« 衆院選違反、次々に逮捕(2日) | トップページ | 女児に強制わいせつ容疑、小学校教諭逮捕 宮崎県警(2日) »

2009年9月 2日 (水)

仏像20体を売却、4体窃盗容疑で逮捕状 奈良県警(2日)

奈良県山添(やまぞえ)村で今夏、寺から仏像4体が盗まれる事件があり、県警は奈良市の自営業の男(62)が犯行にかかわったとみて窃盗などの容疑で逮捕状を取った。捜査関係者が明らかにした。県警の調べによると、男はこの4体を含む約20体の仏像を京都市の古物商に売却していたという。

 捜査関係者らによると、男は6月29日から7月1日までの間に、山添村吉田の自作(じさく)寺から千手観音像(高さ約45センチ)、不動明王像(同約60センチ)、脇仏2体(同各約30センチ)を盗んだ疑いが持たれている。仏像はいずれも100年ほど前のもので、文化財指定は受けていない。寺は普段は無人で、7月1日に地元住民が盗難に気づいて天理署に被害届を出していた。

 一方、奈良県黒滝村寺戸の権現堂から蔵王権現立像(同約83センチ、江戸時代、文化財指定なし)が盗まれる事件があり、5月に盗難届が出された。この仏像が今夏に京都市で開かれた古美術品オークションに150万円で出品されているのを参加者の専門家が見つけ、奈良県警に通報。山添村の仏像などと一緒に古物商へ持ち込んだ男が浮上したという。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0902/OSK200909010118.html

 

« 衆院選違反、次々に逮捕(2日) | トップページ | 女児に強制わいせつ容疑、小学校教諭逮捕 宮崎県警(2日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仏像20体を売却、4体窃盗容疑で逮捕状 奈良県警(2日):

« 衆院選違反、次々に逮捕(2日) | トップページ | 女児に強制わいせつ容疑、小学校教諭逮捕 宮崎県警(2日) »