« 2009年10月19日 | トップページ | 2009年10月21日 »

2009年10月20日

2009年10月20日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(20、21
  (単位・レベル)

2警察庁が動くべきだ

【治安解説】 盗んだパソコンを使い、窃盗犯をリクルートし、その新人に窃盗の教育をしながら犯行を繰り返していた中国籍の男ら窃盗グループ12人が愛知県警に逮捕された。グループは3人1組のチームを組んで盗みを繰り返し、新人が入るとメンバーを入れ替えるなどしていた。仲間の募集には、インターネットのチャットサイトや同郷出身者のつてを利用していたという。

 インターネットの交流サイトで女性を襲う仲間を募り、暴行を繰り返した45歳の男ら4人が、強姦などの疑いでこのほど警視庁に逮捕された。男らが利用していたのは、会員がわいせつな話題を書き込んで交流するサイト。45歳の男が「女性を襲う」と誘いをかけ、応じてきた他の3人と連絡を取り合って犯行場所を決めていた。男らは01~08年まで、東京都多摩地区で約10件の犯行を繰り返していたとみられている。

 これとは別に、ネツト上の闇サイトを利用した事件が多く、平成17年10月には、携帯の掲示板「闇の職安」で仲間を集めて強盗を働いたとして暴力団員ら7人が警視庁に逮捕されている。

 さらに、19年8月には、やはり闇職安で仲間を集めて女性を拉致し殺害した犯人が愛知県警に逮捕された。

 同年3月には覚せい剤の運び屋を募集していたグループが千葉県警や福岡県警などに摘発されるなどネット犯罪は跡を絶たない。

 そのネツト犯罪を取り締まるため警視庁は、国内の大手プロバイダー事業者にネットの通信履歴(ログ)を最長90日間保存するよう要請する方針だという。

 「ネット犯罪取締法後進国ニッポン」の汚名返上のためには、警察本部が業界にお願いするのではなく、ログ保存の義務化など警察庁が動くべきである。国家公安委員会はボケッとしているんじゃない。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山の統一教会を家宅捜索 印鑑販売事件に関与の疑い(20日)

「悪い運がつきまとっている」などと不安をあおって女性に高額の印鑑を売りつけた事件に関与した疑いがあるとして、和歌山県警は20日、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の和歌山教会、印鑑や健康食品の販売会社「エム・ワン」など和歌山市内6カ所の家宅捜索を始めた。県警はエム・ワンの従業員とみられる女2人を特定商取引法違反(威迫・困惑)の容疑で逮捕する方針。

 県警によると、女2人は昨年3月下旬、和歌山市の50代の会社員女性をエム・ワンの事務所に誘って姓名判断をし、数時間にわたって「家系的に悪い運がつきまとっている」「運命を変えるには印鑑を作ること」などと迫り、印鑑3本セットを約110万円で購入させた疑いが持たれている。

 統一教会和歌山教会の関与の内容について、県警は詳細を明らかにしていない。統一教会広報局は取材に「エム・ワンと当法人とは関係がない」とコメントした。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/1020/OSK200910200036.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全精社協会長らを逮捕、補助金不正容疑 大阪地検(20日)

厚生労働省から07、08年度の補助金計5110万円を不正に受け取ったとして、大阪地検特捜部は20日、社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、東京)の会長高野修次容疑者(55)=静岡県富士宮市=らを補助金適正化法違反容疑で逮捕した。協会が運営する精神障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の家宅捜索も始めた。

 ほかに逮捕されたのは、元副会長の上野一郎容疑者(50)=愛媛県新居浜市▽元常務理事の尾上(おがみ)義和容疑者(41)=神奈川県大和市。協会資金の業務上横領罪で起訴された元事務局次長の五月女(そうとめ)定雄被告(58)=さいたま市=も午後に逮捕する。これまでの任意聴取にいずれも容疑を認めているという。

