« 2009年9月27日 | トップページ | 2009年9月29日 »

2009年9月28日

2009年9月28日 (月)

防犯カメラで効果 東京・杉並区のひったくりや放火(28日)

東京・杉並区でひったくりや放火などの事件が相次いだことから、防犯カメラを設置したところ、容疑者の逮捕に至るなど効果が出ています。

 荻窪警察署の管内では、ひったくり事件などが相次いでいることから、一昨年から地元の住民と警視庁とが協力して、路上や一戸建ての住宅などに防犯カメラを設置しました。実際に、映像からひったくりや放火事件の容疑者の逮捕に至ったケースが数件あります。今年に入ってひったくり事件が増えていることから、今後、防犯カメラをさらに増やす予定です。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

Annlogo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き巣50件か、窃盗容疑で男逮捕(28日)警視庁

住宅に侵入し、現金やテレビなどを盗んだとして37歳の男が警視庁に逮捕されました。男は家電を運ぶために、車に乗って再び現場を訪れたということです。窃盗などの疑いで逮捕されたのは、千葉県市川市の無職・片岡英起容疑者(37)です。

 警視庁の調べによりますと、片岡容疑者は今月4日、市川市福栄の男性会社員(29)の自宅に侵入し、現金およそ40万円と薄型テレビや腕時計などを盗んだ疑いが持たれています。

 片岡容疑者は男性宅に侵入しテレビなどを盗みましたが、重い家電などを運ぶため、車で現場に戻っていたということです。取り調べに対し片岡容疑者は容疑を認めた上、「他にも4、50件やった」と供述しているということで、警視庁は今年3月ごろから都内や千葉県で空き巣を繰り返していたとみて裏づけを進めています。 (28日17:45)Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4245166.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(28、29日
  (単位・レベル)

2何事にも…らしさが必要だ

【治安解説】テレビ報道によると、国家公安委員長が27日、東京都内の交通安全教室を視察したという。

 地域の子供たちや高齢者とともに交通安全教室に参加。交通安全教室では、「ピーポくん」とともに交通安全を呼びかける体操を踊ったり、時速5キロの衝撃を受ける車両に乗るなど、交通事故防止のための取り組みを自ら体験したそうだ。

 秋の交通安全運動が全国的な行事とは言え、一国の国家公安委員長が「交通安全教室」を視察することは現場の警察官にとって甚だ迷惑である。都道府県公安委員長なら理解できないわけでもないが、もっと他にやることはあるだろう。

 国家公安委員長に就任した時、公安委員長としての最低限の知識と教養を教える人がいなかったのか、あまりにも無駄なパフォーマンスが多すぎる。「官の指導は受けない」なんて、自己流に振る舞おうとしているんだろう。迷惑な話である。

 どうしても「視察したい」というなら、取締の現場を見るのですよ。苦労している警察官を視察するならまだしも、子供と同じような体験をして喜んでいる場合か?一日タレント警察署長と違うのですよ。

 警視庁は、登録せずに貸金業を営んでいた元暴走族などの男9人のヤミ金業者を摘発した。多重債務者を狙って法定金利の170倍以上の高金利で違法に貸付をしていた悪質業者で、同庁は全国の4000人余りに2億円余りを貸付けていたとみて裏付け捜査を進めている。元気の良い警視庁の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

 「日本列島振り込め詐欺」は茨城県では減少傾向など2件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤミ金事件で9人逮捕(28日)警視庁

登録せずに貸金業を営んでいた元暴走族などの男9人が多重債務者を狙って法律が定めた金利の170倍以上の高金利で違法に貸付をしていたとして逮捕され、警視庁はこのグループが全国の4000人余りに2億円余りを貸付けていたとみて捜査しています。

逮捕されたのは、東京・北区東十条の会社員、黒岩英一容疑者(24)ら10代から20代のあわせて9人です。

警視庁によりますと黒岩容疑者らは埼玉県川口市などの事務所で登録せずに違法に貸金業を営み、ことし1月から4月の間に江東区の会社役員の男性ら9人に対して、最大で法律が定めた上限の172倍以上の高金利で違法な貸付を行っていたとして貸金業法違反などの疑いが持たれています。

