« 犯罪捜査に貢献した警察犬を供養する慰霊祭 警視庁(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年9月23日 (水)

国交相、八ツ場ダム予定地を視察(23日)

前原誠司国土交通相は23日、民主党のマニフェスト(政権公約)通りに、中止を明言した八ツ場ダムの建設予定地(群馬県長野原町)を視察した。ダム本体の工事に必要な仮排水トンネルに続き、水没する地区の代替地を訪れ、国交省の担当者から説明を受けた。

 同相は就任直後に同ダムの建設を中止すると表明。負担金を出している関係自治体や、建設推進の立場の地元住民は中止撤回を要請したが、同相は方針は変わらないとの姿勢で、さらに全国143のダム・導水路事業についても見直す方針を示している。 同日午後には長野原町内で地元住民と意見交換する予定。同相は中止を決定した経緯などについて説明する意向だが、住民側は「中止を白紙に戻さなければ出席しない」と強く反発しており、参加拒否の構えを見せている。 意見交換に先立ち同相は、大沢正明群馬県知事や地元の高山欣也長野原町長、茂木伸一東吾妻町長らと面会。大沢知事らはこの場で改めて中止を撤回するよう求めるとみられる。(時事)Logo3  http://www.asahi.com/politics/update/0923/JJT200909230004.html

前原国交大臣が八ッ場ダム視察 住民対話困難な状況 

前原国土交通大臣が、建設中止を表明している群馬県の八ッ場ダムの建設予定地を23日午前から視察しています。総事業費4600億円のうち、これまでに約3210億円が使われました。完成までにかかる費用は1390億円なのに対して、事業を中止した場合は、自治体に返還する費用など少なくとも2230億円がかかります。午後には、事業継続を求める住民との意見交換会も予定されています。

 前原大臣は午前11時半過ぎ、本来なら秋から建設が始まる予定だったダムの工事現場の視察を終えました。この後、地元住民との意見交換会も予定されていますが、「建設中止ありきでは話し合いに応じられない」とする地元町長や住民らに対し、前原大臣はあくまで「建設は中止」「話し合いを今後の補償についての参考にする」という姿勢を崩していません。このため、ダム事業の継続を求める住民は、23日の意見交換会に出席せず、不参加の理由を住民代表が大臣の前で読み上げる見通しです。前原大臣にとっては話し合いの場を持つことすら困難な状況です。前原大臣は、八ッ場ダムを手始めに今後、全国で140近いダム事業の見直しをする方針です。しかし、長年、生活を犠牲にしてまでダム建設に協力してきた住民にとっては、これから大臣との溝を埋める作業は困難を極めそうです。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index4.html?now=20090923153750Annlogo1_2

 

« 犯罪捜査に貢献した警察犬を供養する慰霊祭 警視庁(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国交相、八ツ場ダム予定地を視察(23日):

« 犯罪捜査に貢献した警察犬を供養する慰霊祭 警視庁(23日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »