« 「霊感商法」で統一教会信者4人を逮捕(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)2件 »

2009年9月28日 (月)

大麻事件:「栽培予備」で積極摘発 種子所持に罰則なく(28日)

大麻事件の急増を受け、全国の警察や厚生労働省の麻薬取締部が、これまでほとんど適用例がなかった大麻取締法の「栽培予備罪」を積極的に活用し、大麻種子の所持者の摘発に乗り出していることが分かった。同法は種子の所持自体に罰則がないため、インターネットを通じ「観賞用」名目での種子販売が横行している。警察などは、照明器具や植木鉢を用意するなど栽培環境を整えている場合は栽培予備罪に当たるとみなし、積極的に事件化することにした。【町田徳丈、千代崎聖史】

 警察庁によると、栽培予備罪(3年以下の懲役)での検挙者は07年まではほとんどいなかったが、08年は関東地方を中心に30~40人を検挙。09年は7月までに約30人を検挙しており、昨年同期比2.5倍のペースという。

 同法は大麻草の所持▽栽培▽譲り受け▽譲り渡し▽輸出入に罰則を設けているが、種子自体には有害成分が含まれていないため、種子の所持には罰則規定がない。また種子が七味唐辛子の原料などにも使われているため、厚労省は「法改正で所持を処罰するのは難しい」としている。

 捜査関係者によると、種子はネットで1粒1000~5000円で販売されているが、「観賞目的だけで種子を購入するとは考えにくい」(捜査関係者)として、照明器具や植木鉢、肥料、栽培マニュアル本を用意するなど栽培目的が疑われる場合は栽培予備罪で摘発する方針で臨んでいる。

 福岡県警は今年2~5月、ネットで種子を購入した33人の自宅などを栽培予備容疑で家宅捜索。その結果、飲食店経営者ら25~47歳の男13人が乾燥大麻を隠し持っていたことが判明、同法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

 一方、関東信越厚生局麻薬取締部も今年初めて、茨城県の男性(27)や愛知県の会社員男性(39)ら3人を栽培予備容疑で書類送検した。ネットで種子販売サイトを運営し、早稲田大学生らに販売したとして同法違反(栽培)ほう助などの容疑で08年に逮捕された男(35)の顧客を捜査する過程で3人が浮上した。男の顧客は延べ約2100人いて、同部と警察は今年1月以降、栽培予備容疑で約150カ所を家宅捜索、栽培や所持容疑による50人以上の逮捕につなげた。

 栽培予備容疑での検挙者は、「栽培まではしていないので違法性は高くない」などの理由で多くが起訴猶予処分になっているとみられる。しかし、警察庁幹部は「大麻は『ゲートウエードラッグ』とも言われ、あらゆる薬物犯罪の入り口になる。使える法律を使い、しっかり検挙していこうという姿勢の表れ」と話している。

 ◇ことば 大麻 

 アサ科の1年草の植物が原料で、葉を乾燥させたものは「乾燥大麻(マリフアナ)」、樹脂を固めると「大麻樹脂(ハシシュ)」と呼ばれる。乱用すると陶酔感のほか、幻覚や妄想の副作用が出る。警察庁によると、今年1~6月の大麻取締法違反の検挙者数は昨年同期比21.3%増の1446人で過去最悪のペースで推移している。このうち初犯者は84.9%だった。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090928k0000e040066000c.htmlLogo_mainichi1

 

« 「霊感商法」で統一教会信者4人を逮捕(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)2件 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46336025

この記事へのトラックバック一覧です: 大麻事件:「栽培予備」で積極摘発 種子所持に罰則なく(28日):

« 「霊感商法」で統一教会信者4人を逮捕(28日) | トップページ | 日本列島振り込め詐欺(28日)2件 »