検挙件数は5万2975件で、前年同期を1987件も上回っている。年齢別にみると最も多いのは65歳以上のお年寄りで1万4186件。次いで14~19歳の少年で1万3738件。

 これらの年代だけで検挙総数の5割以上を占めている。しかも、万引は、全窃盗事件の半数を占めており、大きな社会問題と言っても過言ではない。

 ところで、 千葉県松戸市で火事があり、焼け跡から千葉大学の21歳の女子大生の遺体が見つかった。近所の人によると「清純で、事件に巻き込まれるような人ではない」という。

 Sp2009102501_531 遺体は、寝室のマットレスの上で布団を被って仰向けの状態で倒れていて、遺体の上半身の前面には刃物による複数の傷があることから、千葉県警は殺人事件と断定した。写真は被害者(フジテレビより)

 まだまだ、隠されている部分が多いので、断言はできないが、殺害した後で、放火するという残忍な手口からすると、相当恨みを持った者の犯行ではないかと推測される。ストーカーによる可能性も否定できない。平成8年9月9日(月)、葛飾区柴又3丁目で女子大生が殺害された上、放火されるという事件が発生した。未解決事件である。どうも気になってしかたがない。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

「日本列島理米詐欺」は「ピーポくん家族」が出動http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(24日)1件

ピーポくん一家総出で振り込め詐欺の被害撲滅訴える

20091024191024018531 振り込め詐欺の被害が再び増えていることから、警視庁のシンボルマスコットの「ピーポくん」が一家総出で撲滅を呼びかけました。多摩市で行われた撲滅キャンペーンには、ピーポくんのほか、「ピーポくんの家族」も登場しました。警視庁は、今月15日から振り込め詐欺撲滅月間として、都内のすべてのATM=現金自動預け払い機を警戒するなどの対策に乗り出しましたが、16日には、77歳の女性が1350万円をだまし取られました。また、最近は、被害者の自宅に現金を受け取りにくる「手渡し詐欺」などの手口も増えていて、警視庁が注意を呼びかけています。 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タイから個人輸入されたダイエット薬を服用した可能性のある女性急死 都が注意呼びかけ(24日)

タイから個人輸入されたダイエット薬を服用した可能性のある女性が急死していたことがわかり、東京都は、注意を呼びかけている。
「MDクリニックダイエット」は、インターネットでタイから個人輸入できるダイエット薬で、国内では承認されていない医薬品が含まれている。
東京都内で10月、ぜんそくの持病を持つ女性が急死し、この薬を服用していた可能性が高いことから、東京都は、因果関係は不明としながらも注意を呼びかけている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165349.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き被害:年670億円 振り込め詐欺の11倍(24日)

東京都内の万引き被害は振り込め詐欺の10倍以上の年間670億円--。警視庁がNPO法人「全国万引犯罪防止機構」(万防機構、新宿区)の協力で初めて実施した推計で、こんな実態が明らかになった。推計額とはいえ、万引き防止対策に重点を置く警視庁にとっても想像を上回る深刻なデータ。警視庁幹部は「被害の重大さを改めて認識した」と話し、小売店と連携した対策をさらに強化する方針だ。【町田徳丈】

 警視庁によると、都内で08年に認知された万引き被害は1万7816件。だが、被害届の提出と事情聴取に時間や人員を割かれることから、店側から警察への通報は一部にとどまり、被害の全容を示すデータはなかった。万防機構は07年度、全国のスーパーやコンビニ、書店など小売業850社(回答367社)を調査した結果、店内にあるはずのものがなくなっている商品の割合「ロス率」は0.94%だった。うち半数は流通過程での盗難や仕入れでのカウントミスなどだが、残りの半数は万引きによる損害と推計されるという。

 一方、経済産業省の商業統計調査によると、都内の小売業のうち万引き被害が想定されるスーパーや書店など57業種の年間販売総額は14兆2712億円(07年)。警視庁は、この数字にロス率の半分を掛け合わせた約670億円を被害額と推計した。08年の都内の振り込め詐欺被害額(約59億9000万円)の約11倍に相当する。

