« 2009年10月22日 | トップページ | 2009年10月24日 »

2009年10月23日

2009年10月23日 (金)

警察庁 薬物対策の強化を指示(23日)

全国の警察本部のトップを集めた会議が23日、東京で開かれ、警察庁の安藤長官は、若者や芸能人が薬物を使う事件が相次いでいることから、密売にかかわる暴力団などの組織の取締りを強化するよう指示しました。

東京都内で開かれた会議には、各都道府県の警察の本部長などあわせて150人が出席しました。この中で、警察庁の安藤隆春長官は「最近、若者が大麻を使う事件や芸能人による薬物事件が相次ぎ、国民の関心が高まっている。関係機関と協力して社会全体で薬物根絶に向けた運動を積極的に展開してほしい」と述べました。そのうえで、薬物の密売グループと暴力団、外国人犯罪組織などが深くかかわり、活動範囲も広がっているとして、部門を超えて情報を共有するとともに、都道府県の警察どうしが協力して取締りを強化するよう指示しました。News_pic1_6 http://www.nhk.or.jp/news/k10013319131000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押尾被告 女性の死亡でも捜査(23日)

合成麻薬を使ったとして起訴された俳優の押尾学被告について、警視庁は、いっしょに薬物を使って死亡した女性の様子が急変したときに、すぐに消防に通報するなど適切な救命措置をとらなかった疑いがあるとして、捜査を進めています。

押尾学被告(31)について、警視庁はことし8月、東京・六本木のマンションで合成麻薬のMDMAを使った際に、いっしょに麻薬を使った飲食店従業員の30歳の女性が死亡したいきさつについても話を聞いています。警視庁によりますと、押尾被告は「女性が錠剤を飲んだらけいれんが起きたり、歯を食いしばったりしたので心臓マッサージをしたが、意識が戻らないので知人を呼んだ」などと話しているということで、駆けつけた知人の男性が消防に通報したのは、女性に異変が起きてからおよそ3時間後だったということです。警視庁は、女性の様子が急変してから死亡するまでに一定の時間があった可能性が高いとみて、押尾被告がすぐに消防に通報するなど適切な救命措置をとらなかった疑いがあるとして、保護責任者遺棄などの疑いで捜査を進めています。News_pic1_5 http://www.nhk.or.jp/news/k10013319871000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(9)

  命を救ってくれたストーブ

Dvc00184  部屋に入ると、匍匐前進で濡れた体が痛くなってきた。全身が震えだした。既にズボンの裾は凍っていた。この状態では凍え死にしそうなので、ストーブを借りることにした。暗すぎるので電気のスイッチを捜そうとしたその時だ。

 「電気つけるな」
 O記者が叫んだ。犯人が撃つ猟銃の弾が天から降るようにパラパラと落ちてくる着弾点だが、ライフルなら射程距離内だ。途端に寒さに怖さも加わり、奥歯がガチガチと音をたて、悪寒状態になった。

 二階建ての階下で石油ストーブを発見した時は、命が救われる思いがした。石油の残りは僅か。暖をとるというよりは凍った衣服を乾かすのに精一杯だった。

 三人はいつの間にか仮眠していた。ヘリコプターの轟音で目が覚めた。カーテン越しに山荘を見上げると、夜に見た時よりは遠かった。

 ヘリコプターに向かって銃を構える犯人の姿があった。撮影しようと望遠レンズを捜したが持っていたのは2〇〇㍉のズームレンズ。精一杯アップにしても人物の表情はおろか、持ているのが銃なのか棒なのか分からない状態だ。

 「これでは写真的には前線基地として意味がない」
 こう判断した我々は、折角借りることができた別荘を放棄することにした。

  結ばれた報道協定

 私の手元に「連合赤軍軽井沢事件」という一札の冊子がある。長野県警が綴った事件のの全記録である。突入を仕切った機動隊の副隊長、横山信男氏が書いた文章が、浅間山荘事件の苦労を表現している。

