« 2009年9月29日 | トップページ | 2009年10月1日 »

2009年9月30日

2009年9月30日 (水)

民主、天下り先から政治資金 5団体776万円 (共同通信)(30日)

民主党と党の政治資金団体「国民改革協議会」が、中央官庁からの天下りを受け入れている国所管の五つの業界団体から、献金やパーティー券代計776万円を受けていたことが30日、総務省公表の08年政治資金収支報告書で分かった。党側から資金提供を依頼したケースもあり、天下り根絶を打ち出す党の姿勢との整合性が問われそうだ。民主党は「回答内容について検討中なので答えられない」としている。共同通信http://news.www.infoseek.co.jp/kyodo/society/story/30kyodo2009093001000759/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(30、1日
  (単位・レベル)

2命の同意書

【治安解説】 またドメステックバイオレンス関連の事件が起きてしまった。29日午後5時ごろ、愛知県安城市の駐車場で、25歳の女性が30歳の夫に包丁で背中を刺され殺された。

 例によって夫婦間暴力が絶えず、被害者は16日夜、妹に付き添われ「子供の親権を巡って夫とトラブルになり、腹をけられた」と自宅近くの警察署を訪ね「夫の親族宅に預けている子供を連れに行く。怖いので警察官に付いてきてほしい」と頼んでいたという。

 これに対して警察署は「被害届は出さない。双方が弁護士を付けて離婚協議している」と説明したので緊急性はないと判断。専門担当者のいる17日に来るよう勧めたが、来ることはなく事件に遭った。署では連絡先を聞いていたが翌日、連絡を取らなかった。そして12日後に被害に遭った。まさに「不作為」という行為である。

 「被害届けは出さない」から、「放置して良い」わけはない。せめて「子供を連れに行くのに同行していれば、状況が読めたのかもしれない」

 「警察にはそんな暇がない」は言い訳にはならない。平成12年7月に出された警察刷新会議の答申では、国民の要望に応えることが義務付けられているからだ。それが警察改革だ。

 ところで、ストーカー事犯でもそうだが「被害届けを出さない」と言われて、その時の話しから「判断」して、緊急性がないから、結果的になにもせず、被害に遭うケースが多すぎる。「判断」には常に結果が問われる。結果が良い悪いがあるから判断であり、「責任」が付いてまわる。

 私が心臓病で緊急に手術が必要だと診断された際、5カ月先送りした。その際、医師から詳細な病気の内容を、絵図入りで書いた説明書を渡された。その中に「放置すると保障できない」という内容があり、それにサインさせられた。つまり「命の同意書」だった。

 今回の事犯のような場合は、「放置する危険性」を納得させる必要があり、医師の「命の同意書」に類似する何らかの行為があってしかるべきだ。

 東京都内のアパートの一室を拠点に、振り込め詐欺などを繰り返していた会社経営の男ら3人が警視庁に逮捕された。一昨年10月、不正に入手した他人の銀行口座から現金29万円を引き出した疑い。利用した銀行口座は、高齢者を中心に全国で4400万円の被害が出ているネットバンキングを悪用した別の詐欺事件で使われていることが分かっている。いい事件ですねぇ~「日本列島振り込め詐欺」は同件など4件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

都内の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤120キロ密輸容疑、3人逮捕(30日)

今年2月、高知県室戸市で覚せい剤120キロが見つかった事件で、合同捜査本部は、覚せい剤を密輸した疑いで、暴力団幹部ら3人を逮捕しました。逮捕されたのは、千葉県の暴力団・稲川会系の組幹部、楠野直登容疑者(37)ら3人です。

 高知県警などの合同捜査本部の調べによりますと、3人は共謀し、今年2月、覚せい剤およそ120キロを室戸市の漁港に密輸した覚せい剤取締法違反の疑いが持たれています。調べに対し3人は、容疑を否認する供述をしているということです。

