« 東名高速上の遺体、東京・狛江の主婦か 神奈川・山北(8日) | トップページ | 中国経由で北の覚せい剤、日本人2人密輸図る(8日) »

2009年9月 8日 (火)

「痴漢サイトに刺激され…」実行相次ぐ、掲示板100超(8日)

 「JR○○線で痴漢をする会」などと痴漢行為を呼びかけるインターネット掲示板に刺激され、電車内で痴漢をしたという男が、今年に入り相次いで警視庁に逮捕されている。

 ネット上には数年前から、こうした「痴漢サイト」が乱立しており、事態を重視した同庁はサイト運営者などに削除要請するとともに、14日からは機動隊やスリ担当捜査員なども投入し、サイトで名前の挙げられた路線を重点的に取り締まる方針だ。

 「痴漢サイトを見て、自分で確かめたくなった」今年4月にJR埼京線の赤羽―十条間で、女子高生の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の容疑で警視庁に現行犯逮捕された会社員の男(23)はこう供述した。この男はわざわざ静岡から上京し、通勤ラッシュ時間帯に埼京線に乗り込んでいた。

 同庁によると、痴漢の検挙件数は、ここ数年1500~1800件台で推移しており、今年上半期も708件。こうした中、最近、検挙した容疑者の供述で目立つのが「痴漢サイトに刺激されて」というものだという。今年5月、埼京線で女性に触り、同条例違反容疑で現行犯逮捕された会社員の男(33)や、6月にやはり同容疑で逮捕された会社員の男(50)なども、いずれも「普段、通勤に使う路線ではないが、痴漢サイトを見ているうちに興味がわいた」などと話したという。

 ネット上には特定の路線を名指しして、痴漢の情報交換をする掲示板が増え始め、警視庁が把握しているだけでも、その数は100以上に上る。中には、具体的に発車時間や車両を指定して、痴漢を呼び掛ける内容のものもあるという。同庁はサイト運営者への削除要請などのほか、痴漢被害が多いJR埼京線、中央線、総武線や、私鉄の京王線など計9路線を中心に警察官を重点配置し、取り締まりを強化する方針だ。

 対策・予防研究へ  電車内の痴漢被害が深刻化していることを受け、警察庁は来年度にも、大学教授や鉄道事業者、被害者支援団体らで作る研究会を設置し、対策を検討する。被害実態を把握するため、東京都内の女子中や女子高を対象にしたアンケート調査を実施するほか、過去の事件の分析や、実際の電車を使った実験などで、被害の予防や検挙の方法なども研究するという。同庁は先月、首都圏や近畿地方の警察本部に対し、対策を強化するよう指示。千葉県警は、電子メールによる被害相談の受け付けを始めた。同庁幹部は「恥ずかしさから被害届を出せないケースも多い。悪質な事件には集中的に捜査員を投入したい」と話している。(2009年9月8日14時57分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090908-OYT1T00606.htm

 

« 東名高速上の遺体、東京・狛江の主婦か 神奈川・山北(8日) | トップページ | 中国経由で北の覚せい剤、日本人2人密輸図る(8日) »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46156896

この記事へのトラックバック一覧です: 「痴漢サイトに刺激され…」実行相次ぐ、掲示板100超(8日):

« 東名高速上の遺体、東京・狛江の主婦か 神奈川・山北(8日) | トップページ | 中国経由で北の覚せい剤、日本人2人密輸図る(8日) »