« 電車の痴漢見逃さない…「特捜イエロー」活躍(18日) | トップページ | 統合失調症:入院15万人に 14年めどに4万6千人減(18日) »

2009年9月18日 (金)

酒井被告、質問応じず「メンタル面の治療」へ(18日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された女優の酒井法子(本名・高相法子)被告(38)は、保釈保証金500万円を東京地裁に納付し、17日午後、保釈された。

同日夜の記者会見では、涙ながらに謝罪を繰り返したが、薬物に手を出した理由は最後まで語らなかった。酒井被告は8月3日、東京都港区の自宅マンションで覚せい剤約0・008グラムを隠し持っていたほか、7月30日頃、鹿児島県奄美大島のホテル客室で覚せい剤を使用したとして、起訴された。

 8月8日の逮捕後、拘置されていた警視庁東京湾岸署を40日ぶりに出た酒井被告。午後4時半過ぎ、黒いパンツスーツ姿で正面玄関前に立つと、報道陣やファンら約300人に「酒井法子を応援して下さった皆様、この度は申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 東京都千代田区で午後6時半から臨んだ記者会見では、同席した元所属レコード会社の幹部が「1987年のデビュー以来、20年以上にわたり、苦楽を共にした……」と切り出すと、大粒の涙をこぼした。この幹部は「関連商品の出荷停止や店頭からの回収で、取引先やお客様に多大な迷惑をかけた」と、酒井被告の事件の影響に言及した。

 「一社会人として人として、決して手を出してはいけない薬物に、自分の弱さゆえ負けた」「日本や海外のファンの皆様、本当に本当に、申し訳ありません」酒井被告は謝罪や後悔の言葉を口にしたが、「公判を控えている」との理由で質問は受け付けず、事件についての説明はしなかった。会見後、「子供に言いたいことは」などの質問が飛んだが、それには答えず、「メンタル面の治療」(会見に同席した弁護士)のため、入院する病院に向かった。(2009年9月18日00時31分  読売新聞)

 

« 電車の痴漢見逃さない…「特捜イエロー」活躍(18日) | トップページ | 統合失調症:入院15万人に 14年めどに4万6千人減(18日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46240580

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井被告、質問応じず「メンタル面の治療」へ(18日):

« 電車の痴漢見逃さない…「特捜イエロー」活躍(18日) | トップページ | 統合失調症:入院15万人に 14年めどに4万6千人減(18日) »