« 2009年9月25日 | トップページ | 2009年9月27日 »

2009年9月26日

2009年9月26日 (土)

日本列島振り込め詐欺(26日)1件

譲渡目的で口座開設の元部員、詐欺容疑で逮捕 関大野球部不祥事

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(26、27日
  (単位・レベル)

2教育の荒廃?

【治安解説】 香川県琴平町で12歳の小学6年男児が、通貨偽造・同行使の疑いで警察に補導された。児童は、自宅にあったカラーコピー機で、1000円札の両面をそれぞれコピーし、はさみで切ってのりではり合わせるなどして偽の1000円札11枚を偽造した疑い。「使えるかどうか試しに作ってみた」と話しているという。

 千葉県市川市と八千代市に住む17歳と18歳の少年が女性のふりをして、誘い出した31歳の男性に暴行したとして強盗致傷などの疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは解体工2人と、私立高校3年生の男子2人。少年らは容疑を認め「遊ぶ金が欲しかった。相手は援交の約束をしたので通報しないと思った」などと話している。

  東京・杉並区で今年6月に起きた3件の連続放火事件で、消防団員だった19歳の少年が放火の罪で起訴された。少年は杉並区の当時消防団員で、自分で火をつけた現場に駆けつけたこともあったという。

 このほか、沖縄県石垣市では、小学校高学年の男子児童が近所の男性の家に忍び込み、現金約600万円を盗んだとして、警察に窃盗の非行事実で補導された。

 カメラ付き携帯電話で自分の下半身を露出した画像を撮影し、出会い系サイトで知り合った男にメールで送信したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(単純提供)容疑で、千葉県の高校3年の17~18歳の女子生徒3人が24日、書類送検された。

 警察庁が発表した今年上半期(1~6月)の数字によると少年による刑法犯検挙人員は減少傾向にあるのだが、凶悪犯のち、強盗犯、放火犯、強姦事件の検挙者数が増加している。

 中でも強盗事件は前年同期で19.1%も増えている。成人を含めたひったくりや路上強盗など街頭犯罪の検挙人員に占める少年の割合は57.4%と、大人より子供の犯行が多くなっている。
 さらに、少年の中で初めて犯罪に手を染める初発型犯罪が全刑法犯のなかで71.7%を占めているというのだ。これは、教育の荒廃以外になにものでもない。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

 「日本列島振り込め詐欺」は口座開設で摘発http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の後つけ押し入る、兵庫の高校講師逮捕(26日)

女性宅に押し入り、わいせつな行為をしようとしたとして、兵庫県警生田署は26日、神戸市中央区港島中町、県立西宮今津高常勤講師・小川直義容疑者(35)を強制わいせつ未遂容疑などで緊急逮捕した。発表では、小川容疑者は同日午前1時35分頃、同区内の女性会社員(29)宅に押し入り、抱きつこうとした疑い。「わいせつ目的はなかった」と容疑を一部否認しているという。

 小川容疑者は女性とは面識がなく、後をつけて押し入ったという。同校によると、小川容疑者は25日に開かれた体育大会の打ち上げで同県西宮市内で同僚と飲酒後、帰宅。木家英夫校長は「被害者の方に申し訳なく、規律の徹底を改めて指導したい」と話している。(2009年9月26日10時53分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090926-OYT1T00332.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女装して男性誘い金奪う 容疑の男子高校生ら逮捕(26日)

女性のふりをして誘い出した男性(31)に暴行したとして、千葉県警行徳署は、市川市と八千代市に住む17歳と18歳の少年4人を、強盗致傷などの疑いで逮捕した、と26日発表した。金色のカツラを被り化粧をした小柄な男子高校生が、待ち合わせ場所に登場、被害者に女性と思い込ませていた、と同署は説明している。

 発表によると、逮捕されたのは解体工2人と、私立高校3年生の男子2人。19日午前4時15分ごろ、市川市妙典6の江戸川河川敷で、男性を取り囲み、「金を出せ」と脅迫。殴るけるなどして、全治1週間のけがを負わせ、1万1千円を奪った疑いがある。

