« 娘誘拐容疑で母と祖母逮捕 佐賀(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年9月13日 (日)

中国に警視庁捜査員派遣 八王子スーパー射殺事件(13日)

東京都八王子市大和田町4丁目の「スーパーナンペイ大和田店」で95年、アルバイトの高校生ら女性3人が射殺された事件で、覚せい剤を密輸したとして中国で死刑判決を受けた日本人の男(66)が「知人が事件に関与した」と周囲に話していることがわかった。警視庁は男から事情聴取するため、収監されている中国・大連に13日、捜査員を派遣した。

 男は、02~03年に愛知県や福岡県などで資産家らを狙った強盗を繰り返した日本人と中国人の強盗団の首謀者とされる。指名手配されたが、02年に出国し、04年6月、中国で覚せい剤所持容疑で逮捕され、07年8月に死刑判決が確定した。

 警察当局は中国側に捜査員の受け入れを要請していた。事情聴取は中国公安当局者が行い、日本の捜査員が立ち会う形になるという。

 事件は95年7月30日午後9時15分ごろ、同店2階事務所で発生。稲垣則子さん(当時47)と、いずれも高校2年の矢吹恵さん(同17)、前田寛美さん(同16)が頭を拳銃で撃たれ、殺された。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY200909130047.html

 

« 娘誘拐容疑で母と祖母逮捕 佐賀(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国に警視庁捜査員派遣 八王子スーパー射殺事件(13日):

« 娘誘拐容疑で母と祖母逮捕 佐賀(13日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »