« 2009年10月18日 | トップページ | 2009年10月20日 »

2009年10月19日

2009年10月19日 (月)

出会い系サイト運営2社に改善命令 迷惑メール大量送信(19日)

出会い系サイトの広告メールを受信者の同意なしに大量送信していたとして、消費者庁と総務省は19日、サイト運営会社の「EIGHT(エイト)」(天内大二代表)と「アルファクト」(松下孝太郎代表)=いずれも東京都渋谷区=の2社に対し、特定電子メール法違反で改善を命じた。日本データ通信協会が運営する「迷惑メール相談センター」には、EIGHTの迷惑メールへの苦情が750件以上、アルファクトには1500件以上寄せられているという。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/1019/TKY200910190333.html

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

愛知の窃盗団 ネットでリクルート、新顔連れて実地指導(19日)

貴金属やパソコンを狙い、愛知県など東海地方を中心に空き巣をしていたとして9月末に逮捕された中国籍の男らの窃盗グループが新顔に盗みの「教育」を施しながら、犯行を繰り返していたことが愛知県警への取材でわかった。新顔は、インターネットのチャットサイトや同郷出身者のつてを利用して「リクルート」していたという。

 捜査3課と中署によると、グループは、ノートパソコンなどを2月に同県春日井市の民家から盗んだとして、9月末に逮捕された横浜市中区の無職の男(25)ら3人を含む中国・福建省出身の男女計12人。4月以降、盗みや盗品等有償譲り受けの疑いで相次いで摘発された。バーナーで窓の鍵付近を焼く「焼き破り」という手口で、東海4県のJRや私鉄沿線の民家に侵入していたという。

 捜査関係者によると、県警は内偵捜査で、同県三河地方にあるグループのアジトを特定。出入りする3人一組の盗みの「チーム」は新顔が入るとメンバーを替えていた。1カ月ごとに顔ぶれの一部が代わることもあったという。新顔はベテランのメンバーとともに盗みに出ては、「実地指導」を受けていた。犯行直後に指導役が怒鳴る場面もあったという。アジトに対する捜索では、被害品とみられる貴金属類やノートパソコンが大量に見つかったという。

 同県岡崎市内の民家で空き巣をしたとして4月に逮捕されたチームの1人も、このアジトに出入りし、県警が行方を探している年配の男に指導を受けていたという。このメンバーは密入国した後に、先に密入国していた同省出身の知り合いに「仕事」として紹介されたとみられる。 また、9月末に逮捕された3人のうち、名古屋市中区の専門学校生の男(22)もアジトに出入りしていた人間と交友があった。実行役として、同容疑で逮捕された横浜市中区の無職の男(32)と昨年12月、中国語のチャットサイトを通じて知り合い、グループに加わったという。

同郷の出の2人は意気投合し、約10日後に名古屋市内で会っていた。専門学校生は「高級な服を着て、食事をおごってくれるなど、羽振りのいい男に興味を持った。空き巣がカネになると聞いた」などと説明したという。 グループにはこのほか、中国本国の人物から指示を受けていたとみられる盗品の買い受け役もいた。盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕された大阪市在住の無職の男(37)は「旅行を装って中国に持ち込み、売りさばいていた。本国には自分とは別にボスがいて、買い取りを頼まれていた」と話したという。

 沿線では、昨年5月から同様の手口の空き巣が300件以上あったが、捜査が本格化した今年4月以降、被害が激減した。県警は日中両国をまたぐこのグループが大半に関与し、被害額は数億円に上る疑いがあるとみて、組織の全容解明を進めている。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/1019/NGY200910190016_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

拾い主が謝礼求め落とし主を提訴 預金1700万円の15%(19日)

預金通帳や印鑑が入ったかばんを拾った新潟県魚沼市の男性が、落とし主から謝礼の支払いがないのは遺失物法違反だとして、落とし主に255万円を求める訴訟を、19日までに新潟地裁長岡支部に起こした。

 訴状によると、男性は8月中旬、同市の路上で預貯金通帳7冊や印鑑、給与明細などが入ったかばんを拾い、警察に届け出た。かばんはその日のうちに落とし主に返され、拾った男性は謝礼を求めたが支払われていない。男性は「通帳の預貯金残高は1700万円以上あり、謝礼としてその15%を支払うべきだ」と主張している。