 大量覚せい剤密輸事件をめぐっては、合同捜査本部が、関東の暴力団と中国マフィアの組織的な犯行とみて捜査を進め、これまでに船で覚せい剤を陸揚げした中国人9人が逮捕・起訴されています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4246772.htmlLogo2

覚醒剤所持容疑で男逮捕、その瞬間

 大阪市の路上で覚せい剤を隠し持っていたとして、男2人が取り押さえられました。その現場をJNNのカメラがとらえました。
 29日午後11時過ぎ、大阪市北区の路上で、警察官に取り囲まれる一人の男。
 「なんやお前、こら何撮っとんじゃ、こら」(森田容疑者)
 記者に向かって物を投げつけるのは、大阪市の建築アルバイト、森田敏春容疑者(32)です。さらに、近くにもう一人の男が・・・。 「だから逃げてまうやろ」(警察官)
 「もうええって」(青木正彦容疑者) 2人は覚せい剤所持の疑いで逮捕され、容疑を認めているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4246769.htmlLogo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主政治活動費:報告書に店主個人名 店とすぐに分からず(30日)

民主党議員の政治団体が政治活動費としてキャバクラやクラブへの支出を計上していた問題で、各団体の政治資金収支報告書に、店名ではなく経営者の個人名や運営会社名を支出先として記載しているケースがあった。店名にある「クラブ」などの文字が記載されていないものも多く、記載事項だけでは大半がどんな形態の店への支出か分からない。議員側は「受領した領収書通りの記載」と説明するが、識者は「国民が見て支出先が分かる記載にすべきだ」と指摘している。【政治資金問題取材班】

 川端達夫文部科学相が代表の「民主党滋賀県第1区総支部」は05~07年の収支報告書で、女性従業員が接客する「ラウンジ」と呼ばれる店など2店、5回の支出先を、女性経営者2人の個人名で記載。資金管理団体「川友政治研究会」の04年の収支報告書にも、うち1人と同じ女性経営者名での記載が計3件あった。こうした記載について、会計責任者は「適切に報告している」と繰り返した。

 江田五月参院議長の資金管理団体「全国江田五月会」では、03~07年の収支報告書に記載があった11店すべてに、本来は店名に含まれる「クラブ」などの文字がなかった。これとは別に、クラブやキャバクラの運営会社名での記載も3店あった。江田氏の秘書は「(店の形態を)隠す意図はなく、領収書の記載通りに書いただけ」と話した。

 また、直嶋正行経済産業相の秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」も06、07年、クラブの運営会社名を記載。同様の記載は松本剛明・衆院議院運営委員長や松野頼久官房副長官の資金管理団体の報告書にもあった。

 3氏の事務所や代理人は「店側が発行した領収書(通りの記載)で、こちらから(運営会社名での領収書を)要求したわけではない」と説明する。

 こうした記載について、政治資金制度に詳しい岩井奉信・日大教授(政治学)は「そもそも政治資金で飲食費は支出すべきでないと思うが、仮に計上するとしても国民が見て分かりやすい記載をしなければならない。経営者名や会社名で計上しても違法ではないが、店名・屋号を正確に記載するのが望ましい」と話している。Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20090930k0000e040080000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都・嵐山郵便局に強盗、現金約200万円を奪い逃走(30日)

30日午後3時10分ごろ、京都市西京区谷ケ辻子町の京都嵐山郵便局に30歳ぐらいの男が押し入り、局員に包丁のようなものを突きつけて「金を出せ」などと脅した。男は現金約200万円を奪って逃走。けが人はなかった。京都府警は強盗事件として捜査している。

 府警によると、男は白っぽいトレーナーのようなものを着用していたという。 Logo3_6 http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200909300249.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・後藤英友議員の出納責任者を逮捕 公選法違反容疑(30日)

熊本県警は30日、衆院選で熊本3区から立候補して落選し比例区九州ブロックで復活当選した後藤英友議員(民主)派の出納責任者で自称私設秘書、井上広世容疑者(42)=熊本市京町1丁目=を公職選挙法違反(日当買収)の疑いで逮捕し、発表した。出納責任者が公職選挙法違反で罰金刑以上が確定すると連座制が適用され、後藤氏は失職となる。