 「男が命をかけた任務」と題した文章の書き出しは、こうだ。
 ーーー二月十九日以来、あらゆる方途を講じ、力の限りを尽くして続けられた警察の必死の説得、そして、かけつけた両親の涙ながらの哀願…説得に対して犯人らはせせら笑うように、肉親に向け凶弾をもって答えた。

 「チクショウ」と言う言葉意外に表現もなく、ただ、怒りと焦慮にかられ、なんとかしなければ…いや、なんとしても、われわれ機動隊の手で人質を救出し、犯人を逮捕しなければならないーーー
 

 

続きを読む "連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(9)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

訪韓の中井拉致相 黄長ヨプ氏来日への協力を要請(23日)

【ソウル=加藤達也】訪韓中の中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相は23日、ソウル市内で李明博(イ・ミョン・バク)大統領の実兄で韓日議員連盟会長の李相得(イ・サン・ドク)氏と会談したほか北朝鮮問題を扱う政府機関首脳らと相次いで面会、黄長●(=火へんに華)(ファン・ジャン・ヨプ)・元朝鮮労働党書記の来日への協力や拉致など北朝鮮問題に関する情報提供を要請した。

関連記事

記事本文の続き 中井委員長は同日夕、ソウル市内のホテルで李相得氏と会談。黄元書記の日本招聘(しょうへい)に向けた協力を要請した。政治決定を要する黄元書記の出国に関し、大統領の実兄に協力を求めたことで、招聘に向けた環境を整えるねらいがある。

 また、対北朝鮮の保安対策を担当する国情院首脳とも面会し、拉致問題に関する情報提供を要請。日本の国家公安委員長が国情院の首脳と会談するのは異例。

 中井委員長はこのほか、行政安全省(旧内務省)の李達坤(イ・ダル・ゴン)長官、法務省の李貴男(イ・グイ・ナム)長官とそれぞれ約30分、面会。日韓治安機関の協力関係強化などについて協議した。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316295/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日(単位・レベル)

          近2隣トラブル     

【治安解説】また、近隣トラブルで殺人事件が発生してしまった。大阪府警西成署は大阪市西成区の共同住宅で男性の遺体が見つかった事件で、隣の部屋に住む無職の男(64)を殺人容疑で逮捕した。

 男は、隣室のベッドで寝ていた住人の58際の男性の首を絞め殺害したものだが、動機は「約1年前に引っ越してきて、壁をたたくなどされ、寝られない状態が続いていた」などと供述している。

 警察に相談していないだろうと推測され、今後、問題になることはないと思うが、相談されても、この問題は防げないのが現状だ。

 共同住宅における騒音問題は、一度、こじれると、生死にかかわる問題まで発展する。そこで、こんな判例があるので紹介しておく。

 「マンションの上の階に住む幼児の騒ぐ音がうるさく、精神的苦痛をうけた」として都内の男性が幼児の親に対して240万円の損害賠償を求めたことがあった。
 裁判官は「幼児の騒ぐ音は我慢できる限界を超えていた」として36万円の支払いを命じた。男性はマンション1階に住んでいたが、引っ越してきた2階の幼児が室内を走り回る音に悩まされるようになった。抗議をしても幼児の父親は「文句があるなら建物に言え」と取り合わなかった。

 男性は騒音計などで測定、提訴。その結果「騒音の程度は50デシベルから60デシベルとかなり大きく、深夜におよぶことがあった。親は子供をしつけるなど誠意ある対応をすべきである」とした。

 東京都には「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」があり、騒音の基準の一覧表が掲載されている。同じ悩みを抱える人のため参考にしてください。
第一種住宅地は朝と夜は40デシベル。日中は45デシベル
第二種区域は朝と夜は45デシベルで日中は50デシベル
第三種の商業地域と準工業地は朝と夕方は55デシベル、日中は60デシベル、夜は50デシベル。
第四種は繁華街のうち特に指定された地域で朝と夕が60デシベルで日中は70デシベル、夜は55デシベルです。