 遺失物法には、遺失物の返還を受けた者は、遺失物の価格の5~20%に相当する「報労金」を拾得者に支払わなければならないと定めている。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/314653/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(19、20
  (単位・レベル)

2リバイバルした振り込め詐欺

【治安解説】 「お宅のトラックが走行中に路面のオイルをはね飛ばして着衣を汚された」などという不審な電話が、神奈川県内の複数の運送会社にかかったという。

 報道によると、今年9月末に横浜市内の運送会社に、タクシーの運転者を名乗り「お宅のトラックが停車中のタクシーの横を通り過ぎた時に、路面にたまっていたオイルをはね飛ばして、タクシーから降車中の客の着衣を汚した」と話し、「オイルがかかったタクシー客の携帯番号を教えるから電話をしてほしい」と言った。

 さらに、同じ日に別の運送会社にもタクシー運転者を名乗る同じ内容の電話があり、被害に遭ったという場所も時刻も客の名前も前述の運送会社にあった電話とまったく同じだった。

 両社とも加入していた交通共済組合が同じだったため、連絡を受けた共済が詐欺の可能性に気付き被害を未然に防いだ。中国情報をインターネット配信するサーチナニュースが業界からの情報で伝えた情報だ。

 この手口、まさに「振り込め詐欺」で、平成17(2005)年5月ころ、都内の目黒、品川方面を現場とする電話が始まりだった。当時は、「お宅の車が牛乳パックを踏んで喪服が汚れた」などと言い、都内のタクシー会社や運送会社に電話をかけて2万円から7万円を要求した。

 翌18(2006)年に入ると環状7号線沿いに被害が拡大。放射線状に都内全域に広がっていった。今のところ、神奈川県内だけだが、被害が1件でも出れば拡大するので注意喚起が必要のようだ。「日本列島振り込め詐欺」は、http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・世田谷区の路上でオートバイ6台の燃料パイプが切断される 器物損壊容疑で捜査(19日)

東京・世田谷区で、路上に止めてあったオートバイ6台の燃料パイプが切断されているのが見つかり、警視庁は、器物損壊の疑いで調べている。
近所の住民は「妻が、ガソリンのにおいがするって。見てみたら、ガソリンがバーッと流れでていた」と話した。
18日午後4時ごろ、世田谷区太子堂の公園脇の路上に止めてあったオートバイのガソリンが漏れているのを、近所の人が発見した。
警視庁で調べたところ、公園周辺に止めてあったあわせて6台のオートバイのゴム製の燃料パイプが切断されていて、警視庁は、同一犯による器物損壊事件とみて調べている。
Logo1_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165031.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

戸塚ヨットスクールで飛び降り自殺か、入校中の18歳(19日)

19日午前9時40分ごろ、愛知県美浜町北方の「戸塚ヨットスクール」(戸塚宏校長)で、入校中の横浜市磯子区の女性(18)が3階建ての寮の屋上から転落し、約1時間後に死亡した。半田署は自殺とみている。

 同署によると、女性は男性コーチ1人と別の寮生1人の計3人で布団を干していたが、高さ1.5メートルのフェンスを突然乗り越え、寮西側の路上に飛び降りたという。 女性は16日にスクールに入校した。学校が同署にした説明によると、入校当初から「死にたい」と周囲に話していたという。

 戸塚校長は19日午後1時ごろ報道陣の取材に応じ、「親から自殺未遂をしたことがあると聞いていたので屋上にコーチをつけた。コーチが後ろを向いた時に女性が飛び降りたとみられる」と話した。 戸塚ヨットスクールは76年に開校。80年代初め、訓練生が死亡・行方不明になる事件が相次いだ。同校のホームページでは、「(ヨットやウインドサーフィンの訓練によって)人が本来持つ『生きる力』を開花させることに全力を注ぎ、非行や不登校児などに成果を上げている」としている。Logo3_3  http://www.asahi.com/national/update/1019/NGY200910190015.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が手錠を盗まれる 警視庁上野署(19日)

警視庁上野署生活安全課の男性巡査部長(31)が繁華街を取り締まり中、手錠が入ったバッグを盗まれていたことが19日、同署への取材で分かった。同署は窃盗事件として捜査している。

