« 交際相手の男に逮捕状 秋田女性殺害の疑い(13日) | トップページ | タクシー強盗の派遣社員逮捕 警視庁(13日) »

2009年9月13日 (日)

酒井法子被告「出たら、皆さんに謝りたい」(13日)

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で11日に追起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「外に出たら、皆さんに謝りたい」と話していることが12日、分かった。一時は保釈を“拒否”するかのような言葉も漏らしていた被告の心境の変化を感じさせる供述で、早ければ週明けの14日にも、担当弁護士により保釈請求が行われる可能性が高まった。

 7月30日ごろ、夫の高相祐一被告(41)、長男(10)の3人で訪れていた鹿児島・奄美大島のホテルで覚せい剤を使用した罪で11日に追起訴された酒井被告。夫の高相被告も千葉・勝浦市の別荘で覚せい剤を所持した罪で同日に追起訴され、夫妻の事件捜査は終結を迎えた。

 保釈が認められれば、晴れて“シャバ”に出られる身となったが、酒井被告は10日に明らかになった供述では「今出ても騒がれて息子にもすぐ会えない。もうしばらく我慢して落ち着いたころに出たい」と複雑な心境を吐露。しかし、追起訴から一夜明けた12日は一転、「外に出たら皆さんに謝りたい」と保釈後の行動について話しているという。

 先月8日の逮捕から約40日間も会えずにいる長男を案じ、切ない母心が芽生えたのか、心境が変化したようだ。取り調べが進むにつれ、笑顔も見せるようになったが、子供の話になると涙ぐむことも多かったという。

 週明けにも酒井被告の継母(62)や夫の両親などが保釈請求を出す見通しで、身元引受人が夫の両親になった場合は、裁判所へ届け出る住所は義父母の実家にほど近い東京・南青山の自宅マンションになる可能性が高い。

 ただ、酒井被告が逮捕前に6日間逃亡したことなどから、検察側は「証拠隠滅や再び逃亡する恐れがある」として保釈に反対する意向。保釈が認められなければ、身柄は今後、東京湾岸署から東京拘置所に移送されるとみられる。

 またこの日、逮捕直後に覚せい剤を使っていたと認めなかった点について「悪いことをしてしまったという思いと、自分の将来やマスコミに取り上げられることを考えたから」と供述していたことが新たに判明。さらに「嘘をついてすみません。このまま吸い続けていたらダメになっていた。逮捕されてよかった」と、落ち着いて反省しているようだ。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/301400/

 

« 交際相手の男に逮捕状 秋田女性殺害の疑い(13日) | トップページ | タクシー強盗の派遣社員逮捕 警視庁(13日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46197820

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子被告「出たら、皆さんに謝りたい」(13日):

« 交際相手の男に逮捕状 秋田女性殺害の疑い(13日) | トップページ | タクシー強盗の派遣社員逮捕 警視庁(13日) »