 警視庁は09年に検挙・補導した人のうち1050人に対し、アンケートを実施。万引き額は「1001~5000円」が37.7%で最も多く、「1000円以下」が35.1%だった。万防機構の福井昂事務局長は「不況が増加の大きな要因。1件当たりは大きくないが、積み重なって甚大な被害が出ていることに気付くべきだ。『たかが万引き』という考えは改めるべきだ」と指摘する。

 ◇書店が悲鳴 

 万引き被害には書店も苦しんでいる。

 経産省が02年に全国の2530書店に万引き被害を調査したところ、1店あたりの被害額は年約211万円。万引きの認知件数は年々増加しており、現在の被害はこの調査を上回っている可能性が高い。全国の書店で組織する日本書店商業組合連合会は「書籍は利幅が少ない。万引き1冊分の損害は10冊程度売らないとカバーできない」と話す。

 東京・多摩地区で書店を展開する会社の幹部は「毎年、総売り上げの1.5%が万引き被害。(出版不況で)書店業界の売り上げは年間4~5%減少しており、各店とも人件費などのコスト削減で対応しているが、もう後がない。万引きは対策をやっても減らず、経営を大きく圧迫している」と悲鳴を上げる。警視庁によると、書籍は中古書店で買い取ってもらえるため、換金目的でコミック本などを大量に盗み出すケースもある。各店は防犯カメラ設置などで監視を強めているが、抜本的な解決には至っていないのが実情だ。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091024k0000e040052000c.htmlLogo_mainichi1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生の首と胸に刃物傷 千葉県警、殺人容疑で捜査(24日)

千葉県松戸市で22日夜、マンション2階の一室で火災が起き、千葉大4年生の荻野友花里さん(21)が遺体で見つかった事件で、遺体の首と胸に、刃物によるものとみられる傷があったことが24日、県警への取材で分かった。近くに刃物はなく、県警は荻野さんが殺された疑いが強いと判断。同日午後にも捜査本部を設置して捜査を本格化させる。

 捜査関係者によると、傷は何者かに刃物で切られたものと、刺されて生じたものの可能性が高いという。県警は司法解剖して傷の状況などを詳しく調べる。マンションはオートロックで、玄関は施錠されていたが、出窓は開いていた。ベランダの窓は閉まっていたが、施錠はされていなかった。県警は何者かが部屋に出入りしたとみて、経路についても調べている。

 火事は22日午後8時20分ごろ発生。約40分後に鎮火したが、204号室(約20平方メートル)がほぼ全焼し、一人暮らしの荻野さんが、ベッドで仰向けの状態で見つかった。遺体の歯型から身元が判明したという。

 松戸署の説明では、荻野さんはアルバイト先を火災の2日ほど前から無断欠勤していた。メールや電話でよく連絡を取り合うという知人女性が21日午前にメールを送ったが返信はなかった、という。 現場はJR常磐線松戸駅から南に約1キロの住宅街。千葉大園芸学部の敷地に近い。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY200910240197.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日)

酒井法子被告、26日いよいよ初公判   覚せい剤取締法違反の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)の夫で、同法違反罪(所持、使用)に問われた自称プロサーファー、高相(たかそう)祐一被告(41)の初公判は、夫婦の“保身”に走る様子を改めて浮き彫りにした。覚醒剤の使用場所はウソだった。入手ルートについてもあいまいな供述が目立った。ウソをついたのは「妻のため」と説明した高相被告。26日の初公判で、法子被告は何を語るのか。 ■ウソを勧めたのは法子被告の知人弁護士…  裁判官「それでは尋ねます。8月21日付の起訴状には2つの事実が記されています。それぞれ伺います。8月2日に港区内の公衆便所で吸引したとありますが、違っていますか」