 同署によると、巡査部長は15日午前2時過ぎ、東京都台東区上野の雑居ビル1階の共用部分で風俗店の取り締まり中、関係者に事情を聴こうとした。この関係者が逃走したので、追いかけたところ、周囲の男らともみ合いとなり、護送用の手錠2個やロープ2本などが入った手提げバッグを落としたという。関係者を確保し、数分後にビルに戻ったところ、バッグがなくなっていた。

 同署は「早く犯人を捕まえるため捜査に全力を尽くす。再発防止のため指導を徹底する」としている。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314524/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

デリヘル嬢は中高生…未成年雇用の違法店、急増のワケ(19日)

家やホテルに派遣された女性が男性に性的サービスをする派遣型風俗店(デリバリーヘルス)で、女子中高生ら未成年を雇ったとして摘発される業者が急増している。兵庫県警は今年9月末までに、すでに昨年の3倍以上の7業者を摘発した。デリヘルは厳しい審査がなく、地元の公安委員会に届け出するだけで開業できるため、携帯電話のサイトやチラシを使った勧誘競争が激しい。こうしたサイトなどを見た少女らはバイト感覚で近づくといい、県警は今後も取り締まりを強化する。

 ■誰でも開業「稼ぎ月1000万円」  県警は9月、家出中の16歳の無職少女を雇い、男性客にわいせつな行為をさせたとして児童福祉法違反容疑で姫路市内の男(40)を逮捕した。県警によると、男には借金があり「手っ取り早く金をもうけるならデリヘルだと思った」と供述。携帯電話だけで経営を切り盛りし、インターネットの掲示板でデリヘル嬢や男性客を募集。中高生らが使っている自己紹介サイトの「プロフ」にも書き込んで勧誘し、約10人の少女を雇っていた。また、「相当な人気店」(県警捜査員)だったというデリヘルを経営していた神戸市西区の男(31)=同容疑で逮捕=は14歳の女子中学生ら数十人の少女を雇い、月1000万円近く稼いだこともあったという。警察庁によると、昨年末までに届け出があったデリヘルは全国で1万3093店と3年前の約1・5倍。「許認可制にすると地下にもぐる業者が出る」(捜査幹部)ため、事務所の所在地や店名を公安委員会に届けさえすれば営業できる。そのため業界は飽和状態で、金ほしさで近づく少女を雇う悪質業者も後を絶たない。

 ■「月給100万円」つられ応募…ネット制限の声  競争激化で携帯サイトなどにはデリヘルの求人情報があふれており、「月給100万円」などと高給をうたっている業者も多い。デリヘルで働いていた14歳の女子中学生は「遊ぶ金がほしくて始めた。少しやるだけでお金がたくさんもらえた」と供述。別の少女も「家出をして生活費がなかった。手っ取り早くお金がほしかった」と説明した。こうした現状に県警は今年、すでに生活環境課と少年育成課が少女を働かせていた7業者を摘発するなど取り締まりを強化。今月に入り、本部長通達で、取り締まりの重点項目に「デリヘルを仮装した売春事犯等」を加えた。首都大学東京の前田雅英法科大学院教授(刑法)は「状況がさらに悪化すれば、違法デリヘル業者には新たな法的規制を検討する必要がある。多様なネット情報に触れる子供たちや親へネット教育を行うとともに、有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリングを含めた対策の検討を急ぐ必要がある」としている。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314545/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「オウム」への規制強化を要請 関係市町村が千葉法相らに(19日)

オウム真理教事件を受けて制定された団体規制法が12月に見直し時期を迎えるのを前に、教団施設などがある全国30自治体でつくるオウム真理教対策関係市町村連絡会(会長・山出保金沢市長)が19日、教団への規制強化を求める要請書を千葉景子法相と北田幹直公安調査庁長官に提出した。

 要請書は「住民の不安は解消されていない。法の存続はもちろん、細かに法を見直してほしい」とし、公安庁の権限強化や教団に義務付けている報告事項の拡大などを求めている。 団体規制法は平成11年12月に施行され、付則で5年ごとの見直しが規定されている。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314580/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査関係の功労者に長官賞等を贈る(19日)