このグループは、元暴走族の仲間や同じ学校の卒業生などで、業者から買った多重債務者の名簿をもとに電話をかけて、「他の業者より有利な条件で金を貸す」などと言って勧誘し、金利は10日で50%に上るケースもあったということで、逮捕を免れるため、事務所を転々としていたということです。
調べに対して、黒岩容疑者らは容疑を認めているということです。

警視庁はこのグループが去年1月からことし4月までの間に全国ののべ4100人余りに対して2億3700万円余りを違法に貸付けていたとみて、捜査しています。News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/03.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁 違法サイト対策強化(28日)

インターネットを悪用した犯罪が増えるなか、警視庁は捜査を行うすべての部署にネット犯罪担当の指導官を配置したり、専門知識を持つ職員による捜査支援チームを編成したりするなど違法サイトの取り締まりを強化することになりました。

警視庁によりますと、児童ポルノや薬物の密売など、去年、警視庁に寄せられたインターネット上の違法な情報などについての通報は5年前の2倍以上に増え、最近は万引きの手口を紹介するようなサイトも目立っています。

これを受けて警視庁は全庁をあげて取り締まりを強化することが必要だとして「違法サイト特別対策」を行うことになりました。

28日開かれた会議では樋口建史副総監が「違法サイトが氾らんし、一般の市民が犯罪に容易にかかわる環境が生まれている。将来の犯罪のもとを絶つためにも違法サイトの撲滅に向けて取り組んでもらいたい」と訓示しました。
特別対策では捜査を行うすべての部署にネット犯罪担当の指導官を配置するとともに、専門知識を持つ職員20人による捜査支援チームを編成し、各部署の応援に入ることにしています。

警視庁は捜査を強化した結果を検証し、将来的には悪質なサイトを放置している管理者の責任追及を可能にする法整備を国に働きかけることも検討する考えです。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/04.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(28日)2件

お馴染み秋のメロディで振り込め詐欺被害を防止

Topbanner01logo1○…新潟県秋葉署は、振り込め詐欺の被害防止を目的に、よく知られている唱歌「虫のこえ」の替え歌「サギの声」を作成した。
○…替え歌では、振り込め詐欺の手口であるオレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証詐欺、還付金詐欺の4態様を説明、「まずは疑い、振り込まず」や「振り込む前に、まず相談」等、被害を防ぐ対応方法を歌詞に織り込んだ。地元FM局で放送したところ反響が大きく、各種防犯教室では歌詞カード(写真)を配り参加者と合唱している。
○…防犯教室に参加した高齢者からは「振り込め詐欺にもいろいろな手口があることが分かった」「知っている童謡の歌詞に詐欺への対抗策が入っており大変覚えやすくて役に立つ」などと大変好評であった。同署では、これからのシーズン、秋のメロディにのせて意欲的に被害防止広報に努めていく。http://www.police-ch.jp/news/

振り込め詐欺は減少傾向 茨城県警

News_pic1 ことし1月から先月末までに茨城県で発生した振り込め詐欺の件数は150件余りと去年に比べて100件以上減少していることがわかりました。茨城県警察本部のまとめによりますと、県内でことし1月から先月末までに発生した振り込め詐欺の件数は159件で被害総額は1億7000万円に上ることがわかりました。これは去年の同じ時期と比べ件数で119件、率にして43%、被害総額で見ると1億9000万円余り率にして52%減少しています。
このうち最も件数が多いのは使用していない有料サイトの料金などを振り込ませる「架空請求詐欺」で57件と去年の同じ時期に比べて6件増え被害総額はおよそ5000万円にのぼっています。一方、「オレオレ詐欺」の発生件数は49件と去年の同じ時期に比べ50件減り半分に減っているものの、被害総額はおよそ8000万円と最も多くなっています。
また、被害者のおよそ84%が60歳以上で、家族を装って「携帯電話を変えた」と言っていったん電話番号を伝えた後、「お金が必要になった」などと言って信用させる巧妙な手口が増えているということです。このため警察は金融機関などと連携して警戒するとともに振りこみ詐欺の被害にあわないよう注意を呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/06.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻事件:「栽培予備」で積極摘発 種子所持に罰則なく(28日)

