« 2009年10月1日 | トップページ | 2009年10月3日 »

2009年10月2日

2009年10月 2日 (金)

警視庁公安部、中核派拠点を一斉捜索(2日)

過激派・中核派の活動家らが非公然活動のために車を知人名義で購入させた上、ウソの登録をしたとして逮捕された事件で、警視庁公安部は、東京・江戸川区の「前進社」をはじめ、中核派の全国35か所の拠点を一斉に家宅捜索しました。

 この事件をめぐっては先月、幹部の大村健司容疑者ら2人が逮捕されていますが、その後の調べで、大村容疑者らが車を廃棄していたことが分かり、公安部は活動実態の解明をさらに進める方針です。(02日17:16) Logo2_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4248932.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

携帯170台売りさばく 容疑の男ら追送検(2日)

大量の携帯電話を盗んだとして、宮城県警は、窃盗容疑などで、仙台市青葉区上杉、無職、松川裕介(25)と同、大泉雅俊(24)の両容疑者=窃盗罪などで公判中=を逮捕。盗んだ携帯電話約170台(約900万円相当)を業者に売りさばいて犯罪収益を得たとして組織犯罪処罰法違反容疑で2人を追送検した。

 逮捕容疑は、1月5日午前3時ごろ、仙台市太白区の携帯電話販売店に侵入して携帯電話67台(販売価格約360万円)を盗んだ疑い。

 送検容疑は、同法違反容疑で書類送検された仙台市の風俗店の女性従業員(24)と共謀し、盗んだ携帯電話を大阪府や福岡県の業者に売って、約270万円の犯罪収益を得た疑い。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/308383/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

校長の夫が大麻密輸容疑、学校を捜索(2日)

私立カトリック系学校の名門、聖心女子学院が経営する「聖心インターナショナルスクール」の校長のアメリカ人の夫が大麻を密輸していたとして逮捕され、警視庁が関係先として学校を家宅捜索していたことがわかりました。

 大麻取締法違反の疑いで家宅捜索を受けたのは、学校法人・聖心女子学院が経営する東京・渋谷区の「聖心インターナショナルスクール」の初等科校長室です。

 家宅捜索は先月末、「聖心インターナショナルスクール」の初等科校長のアメリカ人の夫、レーン容疑者が逮捕された際、関係先として行われたものです。

 レーン容疑者は、アメリカから日本にある校長の自宅宛に発送した郵便物の中に大麻数グラムを隠し密輸した疑いがもたれていて、宛て名は校長である妻だったということです。

 警視庁の取調べに対しレーン容疑者は、「大麻は私が使うために密輸しました」と供述しているということです。聖心インターナショナルスクールは取材に対し、「事実関係を確認中」とコメントしています。(02日18:51) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4248937.htmlLogo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

NHK不祥事2件(2日)

NHKプロデューサー着服、1億4千万円弁済で和解

NHKは2日、04年に発覚した紅白歌合戦などの番組制作費着服事件を起こした元チーフプロデューサー(52)=詐欺罪で服役中=に対する損害賠償請求訴訟で和解し、同チーフプロデューサーへの弁済請求額が約1億4千万円で確定したと発表した。共犯者も含めてすでに約1440万円が弁済されており、約1億2570万円が残っている。この着服事件は、不祥事がその後も次々と発覚し、受信料不払い問題にまで発展した一連のNHK不祥事問題の発端となった事件。NHKは被害総額を約2億2330万円とし、訴訟とは別に共犯者4人から回収した約5260万円を除いた約1億7070万円を、3件の訴訟で元チーフプロデューサーに求めていた。しかし東京地裁はうち1件の訴訟について約3360万円分が証拠不十分とした上で和解を勧告していた。NHKは「訴訟で確定した全額の支払いを求めていく」としている。http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910020303.html

NHK旭川のディレクター、不発弾を局に持ち帰る

NHK旭川放送局(北海道旭川市)の男性ディレクターが、美瑛町の農家にあった旧日本軍の不発弾4発を同局に持ち帰り、陸上自衛隊が2週間後に回収していたことが2日、分かった。同局は、「軽率な行為であったと言わざるを得ない。今後、このようなことがないよう指導を徹底いたします」とのコメントを出した。