~各種施策や事件解決に貢献した部署が受賞~

警察庁は、「全国捜査関係課長等会議」の席上、各種施策や事件解決等に功労のあった警視庁など47部署に対し安藤隆春長官から長官賞を贈った。また、静岡県警など54部署に対し金高雅仁刑事局長から刑事局長内賞を、千葉県警など64部署に高橋美佐男組織犯罪対策部長から組織犯罪対策部長内賞をそれぞれ贈った。Topbanner01logo1 http://www.police-ch.jp/news/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗逮捕、女性バイト竹刀手に追跡(19日)

18日午後9時55分頃、横浜市中区伊勢佐木町のコンビニ店「ポプラ伊勢佐木モール店」に男が押し入り、中国人の女性アルバイト(31)に文化包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、レジから現金計3万1000円を奪って逃げた。

女性アルバイトはすぐに店内にあった竹刀を持って男を追走。約50メートル先の路上で包丁を持ったままの男に追いつき、にらみ合っていたところ、通りかかった男性会社員(57)が男を取り押さえ、駆け付けた伊勢佐木署員が強盗容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、男は住所不定無職、斉藤英一容疑者(64)。調べに対し、「競馬に負けて所持金がなくなった」と話しているという。女性アルバイトにけがはなかった。(2009年10月19日10時56分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091019-OYT1T00388.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

歯科医らサーフィン仲間5人「大麻」で逮捕(19日)

宮崎県警日向署は19日、神奈川県葉山町一色、歯科医師三壁信洋容疑者(29)ら5人を大麻取締法違反(譲り渡しなど)容疑で逮捕したと発表した。

他の逮捕者は、いずれも宮崎県日向市の20歳代の男女。発表によると、三壁容疑者は7月末、同市の男2人に乾燥大麻計約20グラムを6万円で譲り渡した疑い。宅配便で送っていたという。他の4人は、乾燥大麻を所持したり、自宅で大麻草を栽培したりした疑い。

 県警は関係先を捜索し、乾燥大麻27グラムと大麻草44本、水耕栽培セットなど計175点を押収した。5人はサーフィン仲間で、同市内で知り合ったという。(2009年10月19日12時06分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091019-OYT1T00534.htm?from=main2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

原爆慰霊碑の献花、まき散らした容疑で組員逮捕 広島(19日)

19日午前1時50分ごろ、広島市中区の平和記念公園をモニターで警戒中の警備員から、「男が原爆死没者慰霊碑の献花を散乱させている」と110番通報があった。広島中央署員が、近くにいた同市東区馬木7丁目、自営業で政治結社「誠臣(せいしん)塾」構成員の竹田英幸容疑者(37)を任意同行し、容疑を認めたため、礼拝所不敬の疑いで逮捕した。「碑文に腹が立った」などと話しているという。

 県警によると、竹田容疑者は19日午前1時45分ごろ、原爆死没者慰霊碑の献花台から花束約10束を引き抜き、まき散らした疑いが持たれている。竹田容疑者は当時、酒を飲んで酔っていたという。 原爆被爆者慰霊碑は05年7月にも「誠臣塾」の別の構成員にハンマーなどで傷つけられ、碑文にある「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」の「過ち」の部分が削り取られ、その後、修復されていた。

 広島市国際平和推進部の担当者は「花を寄せてくれた人たちや被爆者の思いを踏みにじる行為で、強い憤りを感じる」と話した。広島市内では、日豪が主導する賢人会議「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」の最終の本会合が18日から始まっている。Logo3_2  http://www.asahi.com/national/update/1019/OSK200910190043.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

来日4カ月でひったくり 中国籍の少年2人逮捕(19日)

通行人の女性からバッグをひったくろうとしてけがを負わせたとして、警視庁少年事件課などは強盗致傷の現行犯で、16歳と17歳の中国籍の少年2人を逮捕した。同課によると、2人は今年5月と7月に来日したばかりで、「遊ぶ金がほしかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、9月29日午前2時35分ごろ、東京都豊島区の区立公園で、帰宅途中の飲食店従業員の女性(20)が腕にかけていた現金約6万円などの入った手提げバッグを奪おうとして女性を引き倒し、指に軽傷を負わせたとしている。