 環境省の目安によると、40デシベルは深夜の街の小鳥のさえずり。家庭のエアコンは41から59デシベル。温風ヒーターは44デシベルから56デシベル。換気扇は42デシベルから58デシベル。風呂の排水音は57デシベルから75デシベル。

 こうして見ると、共同住宅の場合は生活音は、ある程度は認められています。風呂の排水音は注意したほうが良いようです。

  昨年6月に通り魔事件のあった東京の秋葉原地区のある1つの町会が、街の安全につなげようと、秋葉原では初めて街頭に防犯カメラ16台を設置することを決めたという。効果を期待したい。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 「日本列島振り込め詐欺」は、長野県内で1050万円被害など4件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗傷害事件の遺留品、署内で紛失(23日)

9年前、京都市伏見区で起きた未解決の強盗傷害事件で、伏見署が容疑者の遺留品を紛失していたことが警察への取材でわかりました。この事件は2000年、京都市伏見区の住宅に男が押し入り、住人の女性を縛って現金や通帳などを奪ったもので、未だ、容疑者は逮捕されていません。

 京都府警伏見署によりますと、この事件で容疑者が残した遺留品のDNA鑑定書と、今年8月に別の事件で逮捕された男のDNAが一致し、男が関与している疑いが強まったということですが、9月半ばに捜査員が伏見署内に保管していた遺留品を確認しようとしたところ、なくなっていたということです。伏見署では3月にも証拠品がなくなっていて、副署長は、「保管管理を徹底したい」と話しています。(23日11:41) Logo2_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4265501.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・江東区で会社役員の男性らを殴り重傷負わせ100万円脅し取った容疑で男ら7人逮捕(23日)

東京・江東区で2008年11月、会社役員の男性らを殴って重傷を負わせ、現金100万円を脅し取った疑いで、元暴力団幹部の男ら7人が警視庁に逮捕された。
傷害と恐喝などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団山口組系の元幹部・桂 泰三容疑者(58)ら7人。
調べによると、桂容疑者らは2008年11月、江東区の事務所で、58歳の会社役員の男性らを、「100万円を貸すと言ったよな」と殴りつけて重傷を負わせ、「ここで金を都合できなければ、死んでもらうよ」などと言って、男性らを都内の銀行に連れて行き、現金100万円を引き出させて脅し取った疑いが持たれている。
調べに対して、桂容疑者は容疑を否認しているというLogo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165292.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

エックス線照射装置積んだ車盗まれる 千葉・八千代(23日)

23日午前8時50分ごろ、千葉県八千代市八千代台東1丁目の非破壊検査の会社「レイソニック」から「車が盗まれた」と110番通報があった。車には、同社がビルや橋の内部構造を調べるために使うエックス線照射装置が積まれており、県警八千代署が窃盗事件として調べている。

 エックス線照射装置は、高圧電流を使ってエックス線を発生させ、検査する対象物の目に見えない傷などを調べる。同署の説明では、放射性物質は入っていないが、人体に向けて照射すると、被曝(ひ・ばく)する恐れがある。この装置にはベリリウムが内蔵されている。世界保健機関の専門機関IARCによると、この物質は発がん性がある。

 署の説明によると、盗まれた車は、白色のトヨタ・ハイエース(時価約150万円)。23日午前7時ごろに出社した社員が、なくなっていることに気づいた。駐車場は誰でも出入りできるようになっていたという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1023/TKY200910230314.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押尾被告に求刑1年6月 MDMA事件初公判(23日)

合成麻薬MDMAを飲んだとして、麻薬取締法違反(使用)罪に問われた俳優、押尾学被告(31)の初公判が23日、東京地裁で行われ、検察側は押尾被告に懲役1年6月を求刑した。判決は11月2日に言い渡される。

関連記事

記事本文の続き この日の初公判で、起訴内容については「間違いありません」と答えた。検察側は冒頭陳述で、押尾被告が今年3月と7月に、米国で女性とともにMDMAを飲んだことがあると供述したことを指摘した。