 県警捜査2課によると、井上容疑者は8月下旬~9月中旬、人材派遣業社長の冨田忍容疑者(36)と弟で同社役員の貢容疑者(34)=11日に公選法違反容疑で逮捕=と共謀し、熊本市帯山7丁目の冨田忍容疑者の会社事務所で、運動員の30代男性4人に対し、チラシの配布や戸別訪問など、後藤氏への投票を呼びかけるための選挙運動をしたことの報酬として現金合計数万円を渡したとの逮捕容疑。

 県警によると、日当は1人1日約1万円だったという。冨田容疑者らは「井上容疑者から派遣要請を受け、十数人を派遣した」などと話していると県警は説明している。 http://www.asahi.com/national/update/0930/SEB200909300012.htmlLogo3_5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「酒井被告を釈放しなければ…」脅迫メール送り逮捕 (30日)

酒井法子被告(38)の釈放を求め、「湾岸署に時限発火装置を仕掛けた」などという脅迫メールを報道機関に送ったとして、44歳の男が逮捕されました。

 偽計業務妨害の疑いで逮捕された神原正巳容疑者は、「湾岸署に時限発火装置を仕掛けた。酒井法子被告を釈放しなければ、警察署が火の海になる」などという電子メールをテレビ局に送った疑いが持たれています。警視庁によると、覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井被告の釈放を求めて、警視庁や東京地検を脅すメールが、酒井被告の勾留中にテレビ朝日など複数の報道機関に相次いで届いていました。警視庁は、一連のメールも神原容疑者の犯行とみて、裏づけ捜査を進めています。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・港区台場周辺マンション連続窃盗事件 25歳のモンゴル人の男逮捕(30日)

東京・港区の台場周辺のマンションなどで2009年7月以降、相次いでいた窃盗事件で、25歳のモンゴル人の男が逮捕された。窃盗などの疑いで逮捕されたモンゴル人のピオネル・アマルトゥブシン容疑者(25)は8月、江東区有明のマンションの部屋から、ノートパソコンなどを盗んだ疑いが持たれている。台場周辺などでは7月以降、夏休みで不在の住宅を狙った空き巣が相次いでいたが、ピオネル容疑者は、これらの事件についても関与を認めている。
余罪はおよそ50件、被害総額は2,000万円相当にのぼる。Logo1_2
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163881.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーで知人をプロゴルフ大会送迎 京都府警の課長(30日)

京都府警城陽署の交通課長(51)が、パトカーと別の警察車両2台に知人ら8人を乗せ、25日に京都府城陽市で開かれたプロゴルフ大会の会場と同署の間を送迎していたことが分かった。課長は当時勤務中で、府警は「公用車の目的外使用で言語道断」として、厳重注意した。

 同署によると、大会は同市内のゴルフ場で24~27日に開催された「パナソニックオープン」で、石川遼選手らが参加した。 交通課長は大会2日目の25日午後1時ごろ、知人から電話で「駐車場がとれない」と依頼され、「大会警備本部との打ち合わせがある」と部下に指示。自ら運転するパトカーと部下の交通課員が運転する別の警察車両に知人ら8人を分乗させ、同署から会場まで送った。その後、再び知人から迎えを頼まれ、自ら運転するパトカーで2往復し、8人を会場から同署まで移動させたという。 同署の事情聴取に対し、課長は「安易に考えてしまった」と反省しているという。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/0930/OSK200909300048.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生に交際断られ脅迫 社保事務所職員逮捕(30日)

奈良県警高田署は30日、交際を断られた高校3年の女子生徒(18)の携帯電話に「家を燃やすぞ」とメールを送ったとして脅迫の疑いで、社会保険庁玉出社会保険事務所職員、岡嶌浩容疑者(29)=大阪府羽曳野市誉田=を逮捕した。

