« 2009年10月11日 | トップページ | 2009年10月13日 »

2009年10月12日

2009年10月12日 (月)

北朝鮮、ミサイル5発発射 日本海側で短距離(12日)

【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは12日、政府消息筋の話として、北朝鮮が同日、日本海側で短距離ミサイル計5発を発射したと報じた。短距離ミサイル「KN02」(射程約120キロ)とみられる。北朝鮮のミサイル発射は7月4日に弾道ミサイルを連続発射して以来。

 通常訓練のほか、性能実験や軍事的な示威効果を狙った可能性もある。北朝鮮が対外的な対話姿勢を示している中でミサイル連続発射を行ったことについて、韓国政府は発射意図などを慎重に分析している。

 インタファクス通信によると、ロシア外務省筋は「(北朝鮮の核問題に関する)6カ国協議再開に向けた努力が続けられている時の発射は適切とは言えない」と批判。ロイター通信によると、英国訪問中のクリントン米国務長官は、朝鮮半島の非核化に向けた取り組みを続けると強調し、北朝鮮をけん制した。

 日本政府関係者は「射程が短く、日本の安全保障に直接的な影響はない」としている。同ニュースによると、発射場所は北東部咸鏡北道の舞水端里南方から南東部江原道元山の間の一帯。午前中に2発、午後に3発を発射した。北朝鮮は今月10~20日、日本海と黄海沿岸に船舶の航海禁止海域を設定していた。http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101201000485.html47newslogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民家で女性遺体発見、頭部に殴られた跡 埼玉・入間市(12日)

12日午後2時半ごろ、埼玉県入間市東藤沢2丁目、職業不詳鳥井朝子さん(77)方で、「鳥井さんと連絡が取れない」と自治会役員の男性(75)から埼玉県警狭山署に110番通報があり、駆けつけた署員が2階の部屋で鳥井さんとみられる女性が死亡しているのを発見した。県警は殺人事件とみて捜査する方針。

 県警によると、遺体は自宅2階で発見され、死後5、6日が経過しているとみられる。頭部など数カ所に殴られた跡があり、部屋には物色されたとみられる形跡が残っていたという。衣服は身につけていたという。発見時、1階西側の勝手口の掃き出し窓が無施錠だったといい、犯人が侵入した可能性があるという。

 鳥井さんは一人暮らし。自治会活動に熱心で、仲間と毎日連絡を取りあっていたが7日以降、連絡がつかなくなったという。12日午前11時半ごろ、心配した役員の男性が様子を見に行ったところ、自宅の雨戸が閉まったままで、配達ずみの新聞がたまっていたことから、心配して県警に通報したという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY200910120179.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮が短距離ミサイル5発発射か(12日)

【ソウル=水沼啓子】韓国の聯合ニュースは12日、北朝鮮が同日、同国日本海側から地対地短距離ミサイル5発を発射したと報じた。韓国政府消息筋が明らかにした。通常の軍事訓練とみられる。韓国政府消息筋によると、ミサイルは射程120キロの「KN-02」とみられ、午前に2発、午後に3発をそれぞれ発射したという。発射した場所は咸鏡道水端里から江原道元山までの日本海岸一帯とされるが、ミサイルは移動式発射台を利用して発射されため、発射場所を特定するのは難しいという。 また北朝鮮は今月10日から20日まで、日本海、黄海海岸に船舶航海禁止区域を設定しているという。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/311898/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(12、13
  (単位・レベル)

2警視庁が都市対抗野球へ

【治安コラム】 警視庁が硬式野球部を発足させて、都市対抗野球大会の出場を目指すことになった。野球チームは、既に7月から25歳以下の若手警察官16人を人選しており、監督などと合わせた18人を13日発令の人事異動で第4機動隊に配置する。11月にも練習を始めるという。

 メンバーには、聖光学院高(福島)、千葉経大付属高(千葉)などで甲子園に出場した選手が3人いる。監督は、春夏合わせ29回の甲子園出場を誇る日大三高(東京)のエースとして、1979年の夏に甲子園マウンドを踏んだ警部補(47)に決まった。

 野球部発足に携わった警備部の参事官は「野球の世界で通用する人材なら、警察官に必要な協調性と体力、判断力もあり、組織強化につながるはず」と語っている。=読賣新聞電子版

 民間企業と違い将来的にも安定感のある公務員で、野球ができるとあれば、応募が殺到するだろう。その中から正義感溢れる若者を選べば人事面でも効果が期待されるとあって一挙両得となる。