 特捜部の調べでは、高野会長ら4人は、障害者の自立支援に関する調査研究プロジェクトの補助金を厚労省に申請する際、調査研究をする予定がないのに、虚偽の計画書を提出し、07年度に3130万円、08年度に1980万円を不正に受給した疑いがある。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/1020/OSK200910200020.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

売春の客待ち助けた暴力団幹部逮捕(20日)

JR町田駅周辺で見張りをするなどして売春目的の女の客待ちを助けたとして、警視庁と神奈川県警は売春防止法違反幇助の疑いで、指定暴力団極東会系幹部、坂本成雄(しげお)容疑者(57)=神奈川県相模原市東林間=ら2人を逮捕した。警視庁によると、坂本容疑者は「平成19年11月ごろからみかじめ料を取って週3~4回巡回していた。売春婦が安心して商売ができるようにやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9月22日夜、同市上鶴間本町の路上で女(36)の周囲を見張るなどして客待ち行為を助けたとしている。警視庁保安課によると、町田駅周辺の通称「たんぼ地区」には、常時15~20人の客待ちがいる。同課は今年に入ってから、同地区で客待ちをしていたとして日本人7人を含む20~55歳の女を同法違反の現行犯で逮捕している。

 坂本容疑者らは、女から5千~9千円のみかじめ料を集め、見張りをしていた。集めた金は年約4800万円に上るとみられる。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314912/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑の男、逮捕前に捜査員同宿…大阪府警(20日)

大阪市浪速区のマンションで9月、男性の刺殺体が見つかった事件があり、大阪府警捜査1課が無職、焼田具明被告(44)(死体遺棄罪で起訴、強盗殺人容疑で再逮捕)を逮捕前に参考人聴取した際、監視役の捜査員とともにビジネスホテルの同じ部屋に宿泊させていたことがわかった。

宿泊は捜査担当者の独断で行われ、同課には「帰宅させた」と虚偽の報告をしていた。焼田被告は宿泊翌日の聴取で犯行を自供し、逮捕された。逮捕前に事実上、身柄拘束する捜査手法で、供述の任意性が問われそうだ。

 男性(当時33歳)の遺体は9月4日、家賃を滞納していた部屋を訪ねた保証会社社員が、浴室で見つけた。府警は、部屋の使用者で、男性の知人だった焼田被告を同7日、奈良県生駒市の自宅近くから浪速署に任意同行し、夜まで聴取。事件に関する供述は得られなかった。こうしたケースでは通常、帰宅させるが、捜査担当者は「逃亡の恐れはないが、過去に自殺を図ったことがあり、自暴自棄になる恐れがある」と判断。被告に口頭で了解を得て、監視役の捜査員1人と署近くのホテルの同じ部屋に泊まらせたという。

 翌8日朝、捜査員がホテルから署に同行し聴取を再開。夕方になり、焼田被告は「室内で殺害し、自分一人で浴室に運んだ」と自供、死体遺棄容疑で逮捕された。関係者によると、捜査担当者は同課幹部に対し、「参考人聴取後、自宅に戻ったが、8日朝にすっきりした表情で署を訪れ、自供に至った」と説明をしていたという。

 同課幹部は読売新聞の取材に、「捜査手法として間違いと言い切ることはできないが、正しかったとも思っていない。公判で供述が証拠採用されない恐れが高いと考え、補充捜査を進めている」と話した。(2009年10月20日08時02分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091020-OYT1T00009.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スクーター使ったひったくり4件相次ぐ 名古屋(20日)

名古屋市内で19日夜から20日未明にかけて、ひったくりの被害が4件相次いだ。愛知県警はそれぞれ同一人物の可能性が高いと見て調べている。

 南署によると、19日午後9時25分ごろ、同市南区西又兵ヱ町3丁目の路上で、徒歩の会社員女性(26)が、後方から来た黒っぽいスクーターの男に、現金約3千円の入った手提げバッグを奪われた。5分後、約500メートル離れた同区堤町3丁目でも、徒歩の市職員女性(50)が、スクーターの男に追い抜きざまに、現金約5万円の入った手提げバッグなどをひったくられたという。