 同課によると、女性が大声を上げるなどしたため、2人はバッグを奪わずに逃走。女性の通報を受けて駆けつけた警察官に見つかり、現行犯逮捕された。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314463/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

売上金入り財布、犯人持ち去る? マージャン店殺害(19日)

東京都大田区のマージャン店で従業員の伊藤猛さん(60)が殺害された事件で、店の売上金が入った財布が見つかっていないことが19日、警視庁大森署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は店内の現場検証を続けて財布を捜しているが、犯人が持ち去った可能性があるとみている。

 捜査本部の調べによると、店の財布には1日分の売上金や釣り銭などが入っていた。通常、夜の営業では伊藤さんが持って管理し、閉店する際には人目の付きにくい店内の保管場所に置くことになっていた。

 捜査本部が店内を調べたところ、この保管場所に店の財布はなかった。伊藤さん個人の財布はポケットから見つかっており、現金数万円が入っていた。16日から17日早朝までの客数は5人だった。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314434/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

深夜ゲームソフト店に強盗、十数万円奪う 大分(19日)

19日午前0時すぎ、大分県日出町のゲームソフト販売店に男が押し入り、刃物のようなものを男性店員(25)に突き付けて「金を出せ」と脅し、現金十数万円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。日出署が強盗事件として捜査している。 同署によると、男は20~30歳で、身長約170センチのがっちりした体形。薄い緑色の作業着姿だった。店員がレジの売上金を渡すと走って逃げたという。閉店時間を過ぎていたが、店のドアは開いていた。客はいなかった。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314431/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(19日)新手口登場など 2件

「お宅のトラックにオイルはねられた」新手の振り込め詐欺か

社会ニュースV 2009/10/15(木) 16:24

  先月末、「お宅のトラックが走行中に路面のオイルをはね飛ばして着衣を汚された」などという不審な電話が、神奈川県内の複数の運送会社にあった。いずれも電話の内容は同じで、架空の被害者を装って運送会社に弁償させようという新手の振り込め詐欺の可能性もあり注意が必要だ。
  横浜市内の運送会社に9月末、1本の不審な電話があった。タクシー運転者を名乗り、「お宅のトラックが停車中のタクシーの横を通り過ぎた時に、路面にたまっていたオイルをはね飛ばして、タクシーから降車中の客の着衣を汚した」といった内容を話してきた。さらに、「オイルがかかったタクシー客の携帯番号を教えるから電話をしてほしい」というのだ。ところが、同じ日に別の運送会社にも、タクシー運転者を名乗る同じ内容の電話があり、被害に遭ったという場所も時刻も客の名前も前述の運送会社にあった電話とまったく同じだった。
  両社とも加入していた交通共済組合が同じだったため、連絡を受けた共済が詐欺の可能性に気がついた。この電話は、この後も他の運送会社数社にかかってきている。運送会社が、オイルをかけられたという「タクシーの客」に電話をすれば、弁償金を要求してくるのだ。これは数年前にあった「牛乳パック事件」に手法が酷似しているので、新手の「振り込め詐欺」ではないかと関係者は警戒している。
  「牛乳パック事件」は、運送会社に対してタクシー運転者を名乗る男が電話をかけてきて、「お宅の配送トラックが落ちていた牛乳パックを踏んで、中身が客の服にかかったので、客の携帯に電話してほしい」と要求し、連絡すると別の男が弁償金を銀行口座に振り込むように請求する「振り込め詐欺」で、3年ほど前に連続して起きた事件だ。
  服が汚れた弁償金は5万、6万円程度で対物保険の免責額を下回ることが多く、被害の有無を確かめることなくトラブルを回避するため、金額を振り込んでしまった運送会社もあった。牛乳がオイルになっただけで、内容はとても似ている。
  この手口の巧妙なところは、実際に走行しているトラックの社名などを見て電話をしてくる点だ。運送会社側は被害を一方的に訴えられても確認のしようがない。実際に走行している配送ルートの場所を言われれば「ウチのトラックに違いない」と思ってしまいかねないのだ。
  万一、こうした電話があった場合には、加入している交通共済や保険会社に連絡したほうが良い。保険で弁償するには相手側も被害を立証する必要があるため、詐欺の場合は「保険で弁償する」と言えば引っ込むことが多いからだ。こうした詐欺では免責額以下の金額を要求してくることが考えられるが、「ウチは免責ゼロの対物に入っている」として保険での弁償を伝えることで、真偽を確かめることができるという。
  高齢者を狙う「振り込め詐欺」の対応と同様に、不審な電話があった場合は、すぐに振り込んだりせずに、共済や保険会社などに相談して冷静な判断が大切だ。(情報提供:物流ウィークリー)Title_logo1 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1015&f=national_1015_025.shtml