大麻事件の急増を受け、全国の警察や厚生労働省の麻薬取締部が、これまでほとんど適用例がなかった大麻取締法の「栽培予備罪」を積極的に活用し、大麻種子の所持者の摘発に乗り出していることが分かった。同法は種子の所持自体に罰則がないため、インターネットを通じ「観賞用」名目での種子販売が横行している。警察などは、照明器具や植木鉢を用意するなど栽培環境を整えている場合は栽培予備罪に当たるとみなし、積極的に事件化することにした。【町田徳丈、千代崎聖史】

 警察庁によると、栽培予備罪(3年以下の懲役)での検挙者は07年まではほとんどいなかったが、08年は関東地方を中心に30~40人を検挙。09年は7月までに約30人を検挙しており、昨年同期比2.5倍のペースという。

 同法は大麻草の所持▽栽培▽譲り受け▽譲り渡し▽輸出入に罰則を設けているが、種子自体には有害成分が含まれていないため、種子の所持には罰則規定がない。また種子が七味唐辛子の原料などにも使われているため、厚労省は「法改正で所持を処罰するのは難しい」としている。

 捜査関係者によると、種子はネットで1粒1000~5000円で販売されているが、「観賞目的だけで種子を購入するとは考えにくい」(捜査関係者)として、照明器具や植木鉢、肥料、栽培マニュアル本を用意するなど栽培目的が疑われる場合は栽培予備罪で摘発する方針で臨んでいる。

 福岡県警は今年2~5月、ネットで種子を購入した33人の自宅などを栽培予備容疑で家宅捜索。その結果、飲食店経営者ら25~47歳の男13人が乾燥大麻を隠し持っていたことが判明、同法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

 一方、関東信越厚生局麻薬取締部も今年初めて、茨城県の男性(27)や愛知県の会社員男性(39)ら3人を栽培予備容疑で書類送検した。ネットで種子販売サイトを運営し、早稲田大学生らに販売したとして同法違反(栽培)ほう助などの容疑で08年に逮捕された男(35)の顧客を捜査する過程で3人が浮上した。男の顧客は延べ約2100人いて、同部と警察は今年1月以降、栽培予備容疑で約150カ所を家宅捜索、栽培や所持容疑による50人以上の逮捕につなげた。

 栽培予備容疑での検挙者は、「栽培まではしていないので違法性は高くない」などの理由で多くが起訴猶予処分になっているとみられる。しかし、警察庁幹部は「大麻は『ゲートウエードラッグ』とも言われ、あらゆる薬物犯罪の入り口になる。使える法律を使い、しっかり検挙していこうという姿勢の表れ」と話している。

 ◇ことば 大麻 

 アサ科の1年草の植物が原料で、葉を乾燥させたものは「乾燥大麻(マリフアナ)」、樹脂を固めると「大麻樹脂(ハシシュ)」と呼ばれる。乱用すると陶酔感のほか、幻覚や妄想の副作用が出る。警察庁によると、今年1~6月の大麻取締法違反の検挙者数は昨年同期比21.3%増の1446人で過去最悪のペースで推移している。このうち初犯者は84.9%だった。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090928k0000e040066000c.htmlLogo_mainichi1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「霊感商法」で統一教会信者4人を逮捕(28日)

「不幸になる」などと不安をあおって印鑑や水晶を売りつけたとして、大阪府警は28日、大阪市淀川区の印鑑・水晶販売会社「共栄」従業員の村上貢(68)と元従業員の古賀智子(49)両容疑者ら4人を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で逮捕した。府警によると、4人は世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者で、府警は背後関係を調べる。

 発表によると、4人は昨年1~9月、「姓名鑑定をしませんか」と路上で声をかけた32~62歳の女性3人を吹田市と大阪市北区の同社販売店に連れて行き、「家系が悪く、病気で命が危なくなる。開運するには印鑑などを買ってもらうしかない」などと迫り、水晶の置物(300万円)1個と、印鑑(3本入り、30万円)2セットを購入させた疑い。4人は「脅していない」などと否認している。