 なんと言っても、ガリ勉やマザコンなどは警察官に向いていない。だから、犯人の不審な動きを見ただけで逃げる警察官を採用してしまう。

 都内の風景写真を利用した警視庁の「警察官採用ポスター」も斬新的だが、国民的な野球分野に門戸を開いたアイディアに拍手を送りたい。首都圏の感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

男女交際トラブル?傷害容疑で19歳少年逮捕(12日)

愛知県警瀬戸署は12日、同県瀬戸市の建設作業員の少年(19)を傷害容疑で逮捕した。 発表によると少年は11日午後10時半頃、同市紺屋田町の駐車場に同市東赤重町の服部昌宏さん(19)を呼び出し、殴るけるの暴行を加え、脳挫傷の傷害を負わせた。少年から12日、「顔に打撲の跡がある人がいるので来て欲しい」と110番があり、駆けつけた警察官が事情を聴いたところ犯行を認めたため逮捕した。服部さんは病院に搬送されたが、意識不明の重体。服部さんと少年は顔見知りで、少年は「自分が付き合っている女性に言い寄ってきたので殴った」と供述している。(

2009年10月12日13時31分

  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091012-OYT1T00388.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳長女突き飛ばし重体に、33歳母親を逮捕(12日)

1歳半の長女を突き飛ばして重傷を負わせたとして、埼玉県警浦和西署は12日、さいたま市桜区下大久保、無職清水恵容疑者(33)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、清水容疑者は10日午後9時頃、自宅の居間で、長女の背中を両手で突き飛ばして柱にぶつけ、頭に大けがを負わせた疑い。長女は急性硬膜下血腫で意識不明の重体。清水容疑者が「子供が柱に頭をぶつけて意識不明」と119番し、長女は同市内の病院に運ばれたが、長女の左腕も骨折していることを不審に思った医師が同署に通報した。

 調べに対し、清水容疑者は「イライラしてやった。普段からしつけでたたいていた」と話しているという。同署は以前から長女に暴行を加えていたとみて調べている。(2009年10月12日09時18分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091012-OYT1T00199.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホームレスの男、仲間の男性刺殺容疑 多摩川河川敷(12日)

12日午前7時40分ごろ、東京都国立市谷保の多摩川河川敷で「男を刺した」と110番通報があった。立川署員が駆けつけると、60代とみられる男性が左胸をナイフで刺されており、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。通報者のホームレスの無職宮里光起容疑者(57)が刺したことを認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替え調べている。

 同署によると、宮里容疑者は同7時半ごろ、男性の左胸を刃渡り約11センチのナイフで刺した疑いがある。男性と宮里容疑者はともに現場付近の河川敷で寝泊まりしていたという。宮里容疑者は「1週間ほど前にあったトラブルのことで口論になった」と供述しているといい、同署は詳しい動機や男性の身元を調べている。現場は立川公園陸上競技場の東側。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY200910120128.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車蹴った疑い、署に同行求めると…自殺図り意識不明重体(12日)

12日午前5時50分ごろ、愛知県瀬戸市神川町のアパートから「知人に車を傷つけられた。その知人宅で話をしているので、来てほしい」と110番通報があった。瀬戸署員4人が駆けつけ、そのアパートの室内にいた通報者ら男性3人から事情を聴いていたところ、このうちアパートの住人の無職男性(22)が、突然、台所にあった包丁で自分の首を刺した。男性は病院に運ばれたが、意識不明の重体という。

 瀬戸署の説明によると、通報者は愛知県日進市のプロゴルファー(23)で、アパートの住人とは顔見知りだった。今年8月ごろから、自宅に置いてある車にいたずらされるようになったため、友人と見張っていたところ、12日早朝、アパートの住人が車を蹴ったのを目撃。その友人と2人でアパートまで出向き、話をしていた。現場に着いた署員に対し、アパートの住人が車に傷つけたことを認めたため、署に任意同行を求めると、突然、台所の包丁を持ち出したという。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY200910120130.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“カップルが集う”旅館に強盗 女性殴り5千円入りバッグ奪って逃走(12日)

12日午前2時45分ごろ、東京都台東区根岸の「万上旅館」に男が押し入り、フロントルームの長椅子(いす)で仮眠していた女性アルバイト従業員(36)の頭を殴ったうえ、現金約5000円などが入った手提げかばんを奪って逃走した。女性は軽傷。警視庁下谷署が強盗致傷事件として捜査している。