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(19日)新手口登場など 2件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

★労使交渉 導入すべきが60%(19日)警察と消防はストをしても良いの?

内閣府が行った世論調査で、国家公務員についても、民間企業と同じように労使交渉で給与などの勤務条件を決める仕組みを導入すべきかどうか尋ねたところ、「導入すべきだ」が60%、「導入すべきでない」が16%でした。

この世論調査は、内閣府が8月から9月にかけて全国の20歳以上の男女3000人を対象に行ったもので、65%にあたる1935人から回答を得ました。それによりますと、国家公務員は、民間の労働者と異なり、労働基本権に一定の制約が設けられていますが、民間企業と同じように労使交渉を行って給与などの勤務条件を決める仕組みを導入すべきかどうか尋ねたところ、「導入すべき」が30%、「どちらかといえば導入すべき」が30%で、「導入すべきだ」はあわせて60%でした。これに対し、「どちらかといえば導入すべきでない」は8%、「導入すべきでない」は8%で、「導入すべきでない」はあわせて16%でした。そのうえで、労使交渉を導入することで期待できる点を複数回答で聞いたところ、「コスト意識が高まり、業務の改善につながる」と「労使双方の責任が明確になり、説明責任をより果たすことができる」が、それぞれ34%でした。一方、導入によって心配される点については、「交渉が難航し、行政サービスが滞る」が40%で最も多く、次いで「交渉にかかわる人や時間が増加し、コストが増大する」が33%でした。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/t10013197391000.html

【ブロガーコメント】

Nisshou4 公務員が労使交渉する? なんと、あの内閣府の世論調査で、「導入すべき」が30%で「どちらかと言えば導入」が30%。合わせて6割の国民が賛成だという。

 民主党だと、やりかねない状況にあり危険だ。警察や消防がストライキをしたら、皆さん、どうなりますか?。民間との線引きをしておかないと、なんでもかんでも「権利の主張」だけでは、日本は、おかしくなりますよ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

うその投資話で顧客から約2,350万円詐取容疑 投資顧問会社の役員ら5人を逮捕(19日)

うその投資話で顧客からあわせて2,350万円をだまし取ったとして、投資顧問会社の役員ら5人が群馬県警に逮捕された。
男らは、ほかにも100人以上をだましていたとみられ、被害総額はおよそ7億円にのぼるとみられている。
逮捕されたのは、投資顧問業を目的とするパーソナル・マネジメント株式会社の代表取締役・林 純一容疑者(45)ら5人。
林容疑者らは、群馬・前橋市に住む女性らに対し、「会社に投資してもらえば高配当の利息を払う。元本は保証する」などとうそを言い、あわせて現金2,350万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれている。
警察は、林容疑者らが同じ手口で、ほかにも100人以上から、あわせておよそ7億円をだまし取ったものとみて調べている。林容疑者は、容疑を否認しているという。Logo1_2
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165005.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・中野区の住宅街でごみなどが燃える不審火が5件相次ぐ(19日)

19日未明、東京・中野区の住宅街で、ごみなどが燃える不審火が5件相次いだ。
午前1時ごろ、中野区本町の住宅街にあるごみ置き場で、ごみが燃えているのが見つかり、その後も現場から半径120メートル内で、同様の不審火が4件相次いで発見された。
いずれもすぐに消し止められ、けが人はいないという。
警視庁は、連続放火事件とみてくわしく調べている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165014.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

マージャン店殺人:被害者の財布と金庫は手つかず(19日)