 全国霊感商法対策弁護士連絡会(東京)は、同社を統一教会関連企業と指摘しているが、統一教会広報局は、「当法人は一切の営利事業をしておらず、会社や事件とは関係ない。信者が、個人的な活動において違法性を問われることがないように指導を徹底していく」などとコメントした。(2009年9月28日14時49分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090928-OYT1T00245.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「男闘呼組」元メンバー、大麻所持容疑で逮捕 警視庁(28日)

 アイドルグループ「男闘呼組(おとこぐみ)」(93年に解散)の元メンバーで歌手の成田昭次(本名・成田昭二)容疑者(41)が、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されていたことが、警視庁渋谷署への取材でわかった。同署は、成田容疑者が「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているとしている。

 同署によると、成田容疑者は27日深夜、渋谷区内の自宅で乾燥大麻を若干量隠し持っていた疑いがある。成田容疑者が大麻を所持しているとの情報があったことから、27日夜に自宅を家宅捜索したという。 成田容疑者は男闘呼組でギターとボーカルを担当。 Logo3_4 http://www.asahi.com/national/update/0928/TKY200909280172.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「開運のため印鑑買え」と迫った疑いで4人逮捕 大阪(28日)

根拠のない話で不安をあおり、高額な印鑑などを売ったとして、大阪府警は28日、大阪市淀川区の印鑑宝石販売会社・共栄の従業員ら4人を特定商取引法違反(威迫・困惑)容疑で逮捕し、発表した。府警はこれまでの捜査で押収した証拠品や関係者の供述などから、共栄を世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連会社とみており、事件との関係を調べる。

 逮捕されたのは、村上貢容疑者(68)=大阪府吹田市▽山本早苗(39)=同府箕面市▽市丸瑞慧(39)=吹田市▽古賀智子(49)=大阪市鶴見区=の4容疑者。府警によると、山本容疑者は「脅して売ったことはない。客のためにやっただけ」と否認し、ほかの3容疑者からも事情を聴いている。

 生活経済課などによると、4人は姓名判断や手相占いを名目に女性を誘い、長時間にわたって災いがふりかかるなどと根拠のない話をしたうえで、「開運するには印鑑を購入してもらうしか方法はない」などと迫り、水晶彫刻2体(計300万円)や印鑑3本のセット(30万円)を売るなどした疑いが持たれている。

 統一教会広報局は同社との関係について、「当法人はいかなる収益事業もしておりません。会社とは関係がなく、お答えする立場にありません」としている。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0928/OSK200909280027.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗 横浜、時計など被害1千万(28日)ニッポン強盗列島5件

27日午後7時半ごろ、横浜市青葉区の「オークハウスいすず質店」で、2人組の男が店頭のショーウインドーを金属バットで割り、腕時計や指輪など計約60点(総額約1千万円相当)を奪って逃げた。同店は当時、営業中で、店内にいた男性店員(61)がガラスの割れる音に気付いて外に出たが、2人組は近くに止めてあった黒い乗用車で逃走した。県警青葉署は強盗容疑で捜査している。同署によると、2人はいずれも20代で身長170~175センチ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306471/

福岡で強盗2件相次ぎ16万被害 2人組が店員に包丁

緊縛強盗、現金数万奪う 新聞配達員に「助けて」 家畜商2週間のけが 

男3人組が刃物で切りつけ9万円強奪 青森

 

続きを読む "強盗 横浜、時計など被害1千万(28日)ニッポン強盗列島5件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察呼んで」店員の叫びに強盗退散・世田谷(28日)

28日午前4時10分ごろ、東京都世田谷区世田谷のコンビニエンスストア「セブンイレブン世田谷上町店」に客を装った男が侵入し、レジにいたアルバイトの男性店員(27)に刃物を突きつけ「金を出せ」と脅した。男性店員が事務室にいた別の店員に「警察を呼んで」と叫んだところ、男は何も取らずに逃走。男性店員にけがはなく、警視庁世田谷署は強盗未遂事件として男の行方を追っている。

 同署の調べによると、男は40歳前後で身長約165センチ。灰色の上着に白っぽいズボンで、マスクをしていた。現場は東急電鉄世田谷線上町駅から南に約200メートルの住宅街。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306480/Banner_logo_051_7