 同署によると、女装した男子高校生が携帯電話のツーショットダイヤルで「援交で2万円でいいですよ」などと誘い、河川敷で待ち合わせたという。少年らは容疑を認め「遊ぶ金が欲しかった。援交の約束をしたので通報しないと思った」などと話しているという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0926/TKY200909260112.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際巡り口論、男女3人を包丁で刺し男逮捕 愛知のスナック(26日)

26日午前1時10分ごろ、愛知県北名古屋市徳重米野のスナック「ヤング」前の路上で、男が同店店員、中村香生利さん(44)=名古屋市西区清里町=と口論になり、中村さんと、仲裁に入った同店経営者、福田輝久さん(63)=北名古屋市徳重米野、客の川久保幸長さん(34)=北名古屋市法成寺道久=を包丁で次々と刺した。

 3人は病院に運ばれたが、いずれも腹部を数回ずつ刺されて重傷とみられる。意識はあり、命に別条はないという。

 西枇杷島署は、殺人未遂の疑いで、同県春日井市稲口町2丁目、派遣社員、山添洋直容疑者(37)を逮捕した。同署の調べでは、山添容疑者は中村さんと交際をめぐるトラブルから口論になった。包丁は刃渡り約13センチで持参したとみられる。同署で詳しい動機などを調べている。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305853/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制わいせつ未遂の疑いで高校講師逮捕 兵庫(26日)

26日午前1時35分ごろ、神戸市中央区のマンションの女性会社員(29)宅に男が侵入し、女性を押し倒した。女性が助けを求めて声を上げたため男は逃走。女性の声に気が付いた通行人らの110番で駆けつけた生田署員が男を強制わいせつ未遂と住居侵入の疑いで逮捕した。

 同署によると、逮捕されたのは兵庫県立西宮今津高校の臨時講師、小川直義容疑者(35)。わいせつ目的については否認しているという。帰宅した女性がドアを閉めようとした際に侵入しており、同署は小川容疑者が女性の後を付けていたとみて詳しい動機などを調べている。

 同校によると、小川容疑者は今年4月から数学を担当し、バスケットボール部の顧問も務めていた。25日夜に教職員らで体育大会の打ち上げが西宮市内の飲食店で行われ、小川容疑者も参加していたという。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305855/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒屋店主刺され死亡、客4人けが 埼玉、容疑の男逮捕(26日)

25日午後9時25分ごろ、埼玉県上尾市柏座の居酒屋「マコちゃん」を訪れた男が、経営者の辻本盛夫さん(64)を店先に呼び出し、包丁で腹を刺した。辻本さんは病院に搬送されたが、肝臓損傷などで約6時間半後に死亡した。

 男は包丁を持ったまま店に侵入。客が包丁を取り上げようとすると暴れ出し、客の男女4人にも重軽傷を負わせた。通報で駆けつけた県警上尾署員が、殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕。同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 上尾署によると、逮捕されたのは同市柏座、無職、山本辰男容疑者(63)。「刺したのは間違いない」と容疑を認めているという。事件当時、酒に酔った状態だった。持っていた包丁は自宅から持ち出したとみられ、刃渡り約25センチ。山本容疑者は以前、客として店を訪れたことがあったといい、同署が動機を追及している。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305817/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

前千葉市議長を再逮捕 大成建設も脅迫の疑い(26日)

前の千葉市議会議長による恐喝未遂事件で、前議長は、大手ゼネコンの大成建設からも金を脅し取ろうとした疑いが強まったとして、千葉県警が25日に再逮捕しました。

 前議長の小梛輝信容疑者(66)は、千葉市内に建設中のビルをめぐって不動産会社社長に対する恐喝未遂の罪で25日に起訴されました。また、小梛容疑者は、工事を請け負う大成建設に対しても金を脅し取ろうとした疑いが強まったことから、新たな恐喝未遂の容疑で再逮捕されました。「自分が電話すれば暴走族が集まる」などと大成建設に因縁をつけていたということです。警察の調べに対して、小梛容疑者は「金などを要求したことは間違いない」と容疑を大筋で認めているということです。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・杉並区3件連続放火事件 消防団員だった19歳少年を放火の罪で起訴(26日)