 NHK札幌放送局の説明によると、取材班は2月から同町の自然や風景について取材を始め、農家に旧日本軍の不発弾4発があるのを知った。農家の畑地は旧軍の演習地で、田園風景と戦争時を対比させるため、不発弾を単独で映像に収めようと農家の許可を得て9月15日に旭川放送局に持ち帰り、機材庫に保管した。同29日、危険性がないか道警に確認してもらったところ、1発に信管が付いていたため同日、陸上自衛隊第2師団の処理班が回収した。 News_pic1_2 http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910020297.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

法務局登記官、来庁した男性殴る(2日)

さいたま地方法務局は2日、登記の相談に来た男性を殴ったとして、同局上尾出張所の40代の男性登記官を停職1カ月の懲戒処分とした。

 同法務局によると、登記官は8月31日午後1時半ごろ、上尾出張所に登記の相談に来た男性と、カウンター越しに座って話している際、いきなり男性の頭を殴ったという。男性は首に2週間のけが。登記官は「説明になかなか納得してもらえず、カッとなってしまった」と話している。男性が110番し、上尾署員が駆けつけたが、被害届を出さなかったため、刑事事件にならなかった。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/308375/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(2、3日
  (単位・レベル)

2全ての部署に指導官

【治安解説】 昨日は、サイバー犯罪取締のトップランナーとして全国的にその名を轟かせている京都府警を紹介した。そうなると、日本警察のフロントラインの中枢としての警視庁の取り組みも紹介せざるをえないだろう。

 警視庁は、ネットを悪用した犯罪が増加するのに対処するため、なんと、捜査を行うすべての部署にネット犯罪担当の指導官を配置したり、専門知識を持つ職員による捜査支援チームを編成したりするなど、違法サイトの取り締まりを強化することにしたという。

 児童ポルノや薬物の密売など、昨年、警視庁に寄せられたインターネット上の違法情報は、5年前の2倍以上に増え、最近は万引きの手口や痴漢行為を煽るようなサイトも登場するなど極めて悪質さが目立ってきている。

 このため警視庁は、全庁をあげて取り締まりを強化することが必要として「違法サイト特別対策」を行うことになったもの。

 このほど開かれた会議で、樋口建史副総監が「一般市民が犯罪に巻き込まれる環境が生まれている。こうした犯罪を根絶するためには違法サイトの撲滅に向けた取り組を強化する必要がある」と訓示しました。

 捜査を行うすべての部署にネット犯罪担当の指導官を配置するというから、電話によるたらい回しもなくなるうえ、将来的には、捜査を強化した結果を検証して、悪質なサイトを放置している管理者の責任追及を可能にする法整備を国に働きかけることも検討しているという。さすが警視庁である。

 その警視庁の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

連載小説「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(6)

  どうでもいいから早く帰れ

Dvc00184  顔を負傷して血だらけになった隊員を含めて五人の捜索隊員は必死で四人を追跡する。最初の銃撃現場から五百㍍ほど離れた北佐久郡軽井沢町大字発地のレークタウンにある河合楽器保養所の「浅間山荘」近くにさしかかった時だ。今度は、山荘から隊員めがけて二度目の銃撃を受けた。

 よく見ると山荘三階のバルコニーからのライフル銃による銃撃だった。この犯人たちは、山荘管理人の妻、牟田泰子さんを人質に立て籠もったのである。時間は午後三時半。これが日本犯罪史上特筆される浅間山荘事件のプロローグだった。
 … … … … … … …
 長野県警が軽井沢駅で連合赤軍幹部の四人組を逮捕したころ、私は「暴力猿」を追いかけて千葉県富津町の山奥にいた。
 早朝から山中に入ったのだが猿集団と出会えたのは昼過ぎだった。三匹の猿が民家の屋根でじ~っと私の動きを警戒。周辺の道ばたにいる猿の群れが、今にでも私に襲いかからんばかりにうなり声をあげている。