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

Nisshou4 「最近のコメント」欄で相談を寄せてこられる方がいますが、勿論、無料で応じます。この欄は公開されますので、それでよろしければ続けて下さい。相談は、内容を良く聞かないで回答すると誤解が生じやすくなります。もし、公開したくない事が含まれるようでしたら、「プロフィル」欄をクリックすると、メールアドレスに「メール送信」のボタンがあります。そこで送信画面を入手して相談内容を書いて送信してください。

 可能な限り相談に応じますが、内容によっては時間がかる場合もございますのでご了解を。ただし、悪戯等があれば、当局に通報させて頂きます。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

質店に強盗、被害額は1000万円以上(28日)

27日夜、横浜市青葉区の質店に2人組とみられる男が押し入り、腕時計やネックレスなどおよそ60点を奪って逃げました。被害額は、1000万円以上にのぼるとみられています。 27日午後7時半ごろ、横浜市青葉区の「いすず質店」に2人組とみられる男が押し入りました。

 男たちは金属バットでショーウィンドウを割り、なかから腕時計やネックレスなどおよそ60点を奪って、店の前に停めてあった車で逃げたということです。警察によりますと、被害額は1000万円以上にのぼるとみられています。当時、店にいた社長と店員の2人にけがはありませんでした。

 2人組とみられる男はいずれも20代くらい、身長170センチくらい、1人が黒っぽい服、白いマスクに黒い帽子姿で、もう1人は上下ともに白い服を着ていたということです。警察は、強盗事件として捜査しています。(28日03:18)Logo2  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4244752.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

売春クラブ、逮捕されたのは60~70代 周旋容疑(28日)

JR名古屋駅付近で男性を誘い、組織的に売春を周旋していたとして、愛知県警は27日、名古屋市中村区森田町1丁目、売春クラブ経営小池悦子容疑者(69)ら60~70代の男女5人を売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕し、発表した。

 中村署などによると、5人は今年6~8月に3回、JR名古屋駅の西側付近を歩く男性会社員らを誘い、近くのホテルで20~30代の女性に売春させた疑いがある。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも同区内に住む無職の、吉田暁美(68)、倉田昭(66)、友田幸江(74)、牛若みよ子(60)の4容疑者で、小池容疑者のもとでそれぞれ役割を分担していた。 吉田容疑者は売春をする女性の待機場所として自宅を使わせ、倉田容疑者は女性をホテルまで送る運転手役。友田、牛若両容疑者は路上で男性に声をかけて誘う「ポン引き」と呼ばれる役だった。

 5人は今年3月ごろから組織的な売春の周旋を繰り返し、約1700万円を売り上げていたとみられる。小池容疑者は県警の調べに対し、「『ポン引き』が生計をたてなくてはならず、(組織を)まとめてくれと頼まれてやった」などと話しているという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0928/NGY200909270015.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高3がニセ千円札使用容疑(28日)

偽造千円札を使ったとして、兵庫県警は27日、神戸市北区、私立高校3年の男子生徒(18)を偽造通貨行使の疑いで逮捕し、発表した。

 神戸北署によると、生徒は27日午後1時40分ごろ、同区内で開かれたフリーマーケットで、50円の本の代金を払う際、偽造千円札1枚を使った疑いがある。生徒は「自宅のカラーコピー機でつくった」と容疑を認める供述をしているという。透かしがないことに気づいた売り手の女性(42)が同署に通報した。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0928/OSK200909270130.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道路料金所で職員緊縛 50万円強奪、岐阜(28日)

27日午後6時15分ごろ、岐阜県関ケ原町の伊吹山ドライブウェイ料金所の男性職員(53)から「男に手足を縛られて売上金を奪われた」と110番があった。売上金約50万円が強奪され、垂井署が強盗容疑で捜査している。職員にけがはなかった。

 同署によると、職員は売上金を手提げ袋に入れ、ふもとの事務所に運ぶため車に乗り込んだ際、男に襲われた。ビニールテープで手足を縛られたが、その後、テープを自力でほどいて通報した。男は40~50歳で、身長約160センチ、黒いサングラスに黒い雨がっぱを着ていたという。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306337/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際トラブルで男子高生が組員を助っ人に暴行 容疑の3人逮捕(28日)