 逮捕容疑は26日、携帯電話から脅迫メールを送った疑い。同署によると、同じ日に「妹をボコボコにする。妹が泣く姿を見て後悔しろ」「おまえ殺すからな」などと複数回メールを送っていた。

 同署によると、岡嶌容疑者は19日、大阪府内の駅で通学中の生徒に声をかけた。その後、生徒が交際を断った24日から脅迫メールが届くようになったという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/307426/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サモア地震、津波死者「100人の可能性も」(30日)

【クアラルンプール=塚本和人】米国地質調査所(USGS)によると、南太平洋のサモア諸島周辺で29日午前6時48分(日本時間30日午前2時48分)ごろ、マグニチュード(M)8.0の強い地震があった。震源に近い米領サモアなどでは発生直後に津波が発生しており、ロイター通信によると、サモアの災害対策当局は「死者は100人に達する可能性がある」と述べた。米領サモアでも停電や通信回線の断絶が起きて被害状況の把握が難しくなっており、犠牲者数がさらに増えるおそれがある。 AFP通信によると、米領サモアには1.57メートルの津波が押し寄せた。数千人が家を失ったとの情報もある。米国太平洋津波警報センター(ハワイ)は、米国領サモアやサモア、ニュージーランドなど南太平洋の島々に津波警報を出した。USGSによると、震源の深さは18キロ。 http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200909300002.html

気象庁が津波注意報発令 太平洋沿岸に最大50センチ

 南太平洋のサモア諸島付近で日本時間30日未明に発生した強い地震について、気象庁は同日午前9時、北海道から沖縄までの太平洋沿岸に津波注意報を発令した。津波の高さは最大で約50センチ。 気象庁は、50センチ程度の津波でも海岸の形状によってはさらに高い波が押し寄せるおそれがあるとして、海には近づかないよう注意を呼びかけている。

 各地の津波の到達予想時刻は以下の通り。

【午前11時半】小笠原諸島・父島

【正午】千葉県・銚子市、東京都大島町(伊豆大島)

【午後0時半】北海道・根室市、同・釧路市、同・浦河町、青森県・八戸市、岩手県・宮古市、福島県・いわき市、静岡県・御前崎市、三重県・尾鷲市、和歌山県・串本町、沖縄県・南大東村

【午後1時】宮城県・石巻市、高知県・室戸市、宮崎県・日南市、鹿児島県・奄美市

【午後1時半】沖縄県・那覇市、同・宮古島市 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY200909300034.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(30日)4件

振り込め詐欺用の口座を売買 理容師の26歳男を逮捕 「結婚資金を集めるため」千葉市

Logo1 振り込め詐欺用の口座を売買したとして、理容師の男が犯罪収益移転防Nj2009092906_531 止法違反の疑いで逮捕された。逮捕された理容師・中島 誠容疑者(26)は、共犯の佐々木 誠秀(のぶよし)容疑者(40)と2009年5月、インターネットの掲示板に書き込みをして、飲食店店員の男ら2人から、キャッシュカードなど6点をあわせて5万5,000円で譲り受けた疑いが持たれている。
押収されたものの中には、犯行に使われたとみられるパソコンや携帯電話、そしてキャッシュカードがあった。中島容疑者は2008年以降、およそ380の口座を買い集め、振り込め詐欺グループなどに転売し、およそ800万円を荒稼ぎしたという。
調べに対し、中島容疑者は「結婚資金を集めるために、通勤電車の中で携帯電話を使い、口座売買の書き込みをしていた」と容疑を認めている。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163835.html

