« 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) | トップページ | 電話代行サービスの悪用が横行 「ハードルの低さ」が背景?(22日) »

2009年9月22日 (火)

酒井法子事件で注目されるイランの麻薬密輸ネットワーク(22日)

清純派女優の名声を奈落の底に陥れた白いクスリ-。酒井法子被告(38)=覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴=が魔の手に落ちた覚醒(かくせい)剤は、夫の高相祐一被告(41)がイラン人の売人から入手していたとされる。詳細な入手ルートは解明されていないものの、イラン人が関与する国際的な密輸ネットワークの存在が改めてクローズアップされている。

日本と遠い海の向こうのイランを結びつける薬物ネットワーク。今夏、その密輸ルートの一端をうかがわせる事件がトルコ・イスタンブールで摘発されていた。トルコ主要紙ザマンによれば、イスタンブール警察は今年6~8月にかけて、イラン人8人、日本人4人の運び屋を拘束した。現地の警察当局は同紙の取材に対し、「日本の暴力団組織が、メタンフェタミン(覚醒剤)をイランの運び屋から入手し、日本に密輸しようとしていた。我々警察組織はそのルートを初めて追跡することができた」と説明した。在イスタンブール総領事館もこの事実を確認している。6月と7月にそれぞれ2人の日本人がイスタンブール市内で拘束され、今も、裁判を受けるために勾留されているという。

 領事館の担当官は、「4人はイスタンブール在住ではなく、日本からやってきた旅行者で、覚醒剤をそれぞれ5、6キロ所持していた。7月にはイラン人と日本人が一緒に捕まったようだ」と話した。イスタンブール警察は、日本人が大量のメタンフェタミンの錠剤を所持していたことから、内偵を進め、イラン→トルコ→日本の覚醒剤密輸計画を暴き出していた。そして、日本への輸出は未然に防がれた。

 日本で、薬物犯罪を担当するある捜査幹部は、押収されたのがメタンフェタミンの錠剤だったことに着目している。メタンフェタミンは欧州ではなく、日本で主に押収される覚醒剤だったからだ。「日本に運ぼうとしていたのは間違いない。しかし、錠剤の精製場所はイラン国内ではないかもしれない。近年、国際的な取締監視網を逃れて、日本に入る薬物の密輸ルートも多様化しており、トルコ経由もその新しい入手ルートだった可能性がある。両国は同じイスラム圏であり、イラン人組織がトルコで暗躍していても不思議ではない」

 この捜査幹部によれば、日本国内のイラン人密売組織は近年、日本や中国の暴力団組織が触れることができない入手ルートを持っているという。「裏マーケットでは、季節によって覚醒剤が品薄になることがあるのだが、イラン人密売組織の在庫だけは決してなくならない。ということは独立した入手ルートがあるということだ」そのイランにも、深刻な薬物犯罪が押し寄せている。隣国アフガニスタンは世界のアヘン栽培の中心地で、国連薬物犯罪事務所(UNDOC)によれば、年間2500トンがアフガン国境からイランに運び込まれ、大消費地の欧米諸国などへと密輸されている。

 その3分の1はイラン国外へと運び出される前に、イランの取締当局が摘発、押収しているという。イランは世界への拡散を防いでいると言えるが、代償も大きく、すでに武装密輸組織との戦いで、約3600人の捜査員が命を落としている。UNDOCによると、アフガニスタンで活動するイスラム原理主義勢力タリバンは、年間7000万ドル(約63億円)をこうした密輸組織から稼いでいる。巨額の麻薬マネーは、テロ掃討作戦でアフガン国内に駐留する国際治安支援部隊(ISAF)への戦闘に充てられる。ドラッグは乱用する者を死に追いやるだけではなく、拡散を防ごうとする兵士や捜査員の命も奪う。

 イランの覚醒剤密輸グループとアヘン密輸グループのつながりははっきりしない。しかし、酒井被告夫婦の覚醒剤事件と、麻薬マネーに依存するタリバンとの対テロ掃討作戦は、「違法薬物」というキーワードを共有する隣り合わせの関係にあるのかもしれない。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/304511/Banner_logo_051_6

 

« 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) | トップページ | 電話代行サービスの悪用が横行 「ハードルの低さ」が背景?(22日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46279399

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子事件で注目されるイランの麻薬密輸ネットワーク(22日):

« 死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人(22日) | トップページ | 電話代行サービスの悪用が横行 「ハードルの低さ」が背景?(22日) »