女性をめぐるトラブルで知人の暴力団組員を「助っ人」に男性会社員に対して集団で暴行したとして、宮城県警岩沼署は27日、傷害容疑で、北海道余市町の男子高生(19)と、いずれも指定暴力団住吉会系組員の黒木徹容疑者(44)=同県柴田町=、吉田正和容疑者(25)=仙台市泉区=の3人を逮捕した。

同署によると、男子高生は「(女性から)手を引かせようと思った。相手も多人数で来ると思い、助っ人を頼んだ。態度がふざけていたので殴った」と供述、黒木容疑者らも容疑を認めているという。

 同署の調べによると、黒木容疑者らは26日午後8時半ごろ、宮城県岩沼市の駐車場で、同県名取市の男性会社員(36)に殴るけるの暴行を加え、頭を切るなどのけがを負わせた疑いがもたれている。同署によると、男子高生は同県柴田町出身。実家に帰省中に、交際していた女性(19)が男性会社員とも交際を始めたことを知り、黒木容疑者らを連れて男性会社員を呼び出したという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306352/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大学生の逃走を助ける? 警察官を引き離した容疑で男逮捕(28日)

甲府市内の交差点で27日未明、乗用車がほかの2台の乗用車と次々に衝突、5人がけがをする事故があり、乗用車の運転手が現場で事情聴取を受けていたところ、別の男が甲府署員の服を引っ張って現場から約50メートル引き離し、そのすきに車の男は逃走した。甲府署は公務執行妨害容疑で無職、塩沢勇容疑者(21)=山梨県中央市中楯=を現行犯逮捕した。

 また現場から逃げた男は同日朝、同署に出頭。甲府署によると事故を起こしたことを認め、同署は自動車運転過失傷害と道交法違反(救護義務違反)容疑で大学生、根本悠平容疑者(20)=中央市大鳥居=を逮捕した。同署によると、塩沢容疑者は根本容疑者の知人で、逃走を助けた疑いもあるとみて調べる。

 事故は午前2時40分ごろ甲府市徳行で発生。根本容疑者は交差点を直進していたところ、右折しようとした車に衝突。対向車線で、止まっていた車にも衝突。5人が軽傷を負った。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306353/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男3人組が刃物で切りつけ9万円強奪 青森(28日)

27日午後9時ごろ、青森県むつ市新町のアパート駐車場で20~30歳の男3人組がこのアパートに住む会社員男性(61)に刃物で切りつけ、現金約9万円を奪って逃走した。男性は手などを切られたが、命に別条はない。県警むつ署は強盗致傷事件として3人の行方を追っている。むつ署によると、3人は、1人が身長約185センチ、残る2人が身長160~170センチ。男性が帰宅したところをカッターナイフようなもので襲った。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306357/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

入管をすりぬける“犯罪” 相次ぐ生体認証システム破り

空港での入国審査時に指名手配犯や強制退去となった外国人のリストと指紋を照合する「生体情報(バイオメトリクス)認証システム(BICS(ビツクス))」をすり抜けて不法入国しようとするケースが相次いでいる。指に傷をつけたり、特殊テープを張り付けるなど手口はさまざまだ。テロリストがこうした手法で入国し、国内に潜伏する可能性もあり、法務省入国管理局も肉眼での確認を徹底するなど、「BICS破り」への監視を強めている。

 ■指にN字型の切り傷  BICS導入が1週間後と迫っていた平成19年11月13日の成田空港中国から到着した飛行機から「任(ニン)建光(ケンミツ)」名義のパスポートを持った中国籍の男が降り立った。男の本名は「任(レン)勝(シヨン)」。日本から強制送還された過去があったが、他人名義の偽造パスポートで入国審査をすり抜けていた。

 男は今年8月、東京都板橋区のアパートから現金を盗んだとして、警視庁に窃盗などの疑いで逮捕された。警視庁は東京や千葉などで暗躍した窃盗団3グループを束ねるリーダー格とみている。人さし指には刃物で刻まれたような不自然なN字型の傷があった。「けがをしただけ」と説明したが、警視庁は男がBICS導入の直前に入国していたことに着目。捜査幹部は「すでにBICSが導入されたと勘違いし、過去の退去歴が発覚しないように指紋を改変したのではないか」とみている。