還付金詐欺グループの主犯格逮捕 窃盗などの容疑で

Banner_logo_051_4 インターネットバンキングを悪用した還付金詐欺事件に絡み、裁判費用名目で現金をだまし取ったなどとして、警視庁と茨城県警は窃盗容疑などで、会社経営、古屋聡(40)=東京都墨田区江東橋=と、会社員、佐藤憲一郎(44)=埼玉県富士見市鶴瀬東=の両容疑者ら3人を逮捕した。警視庁によると、古屋、佐藤両容疑者は計約4400万円の被害が確認されている還付金詐欺事件の主犯格とみられる。逮捕容疑は、レジャークラブの男性会員(31)ら3人に「悪質なクラブなので訴える」と偽の裁判を持ちかけ、平成19年10月、裁判費用名目で振り込ませた現金計29万円を現金自動預払機ATM)で引き出したなどとしている。 警視庁によると、昨年6月ごろ、「リフォーム耐震保険の還付金を送金するので、ネットバンキングに申し込んでほしい」と持ちかけ、暗証番号を聞き出し現金を引き出す被害が多発。これまでに、不正アクセス禁止法違反などの容疑で、詐欺グループのメンバーら10人を逮捕している。逮捕されたメンバーの供述などから、警視庁などは古屋、佐藤両容疑者がグループの主犯格と判断。2人が使用していた都内の事務所からは、住宅リフォーム工事をしたことのある客の名簿や、電話をかける際のマニュアルなどが押収された。警視庁は、古屋容疑者らが複数の業者の顧客名簿を入手し、詐欺行為を行っていたとみて、詳しく調べている。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/307413/

2000万振り込め男実刑判決 新潟地裁

News_pic1 夫を亡くしたばかりの新発田市の女性に「ご主人に貸した金を返して欲しい」などとうそを言って、2000万円あまりをだまし取った罪などに問われている振り込め詐欺グループのメンバーの男に新潟地方裁判所は「犯行はしつこくて悪質だ」として、懲役6年を言い渡しました。
無職の稲井大吉被告(33)は、振り込め詐欺グループのほかのメンバーといっしょに去年新発田市の夫を亡くしたばかりの40代の女性に「ご主人に貸したお金を返して欲しい」などとうそを言って、33回に渡ってあわせて2000万円あまりをだまし取った罪に問われています。また融資保証金詐欺などの手口でのべ3250人あまりからだまし取ったあわせて8900万円あまりを不正に入手した口座などに振り込ませたなどとして、組織犯罪処罰法の罪にも問われています。29日の判決で新潟地方裁判所の山田敏彦裁判長は、「遊ぶ金などが欲しいという自己中心的な動機で、犯行はしつこくて悪質だ」などとして稲井被告に懲役6年を言い渡しました。http://www.nhk.or.jp/niigata/lnews/05.html

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(30日)4件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2人変死:女性は専門学校生 東京・杉並(30日)

 東京都杉並区和田1のマンションの一室で29日、女性が首にひもが巻き付いた状態で死亡しているのが見つかった事件で、警視庁杉並署は、女性は千葉県松戸市河原塚、専門学校生、鳥井彩夏さん(20)と発表した。

 この部屋に住む40代の男性が28日朝、中野区本町6のマンション敷地内で死亡しているのが発見されており、杉並署は男性が鳥井さんを殺害後、飛び降り自殺した可能性が高いとみて、男性の身元や鳥井さんとの関係を捜査している。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090930k0000m040128000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人未遂:容疑の夫逮捕 妻は警察に事前相談 愛知・安城(30日)

29日午後5時ごろ、愛知県安城市藤井町の駐車場で、同県吉良町上横須賀、会社員、杉浦友起子さん(25)が夫の会社員、雄三容疑者(30)に包丁で背中を刺され、病院へ運ばれたが失血死した。友起子さんの同僚の110番で駆けつけた県警自動車警ら隊員が雄三容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。県警安城署が殺人容疑に切り替えて調べている。同署によると、雄三容疑者は刺したことを認めているが「殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 また県警西尾署によると、友起子さんは16日夜、妹に付き添われ「子供の親権を巡って夫とトラブルになり、腹をけられた」と自宅近くの同署を訪ね「夫の親族宅に預けている子供を連れに行く。怖いので警察官に付いてきてほしい」と頼んでいた。

 だが同署は友起子さんが「被害届は出さない。双方が弁護士を付けて離婚協議している」と説明したことから緊急性はないと判断、夫婦間トラブルやドメスティックバイオレンス(DV)相談の担当者がいる17日の昼間の時間帯に改めて来るよう勧めたという。その後、友起子さんは現れず、同署も連絡先を聞いていたが連絡を取らなかった。

