« ☆☆NYテロの警戒呼び掛け(24日)☆☆ | トップページ | ★女子学生に睡眠薬飲ませ窃盗、無職男が関与認める(24日) »

2009年9月24日 (木)

障害者団体元幹部に逮捕状 1千万円横領容疑、聴取へ(24日)

全国の障害者施設などでつくる社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、事務局・東京)による不正経理問題で、大阪地検特捜部は、全精社協の会計担当だった元幹部(58)=さいたま市=が法人の資金約1千万円を着服した疑いがあるとして、業務上横領容疑で逮捕状を取った。24日にも事情聴取に乗り出す。

 また特捜部の調べで、全精社協が厚生労働省から障害者自立支援の調査・研究目的で受け取った07、08年度の補助金計5千万円余りの大半が、運営する精神障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の人件費などにつぎ込まれた疑いがあることも判明。特捜部はこの流用も立件する方針で、補助金適正化法違反容疑などの適用を検討する。協会の資金が政治家にも流れたとされる実態も調べる。

 特捜部の調べによると、元幹部は05年から昨年ごろまでの間、全精社協の口座から複数回にわたって現金を無断で引き出し、計約1千万円を着服した疑いが持たれている。総額で1千数百万円を自らの個人口座に移し替えた形跡があり、特捜部は残額についても立件する方針。

 補助金をめぐっては、07年度分の一部にあたる1800万円をハートピアの人件費などに流用したことを、元幹部らが朝日新聞の取材に認めている。特捜部が資金の動きなどを調べたところ、この1800万円を含む07年度の3130万円と、08年度の1980万円の補助金の大半が、ハートピアの人件費などに使われた形跡があったとされる。

 これらの補助金はともに、障害者の自立支援の調査・研究を目的に厚労省のプロジェクトに応募して認められた補助金だった。

 特捜部は、元幹部が03年ごろから昨秋に退職するまで全精社協の資金管理を一手に担っていたことから、補助金の不正流用にもかかわった疑いがあるとみて調べる。別の幹部らからも事情を聴き、不透明な会計の実態を解明する。

 ハートピアきつれ川は96年、精神障害者が働くホテルと授産施設を併設した全国唯一の施設として開設。全精社協は07年4月、財団法人「全国精神障害者家族会連合会」(解散)から事業譲渡を受けたが、経営難で今年3月にホテルを閉鎖している。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0923/OSK200909230111.html

 

« ☆☆NYテロの警戒呼び掛け(24日)☆☆ | トップページ | ★女子学生に睡眠薬飲ませ窃盗、無職男が関与認める(24日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46296910

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者団体元幹部に逮捕状 1千万円横領容疑、聴取へ(24日):

« ☆☆NYテロの警戒呼び掛け(24日)☆☆ | トップページ | ★女子学生に睡眠薬飲ませ窃盗、無職男が関与認める(24日) »