 高相被告「はい」

 裁判官「違っているということですか」

 高相被告「トイレでは使用していません」

 裁判官「トイレでは使用していないのですか」

 高相被告「自宅のマンションで吸引しました」

 東京地裁の425号法廷。高相被告は自分の初公判で、起訴事実の一部を否認し始めると、傍聴席はざわめいた。高相被告は公判前の警視庁などの取り調べに、一貫して起訴内容を認めていた。それが、一転否認。使用した場所をごまかしていたことを“告白”したのだ。弁護人「供述調書や起訴状では、青山公園で覚醒剤を使ったとあるが、なぜですか」高相被告「当初は…法子の…逮捕前だったので…隠そうと…」

 高相被告が逮捕された当初、酒井被告はまだ“逃亡中”。自宅での使用がばれ、家宅捜索などで妻の覚醒剤使用が裏付けられることを恐れたという。もっとも、高相被告は逮捕直後に相談した弁護士には「青山公園で使ったのはウソです」と打ち明けたという。だが、その弁護士は「それはまずい。青山で使ったことにして下さい」とウソの供述を勧めたことが初公判で明らかになった。この弁護士は、法子被告を通じて紹介された人物だったという。

 その後、新しく変わった弁護人に「正直に言った方がよい」と注意され、法廷で発言を翻したというが、8月3日の逮捕から2カ月半以上。ここまで、訂正しなかった高相被告に、傍聴席から厳しい視線が寄せられた。

 ■つじつま合わない「法子のため」  初公判までウソをつき通した理由について、高相被告は「彼女(法子被告)を守ろうとして…」と説明した。確かに酒井被告は、夫の電話で事情聴取の現場に駆けつけた直後に姿を消し、6日間にわたって“逃亡”劇を繰り広げている。この時点で、自宅での使用を供述すれば、酒井被告の指名手配が早まったかもしれない。しかし、高相被告は、8月8日に妻が都内の警視庁施設に自ら出頭し、逮捕された後も、この供述を翻していなかった。検察官は、公判でその点を何度も厳しく追及したが、高相被告は「突っ込まれていなかったんで」「頭の中が混乱していたと思います」などと答えるばかりだった。逮捕されてもなお、隠せるものは隠すといった“保身”ぶりは、裁判官の目にどう映るのか。紹介された弁護士のいうがままにすればいいと、ウソをつくのは、「甘え」といわれても仕方ない。

 

 

続きを読む "【衝撃事件の核心】酒井被告ら夫婦の“保身”(24日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致認定ない特定失踪者も捜査徹底を(24日)

警察庁の安藤隆春長官は全国の警察の本部長が集まった会議で、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない「特定失踪者」について捜査を徹底するよう指示しました。

 会議は23日午後、東京・千代田区で行われ、全国の警察本部の本部長や警察庁の幹部らが出席しました。

 会議の冒頭、警察庁の安藤隆春長官は北朝鮮の拉致事件に触れ、政府による拉致認定を受けていない特定失踪者についても捜査を徹底するよう指示しました。

 「拉致の可能性を排除できない告訴・告発、相談などにかかわる事案についても全容を解明するとの信念の下、徹底した捜査・調査を推進し、各位自らの目でその推進状況を点検されたい」(安藤隆春長官)また、安藤長官は、キム・ジョンイル総書記の健康問題など北朝鮮の情勢についても情報収集や分析を強化するよう指示しました。(23日19:07) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4265877.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「金総書記の情報収集強化を」警察庁長官が指示 (24日)

警察庁の安藤隆春長官は、北朝鮮の金正日総書記の健康問題の動向が日本の治安に影響を及ぼすとして、関連情報の収集や分析を強化するよう全国の警察幹部に指示しました。

 安藤長官は、23日に行われた全国警察本部長会議で、「金総書記の健康問題などが、不透明に推移している」と指摘しました。そのうえで、「その動向が日本の治安に影響を及ぼす恐れがある」として、関連情報の収集や分析を強化するよう指示しました。さらに、北朝鮮による拉致事件は治安上、極めて重大な問題であるとして、拉致の可能性を排除できない告訴・告発、相談などの事案についても徹底した捜査・調査を行うよう指示しました。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20091024014253