東京都大田区のマージャン店で17日、同店店員、伊藤猛さん(60)が殺害された事件で、伊藤さんの財布がズボンのポケットに入ったままで手つかずだったことが警視庁大森署捜査本部の調べで分かった。店内の金庫にも物色された形跡はなく、捜査本部は金銭目的の可能性は低いとみて、伊藤さんがトラブルを抱えていなかったか交友関係を中心に捜査している。

 司法解剖の結果、伊藤さんは後頭部を角張った物で数回殴られ頭蓋骨(ずがいこつ)が折れており、首や胸、背中には刃物で切りつけられたような傷が数カ所あった。捜査本部は、遺体や現場の状況から伊藤さんは複数の凶器で襲われたとみている。

 捜査本部は、17日午前5時ごろから7時ごろまでの間に殺害された可能性が高いとみており、付近の防犯カメラの映像を調べるなど、犯人の逃走経路の特定を進めている。【古関俊樹】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091019k0000m040127000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川政務官の政治団体、海外出張でも日当支給(19日)

長谷川憲正総務政務官の資金管理団体などが独自の旅費規程を設けて身内に支出していた問題で、長谷川氏が関係する別の政治団体でも、海外出張の際に日当などを支払っていたことがわかった。中には夫婦2人の海外視察もある。団体は長谷川氏の資金管理団体からの寄付で運営され、会計責任者も同じ人物が務めるなど、ほぼ一体化している。

 この政治団体は「国際総合戦略研究会」(東京都千代田区)。事務所は、長谷川氏が代表を務める国民新党支部と同じマンションにあり、いずれも資金管理団体「憲正会」と同じ人物が会計責任者を務める。同会は昨年、同研究会に1000万円を寄付している。

 同研究会の収支報告書や長谷川事務所によると、昨年1月にフィンランド出張(9日間)として、長谷川氏と公設秘書2人に各約37万円、ガイド料約79万円を支出。7月のポーランド出張(12日間)では長谷川氏に約102万円、妻に約103万円、通訳代70万円が支払われていた。同研究会の昨年の支出総額は約622万円で、長谷川氏や妻、秘書の海外出張費が7割以上を占める。海外出張はいずれも郵政事情の調査研究が目的という。

 こうした海外出張でも、研究会側は「日当」や「宿泊費」名目で一律に1日2万1000円を支出していたというが、報告書には各個人らへの旅費交通費として一括計上されている。長谷川氏の資金管理団体と政党支部を巡っては、2005~08年に本人や妻、秘書らの国内出張費で総額3000万円を支出していることが判明。日当や宿泊費は雑所得にあたる可能性があるが、長谷川氏らは税務申告していないという。

 長谷川事務所は「国内外の調査研究をし、政治活動に役立てるため設立した。(ポーランド出張は)海外では夫婦同伴が礼儀で、費用についても適正に支出している」としている。政治資金に詳しい上脇博之・神戸学院大大学院教授(憲法学)の話「支出の財布を分けているだけで実態は資金管理団体と一体といえる。妻同伴の費用まで政治資金で賄うのは公私混同。政治活動にどう役立ったのかきちんと説明すべきだ」(2009年10月19日03時10分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091019-OYT1T00023.htm?from=main5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「DNA確度低く、自白必須」 足利事件の地検内部資料(19日)

90年に女児(当時4)が殺害された「足利事件」で、再審開始が決定した菅家利和さん(63)について、宇都宮地検が捜査段階で、DNA型鑑定の確度が低いため「自白」がなければ逮捕できないという方針を警察に示していたことが、朝日新聞が入手した内部資料でわかった。

 菅家さんが一審公判の途中で足利事件について否認に転じた際、検事が再び「自白」を迫ったことが取り調べを録音したテープで明らかになっているが、DNA型鑑定の確度が低いという認識を持ちながら「君と同じ体液を持っている人が何人いると思っているの」などと追及していたことになる。弁護団は誘導的な取り調べがあったとして、録音テープを「法廷で再生すべきだ」と主張、21日から始まる再審公判で証拠として調べるよう求める方針だ。

 朝日新聞が入手した内部資料は、一審公判中の92年3月に、宇都宮地検が上級庁あてに作成した捜査報告書。弁護側がDNA型鑑定の信用性に疑問をさしはさんで証拠採用に同意しなかったため、公判に鑑定人を呼んで証人尋問する直前の時期だった。