 同署の調べによると男は40歳ぐらいで、身長は約175センチ。細身で灰色の長袖Tシャツを着ていた。同署などによると現場はカップルが利用する旅館として知られており、当時、客室8部屋は満室だったという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/311626/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーのトイレに小4男児監禁、容疑の土木作業員逮捕 「生活苦しく…怖がらせてやろうと」(12日)

スーパーのトイレに男児を閉じこめたとして、大阪府警茨木署は12日、監禁の疑いで、同府吹田市新芦屋下、土木作業員、吉田佳貴容疑者(51)を逮捕、大阪地検に送検したと発表した。吉田容疑者は「不景気で生活が苦しい自分と楽しそうに買い物をする子供の境遇を比べて腹が立ち、怖がらせてやろうと思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は10月10日午前11時50分ごろ、茨木市松ケ本町のスーパー「マイカル茨木」1階男子トイレの個室に、小学5年の男児(10)を閉じこめ、監禁したとしている。茨木署によると、男児は友達と3人でスーパーの催し物会場を訪れていた。吉田容疑者は3人のそばで「うるさい」と何度かつぶやいた後、男児だけに「ちょっとこい」と声をかけ、トイレに連れ込んだという。

 男児がいなくなったのに気づいた友達が店内を探し、トイレの中から男児の声がするのを発見、買い物客らに助けを求めた。駆けつけた警備員が、男児と一緒にトイレにいた吉田容疑者を取り押さえたという。吉田容疑者は調べに対し「この1カ月間思うような仕事がなく苦しかった」と供述。男児は「逆らうと怖そうなのでついて行った」と話しているという。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/311751/Banner_logo_051_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大型犬2匹に襲われ4歳男児が死亡(12日)

11日午前、福岡県那珂川町で4歳の男の子が大型犬2匹に襲われ、死亡しました。警察が、犬を管理していた状況などについて詳しく調べています。

 11日午前10時40分ごろ、福岡県那珂川町の弁護士研修施設で、「4歳の男の子が犬に噛まれた」と、施設を管理している高木晶子さん(56)から消防に通報がありました。

 襲われたのは高木さんの孫で、福岡市南区に住む高木海地くん(4)で、頭や首など全身を噛まれていて、病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。

 警察によると、海地くんを襲ったとみられるのは、この施設で飼われている秋田犬と「ロットワイラー」という洋犬の2匹だということです。犬の飼い主は施設の所有者ですが、日頃、高木さんが世話をしていました。

 「お客さんが来られている時は必ずこのスペース(おりの中)に犬はおります。それ以外の時は敷地内に放す時もあります。家の門から手前ですね」(施設所有者の親族)

 警察は、高木さんや施設の所有者から当時の状況などを詳しく聴いて、重過失致死の疑いもあるとみて調べています。(12日03:38) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4255788.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺対策 年末向け集中実施へ(12日)

政府は、厳しい雇用情勢が続くなか、年末に向けて自殺者がさらに増えるおそれがあるとして、失業者のさまざまな相談に応じる窓口をハローワークに設けることなどを検討し、自殺を防ぐための対策を年末にかけて集中的に実施する方針です。

全国で自殺した人は、去年まで11年連続で3万人を超え、ことしも8月末までに2万2000人余りと、これまでで最も多かった平成15年に迫るペースで増え続けています。こうしたなか、政府は厳しい雇用情勢が続いていることから、年末に向けて自殺者がさらに増えるおそれがあるとして、自殺を防ぐための対策の取りまとめを急ぐことにしています。具体的には、失業している人が生活苦や心身の不調などから自殺するのを防ぐため、さまざまな相談に応じる窓口を全国のハローワークに設けるほか、いわゆる多重債務者を対象に、NPO団体などとも連携して相談体制を整備することなどが検討される見通しです。政府は、厚生労働省と内閣府を中心に調整を進め、自殺を防ぐための対策を年末にかけて集中的に実施する方針です。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/k10013055551000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィルタリング 中学生に普及(12日)

携帯電話を持っている東京都内の中学生のうち、有害なサイトにアクセスすることを制限する「フィルタリング」の機能を利用している割合が、全体の半数を超え、普及が進んでいることが警視庁のアンケート調査でわかりました。

