« 「角切りステーキ」2万3000食出荷 食中毒疑いのペッパーランチ(6日) | トップページ | DV避難施設名を議会で公表 佐賀県唐津市(6日) »

2009年9月 6日 (日)

日本列島振り込め詐欺(6日)3件

「インフルかかった」声ごまかし振り込め詐欺

Yomiuri_koudoku1 埼玉県志木市の無職女性(60)が、次男(30)を装った男から「インフルエンザで動けない」などと言われ、計198万円をだまし取られる被害にあったと5日、朝霞署が発表した。同署は詐欺事件として捜査している。発表によると、2日午後7時半頃、女性方に同県ふじみ野市に住む次男を装う男から「インフルエンザにかかった」と電話があった。翌日以降も同じ男の声で「投資で98万円借金した。インフルエンザで動けない。信販会社に借金を払ってほしい」などと連絡があり、女性は、指定の口座に2回にわたり、計198万円を振り込んだ。 男は、声が違うことをごまかすため、声の調子を落としていたという。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090906-OYT1T00057.htm

振り込め詐欺防止川柳  岩手県警

News_pic1 振り込め詐欺の被害防止をテーマとした川柳の審査結果が発表され、最優秀賞には盛岡市の森田純司さんが考えた「振り込めを見抜いて母さん金メダル」が選ばれました。
「振り込ま川柳」と題されたこのコンテストは、岩手県警と盛岡市消費生活センターなどが振り込め詐欺の被害防止などをテーマに募集し、全国からおよそ879本の応募がありました。
5日、盛岡市で審査結果が発表され最優秀賞には盛岡市の森田純司さんが考えた母親をはじめ、家族全員の防犯意識の高さをうかがわせる作品、「振り込めを見抜いて母さん金メダル」が選ばれました。また、優秀賞には埼玉県から応募された作品「振り込まね 手で渡すから 顔見せろ」と、洋野町から応募された「オレでねぇオラだオラホの愛言葉」の2本が選ばれました。岩手県警の小野寺憲一生活安全企画課長は「今回の作品を家族や近所で話題にしてもらうことで振り込め詐欺に対する抵抗力をつけてもらいたい」と話していました。
最優秀賞などに選ばれた作品は警察や盛岡市のホームページに掲載されるほか、振り込め詐欺の被害の防止を呼びかける啓発活動などに使われるということです。http://www.nhk.or.jp/morioka/lnews/02.html

“融資保証金詐欺に注意を”鳥取県警

News_pic1_2 振り込め詐欺の被害を防ぐ対策を話し合う会議が4日、県警察本部で開かれ、県内では融資の保証金を名目に金をだまし取る手口が目立つことから、警察に相談するなど市民に呼びかけていくことを確認しました。会議には、県警察本部の生活安全部部長など警察の担当者と15の関係団体の代表者らが出席し、まずことしの県内の振り込め詐欺の被害状況が報告されました。それによりますと、ことしに入って8月末現在で被害件数は25件、被害総額はおよそ1300万円に上っています。
被害額の内訳は、融資の保証金名目に金をだまし取る融資保証金詐欺が790万円、利用していないインターネットの有料サービスの料金を請求する架空請求が512万円となっています。このため、会議の中で振込先などについて少しでも不審に感じたら、警察に連絡するよう呼びかけるなど対策を進めることを確認しました。
一方、オレオレ詐欺と役所を装い金を返すなどとウソを言ってATMから現金を振り込ませる還付金詐欺は、47都道府県の中で鳥取県だけがほぼ1年間被害が発生していません。鳥取県警察本部の神崎哲郎生活安全部長は「振り込め詐欺の被害は、減少しているが、関係機関と連携して振り込め詐欺の撲滅に努めていきたい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/tottori/lnews/06.html

 

« 「角切りステーキ」2万3000食出荷 食中毒疑いのペッパーランチ(6日) | トップページ | DV避難施設名を議会で公表 佐賀県唐津市(6日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(6日)3件:

« 「角切りステーキ」2万3000食出荷 食中毒疑いのペッパーランチ(6日) | トップページ | DV避難施設名を議会で公表 佐賀県唐津市(6日) »