 中署によると、20日午前0時ごろ、同市中区錦2丁目の路上で、自転車の会社員女性(22)が、後方から来たスクーターの男に現金約5千円の入った手提げカバンをとられた。5分後、約300メートル離れた同区栄1丁目で、徒歩の会社員女性(36)が現金約2千円入りの手提げカバンを、スクーターの男に追い抜きざまにとられた。男はいずれも黒っぽい服装だったという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1020/NGY200910200001.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大分、鹿児島の右翼団体に「赤報隊」の実弾(20日)

NHKの放送センター(東京)と札幌、長野、広島、福岡の4放送局あてに2月、小包で「赤報隊」と印字した紙とともに実弾が送り付けられた事件で、大分県と鹿児島県の右翼団体にも赤報隊を名乗る文書が郵送されていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 福岡県警によると、右翼団体に届いた文書の文字の特徴と、実弾に同封されていた紙の文字の特徴が似ていることから、同一犯の可能性が高いとみて捜査している。捜査関係者によると、両県の右翼団体とも文書は6月に届いており「赤報隊をりようしてください」と印字された紙が封入されていた。消印は名古屋市の中村局だった。

 福岡県警によると、NHKと右翼団体に送り付けられた文書は古い印刷物から切り取って作られたとみられ、「隊」の字が旧字体などの特徴があった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314800/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

皇后さま75歳 国民の失職「最も案じられた」(20日)

 皇后さまは20日、75歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立ち、宮内記者会に対してこの1年のご感想を文書で公表された。

 ご感想の中で皇后さまは、1年ほど前に世界的な金融危機が生じ、日本でも多くの人が職を失うなどの影響が出たことを「この1年、最も案じられたことでした」と記された。

 また、オバマ米大統領が核兵器廃絶を訴えた、いわゆる「プラハ演説」にも言及された。皇后さまは核兵器の恐ろしさに触れたうえで、「被爆国である日本は、このことに対し、国際社会により広く、より深く理解を求めていくことが必要ではないかと考えています」との思いを示された。

 今年は天皇、皇后両陛下のご結婚50年、陛下のご即位20年という節目の年に当たるが、「秋の御即位20年を、陛下がお元気にお迎えになり、御即位に関連する様々なお行事が、滞りなく行われますことを、家族の皆と共に願っています」と記されている。

 宮内庁によると、皇后さまのお立場でこの1年になさった公務は400件に上った。このうち、地方への公的なご訪問は7府県9回で、7月には2年ぶりに外国ご訪問(カナダ、ハワイ)も果たされた。

 2月にはテニスのプレー中に左ひざを痛めたが、筋力の回復に向けて、最近ではテニスも少しずつされるようになったという。ただ、今も宮中祭(さい)祀(し)での所作に困難なものがあるため、今年いっぱいは祭祀への出席はお控えになる。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/091020/imp0910200500001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗容疑、58歳会社員逮捕 警視庁(20日)

19日未明、東京・練馬区のコンビニエンスストアに男が押し入り、現金9万円を奪いましたが、男は現場近くで警戒中の警察官に現行犯逮捕されました。

 19日午前1時半ごろ、練馬区東大泉のコンビニエンスストアに男が押し入り、アルバイト店員(21)にナイフを突きつけ「レジに入っている金を全部出せ」と脅しました。

 男は店員が差し出した現金およそ9万円を奪って自転車で逃走、店員にけがはありませんでした。この20分後、現場から600メートル離れた路上で警戒中の警察官が自転車に乗った男に職務質問をしたところ、「自分がやった」と話したため、男を現行犯逮捕しました。

 逮捕されたのは新宿区の会社員・山村正夫容疑者(58)で警視庁の取り調べに対し、「生活費や遊ぶ金がほしかった」と供述しているということです。Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4262132.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“ネットカフェ犯罪”警視庁が有識者懇談会(20日)