この調査は、警視庁が都内の中学生3800人余りを対象に、ことし7月に行いました。それによりますと、携帯電話を持っている生徒は全体の72%の2787人で、このうち有害なサイトヘの接続を制限する「フィルタリング」の機能を利用しているのは前の年の調査より18ポイント多い54%で、半数を超えました。フィルタリングを利用している生徒にその理由を聞いたところ、「保護者から言われた」が62%で最も多く、次いで「買った携帯電話に最初から付いていた」が27%となっています。一方、利用していない生徒に理由を聞いたところ、「保護者から言われなかった」が47%、「フィルタリングをよく知らなかった」が33%を占めました。携帯電話のサイトの閲覧をきっかけに、生徒が児童買春や児童ポルノなどに巻き込まれるケースは依然、あとを絶たないということで、警視庁は「フィルタリングの普及は進んでいるが、まだ半数近くが利用していないのが現状で、引き続き普及に向けて力を入れていきたい」と話しています。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10013055591000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横田めぐみさん、45歳の誕生会(12日)

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん(拉致当時13歳)の45歳の誕生会が11日、新潟市内のホテルで開かれ、両親の滋さん(76)、早紀江さん(73)がめぐみさんの同級生や当時の教諭ら約50人とともに、一日も早い帰国を願った。

 新潟での誕生会は、めぐみさんが卒業した市立新潟小の当時の校長で、「救う会新潟」会長の馬場吉衛さん(88)らが主催し2回目。5日の誕生日から初めての日曜日に開かれた。

 中学の同級生でプロバイオリニストの吉田直矢さん(45)が生演奏を披露。滋さん、早紀江さんはケーキのろうそくに火をともし、めぐみさんの代わりに吹き消した。早紀江さんは「めぐみは45歳になり、考えられない年月が過ぎてしまった」と振り返り、滋さんは「来年こそは(帰国した)お祝いの会を開かせていただきたい」と力を込めた。(2009年10月11日20時43分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091011-OYT1T00629.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

目標は都市対抗「警視庁野球部」来月誕生(12日)

目指すは都市対抗――。警視庁は来月にも、秋の人事異動に合わせ、硬式野球部を発足させる。4万人超の警察官から、甲子園の出場経験者を含む有望若手選手の選定を終えた。球場確保や練習時間に制約がある中、来年には都市対抗野球大会の予選出場資格を得るため、日本野球連盟に加盟する。警察組織が本格的な野球部を結成するのは異例だが、企業チームの撤退が続くアマチュア球界からは歓迎の声が上がっている。

 同庁によると、硬式野球部結成は、いずれも実業団リーグに出場するアメリカンフットボール部やバレーボール部に所属する警察官が、警察業務でも高い成果を上げていることがきっかけだった。競技人口が多い野球界は競争が激しく、野球部発足に携わった同庁警備部の臼井祐一参事官は、「野球の世界で通用する人材なら、警察官に必要な協調性と体力、判断力もあり、組織強化につながるはず」と説明する。野球の第一線を退いても警察官として勤務できる安定性を訴えることができるため、有能な人材の確保も結成の狙いだ。

 ◆元甲子園球児3人、監督は日大三の元エース◆

 同庁は7月頃から、25歳以下の若手警察官に絞った人選を進め、16人を13日発令の人事異動で第4機動隊(東京都立川市)に配置し、同隊員2人を合わせた計18人で11月にも練習を始める。メンバーには、聖光学院高(福島)、千葉経大付属高(千葉)などで甲子園に出場した選手が3人いる。監督は、春夏合わせ29回の甲子園出場を誇る日大三高(東京)のエースとして、1979年の夏に甲子園マウンドを踏んだ警部補(47)に決まった。

 ただ、メンバーは5日に1回の当直勤務があり、不測の事態にも備える警察官という仕事柄、全体練習は週1、2回に限られる。練習場は近隣の公営野球場や部員の出身校を活用する予定だが、練習試合のスケジュール調整が難しくなるなど課題も残っている。一定の予算を持って強化を続ける企業チームと対等に戦うためには、課題の克服が最大のテーマになるが、臼井参事官は「打撃や守備などを専門に指導するコーチも必要だろうが、課題は少しずつクリアし、都市対抗に出て4万5000人の職員で東京ドームの観客席を埋めたい」と語る。都市対抗出場を目指すため、来年秋までには日本野球連盟に加盟する方針だ。

 同連盟によると、63年に237だった企業チームは、90年代以降、熊谷組や新日鉄などの名門チームが相次いで休部になり、今年4月現在、85まで減った。名門の日産自動車も今年限りで休部になる。こうした状況での新規参入に、同連盟の崎坂徳明事務局長は「野球を通じた人材育成と組織の連帯感向上が社会人野球の目的の一つ。都市対抗に出場するには選手だけでなくスタッフの充実も必要になるが、警視庁の試みは歓迎したい」と話している。(2009年10月12日03時05分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091011-OYT1T00888.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道路にロープ…新聞配達員、転倒しけが 茨城(12日)