 「とうとう発見したぞ」胸の高鳴りを押さえながら、富津の悪党猿軍団に会えたことを喜んだ。二階建ての民家の屋根にいる三匹の猿を撮影するため望遠レンズをかまえたその時、一匹の猿が民家二階物干しの洗濯物に手をかけた。次の瞬間、洗濯物を引き抜くように手にして逃げ出した。

  「よし、撮ったぞ。泥棒の現行犯だ。これで一枚は使えるぞ」
 別の猿を見ると、今度は二匹そろって二階の窓を開けようとしている。「窓よ開け」と期待した。そして「猿よ中に入ってくれ!。仏壇からリンゴでも盗む写真が撮れたら最高だぞ!」心の中で叫んでいると、窓が開かずに残念そうな猿が、今度は民家に引き込んである電線にぶら下がりながら裏山に帰って行った。時計を見たら午後三時を十分ばかり過ぎていた。

 カメラマンというのは、どうしてこんなに理不尽なんだろうと思われるかもしれない。時には「死んでもいいから撮影したい」と思う時がある。それが職業意識だと勝手に解釈している。

 毎週水曜日の夕刊写真特集に「人里に降りた悪党猿」の撮影をしていた。町の中心から約一〇㌔も山奥に入った所だ。

 二月という時期、午後の三時を過ぎると山の中は日陰から冷え込みが始まる。そしてあっという間に夕暮れを迎える。取材に入る前の事前データによると猿の習性として、この時間になると山に帰る時間らしい。

 「最低でも二枚は使えるな」と確信を持った。しかし、さらに迫力を出すには追加撮影が必要だった。

 

続きを読む "連載小説「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(6)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・港区赤坂の高級韓国人クラブを摘発 入管難民法違反容疑でホステスら24人検挙(2日)

著名人などが客として訪れる東京・港区赤坂の高級韓国人クラブが、警視庁と東京入国管理局に摘発され、ホステスら24人が入管難民法違反の疑いで検挙された。
1日夜から2日未明にかけて摘発されたのは、赤坂の高級韓国人クラブ「Time」など2店舗で、就労ビザを持たずに不法に働いていたホステスら4人が逮捕されるなど、あわせて24人が検挙された。
また、警視庁は、ホステスの女らを不法就労と知りながら働かせていたとして、「Time」の韓国人店長の女(43)を2日午後にも逮捕する方針。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00164028.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鎌振り回し2人けが、男が自転車で逃走 奈良の路上(2日)

2日午前10時40分ごろ、奈良市東九条町の路上で「鎌を振り回した男がいる」と110番通報があった。奈良県警によると、男性2人が襲われ側頭部や脇腹に軽傷を負ったが、命に別条はないという。男は銀色の自転車で逃走したとみられ、県警が傷害容疑で行方を追っている。

 捜査1課などによると、男は、現場近くの無職野村昭夫さん(75)宅を集金のため訪れたJAならけん奈良南部支店職員の沢井賢治さん(26)に対し、いきなり後ろから奇声を発しながら園芸用のくわで頭に切りつけた。沢井さんともみ合いになり、男は続いて鎌(柄の長さ約1メートル)で沢井さんに切りつけ、制止しようとした野村さんの脇腹や太ももに切りつけたという。負傷した2人とも、男とは面識がないという。現場には、鎌とくわが1本ずつ放置されていたという。

 男は20~30代で身長175~185センチくらい。長髪で、白いTシャツ、黒いハーフパンツ姿だったという。 事件を受け、現場近くにある市立辰市幼稚園(園児38人)は、園児の帰宅を見合わせる措置を取った。男が逃走中のため、緊急連絡網を使い、園児はしばらく園内で待機させ保護者も家から出ないよう呼びかけている。近所の農業の男性(76)は「JAの人は、カッターシャツの背中が約20センチにわたって裂けていた。こんな静かな所で事件が起こるなんて信じられない」と不安そうに話した。現場は奈良市中心部のJR奈良駅から南に約2キロ離れた住宅街。 Logo3_5 http://www.asahi.com/national/update/1002/OSK200910020054.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の小3突き落とし 容疑の中3男子「不登校だった」(2日)

