« 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子被告、40日ぶりに保釈(17日) | トップページ | 「疑似児童ポルノ」初摘発、2人逮捕(17日) »

2009年9月17日 (木)

酒井法子被告、逮捕から41日目 ついに保釈(17日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)が17日午後4時前、警視庁東京湾岸署から保釈された。8月8日の逮捕から40日目で、保釈保証金は500万円。

 早朝から報道陣200人以上が詰めかけていた湾岸署の正面玄関からは、午後4時すぎ、酒井被告の元所属先だったサンミュージックの相沢秀禎相談役が出てきて、無言で車に乗り込んだ。同じ頃、署の裏口から、同社の相沢正久副社長も車に乗り込んだ。

 酒井被告が署の前に姿を見せたのは、午後4時29分。黒の上下のスーツ姿で笑みさえみせ、立ち止まって「酒井法子を応援してくださった皆様、このたびは本当に申し訳ありませんでした」と話し、頭をゆっくりと下げた。この後、酒井被告は午後6時半から都内で謝罪の記者会見を行う予定。

 酒井被告は、8月3日に東京・南青山の自宅マンションで覚醒(かくせい)剤0・008グラムを所持した罪で起訴され、さらに7月30日に家族で訪れた鹿児島・奄美大島で覚醒剤を火であぶって吸引したとして、使用罪で追起訴された。

 捜査関係者によると、酒井被告は取り調べで「もう二度と(覚醒剤に)手を出さない」と反省した様子を見せ、「早く息子に会いたい。今後は夫と息子の3人で静かに暮らしたい」などと話していたという。夫の高相祐一被告(41)=同法違反(所持、使用)の罪で起訴=は16日に保釈されている。酒井被告の初公判は10月26日、高相被告の初公判は同月21日、いずれも東京地裁で開かれる。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303019/

 

« 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子被告、40日ぶりに保釈(17日) | トップページ | 「疑似児童ポルノ」初摘発、2人逮捕(17日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46235555

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子被告、逮捕から41日目 ついに保釈(17日):

« 覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子被告、40日ぶりに保釈(17日) | トップページ | 「疑似児童ポルノ」初摘発、2人逮捕(17日) »