 捜査報告書の中で、地検は菅家さんを逮捕・起訴する前の捜査の経過を記載。DNA型鑑定の結果が「確率としては1千人に1.244人」と低かったため、「ただちに被告人を検挙するには問題が残る」として、警察に「被告人を任意で調べて自供が得られた段階で逮捕するよう指示した」と書かれていた。

 捜査報告書にはまた、DNAの構造に関して「現在では高校の教科書にも出てきているが、26年も前に高校を卒業した検事は学校で学んだことがなく、目下、高校生物の受験参考書を買い求めて悪戦苦闘中」と、知識の浅さを告白するような記述もあった。

 92年12月8日の取り調べを録音したテープでは、前日に突然否認に転じた菅家さんに対し、検事が「DNA鑑定で君の体液と一致する体液があった」と、「自白」を迫り、菅家さんが「絶対に違うんです」と反論すると、検事が「君と同じ体液を持っている人が何人いると思っているの」と問いつめ、「自白」させる様子が録音されていた。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY200910180279.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リオ五輪 平和に開かれるのか 麻薬組織銃撃戦、20人死傷(19日)

「世界で最も危険な都市」といわれながら、2016年夏季五輪の開催地に決まったばかりのブラジル・リオデジャネイロで17日、麻薬密売組織同士の銃撃戦が発生した。警察ヘリコプターが出動したが、撃墜されて警官2人が死亡。その後、警察・特殊部隊と麻薬組織との間で銃撃戦となり、組織メンバー10人が死亡、住民ら8人が負傷した。五輪開催に向けては、治安の改善が最重要課題になっているが、早くも「大丈夫か」の声も上がっている。

 ■麻薬組織銃撃戦、20人死傷   事件が起きたのはリオ北部のファベーラ(スラム街)、モーロ・ドス・マカコス。地域を牛耳っているリオの3大重武装麻薬密売組織の一つ、アミーゴス・ドス・アミーゴス(友の中の友)のメンバーが、縄張りを侵した対立組織のメンバーと銃撃戦になった。現場を遠巻きするように警察や軍が総勢2000人を配置。上空では警察ヘリが警戒に当たったが、旋回中に操縦士が脚部に被弾し、制御不能となって墜落した。さらに現場近くでは、警察の過剰対応に住民が抗議、バス10台以上に放火して騒然となった。殺人はリオでは日常茶飯事だが、ロイター通信は事件を「リオ・スタンダード(基準)でも、度がきつい方の事件」と描写した。

 貧富の差の大きさが決定的な社会の不安定要因になっているリオでは、麻薬組織暗躍の温床であるファベーラが約1000カ所に点在。 800万人規模の人口(公式統計上は約 610万人)の都市でありながら、年間約6000件もの殺人事件が起きている。警察官が容疑者を射殺するケースも、年間約1000件ある。日本ではリオというと、カーニバル、コパカバーナ海岸、ボサノバ…などが想起され、平和な観光歓楽都市といったイメージが持たれやすいが、これはほんの一面のバーチャルな世界だ。

 ■「警察の怠慢が原因」   それでもリオが五輪開催地に選ばれたのは、米国東海岸と時差が2時間しかないというテレビ視聴の好条件にあると多くの関係者はみている。当初本命だったシカゴのモチベーションが下がり続ける中、昨年6月の一次審査で最下位の評価だったリオに、最終評価書で国際オリンピック委員会が下駄をはかせて高評価を与えたのは、テレビ放映権料2500億円の半分以上を負担する米メディアの意向を受けてのことだ。北京五輪で、水泳の決勝が米国の放送事情に合わせて、軒並み異例の午前中に行われたのは記憶に新しい。

 事件を受けてリオのエドアルド・パエース市長(39)は「警察が怠慢だから治安が一向によくならない。もっとしっかり仕事をしろと言いたい」と憤慨した。これに対して警察のスポークスマンは「ワールドカップ(14年)にもオリンピックにも、まだ(開催まで)十分な時間がある。それまでには劇的に治安を改善させてみせる。やる時はきっとやる」と応じた。この言葉を信じたい。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/314296/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月18日 | トップページ | 2009年10月20日 »