« 未明のコンビニ刃物強盗、15万円わしづかみ(16日) | トップページ | 覚せい剤取締法違反で起訴の酒井法子被告、保釈保証金の残りの250万円納付されず(16日) »

2009年9月16日 (水)

サンミュージック副社長、会見「お手伝いする」(16日)

覚せい剤取締法違反罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の保釈が16日となる可能性が高まった。被告側が15日、保釈保証金500万円のうち250万円だけを“分割払い”で納付、同日中の保釈を回避し保釈日を調整するかのような異例の“高等戦術”に出た。同法違反罪で起訴の夫、高相祐一被告(41)も15日、保釈が認められた。

 酒井被告が保釈後に行うとみられる記者会見について、元所属事務所「サンミュージック」の相澤正久副社長(60)はこの日、サンケイスポーツの取材に「連絡があれば、お手伝いする」と、会見をサポートする姿勢を改めて示した。今回の事件を受けて解雇したが、やはりデビュー時から23年間、愛情を注いで育て上げた酒井被告を見限ることはできないよう。「謝るのは人間として当然のこと。(被告自身の)子供に胸を張って生きていくためにも謝ってほしい」と話した。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302586/

 

« 未明のコンビニ刃物強盗、15万円わしづかみ(16日) | トップページ | 覚せい剤取締法違反で起訴の酒井法子被告、保釈保証金の残りの250万円納付されず(16日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46226671

この記事へのトラックバック一覧です: サンミュージック副社長、会見「お手伝いする」(16日):

« 未明のコンビニ刃物強盗、15万円わしづかみ(16日) | トップページ | 覚せい剤取締法違反で起訴の酒井法子被告、保釈保証金の残りの250万円納付されず(16日) »