 捜査関係者によると、押尾被告は逮捕当初、「初めて飲んだ」「違法なものとは思わなかった」などと供述していたが、その後の取り調べで「違法なものと知っていた。うそをついていた」と供述を一変。さらに「海外でも使ったことがある」などと常習性を示すような供述もしていた。事件をめぐっては、押尾被告とマンションで一緒にMDMAを飲んでいたとみられるホステスの女性=当時(30)=が死亡しており、押尾被告はこれまでの調べに「女性から錠剤をもらって一緒に飲み、女性は2錠目を飲んで異変が起きた」「女性に心臓マッサージをした」などと供述していた。

 しかし、女性の異変から通報までに3時間ほど経過していたことから、警視庁は保護責任者遺棄などの疑いもあるとみて、押尾被告から任意で事情聴取し、捜査を進めている。起訴状によると、押尾被告は8月2日、東京都港区のマンションでMDMAの錠剤少量を飲んだとされる。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/316224/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(23日)4件

卒業生名簿悪用の振り込めか 1050万円被害 長野 

Banner_logo_051_6 長野県警振り込め詐欺対策室は23日、同県佐久市と小諸市の60代の女性3人が息子を名乗る男からの電話で、先月から今月にかけ友人への借金の返済名目などで計約1050万円をだまし取られたと明らかにした。県警によると、女性3人の息子はいずれも長野県岩村田高校の卒業生で、県内では同校の卒業生の家族に同様の電話がほかにも33件あった。県警は卒業生名簿を使った連続詐欺事件とみて捜査、注意を呼び掛けている。佐久市の女性(64)は先月25日から今月7日までの間に4回、計829万円を金融機関の窓口から振り込んだ。ほかの女性2人もそれぞれ160万円と60万円を振り込んだ後、息子に問い合わせて被害が発覚した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316210/

振り込め詐欺:被害防止講習会、鳴門で高齢者26人 /徳島

Logo_mainichi1_2 鳴門市撫養町南浜の佐藤整形外科で22日、振り込め詐欺被害防止のための講習会があり、デイサービス利用者ら26人が参加した。同市防犯協会職員や鳴門署員が、高齢者に“抵抗力”をつけてもらおうと企画。同署員らが架空請求やオレオレ詐欺などを想定した寸劇を紹介したほか、被害現状なども説明した。また、啓発ポスターなどが配られた。同署によると、1~9月の管轄区域での被害件数は3件、被害額は約140万円。相談件数は、電話やメールなどの架空請求が50件▽融資保証金詐欺が1件▽オレオレ詐欺が8件▽還付金詐欺が1件--だった。井谷和夫副署長は「年末にかけて、電話が増える可能性がある。少しでもおかしいと感じたら、近くの警察署へ連絡して」と呼び掛けている。【山本健太】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20091023ddlk36040587000c.html

警察官装う不審な電話相次ぐ 栃木県警

News_pic1_3 21日、佐野市で、83歳の女性が警察官を装った男にキャッシュカードをだまし取られて、現金100万円を引き出される事件がありました。佐野市内では、このほかにも警察官を名乗る不審な電話が4件もあったことから、警察で注意を呼びかけています。警察の調べによりますと、21日午後、佐野市に住む83歳の女性の自宅に、警察官を名のる男から「詐欺事件がはやっていて、あなたの口座からも現金が引き出されている。キャッシュカードを預けてくれればお金が返せる」と電話がありました。男が女性からカードの暗証番号を聞き出すと、直後に2人組の中年の男がこの女性の自宅を訪ねて、カードを預けるよう求め、女性は、キャッシュカード3枚を男らに渡したということです。
女性の家族が不審に思って確認したところ、あわせて100万円が引き出されていることがわかったということで、警察で詐欺事件として捜査しています。
佐野市内では同じような内容の電話が21日の午後だけで、このほかにも4件かかってきたことが確認されていますが、いずれも被害はなかったということです。
警察では、警察や金融機関が電話で暗証番号を尋ねることはないので注意するとともに、こうした電話がかかってきたら警察に通報するよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/utsunomiya/lnews/04.html