福岡県大牟田市で少年らが小学3年の男児(8)に暴行し、川に突き落として殺そうとした疑いを持たれている事件で、殺人未遂容疑などで逮捕された中学3年の男子生徒(15)が通う同県久留米市の中学校の校長が2日、記者会見に応じ、男子は2年生の時から不登校状態になり、今年の夏休みには校長や担任が家族と面談していたと明らかにした。男子について「優しく明るいおとなしい生徒で、問題行動はなかった」と説明した。

 校長によると、男子は2年生になって欠席するようになった。原因について「本人の口から2、3点聞いたが、それが本当かどうかは家族も学校も確認できなかった。一つは友人関係らしい」と説明。友人とのトラブルが背景にあったとの見方を示唆したが、「具体的に何があったのかはわからない」と語った。

 男子は2年生の後半から3年生の初めごろは登校していたが、今年6月ごろから再び不登校状態になったという。一方で、関係者によると、男子は今年7月中旬、大牟田市内の駄菓子屋に姿を見せ始め、一緒に逮捕された無職少年(15)と遊んでいたという。

 担任は家庭訪問を重ねるなどして両親と連携をとった。夏休みにも担任や校長が両親と面談し、夏休み中の生活について「母親が男子生徒といろいろな話をしてほしい」とアドバイスしたという。 校長は「生徒の内面を理解できていなかったと反省している。学校として何が抜けていたのかを洗い出し、具体的な対応を考えたい」と話した。

 市教委はこの日、事件を受け、市内の市立小中高校、養護学校の校長を集めた臨時校長会を開き、事件の概要を説明した後、児童生徒の状況把握や、命の大切さにふれた心の教育の充実などを呼びかけた。Logo3_4  http://www.asahi.com/national/update/1002/SEB200910020008.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

1対1のチャットでも公然わいせつ サイト運営会社の社長らを逮捕(2日)

インターネットの「アダルトチャットサイト」で不特定の利用者に女性のわいせつな姿の動画を閲覧させたとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは公然わいせつなどの疑いで、サイト運営会社「マッシュアップ」(東京都新宿区)社長、森雅登容疑者(48)=中野区上高田=と同社従業員ら計8人を逮捕した。同隊によると、森容疑者は「公然わいせつにあたるかどうかはグレーで、法律上ぎりぎり大丈夫だと思っていた」と話している。

 摘発対象となったのは、男女が1対1で利用するサービスだが、不特定多数の人間が会員登録をすることができるため、同隊は公然わいせつにあたると判断した。

 逮捕容疑は、6月23日午後1時半ごろから約15分間にわたり、サイト上で女性会員(50)=同容疑で逮捕、処分保留で釈放=の陰部などを有料で利用者に閲覧させたとしている。

 同隊によると、同サイトには「チャットレディー」と呼ばれる女性会員1万人以上が登録。男性会員は1分250円の使用料を支払うと、女性会員との文字・音声会話や動画送信を楽しむことができる。女性会員には会話時間に応じて報酬が支払われる仕組みとなっていた。同社は複数のチャットサイトを運営しており、平成20年度だけで少なくとも約15億円を売り上げたとみられる。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/308258/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

時効廃止を 法相に要望書 「あすの会」(2日)

「全国犯罪被害者の会」(あすの会)の代表幹事、岡村勲弁護士らメンバーが2日、法務省に千葉景子法相を訪ね、「公訴時効廃止の要望書」を手渡した。

 要望書では、まず時効期間を延長した平成16年改正で適用されなかった改正前の事件で、現に時効が進行中のものは時効期間延長を、さらに、今回の改正で「凶悪犯罪に対する公訴時効の遡及(そきゅう)的撤廃」を求めた。岡村氏は「法相は十分に検討するという話だった。前向きに取り組んで下さるのではないか」と話した。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/308301/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

集団で脅迫した疑い、暴力団の男ら逮捕(2日)