 安城署によると、現場は友起子さんの勤務先の駐車場。友起子さんが同僚女性と来ると雄三容疑者が突然現れた。同僚らによると、夫婦は別居を繰り返していたという。【安間教雄、福島祥】 ▽山田裕二・西尾署副署長の話 大変残念な結果となったが、当署の対応は適切で問題はなかった。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090930k0000m040166000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

武山百合子元議員逮捕…公職選挙法違反(30日)

埼玉県警は29日、8月の衆院選で埼玉13区から無所属で立候補し、落選した元衆院議員の武山百合子容疑者(62)(埼玉県春日部市西金野井)を公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕した。

 発表によると、武山容疑者は7月下旬頃、春日部市中央の事務所などで、30~60歳代の男女の運動員4人に対し、選挙運動の報酬として時給900円と1000円の報酬を後日支払う約束をした疑い。武山容疑者は、容疑について「記憶にない」などと供述しているが、「運動員の4人は、今年初めからハローワークを通じて雇った。過去にはアルバイト代を払ったことがある」と説明しているという。

 武山容疑者は1993年の衆院選に日本新党から立候補して初当選し、その後、新進党、自由党、民主党と移りながら3回当選した。民主党から立候補した2005年の衆院選で落選し、08年6月1日付で民主党員でなくなった。今回の衆院選では無所属で立候補したが、民主党の新人に敗れた。(2009年9月30日00時04分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090929-OYT1T01408.htm?from=main4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小3男児に暴行、海に落とした疑い 15歳の2少年逮捕(30日)

小学3年の男児(8)をおぼれさせようと海に突き落としたなどとして、福岡県警は29日、いずれも15歳の同県大牟田市内の無職少年と、同県久留米市内の中学3年の少年を殺人未遂と傷害の疑いで逮捕し、発表した。

 大牟田署によると、2人はほか数人と共謀し、8月6日午後6時半から約1時間にわたって大牟田市西新町の公園で、同市内に住んでいた知り合いの男児を殴ったり、けったりした上、たばこの火を押しつけて、全身に約1カ月のけがを負わせた疑い。さらに約800メートル離れた同市岬町の河口の岸壁に連れて行き、同8時ごろ、岸壁から河口に突き落とした疑いがある。男児は近くのはしごで脱出した。

 少年2人と男児は今年の夏休みに大牟田市内のゲームコーナーで知り合った。男児が少年1人の自転車を盗み、悪口を言っているとして、報復しようとしたらしい。公園から岸壁に連れて行った際には、男児の身元がわからないようにするため、名札を取って焼いたという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0930/SEB200909290052.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

家賃保証会社9社、滞納者のデータベース作成へ(30日)

賃貸住宅の入居者の連帯保証を請け負う家賃保証会社9社が、家賃滞納などの信用情報をデータベース(DB)化して一括管理する事業を始める。もともと家賃保証の業界団体が計画していたが、「業者から一方的に『悪質な滞納者』と認定された人は、住まい探しが難しくなる恐れがある」との批判が出て、結論を先送りしていた。9社は今回、業界団体とは別行動の形でDB化に踏み切る。

 9社を含む賃貸住宅管理者ら約1100社が加盟する「日本賃貸住宅管理協会(日管協)」が29日発表した。9社は来月、DB化を進める社団法人「全国賃貸保証業協会」を設立。他に家賃保証の約10社が参加の意向をみせているほか、日管協も人材や資金面で支援する。将来は、家賃保証以外の日管協の加盟各社も、入居者の信用情報を提供する見込みだ。

 新法人の会員になった家賃保証会社は、連帯保証している入居者の毎月の家賃支払い状況を登録する。情報登録の開始時期は未定だが、運用を始めて2年後には、約1260万戸の民間賃貸市場の2割弱にあたる240万件の情報が蓄積されるとみている。