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(23日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤所持容疑で京大生逮捕 大阪府警(23日)

大阪府警高槻署は23日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、京都大学経済学部4年の吉岡風志(かざし)容疑者(28)を逮捕したと発表した。高槻署によると、10月3日に現行犯逮捕した際には「健康のために覚醒剤の粉を持っていた」と容疑を認めていたが、今は「覚醒剤とは認識していなかった」と否認している。

 逮捕容疑は、10月3日午後2時10分ごろ、大阪市西成区内で、覚醒剤0・01グラムの入ったポリ袋1袋を所持していたとしている。

 高槻署によると、吉岡容疑者は、乾燥大麻0・865グラムもポリ袋に入れて持っていた。自宅から未使用の注射器1本を発見、押収したが、尿検査では薬物反応はなかったという。

 高槻署によると、吉岡容疑者は14年4月に京都大学に入学。4年間休学し、その間ドイツに半年間留学するなどしていたが、現在は復学している。吉岡容疑者は「大学の教授になりたいので、早く釈放してほしい」と話しているという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316201/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原 初の防犯カメラ設置へ(23日)

去年6月に通り魔事件のあった東京の秋葉原地区にある1つの町会が、街の安全につなげようと、秋葉原では初めて街頭に防犯カメラ16台を設置することを決めました。

防犯カメラの設置を決めたのは、通り魔事件のあった秋葉原の交差点から100メートルほど離れた東京・千代田区の「神田末広町会」です。雑居ビルやマンションが立ち並ぶエリアの道路や公園の街路灯に16台を取り付ける方針で、映像は近くの小学校に設置したサーバーに1週間分を保存し、事件などがあって警察の要請があれば提供するということです。設置には1000万円余りの経費がかかりますが、そのうち750万円は千代田区と東京都が補助する予定です。秋葉原では、地域全体としても大通りに防犯カメラの設置が検討されていますが、通り魔事件後にこの地区でカメラの設置が正式に決まったのは初めてです。神田末広町会の久保勝会長は「防犯カメラを設置することで犯罪の抑止につながればと思います。1つの町会の取り組みが周りの地域にも広まって、地域全体で安全な街になっていけばいいと思います」と話しています。取り付け工事は早ければ来月中にも始まり、町会では12月からの運用を目指したいとしています。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/k10013310551000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

押尾学被告 起訴内容を認める(23日)

合成麻薬のMDMAを使ったとして、麻薬取締法違反の罪に問われている俳優の押尾学被告の初公判が開かれ、押尾被告は起訴された内容を認めました。

俳優の押尾学被告(31)はことし8月、東京・六本木のマンションで合成麻薬のMDMAを使ったとして、麻薬取締法違反の罪に問われています。東京地方裁判所で開かれた初公判で、押尾被告は「まちがいありません」と述べ、起訴された内容を認めました。検察官は、押尾被告がこれまでの取り調べに対して、「いっしょにいた女性から錠剤を1錠もらったが、MDMAの隠語である『エクスタシー』だと言っていたので、違法な物だとはわかっていた。女性が『全部飲んじゃう?』と聞いてきたが、断って1錠だけ飲んだ」と供述していることを明らかにしました。また、押尾被告が「女性の容体がその後悪化し、駆けつけた友人に自分の体から薬を抜く方法はないか聞いた。尿から薬が出てくると、使用していたことがばれると思った」などと供述し、証拠を隠そうとしていたことも明らかにされました。スーツ姿で法廷に現れた押尾被告は、検察官が供述の内容などについて説明している間、じっと下を向いて座っていました。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10013315751000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き瓶で殴られ男性けが、渋谷の路上(23日)