右翼団体「日本青年社」から脱退したいと申し出た男性を集団で脅迫したとして、暴力団の男らが警視庁に逮捕されました。

 暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕されたのは、住吉会系暴力団組員・富田稔容疑者(41)と右翼団体「日本青年社」の幹部の男ら、あわせて5人です。

 警視庁の調べによりますと、富田容疑者らは今年1月中旬、「日本青年社」から脱退したいと申し出た43歳の男性に対し、事務所に呼び出すなどして、およそ1か月にわたって集団で脅迫した疑いが持たれています。

 富田容疑者らは、自宅まで押しかけて「勝手に抜けるなんて許されると思ってるのか」などと、脱退しないよう脅していたということです。

 警視庁の調べに対し、富田容疑者らは「呼び出しはしたが、脅迫はしていない」などと容疑を否認しています。(02日00:41) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4248439.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢集中取り締まり 5日間で31件、15人が再犯(2日)

電車内で悪質な痴漢事件が相次ぐなか、警視庁が集中取り締まりを実施し、5日間で31人の男を逮捕しました。

 インターネット上で仲間を募ったうえ、電車内で集団で女性を取り囲み、下半身を触るなど悪質な痴漢事件が増えています。こうしたなか、警視庁は先月14日から5日間にわたって、被害の多い路線を中心に捜査員約3000人を投入して痴漢の集中取り締まりにあたりました。その結果、31人の男を逮捕しました。このうち15人は、過去にも痴漢の疑いで逮捕されていたということです。一方で、被害者には女装した男性も含まれていました。警視庁は今後、駅や電車内に従来の防犯カメラより解像度の高い高機能カメラを導入するなど、痴漢撲滅のためのあらゆる対策を鉄道各社などと検討したいとしています。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20091002015131

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ可視化 調査費要求へ(2日)

中井国家公安委員長は、1日の会見で、容疑者の取り調べを可視化する全面的な録音・録画などの導入に向けて、必要な調査費用を来年度予算の概算要求に盛り込む考えを示しました。

この中で、中井国家公安委員長は「取り調べの可視化を実行するための調査研究の予算の項目付けを会計担当に依頼した」と述べて、取り調べの可視化や司法取り引きなどの導入に向けて、必要な調査や研究費用を、来年度予算の概算要求に盛り込む考えを示しました。そして、「専門家を招いた勉強会や、すでに可視化をやっている国の調査や研究もあるだろう。そういったことを含めてどんなアイデアが出てくるか聞いて判断していきたい」と述べて、専門家から意見を聞いたり、導入済みの外国の実情などを調べたりして、準備を進めていく考えを明らかにしました。News_pic1 http://www.nhk.or.jp/news/k10015832231000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

直嶋経産相の秘書2人、トヨタ系労組から890万(2日)

民主党の直嶋経済産業相の公設秘書2人が、出身母体の全トヨタ労働組合連合会(愛知県)とトヨタ自動車労働組合(同)の役員を兼職する報酬として、昨年9月以降の1年間だけで計約890万円を受け取っていたことがわかった。

 古本伸一郎財務政務官の公設秘書1人も同様に報酬を受けている。両議員側は昨年1年間、同労連の政治団体などから計1億5000万円の寄付を受けていることが判明したが、秘書の待遇面でも労組マネーの恩恵にあずかっている。

 国会議員秘書給与法は、特別職の国家公務員である公設秘書について、兼職を原則禁止しているが、議員本人が許可し、届け出た場合は例外としている。

 参議院に提出された「議員秘書の兼職届」によると、直嶋経産相の公設第1秘書は、全トヨタ労連とトヨタ労組から各月20万5000円、年間計492万円の報酬を受け取った。兼職届は06年9月のため、3年間では計1476万円になる。第2秘書も両団体から月16万5000円ずつ、年間計396万円を受け取った。

 2人はさらに、二つの政治団体などから月計20万円の報酬も受け取ったが、団体名は不明。第1秘書は大臣秘書官に就任した先月16日以後、兼職していない。

 国費で賄われる公設第1、第2秘書の給与は経験と年齢に応じて異なるが、年間500万~1000万円程度で、2人が兼職先から受け取った報酬は国費分に匹敵する可能性もある。