 ■“抜け穴”も  BICSは、世界的に増加するテロへの対策として導入された。法務省入国管理局によると、導入後の1年間で846人が入国を拒否されており効果が出ているが、一方で“抜け穴”も指摘された。傷などで指紋が改変された場合には、データベースに指紋が登録された者であっても、同一人物の指紋と認識されずに入国を許す可能性があったからだ。「指に特殊なテープを張り付けて入国した」。

 昨年8月、過去に強制退去処分を受けたにもかかわらず不法に再入国したとして、東京入管に摘発された韓国籍の女は、取り調べにこう供述した。女によれば、不法入国を斡旋(あつせん)するブローカーから渡されたテープはシリコーン樹脂などの柔らかい素材でできており、指紋のような模様が転写されていた。これを指に張り付け、青森空港のBICSのスキャナーに通して入国したのだ。

 ■入管も監視強化 入管はこうした事態を重く受け、指紋の読み取りが不鮮明な場合、肉眼で指紋を確認するよう対策を強化した。傷などがある場合は読み取りが不鮮明になるとされており、成田空港では今年1月以降、指紋を削ったり、指の一部を縫い合わせた跡のある中国籍の男女4人が相次いで見つかり、千葉県警が入管難民法違反の疑いで逮捕している。さらに3月からは読み取った指紋を表示するモニターを新たに設置。

 入国審査官がモニター上で傷の有無を確認できるようになった。傷や縫合の跡があった場合、どういう経緯でついたのかを質問し、説明に不自然な点があれば入国を拒否する場合もあるという。 鮮明に読み取れる特殊テープの場合でも、水際での監視強化を警戒し、BICSを敬遠するのではないかとの見方が強い。そのため「10~20年前に続発していた船による密入国が再び増加する危険がある。すべての海岸を見張ることは事実上、不可能だ」(警察幹部)とし、捜査現場では、手段を変えて密入国が繰り返されるとの危(き)惧(ぐ)を強めている。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306358/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

拉致後回し 対策本部は「休眠状態」(28日)

拉致問題の真相究明や生存者の即時帰国を推進するために置かれた政府の「拉致問題対策本部」が“休眠状態”のままだ。組織改編の可能性についても「(具体的には)鳩山由紀夫首相(62)が帰国してから」(中井洽(ひろし)・拉致問題担当相)と後回し。29日には首相と拉致被害者家族が面会の予定だが、拉致問題への対応方針は見えてこない。

 「2人の大臣に問うことを考えていない」。鳩山首相は16日の就任記者会見で、菅直人副総理・国家戦略担当相(62)と千葉景子法相(61)がかつて、横田めぐみさんらを拉致した実行犯である辛(シン)光洙(ガンス)元死刑囚(80)の釈放嘆願書に署名していた問題を不問に付す考えを示した。同時に、「拉致問題に大変積極的に行動してきた」と強調したのが、民主党拉致問題対策本部長を務めた“圧力論者”の中井氏だった。

 中井氏は就任後、産経新聞の取材に「日本は拉致を解決しない限り、(北朝鮮の)どんな要請にもノーと徹底的に言い続ける」と明言したが、今のところ具体的な動きはない。組織見直しについても「いろんな考えを持っている」と話すだけで、青写真は見えない。対策本部の事務局も「(設立根拠の)閣議決定のまま改組するのか、見直しのための新たな閣議決定をするのか」と新組織の具体像に気をもんでいる。

 【拉致問題対策本部】 安倍内閣が発足直後の2006(平成18)年10月に設置。本部長を首相、官房長官と拉致担当相が副本部長を務め、全閣僚で構成する。事務局には外務、財務両省などの出向者ら約30人が常勤。「外務省は圧力よりも対話派が多く、情報集約に限界がある」(拉致議連関係者)とされ、中井氏も情報収集機能を強化すべきとの考えを示しすなど、組織改編の必要性が指摘されていた。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/306344/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月27日 | トップページ | 2009年9月29日 »