22日深夜、JR渋谷駅近くで、男性が突然、男に空き瓶で殴られた上、現金を奪われそうになり、顔などにけがをしました。警視庁は、強盗傷害事件として調べています。

 22日午後11時50分頃、東京・渋谷区の路上で、50代の男性が1人で歩いていたところ、いきなり後ろから近づいてきた男に空き瓶で首を殴られました。

 男性が振り返ると、男はさらに男性の顔を空き瓶で殴った上、ズボンのポケットに入っていた財布を奪おうとしましたが、男性が抵抗したため、何も取らずに逃走しました。

 男性は顔などに全治1週間のけがをしました。

 警視庁によりますと、男は身長175センチくらい、25、6歳とみられ、黒のニット帽に黒の革のジャケット姿で、現場近くで待っていた別の男と一緒にバイクで逃走したということです。警視庁は強盗傷害事件として調べています。(23日07:59) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4265365.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

知人女性が設置した防犯カメラ 県職員が盗む(23日)

福井県の職員が、知人の女性が設置した防犯カメラを盗んだとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、福井県河川課職員の内田弘信容疑者(49)です。今年3月14日の未明、福井市内のマンションの駐車場に設置してあった防犯カメラ2台、2万5000円相当を盗んだ疑いです。防犯カメラは、このマンションに住む女性が複数回にわたって車に傷をつけられたことなどから設置したものでした。映像記録にカメラを盗む内田容疑者らしき人物が映っていたため、警察で事情を聴いたところ容疑を認めたということです。内田容疑者はこの女性と顔見知りで、警察は動機を調べています。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20091023110920

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

法相、時効見直し法制審に諮問へ 方向性は「白紙」(23日)

千葉景子法相は23日、殺人など重大犯罪の公訴時効制度を改める必要があるとして、見直し案の検討を法制審議会(法相の諮問機関)に来週、諮問すると発表した。法務省の勉強会は7月、殺人罪の時効廃止などを盛り込んだ報告書をまとめているが、千葉法相は具体的な方向性を示さず「白紙」の状態で諮問する。法制審は部会を設置し、年内に議論が始まる見通し。

 民主党は2009年政策集の中で、重大犯罪について「検察官の請求で裁判所が時効の中断を認める制度を検討する」と、報告書とは別の見解を記しているため、同党の千葉法相は「白紙諮問」を選択したとみられる。

 諮問では、重大犯罪の時効見直しの具体的在り方などを検討し、法整備のための要綱を作成するよう求める。既に発生し時効が進行中の事件に対し、見直し後の法制度を遡及適用することの可否も検討対象とする。

 法務省の勉強会は、政権交代前の7月にまとめた報告書で「重大犯罪の責任追及に期限を設けるべきではないという国民の意識は相当強い」と指摘。人の命を奪う犯罪のうち、殺人など法定刑が重い罪は時効を廃止し、傷害致死罪などは期間を延長するのが相当とする見解を示した。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009102301000072.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗容疑、「金ほしかった」無職男逮捕(23日)

神奈川県警山手署は23日、住所不定、無職田村正剛容疑者(63)を強盗容疑で逮捕した。発表によると、田村容疑者は7月23日午後9時55分頃、横浜市中区本牧ふ頭の路上で、無職の男(48)(懲役4年の実刑判決)と共謀、乗っていたタクシーの男性運転手(57)をナイフのようなもので脅して現金約7万円を奪ったうえ、男性の手足を粘着テープで縛り、タクシーで逃げた疑い。田村容疑者は「金がほしかった」と供述しているという。タクシーは、現場から約2キロ離れた同区内の横浜中華街の路上に乗り捨てられていた。(

2009年10月23日11時17分

  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091023-OYT1T00392.htm?from=main4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宅八郎容疑者を書類送検 アキバ系と揶揄されミクシィに「ぶっ殺す」(23日)