インターネットカフェを利用した犯罪が続発していることを受け、警視庁が対策に乗り出した。 警視庁によると、東京都内のインターネットカフェのうち、本人確認をしている店は4割に満たない。匿名でインターネットが使えるインターネットカフェを利用した犯罪は増加していて、今年8月までに679件に上っているという。 警視庁は17日、オリンピックに出場した元水泳選手・田中雅美さんら有識者を集めた懇談会を開き、11月中旬をメドに検討結果をまとめるなど対策を急いでいる。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/10/19/07146103.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区の居酒屋で偽1万円札を使った疑いで逮捕された41歳男を起訴(20日)

東京・杉並区の居酒屋で9月、41歳の男が偽の1万円札1枚を使ったとして逮捕された事件で、東京地検は19日、男を起訴した。
東京地検は、別の偽造通貨行使事件についても、捜査を進めている。
偽造通貨行使の罪で起訴されたのは、中野区の建設業・神戸祥夫被告(41)。
神戸被告は9月7日午後11時すぎ、杉並区西荻南の居酒屋で、550円のビールを3杯注文して代金を支払う際、偽の1万円札1枚を使用し、現行犯逮捕されていた。
神戸被告は9月30日、別の偽造通貨行使事件で追送検されていて、東京地検は、この事件についても捜査を進めている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165071.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

補助金不正流用:全精社協理事長ら逮捕へ 大阪地検特捜部(20日)

全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協)による厚生労働省の補助金約5100万円の不正流用問題で、補助金の虚偽申請にかかわった疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は19日、補助金適正化法違反容疑で、全精社協の理事長(55)と元幹部2人の逮捕状を取った。同容疑で元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄被告(58)=業務上横領罪で起訴=の逮捕状も取っており、20日、4人を事情聴取し、逮捕する方針。

 流用された補助金の一部が政官界に流れた疑惑もあり、特捜部は組織的な不正とみて、全精社協の資金の流れの全容解明を目指す。

 全精社協は、厚労省から障害者自立支援の調査研究事業の補助金として07年度に3130万円、08年度に1980万円を受給した。特捜部の調べで、ほぼ全額が障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の運営費や、栃木県からの補助金剰余分の返還などに流用されたことが判明している。

 捜査関係者らによると、全精社協は08年2月ごろに07年度分、08年11月ごろに08年度分の補助金交付申請書を厚労省へ提出。その際、補助金を不正流用する目的で理事長らが申請書に虚偽の内容を記載し、計約5100万円を適正に使用したように装った疑いがもたれている。

 全精社協を巡っては、会計担当だった五月女被告が05年9月~08年4月、資金約835万円を着服したとして、業務上横領罪で起訴された。この捜査の過程で、理事長ら複数の幹部が任意聴取に不正流用を認めている。【久保聡、村松洋】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091020k0000m040140000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

線路に男性遺体遺棄容疑、知人の男を逮捕 千葉県警(20日)

千葉県君津市のJR久留里線の線路上で今月14日、住所不定で職業不詳の林幸男さん(62)が遺体で見つかる事件があり、県警は19日、林さんの知人で現場近くに住む無職鈴木哲志容疑者(51)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。鈴木容疑者は容疑を否認しているという。

 捜査1課の発表などによると、林さんは14日午前5時10分ごろに発見された。鈴木容疑者は13日午後11時30分ごろから翌午前5時10分ごろまでの間に、遺体を線路に遺棄した疑いが持たれている。

 同容疑者の自宅内と線路の上にある陸橋から林さんのものとみられる血痕が見つかっており、捜査1課は林さんを自宅で暴行し、陸橋から転落させた可能性があるとみて、調べを進める、としている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1019/TKY200910190429.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速水着素材「がん治る」と販売 薬事法違反の恐れ(20日)

高速水着素材の開発などで知られるゴム素材メーカー「山本化学工業」(本社・大阪市生野区)の製品「バイオラバー」を使った商品を販売している業者が、「がんが治る」などと効能をうたっていたことが朝日新聞の調べで分かった。バイオラバーは厚生労働相の承認を受けておらず、専門家によるとこうした販売行為は薬事法に違反する恐れがあるという。捜査当局も販売の実態を調べている。