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名張毒ぶどう酒事件:特別抗告 検察側が反論答弁書(24日)

三重県名張市で1961年、農薬が入ったぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、最高検は23日、再審開始決定の取り消しを不服として最高裁に特別抗告している、奥西勝死刑囚(83)の弁護団の主張に対する答弁書を最高裁に提出した。

 弁護団が明らかにした。冤罪(えんざい)を主張している弁護団側の証拠に反論し、特別抗告の棄却を求める内容と見られる。最高裁は今年7月、必要があれば答弁書を提出するよう最高検に通告。最高検は10月末までに提出するとしていた。【式守克史】毎日新聞 2009年10月24日 2時13分Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091024k0000m040162000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本県警発注パトカー修理、偽造見積書見つかる(24日)

熊本県警が2006、07年度に発注したパトカーなど公用車の修理契約のうち、7件で偽造された見積書が提出されていた可能性があることがわかった。

県警によると、公用車修理の契約を結ぶ際は通常、3業者に見積書の提出を求め、決定するようになっている。

 外部から県警に「契約に不審な点がある」との指摘があり、契約を調査したところ、1業者が7件について「見積書を提出した覚えはない」と回答した。

 7件の修理契約にはそれぞれ、この業者を含む3業者が見積書を提出しており、いずれも見積書に正規の社印が押されていた。

 しかし、この業者は調査に対し、「見積書を作成した記憶がない。なぜ社印が押されているか分からない」と話しているという。(2009年10月24日00時43分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091024-OYT1T00085.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生の遺体に切り傷 焼けたマンションの一室で発見(24日)

千葉県松戸市で22日夜、マンション2階の一室が焼け、この部屋に住む千葉大4年生の荻野友花里さん(21)が遺体で見つかる火災があった。県警が調べたところ、遺体に傷があり、近くに刃物が落ちていないことなどから、県警は荻野さんが事件に巻き込まれた可能性があるとみて、司法解剖して傷の状況などを詳しく調べる。

 捜査関係者によると、傷は火災でできたものとは異なり、刃物で切られてできた可能性が高いという。 火事は22日午後8時20分ごろ発生。約40分後に鎮火したが、204号室(約20平方メートル)がほぼ全焼し、荻野さんは、ベッドで仰向けの状態で見つかったという。

 県警によると、マンションはオートロックで、部屋の玄関は施錠されていた。2日ほど連絡が取れないことを心配した荻野さんの知人から、様子を見に行くように頼まれた男性会社員がマンションを訪ねたところ、火に気づき、110番通報したという。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY200910230539.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国籍の近大留学生ら、偽装結婚で逮捕(24日)

長期在留資格を得るために偽装結婚をしたとして、大阪府警国際捜査課などは23日、公正証書原本不実記載・同行使の疑いで、近畿大学経営学部2回生で中国籍の姜穎(ジアン・イン)(24)=大阪市浪速区恵美須東=と、トラック運転手、武内岐久也(41)=堺市中区東八田=ら3容疑者を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は、偽装結婚のブローカー役の大阪市西区新町、大西秀則被告(47)=同罪で起訴=らと共謀し平成19年12月、姜容疑者と武内容疑者の虚偽の婚姻届を浪速区役所に提出したとしている。

 府警によると、姜容疑者は大西被告に謝礼として約140万円を渡し、大西被告はこのうち約80万円を武内容疑者に渡していたという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316288/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押尾事件、女性死亡で詰めの捜査 警視庁(24日)

 押尾学被告をめぐる一連の経緯をめぐっては、MDMA使用以外にも警視庁捜査1課が保護責任者遺棄容疑などの立件に向け詰めの捜査を急いでいる。一緒にMDMAを使用したとされる飲食店従業員の女性(30)が死亡。被告が自ら救急車を呼ぶなどせず、遺体を部屋に残したまま立ち去ったなどとされているためだ。

