« 海難事故?実は知人宅に 60歳男性「帰宅したくない」(25日) | トップページ | 東京・瑞穂町で女性が乗る車に男が突然乗り込み刃物で脅す 男は女性に抵抗され逃走(25日) »

2009年9月25日 (金)

横領容疑の元次長、政治家に500万円 障害者団体不正(25日)

全国の障害者施設で組織する社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、事務局・東京)の不正経理事件で、大阪地検特捜部は24日、協会の資金964万円を着服したとして、会計担当だった元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄容疑者(58)=さいたま市北区=を業務上横領容疑で逮捕した。容疑を認めているという。全精社協が依頼していた公認会計士の事務所(東京)も家宅捜索した。

 また特捜部の調べで、五月女元次長が捻出(ねんしゅつ)したとされる協会の裏金から政治家らに流れた資金は、少なくとも500万円にのぼることが新たに判明。特捜部は、運営する精神障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の事業譲渡や補助金の受給に絡んで支出した可能性があるとみて、元次長から経緯を詳しく聴くとみられる。

 特捜部の調べによると、五月女元次長は05年9月~昨年4月、全精社協の口座から17回にわたって現金を引き出し、計964万円を着服した疑いがある。調べに対し、馬券購入などの私的流用を認めたという。横領総額は1千数百万円にのぼるという。

 特捜部の調べでは、五月女元次長は03年から昨年11月に退職するまで、国の補助金や加盟する障害者施設の年会費などが入金される複数の口座を管理して裏金づくりを続けた。一部を私的に着服するほかに、政治献金などに使うための資金も裏金作りで準備していたとされる。 特捜部は、厚生労働行政に詳しい前自民衆院議員のパーティー券について、07年度に計120万円分購入した領収書のほかに、08年度にも100万円分以上を買ったことを示す記録を入手。また、協会が同会幹部あてに「政治献金」の名目で175万円を支出したことを示す受領書のほか、国会議員の勉強会への参加費24万円の支出記録や、厚労省OBに渡されたと協会関係者がいう商品券78万円分の購入記録なども見つかったという。

特捜部はこうした記録から政治家らに少なくとも計500万円が渡ったとみて捜査している。  五月女元次長は逮捕前の取材に対し、前議員のパーティー券購入などの理由について「ハートピアの譲渡などでお世話になったお礼の意味もあったと思う」と説明。五月女元次長に頼まれ、前議員のパーティー券を個人で買ったことがあるという元協会幹部は「元次長から前議員とはつながりがあると聞いた。障害者自立支援法の改正案をより良い方向に進めてほしいという期待があった」と語った。

 ハートピアは96年、精神障害者が働くホテルと授産施設を併設した全国唯一の施設として、財団法人「全国精神障害者家族会連合会」が旧厚生省と連携しながら開業。経営難が続き、全精社協が07年4月、厚労省の仲介で運営を引き継いだ。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0925/OSK200909240160_01.html

 

« 海難事故?実は知人宅に 60歳男性「帰宅したくない」(25日) | トップページ | 東京・瑞穂町で女性が乗る車に男が突然乗り込み刃物で脅す 男は女性に抵抗され逃走(25日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46305920

この記事へのトラックバック一覧です: 横領容疑の元次長、政治家に500万円 障害者団体不正(25日):

« 海難事故?実は知人宅に 60歳男性「帰宅したくない」(25日) | トップページ | 東京・瑞穂町で女性が乗る車に男が突然乗り込み刃物で脅す 男は女性に抵抗され逃走(25日) »