11日午前3時ごろ、笠間市下郷の県道で、新聞配達でバイクに乗っていた女性(45)が、道路を横断するように張ってあったロープに接触して転倒。女性は頭に軽傷を負った。笠間署の調べでは、ロープはナイロン製で太さ約1センチ。両端が看板の支柱と生け垣にくくりつけられ、約1・2メートルの高さで道路をふさいでいた。現場は商店街の旧道。夜間は交通量が少なく、やや薄暗いという。同署はいたずらの可能性もあるとみて、往来妨害致傷の疑いで調べている。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/311575/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子児童4人と自宅で一晩 未成年者誘拐容疑で男を逮捕 茨城(12日)

女児4人を自宅に連れ込み一晩過ごしたとして、茨城県警牛久署は11日、未成年者誘拐の疑いで阿見町うずら野、無職、後藤幸久容疑者(35)を逮捕した。同署によると、後藤容疑者は「勝手にしろ」などと、容疑を否認している。

 同署の調べでは、後藤容疑者は10日午後6時ごろ、同町内のスーパーで、土浦市や阿見町に住む小学2~5年の女児4人にお菓子を買い与え、バイクに乗せるなどして近くの自宅に誘い込み、一晩過ごした疑いが持たれている。

 1人の女児の母親が10日夜、「子供が帰ってこない」と110番通報。11日午前10時40分ごろ、同じスーパーに4人と一緒にいた後藤容疑者を県警捜査員が発見した。女児らにけがはなく、後藤容疑者宅では「ゲームをしていた」と話しているという。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/311578/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

亀井金融担当相、西松事件で逮捕の幹部から献金(12日)

西松建設の裏金持ち込みやダミー献金など一連の事件で東京地検特捜部に逮捕された西松関係者3人が、亀井静香金融・郵政担当相側に個人献金していたことが11日、産経新聞の調べで分かった。一連の事件で引責辞任した西松の前社長が、仙谷由人行政刷新担当相側に個人献金していたことも判明。ダミー団体や下請け企業、子会社などを使って違法・脱法献金を繰り返していたとされる西松と、鳩山内閣の主要閣僚との政治献金を通じた新たな接点が浮上した形だ。(調査報道班)

亀井氏の資金管理団体「亀井静香後援会」に個人献金していたのは、西松の元副社長と元総務部長、西松の子会社「松栄不動産」元社長。元副社長は、海外でつくった裏金7千万円を無許可で国内に持ち込むよう部下に指示したとして、外為法違反罪に問われ、有罪が確定。松栄不動産の元社長は共犯の容疑で逮捕されたが、関与が従属的だったとして不起訴となった。

 元総務部長は、政治団体「新政治問題研究会」など2つのダミー団体を通じた違法献金事件で民主党小沢一郎幹事長の公設秘書とともに逮捕されたが、やはり従属的だったとして不起訴となった。政治資金収支報告書によると、元副社長は海外事業部長時代の平成9年、12万円を献金。松栄不動産の元社長は9、11、12年にそれぞれ12万円を献金。松栄不動産は、西松が献金のダミーに使っていたとされる。元総務部長は、談合が繰り返されていたとされる東北の副支店長から本社に戻り総務部長に就任した12年、12万円を献金していた。

 亀井氏は8~9年にかけて建設大臣(当時)。11~12年には自民党政調会長の職にあった。西松の裏工作に関与した人物と、亀井氏との具体的な接点が明らかになったのは初めて。一方、仙谷氏の関連政治団体「仙谷由人全国後援会」に個人献金していたのは、西松前社長の石橋直氏。収支報告書によると、石橋氏は副社長だった20年2月、10万円を献金した。

 石橋氏は21年1月に外為法違反容疑で特捜部に逮捕された国沢幹雄元社長=有罪確定=の後任として、社長に就任。一連の事件の内部調査の結果を受けて6月、代表権のない会長に退いた。引責辞任を表明した会見では、ダミー献金について「耳に入っていた」と、以前から認識していた事実を明らかにしていた。産経新聞の取材に、亀井事務所は「担当者と連絡が取れない」とし、仙谷事務所は「個人の寄付はその方の厚意。適正に処理している」としたが、詳細については11日までに回答が得られなかった。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/311601/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月11日 | トップページ | 2009年10月13日 »