インターネット上で神戸市内の男性の殺害予告をしたとして、兵庫県警東灘署は23日、「オタク評論家」として多数のテレビ出演歴がある宅八郎=本名・矢野守啓=容疑者(47)を脅迫容疑で書類送検した。宅容疑者は「あくまでも論争の1つ。殺意はなかった」と話している。送検容疑は今年3月19日、神戸市東灘区の音楽評論家(50)から「アキバ系」とからかわれたことに腹を立て、インターネットの交流サイト「ミクシィmixi)」内の自分の日記に名指しで「ぶっ殺す」などと書き込んだとしている。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/316053/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城・水戸市で雑居ビルの飲食店が燃える火事 同店で16日にも不審火、放火の疑いも(23日)

23日未明、茨城・水戸市で雑居ビルの飲食店が燃える火事があり、警察は放火の疑いもあるとみて調べている。
23日午前1時すぎ、水戸市の雑居ビル2階の閉店している飲食店から煙が出ているのを警戒中のパトカーが発見し、火は店内の一部を焼き、消し止められた。
この店では、10月16日にも不審火があり、警察は連続放火の疑いもあるとみて調べている。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165273.html
Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり:被害の78歳女性にバッグ奪われアシ 大阪(23日)

大阪府警は22日、大阪市東成区でひったくりをしたとして、大阪市生野区巽北2、韓国籍の無職、慎重肇容疑者(35)を窃盗の疑いで現行犯逮捕したと発表した。先月、別のひったくり未遂事件で被害女性(78)が逆に奪ったバッグから慎容疑者が浮上、府警が周辺を捜査していた。

 逮捕容疑は20日夜、東成区中本3の路上で、歩行中の女性(86)に後ろから自転車で近づき、現金約7700円などが入ったバッグを盗んだとしている。府警によると、容疑を認めているという。

 捜査3課によると、同市生野区で先月6日夜、自転車の女性が前かごからバッグを抜き取られた。女性は取り戻そうとして、自転車の男ともみ合いになり、間違えて男が肩にかけていたバッグを奪った。男は女性のバッグを地面に落として逃げたが、女性が奪ったバッグには慎容疑者名義のキャッシュカードなどが入っていた。生野区や周辺では8月以降、自転車の男のひったくりが他に54件起きており、府警は関連を調べている。【平野光芳】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20091023k0000m040120000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

土佐犬90頭、無届け飼育…福岡・古賀の山中(23日)

闘犬用の土佐犬約90頭が、自治体への届け出が行われないまま、福岡県古賀市筵内の山中などの2施設で飼育されていることがわかった。福岡県と古賀市は21日、狂犬病予防法違反(未登録)の疑いで立ち入り調査を行い、登録するよう指導した。

 山中の施設では、同県志免町の会社会長の男性が約10年前から飼育を始め、現在は約70頭いる。犬は鉄柱につながれて飼育されている。中には体長が1メートルを超え、体重が約70キロある犬もいるという。約1キロ離れた民家跡地では今夏から、福岡市東区の男性が犬舎で約20頭を飼育中という。

 狂犬病予防法では、〈1〉生後91日以上の犬の所有者は、取得から30日以内に市区町村に犬の種類や生年月日などを登録〈2〉すべての犬の所有者は年に1回、飼い犬に予防注射をする――と定め、違反者には20万円以下の罰金を科すとしている。古賀市環境課は2施設の犬について、「いずれも犬種などの登録は行われていない。予防注射を受けたと証明する記録もない」としている。

 予防注射について、会社会長は「闘犬大会会場で受けていた」、男性は「していると思う」とそれぞれ説明する。しかし、土佐犬に詳しい「土佐闘犬センター」(高知市)は「予防注射は通常、会場では行っていない」と話す。(2009年10月23日03時11分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091023-OYT1T00061.htm?from=main1Yomiuri_koudoku1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海外旅行でも時効停止 最高裁が初判断、従来学説覆す(23日)

刑事事件の時効について「犯人が国外にいる場合は進行を停止する」と定めた刑事訴訟法の規定をめぐり、最高裁第一小法廷(桜井龍子裁判長)は「一時的な海外渡航でも適用される」という初判断を示した。これまでは、短期間の旅行のような場合はカウントされないという学説が有力だったが、最高裁が逆の立場を採用する形となった。

