« 【足利事件】30年前の女児殺害事件、異例のDNA鑑定を実施へ 栃木県警(22日) | トップページ | 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) »

2009年9月22日 (火)

児童虐待 3分の1が貧困家庭(22日)

去年全国の児童相談所が児童虐待の起きた家庭を調査したところ、3分の1の家庭が「経済的な困難」を抱えていたことがわかり、生活の苦しさが児童虐待にも影を落としている実態があらためて浮かび上がっています。

この調査は、全国の児童相談所が、ほぼ10年に1度、実施しているもので、今回は去年春の3か月間に虐待が確認された児童、およそ8100人について家庭環境などを調査した結果を東京都児童相談センターが取りまとめました。その結果、3分の1にあたる33%の家庭が「経済的な困難」を抱えていたことがわかりました。また、主に母子だけの「ひとり親」の家庭が26%、「仕事が不安定な家庭」が16%を占めていました。さらに詳しい経済状態について初めて調べたところ、生活保護を受けている家庭が13%、住民税を免除されている家庭が12%と、低所得の家庭が少なくとも4分の1に上り、景気の悪化などによる生活の苦しさが虐待にも影を落としている実態があらためて浮かび上がりました。調査の結果について日本社会事業大学専門職大学院の宮島清准教授は「生活の厳しさと児童虐待との関連性が数字で裏付けられた。貧しさゆえに起きている生活のさまざまな課題を一つ一つ洗い出して物心両面で援助していくことが必要だ」と話しています。News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/news/k10015637571000.html

 

« 【足利事件】30年前の女児殺害事件、異例のDNA鑑定を実施へ 栃木県警(22日) | トップページ | 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46278210

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待 3分の1が貧困家庭(22日):

« 【足利事件】30年前の女児殺害事件、異例のDNA鑑定を実施へ 栃木県警(22日) | トップページ | 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) »