« ビンラーディン容疑者がサイトで声明、米国に警告(14日) | トップページ | スーパー駐車場の車内に意識不明の女性 宇都宮(14日) »

2009年9月14日 (月)

酒井被告の保釈決定 保釈金500万円(14日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)について、東京地裁は14日、保釈を決定した。保釈保証金は500万円。弁護人が同日付で保釈を請求していた。

 酒井被告は8月3日に東京都港区南青山の自宅マンションで、覚醒(かくせい)剤0・008グラムを所持した罪で同月28日に起訴された。さらに7月30日に家族で訪れた鹿児島・奄美大島のホテルで覚醒剤を吸引したとして、使用罪で9月11日に追起訴された。

関連記事

記事本文の続き 酒井被告は10日に明らかになった供述で「今出ても騒がれて息子にすぐ会えない。しばらく我慢して落ち着いたころに出たい」と話していたが、12日には一転して「外に出たら皆さんに謝りたい」と保釈への意欲を示していたという。一方、別の同法違反罪(所持、使用)で起訴された夫の高相祐一被告(41)の弁護人も14日、東京地裁に保釈を請求した。初公判は酒井被告が10月26日に、高相被告は21日にいずれも東京地裁で開かれる。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301817/

 

« ビンラーディン容疑者がサイトで声明、米国に警告(14日) | トップページ | スーパー駐車場の車内に意識不明の女性 宇都宮(14日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46210625

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井被告の保釈決定 保釈金500万円(14日):

« ビンラーディン容疑者がサイトで声明、米国に警告(14日) | トップページ | スーパー駐車場の車内に意識不明の女性 宇都宮(14日) »