 判断は、土地購入をめぐって99年に知人女性から約3300万円をだまし取ったとして、07年に詐欺罪で起訴された高知県の男性(57)=一、二審で実刑=の上告を棄却した20日付の決定で示された。詐欺罪の時効は7年だが、検察側は男性が犯行から起訴までの7年10カ月余りの間に数日間の海外渡航を56回繰り返し、計324日を「国外」で過ごしていたため、この期間を除くと時効が完成していないとしていた。

 弁護側は上告審で「国外にいる場合に時効を停止するのは、起訴状を送達することが困難なためだ」という学説を引用し、「一時的な海外旅行の場合はすぐに帰国し、起訴状を受け取ることができるため、時効の停止を認めるべきでない」と主張した。しかし、第一小法廷は「国外にいる間は、一時的な渡航による場合でも、時効の進行を停止する」と判断し、起訴が適法だったと結論づけた。(中井大助) Logo3http://www.asahi.com/national/update/1022/TKY200910220528.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中井国家公安委員長が訪韓、黄氏らを招聘へ(23日)

 【ソウル=加藤達也】中井洽(ひろし)国家公安委員長・拉致問題担当相が22日夜、訪韓した。韓国政府関係者や国会議員、情報機関の国家情報院関係者らと面会し、拉致問題の情報提供の強化や、黄長●(=火へんに華)(ファン・ジョンヨプ)元朝鮮労働党書記や金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員の来日への協力を要請する。

 黄元書記はかつて、北朝鮮の統治思想である「主体(チュチエ)思想」を体系化した思想家で、金正日総書記の思考形態や北朝鮮の内情について多くの情報をもたらしてきた。金元工作員は大韓航空機爆破事件の実行犯で、北朝鮮の招待所で田口八重子さん=拉致当時(22)=と共同生活しながら日本人化教育を受けた。

 北朝鮮情勢や拉致問題に関する密度の高い情報を直接得ることで、政府内の北朝鮮に関する情報感度を高めるとともに、今後の日韓の連携強化に道筋をつける狙いがある。国会開会を控えた今回は時間の調整がつかず、黄元書記らとの面会は見送られたが、中井委員長は「韓国政府の了解が得られるよう努力したい」と述べている。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/315916/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・西成の変死事件で64歳無職男を逮捕(23日)近隣トラブルが…

大阪市西成区千本北の共同住宅「千本北ハイツ」202号室で男性の遺体が見つかった事件で、西成署は22日、殺人の疑いで隣の203号室に住む無職、白元春義容疑者(64)を逮捕した。西成署によると「生活音がうるさく、腹がたって殺した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、10月14日午後7~8時ごろ、202号室のベッドで寝ていた住人の鈴木栄一さん(58)とみられる男性の首を絞め殺害したとしている。

 西成署によると、白元容疑者は、男性の頭や顔をバール(長さ約30センチ)で殴ったうえで首を絞めたといい、「約1年前に鈴木さんが引っ越してきて、壁をたたくなどされ、寝られない状態が続いていた」などと供述している。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/315917/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンション火災で焼死体 女子大生か バイト欠勤…訪ねた友人が通報(23日)

22日午後8時20分ごろ、千葉県松戸市松戸のマンション「ウィンベルデュエット松戸NO9」の204号室から出火。鉄筋5階建てマンションの1室約20平方メートルが全焼し、焼け跡から女性の遺体がみつかった。松戸署は、遺体がこの部屋に住む21歳の女子大生とみて、身元の確認と死因の特定を急いでいる。同署の調べによると、女子大生が2日くらい前からアルバイトを無断欠勤していたことを心配した友人の男性と女性が部屋を訪ねたところ、部屋の出窓の側面から煙が出ていることに気づいたといい、この男性が「友人の部屋の方から火と煙が見える」と110番通報した。玄関のドアは施錠されていたという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/315947/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月22日 | トップページ | 2009年10月24日 »