 日管協の三好修会長は会見で、家賃をきちんと支払っている入居者の記録がDBに残る点を挙げ、「住宅困窮者の信用補完になり、多くの人が安価な保証料で保証を受けられるようになる」と強調した。

 DB化構想は、家賃保証会社の業界団体が滞納を繰り返す悪質な入居者を締め出す狙いで推進していた。これに対し、一時的な家賃滞納でもDBに記録されれば常習者と同様に賃貸住宅を借りにくくなる恐れがあるとして、低所得者支援団体などから批判が相次いだ。

 このため新法人の会員は、失職などによる一時的な滞納者の保証引き受けを安易に拒否しないことなどを申し合わせる。ただ、一度でも滞納して保証会社が代位弁済すれば、その金額が記録されるという仕組みは従来の計画と変わらない。「病気などでやむなく数カ月滞納する人もいる」などとして、業界内にも依然、反対論は根強い。(織田一、古屋聡一) Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY200909290353.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バリで邦人女性遺体 行方不明の佐野リカさんか(30日)

インドネシア・バリ島の警察当局は29日、バリ島クタ地区で28日夕、旅行客の日本人女性が遺体で発見されたことを明らかにした。行方不明になっていた佐野リカさん(33)とみられるという。頭部を骨折、あごや脚にも打撲のあとがあり、殺人事件とみて捜査している。

関連記事

記事本文の続き 関係者によると、佐野さんの家族が29日、バリ島に到着した。30日以降、身元確認する方針。バリ島の在デンパサール日本総領事館も事実関係などの確認を急いでいる。

 警察当局によると、佐野さんは東京都出身。今月16日から、友人の日本人女性とバリ島を観光旅行で訪れていた。4日前、警察官を名乗った地元男性に外に連れ出され、行方不明になっていた。遺体はビーチ近くの茂みで発見され、携帯電話や化粧品などが散乱していたという。(共同)Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/307181/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

規制テープでスクーター転倒、男性重傷、警察官配置せず 警視庁謝罪(30日)

東京都大田区で8月、資産家の女性が殺害された事件で、事件発覚後に警視庁池上署が現場周辺の路上に張った規制テープにスクーターの男性会社員が引っかかり、転倒して骨折、重傷を負っていたことが29日、同署などへの取材で分かった。こうした事故は異例。事故は夜間で雨が降るという視界の悪い状況で起きたが、同署は当時、テープを張った事故現場に警察官を配置していなかった。同署は男性に謝罪した。

 8月29日、大田区矢口の不動産賃貸業、瓜生(うりゆう)スエさん(84)が自宅の和室で死亡しているのが見つかり、殺人事件が発覚した。池上署は鑑識活動などの捜査のため、現場周辺の路上に立ち入りを規制するテープを張った。同署などによると、翌30日、現場近くの会社に勤務する30代の男性がスクーターで通行中、テープに引っかかる事故が起きた。男性は午後7時40分ごろ、現場近くの一方通行の道路を西進して、丁字路を右折して北上した。当時は雨脚が強く、男性はフェース付きのヘルメットをかぶっていた。

 現場から数十メートルの地点にさしかかった際、路上に張られたテープに首付近が引っかかり、男性はバランスを崩して転倒した。男性はぎりぎりまでテープに気付かず、スピードを落とす間もなかったといい、左足の骨折など全治3カ月の重傷を負った。事故後は会社を休職しているという。

 警察法などに基づいて定められた警視庁の現場保存要領によると、事件が発生した際、鑑識活動などの捜査上の理由から、ロープなどの用具で立ち入り禁止区域を設定する。要領では交通整理の警察官を置き、車両の迂回(うかい)措置を取るなどして、事故防止に努めることを求めている。

 池上署は当時、自宅前の規制テープには数人の警察官を配置していたが、数十メートル離れた事故現場の規制テープには配置していなかった。同署は「夜間のため、配置する人員を減らしていた。男性にはおわびした」と説明している。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/307194/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月29日 | トップページ | 2009年10月1日 »