関連記事

記事本文の続き 捜査1課の調べによると、8月2日午後6時半ごろ、東京・六本木の「六本木ヒルズ」の一室で女性に異変が起きた。押尾被告は「女性は口から泡を出し、手がけいれんした。女性に心臓マッサージをした」と供述しているが、自ら119番通報はしなかった。

 押尾被告は午後7時ごろ、関係者に「大変なことになった」などと連絡。約40分後に到着した関係者が119番通報したのは午後9時20分だった。

 押尾被告の関係者は救急車を誘導する際、女性の携帯電話を外に捨てたとされている。

 捜査1課は当初、心臓マッサージをしたとされる押尾被告の処置について「違法性はない」との判断に傾きかけた。だが、異変から119番通報まで約3時間が経過▽女性の携帯電話が屋外に捨てられていた-ことなどを重視。立件する必要があると判断した。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316326/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

爪はがされた“強姦魔” 入浴中の女性を後ろから…(24日)

強姦目的で女性宅に侵入したものの、女性に指の爪をかみ切られるという痛烈な反撃にあって逃走した男が逮捕された。男は逃げ帰った後に病院で数針を縫う重傷。一部始終を捜査にあたった警視庁綾瀬署に聞いた。

 ――どんな事件ですか

関連記事

記事本文の続き 「事件発生は今月15日午前3時25分ごろ。男が足立区のアパート1階に住む20歳代の女性会社員宅に侵入し、入浴中の女性を後ろから襲おうとした強姦未遂の疑いです」

 ――でも、撃退された  「男は女性がシャワーを浴びている最中に後ろから両手で口をふさいだ。その時、男の両手の指が女性の口に入り、女性がとっさに指を強く噛んだ、というわけです」

 ――重傷だったとか  「男の爪は根本からゴッソリ取れた。男はウッとうめき声をあげて逃げました。部屋の中には男の爪が落ちていたということです。犯行後、男は病院で数針縫ったようです」

 ――勇気ある女性ですね  「必死だったんじゃないですか。いきなりヘンな男が入ってきたんだから」

 ――映画「サイコ」のような感じですね   「カーテンレールを引いていたかどうかは分からないですが…。女性はすぐに通報し、翌日には男を割り出しました」

 ――どんな男ですか  「道路工事などの現場監督をしていて、足立区内に家も持っています。身元はしっかりしていますよ」

 ――なぜ、こんなことを?  「ストレスを発散したかった、と。5、6年前からアパートを狙って、のぞきをやっていたと供述しています」Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316361/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生に付きまとい 「500回以上」と会社員(24日)

通学中の女子高校生にしつこく付きまとったとして、愛知県警春日井署は23日、軽犯罪法違反の疑いで、会社員の男(33)=同県小牧市=を書類送検した。男は女子高生を狙った付きまといを繰り返していたとみられ「2年前から500回以上やった」と供述している。

送検容疑は6月16日朝、春日井市桃山町の路上で、自転車で通学途中だった女子高生に自転車で約15分間にわたって付きまとうなどした疑い。

 春日井署によると、男は自転車同士がぶつかるほど接近していたといい「スカートがめくれ上がったりするのが見たかった。おとなしくてまじめそうな子を狙った」などと話している。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316391/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店員寮で強盗容疑 男2人を逮捕 滋賀(24日)

大津署などは23日、風俗店従業員寮に押し入って現金を奪い、女性にけがを負わせたとして強盗致傷の疑いで滋賀県甲賀市信楽町長野、無職谷井師寛(25)と京都市伏見区深草東伊達町、電気工事作業員神山恒平(25)の両容疑者を逮捕した。

 2人の逮捕容疑は8月28日未明、共謀して大津市苗鹿1丁目の風俗店従業員寮に押し入り、女性(26)にモデルガンのようなものを突き付け「金を出せ」と脅迫。女性を粘着テープで縛り軽傷を負わせ、現金約9万2千円を奪って逃走した疑い。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316392/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月23日 | トップページ | 2009年10月25日 »