« 海外旅行中狙い空き巣 成田で出国客の書類・荷札のぞき見(2日) | トップページ | 時効まで1年 女性指導員殺害で情報提供呼びかけ (2日) »

2009年9月 2日 (水)

白バイ隊員、スピード違反の記録ねつ造で書類送検 警視庁(2日)

 スピード違反の取り締まりで事実と違う処理をしたなどとして、警視庁は2日、虚偽有印公文書作成・同行使と道路交通法違反の疑いで、警視庁第10方面交通機動隊に所属する白バイ隊員の巡査部長(38)を書類送検し、停職6か月の処分とした。巡査部長は同日付で辞職した。

 人事1課の調べによると、巡査部長は5月10日午後1時ごろ、東京都板橋区の環状7号線で、30代の男性が運転する大型バイクを追尾してスピード違反を取り締まった際、白バイの計測記録では二十数キロの速度超過だったにもかかわらず、三十数キロの超過として虚偽の交通切符を作成した疑いが持たれている。

 人事1課によると、巡査部長は男性のバイクを停止させ「違反の現場を確認してくる」と告げた後、実際に三十数キロの超過で白バイを再走行し、計測記録を捏造(ねつぞう)していた。「(計測前に)少なくとも四十キロ以上は超過していたと感じ、記録より速い速度で取り締まる必要があると思った」などと話しているという。警務部の中村格参事官は「基本を逸脱した行為であり、厳正に処分した。再発防止に努めたい」とコメントした。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/297105/

 

« 海外旅行中狙い空き巣 成田で出国客の書類・荷札のぞき見(2日) | トップページ | 時効まで1年 女性指導員殺害で情報提供呼びかけ (2日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白バイ隊員、スピード違反の記録ねつ造で書類送検 警視庁(2日):

« 海外旅行中狙い空き巣 成田で出国客の書類・荷札のぞき見(2日) | トップページ | 時効まで1年 女性指導員殺害で情報提供呼びかけ (2日) »