 直嶋事務所は「秘書が主な業務で、時間外に労組の政策的な会議に出ることなどに対する報酬」と説明。全トヨタ労連は「労連役員業務に対する報酬で、月額は労連で決定した」という。

 古本政務官側は、公設第1秘書が同労連と労組から報酬を受けていることを認めているが、金額は明らかにしていない。両議員の秘書3人は、全トヨタ労連役員などとして議員事務所に出向している。岩井奉信・日大教授(政治学)の話「直嶋経産相のケースは違法性はないが、労組に資金や人などを丸抱えしてもらっている印象を持たれる恐れはある。自動車業界を監督する大臣として、透明性や公平性に特に配慮する必要がある」(2009年10月2日03時05分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091001-OYT1T01205.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中2男子、ネットゲームID奪い電子マネー恐喝した疑い(2日)

インターネットのオンラインゲーム運営会社を装って他人のIDを奪い、返却と引き換えに電子マネーを脅し取ったとして、愛知県警は1日、東京都西東京市の中学2年の少年(14)を不正アクセス禁止法違反と恐喝などの疑いで書類送検し、発表した。同級生の男子生徒(13)も、恐喝の非行事実で近く児童相談所に通告する方針。

 少年らは同様の方法で、08年6月から09年8月までに約100人分のIDとパスワードを聞き出して、電子マネー約35万円分を奪っていたという。「キャラクターを強くするアイテム購入などの金が足りなかった」と話し、全額をゲームに使っていたという。

 碧南署と生活経済課によると、少年は6月3日から7月1日までの間、オンラインゲーム「レッドストーン」の運営会社を装って、千葉県浦安市の男性会社員(31)ら3人からIDとパスワードを聞き出し、自宅のパソコンからゲームの認証サーバーに25回、不正にアクセス。IDなどを勝手に変更したうえ、男子生徒と共謀して、ゲームのチャット機能を使って「電子マネーをくれればIDを返す」と、電子マネー1万円分をこの会社員から脅し取った疑いがある。http://www.asahi.com/national/update/1001/NGY200910010038.html Logo3_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

子ども「連れ去り」事件 日米ルールの違いで解決難し(2日)

離婚した日本人の元妻が米国から実家の福岡県に子どもと帰国したため、子どもを取り戻そうとした米国人の元夫が、警察に未成年者略取容疑で逮捕された事件が、米国内で報道され、高い関心を集めている。米国では、子どもを勝手に海外に連れ去ることは犯罪行為とみなされ、米国側も元夫を支援する。背景に、国際結婚が破局した場合の日米のルールの違いがあり、問題解決は難航しそうだ。

 混乱の背景には「ハーグ条約」がある。「拉致された家族を救うための行動が逆に日本で犯罪に問われた」「釈放に向けて外交努力が求められる」。CNNは「拉致」という言葉を使いながら、連日、大きな扱いで伝えている。 逮捕されたのは、米テネシー州の男性(38)。福岡県警柳川署によると、逮捕容疑は9月28日朝、柳川市内の路上で元妻と一緒に登校中だった長男(8)と長女(6)を無理やり抱きかかえて車に乗せ、連れ去ったというもの。元妻が110番通報し、福岡市の米国領事館に来た男性を警察官が発見し、逮捕。署は30日午前、男性を未成年者略取容疑で送検し、今も勾留(こうりゅう)中だ。男性は「子どもに会いたかっただけ」と否認しているという。

 テネシー州で4月から男性の代理人を務める弁護士によると、夫婦は今年1月に離婚。両親がともに親権を持ち、子どもは母親と一緒に、男性宅の近所で住むことで合意した。男性は米国人女性と再婚した。ところが母親は男性に告げず、8月13日に子どもと帰国したという。弁護士は「日本は、米国の法律を破った母親をかくまうべきではない」と主張する。