 朝日新聞が調べたところ、「がん治療効果がある」などと説明して販売していたのは東京に本社のある健康用品販売会社。同社は東京のほか大阪、京都などに店舗があり、ホームページに定期的にバイオラバーに関する「説明会」の案内を掲載していた。バイオラバー自体を紹介するページもあったが、現在は削除されている。

 説明会では、同販売会社の担当者らが「バイオラバーは遠赤外線を出し、がんを抑制する効果がある」などと説明し、バイオラバーを使ったマットやベストなどの商品を販売していたという。

 薬事法は、人体に影響を与える医療機器を販売する際には、効能について品目ごとに厚労相の承認が必要と規定。承認申請した効能は厚労省の外郭団体で審査される。未承認の効能をうたっての販売は禁止されている。

 薬事法に詳しい吉峯啓晴弁護士は「承認を受けずに『がんが治る』などと説明するのは明らかに薬事法違反だ。人の『健康になりたい』という欲求を悪用しかねず、消費者に対して誠実な売り方ではない」と批判している。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1019/OSK200910190145.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(20日)1件

振り込め120回超、51歳女性が1200万円の被害

Banner_logo_051_3 山形県警村山署は19日、同県村山市の無職女性(51)が長男を装った男らから120回以上計約1200万円をだまし取られる振り込め詐欺被害に遭ったと発表した。県警によると、女性は1日、長男を名乗る男から「借金97万円を返さなければ裁判を起こされる」との電話を受けた。さらに長男の知り合いを名乗る別の男から「長男はほかにも消費者金融に借金がある」との電話があり、振り込みを指示された。女性は、16日までに約10万円ずつをネット銀行の複数の口座に振り込んだ。18日夜に長男からの電話で被害に気付き、村山署に被害届を出した。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314679/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長野、岐阜など10県で480件の盗み? 被害は8700万円(20日)

愛知、岐阜両県警は19日までに、窃盗などの疑いで、愛知県一宮市浅井町、無職、内田勇希容疑者(27)と少年(18)ら計7人を逮捕した。

 両県警によると、内田容疑者らは飲食店や事務所が営業を終えた深夜に侵入し金庫ごと盗み出す手口で、長野、岐阜など10県で約480件の犯行を繰り返したとされる。被害総額は8700万円に上るとみられ、両県警は裏付けを進めている。7人は暴走族グループだったという。

 逮捕容疑は昨年10月、岐阜県各務原市の飲食店で約56万円が入った金庫を、今年5月には名古屋市の飲食店で約25万円入りの金庫を盗んだなどの疑い。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314680/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県警巡査、中2女子の下着盗(20日)

兵庫県警網干署地域課の男性巡査(26)が、事情聴取のため訪ねた同県姫路市内の民家で、中学2年の少女の下着を盗んだ疑いがあることが19日、県警への取材で分かった。県警捜査3課は容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同課などによると、巡査は17日午後、公然わいせつ事件の捜査のため、制服姿で少女宅を訪問。無断で少女の部屋に上がり込み、下着約25点を盗んだとされる。巡査が帰った後、少女が風呂に入ろうとした際に下着がないことに気づき、相談を受けた母親が同日夕、110番して発覚した。

 県警の調べに巡査は当初、「下着を盗んだことは知らない」「かばんは持っていかなかった」と否認したが、少女が巡査のかばんの特徴を覚えていたことなど、矛盾を追及したところ、19日夕になって「下着を取って処分した」と、認める供述を始めたという。下着はまだ見つかっておらず、県警は巡査の自宅や、捨てたとみられる付近を捜索し、裏付けを進める。

 巡査は大学卒業後、平成19年10月に県警に採用され、20年3月から同署地域課に配属。勤務態度に問題はなかったという。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314688/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月19日 | トップページ | 2009年10月21日 »