« 改正国籍法初の偽装認知による国籍取得容疑 ペルー人ら3人逮捕(4日) | トップページ | 機動隊員が酒気帯び運転容疑 大阪府警、書類送検へ(4日) »

2009年9月 4日 (金)

警察官のアルコール依存、対策を検討へ 警察庁長官(4日)

福岡県警小倉南署巡査部長の古賀達雄容疑者(49)が先月、飲酒運転で衝突事故を起こし、現場から逃げたとされる事件で、警察庁の安藤隆春長官は3日の記者会見で、「極めて遺憾。一部職員の過度なアルコール摂取の問題については、踏み込んだ対策が必要だ」と述べ、警察庁として全国の警察職員のアルコール依存対策を検討する考えを示した。

 安藤長官は福岡県警の事件について「(古賀容疑者は)家庭のトラブルなどが原因でアルコール依存にあった」と指摘。その上で、「福岡県警では肝機能数値の高い職員などに対するアルコール摂取状況について、県下全警察署を対象に検証し、再発防止対策を検討している」と述べた。

 また、警察職員のアルコール依存対策について、福岡県警の調査、検討結果を踏まえ、警察庁として全国的に取り組む方針を示した。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/297813/

 

« 改正国籍法初の偽装認知による国籍取得容疑 ペルー人ら3人逮捕(4日) | トップページ | 機動隊員が酒気帯び運転容疑 大阪府警、書類送検へ(4日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46115882

この記事へのトラックバック一覧です: 警察官のアルコール依存、対策を検討へ 警察庁長官(4日):

« 改正国籍法初の偽装認知による国籍取得容疑 ペルー人ら3人逮捕(4日) | トップページ | 機動隊員が酒気帯び運転容疑 大阪府警、書類送検へ(4日) »