 一方、離婚調停時に母親の代理人だった弁護士は「米国の法律を守らない行為は支持できない」としつつ、「母親は、常に支配的な男性の態度に悩んでおり、家族で一緒に住むことを望んでいなかった」と説明。夫婦は日本での結婚生活後、08年6月に渡米したが、男性は渡米の翌日に離婚の書類を示した。日本生活が長い子どもたちも米国暮らしに慣れなかったという。 米国務省は取材に「個別事案にはコメントしないが、この問題については承知している」と指摘。「日本は大事なパートナーで友好国だが、子どもの連れ去りについては意見が異なる。米国で取り残された親は大きな心理的負担を強いられ、子どもを取り戻せないでいる」と話している。

 県警は「子どもを無理矢理連れ去った行為自体が犯罪で、離婚の経緯などは事件と関係ない」としている。(ニューヨーク=田中光)

◇  ■ハーグ条約 国際結婚が破局した場合、一方の親が勝手に子どもを国外に連れ出さないよう求めている。国境を超えた「面接権」を定め、米国やカナダなど80カ国以上が加入している。

 日本は未加入であるため、日本人の親が子どもと日本に帰国した際に、外国人の親が子どもを連れ戻すことは極めて困難だ。トラブルが相次ぎ、欧米諸国は条約に加わるよう、日本政府への圧力を強めている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910010490_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教授刺殺、前日も待ち伏せ 容疑者「記念写真で不満」(2日)

中央大学理工学部教授の高窪統(はじめ)さん(当時45)刺殺事件で、殺人容疑で逮捕された教え子のアルバイト店員山本竜太容疑者(28)が、現場で事件前日にも殺害の機会をうかがっていたことが捜査関係者への取材でわかった。山本容疑者は「自分だけ研究室の記念写真に入っていないのが不満だった」などとも供述しているという。

 富坂署捜査本部によると、高窪さんは今年1月14日午前10時半前、東京都文京区の中大後楽園キャンパス1号館4階のトイレで四十数カ所を刺され、殺害された。捜査関係者によると、山本容疑者は同月12、13両日もキャンパスを訪れていた。12日は下見で、13日は現場のトイレの個室に隠れ、高窪さんを待ち伏せたが、「先生が入ってきたか自信が持てなかった」として行動に移さなかったという。

 山本容疑者は高窪さん殺害を「08年春すぎに考えるようになった」と供述。07年秋から勤めていた菓子製造工場を08年6月に辞めた理由を「犯行準備ができないから」と説明しているという。

 山本容疑者は高窪さんへの不満として卒業前の出来事を挙げている。03年暮れ、高窪研究室の忘年会に出席後、食あたりになり、翌日にあった研究室の記念撮影に参加できなかったという。忘年会について山本容疑者は「先生と他の学生は楽しそうにしていた。疎外されていると感じ寂しかった」と供述しており、記念写真も不満だったと話しているという。 捜査本部は、こうした出来事への不満を一方的に高窪さんへ向けたとみている。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY200910010491.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁がうっかりミス、コンサル料500万円余計に 会計検査院指摘j(2日)

平成20年に東京で開催された主要8カ国(G8)司法・内務相会議で、警察庁と法務省がコンサルティング業務を民間業者と契約した際、予定価格の積算を誤り、約500万円を余分に業者に支払っていたことが1日、会計検査院の調べで分かった。関係者によると、会議は20年6月に3日間、東京・目黒のホテルで行われた。G8各国の法務相、内務相が出席し、治安問題などを話し合った。

 警察庁と法務省は会議に先立つ20年4月、都内のコンサルティング会社と、会議開催に伴う業務を委託する費用として約1億480万円で随意契約した。しかし、検査院が調べたところ、全体の費用のうち、会議をウェブサイトに公表するための運用・管理費の積算を、警察庁の担当職員が誤って1けた多く計上していた。

 検査院は、運用・管理費を正しく積算すれば会議の業務委託費は1億円に満たなかったと断定。警察庁は国庫への返還について、今後、受注した会社側と協議するとみられる。法務省は「積算は警察庁が担当した」と話し、警察庁は「積算に誤りがあった。再発防止に努めたい」としている。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/308111/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月1日 | トップページ | 2009年10月3日 »