東京・杉並区で2009年6月に起きた住宅など3件の連続放火事件で、消防団員だった19歳の少年が放火の罪で起訴された。
現住建造物放火などの罪で起訴されたのは、杉並区の当時消防団員で、配管工の19歳の少年。
起訴状などによると、少年は6月2日夜、杉並区久我山の事務所兼車庫にあったナイロン製の袋に火をつけ車庫を焼いたほか、3日と12日の夜にも、付近の住宅や住宅の敷地内のごみなどに火をつけたという。
少年は6月18日に逮捕されその後、東京家裁に送致されたが、9月18日に東京地検に逆送致されていた。
少年は地元の消防団に所属していて、自分で火をつけた現場に駆けつけたこともあったという。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163599.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

全精社協不正:施設職員用の退職金4300万円流用(26日)

全国精神障害者社会復帰施設協会(全精社協、東京都)が、解散した財団法人から障害者支援施設の運営を継承後、財団法人から預かった施設職員用退職金約4300万円を施設運営費などに不正流用していたことが、元幹部らの話で分かった。国の補助金に続く不正流用の発覚で、大阪地検特捜部は施設存続のため、なりふり構わぬ会計処理をしていたとみて、元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄容疑者(58)から経緯を聴くとともに、複数の幹部や元幹部らからも任意で事情を聴いている。

 全精社協は07年4月、栃木県の障害者支援施設「ハートピアきつれ川」の運営を無償譲渡された際、施設職員の退職金に充てる資金約4300万円を預かり、施設の会計に「退職金引当金」として計上した。

 しかし、複数の関係者や内部資料によると、資金は施設会計に計上されたまま、実際は全精社協に全額を支出。全精社協は「借入金」として会計処理し、ほぼ全額を基本財産に繰り入れ、その後、施設の人件費などに回したが、使途不明分も多いという。処理は五月女容疑者や別の元幹部らが担当したという。

 退職金が施設会計に返されないまま、08年7月、全精社協は4200万円で施設を買収した。全精社協の関係者は「退職金を早く(施設側に)戻さないとまずい、と元幹部に進言したら、『施設の事業がうまくいかなくても、施設の転売益で払えばいい』と言われた」と証言する。

 一方、五月女容疑者が厚生労働省から08年度に支給された「障害者自立支援調査研究プロジェクト」の補助金1980万円の大部分を不正流用していたことが、捜査関係者への取材で新たに分かった。07年度の補助金3130万円のうち1800万円の不正流用が既に発覚しており、特捜部は両年度の補助金計約5000万円の大部分が目的外に使用されたとみて追及する。【久保聡、村松洋】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090926k0000m040153000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・下条議員、秘書給与を建設会社支払い(26日)

民主党の下条みつ衆院議員(長野2区)の元私設秘書2人が、下条議員の初当選前の2000年11月から当選後の04年4月までの間、選挙区内の建設会社2社から給与の支払いを受けていたことがわかった。

 元秘書らが読売新聞の取材に証言した。元秘書2人はいずれも建設会社での勤務実態はなかったが、それぞれ毎月20万円前後を受け取っており、総額は1000万円を超えるとみられる。企業による秘書給与の支払いは政治家への寄付にあたるが、下条議員が代表を務める政党支部の政治資金収支報告書にはこれに見合う記載がなく、政治資金規正法に抵触する可能性がある。

 下条議員は00年6月の衆院選に民主党から初出馬して落選、03年11月に初当選し、現在3期目。建設会社から給与の支払いを受けていたのは、2人とも当時の地元の私設秘書。元秘書や関係者によると、元秘書の1人は00年11月から03年2月まで、長野県松本市内の建設会社から毎月19万円前後を、もう1人は01年12月から04年4月まで、同県東筑摩郡の建設会社から毎月20万円前後を、銀行振り込みで受け取っていた。東筑摩郡の建設会社からの支払いは、下条議員が初当選した後も続いていたことになる。

 給与の支払いは、厚生年金の保険料や税金などが差し引かれた分が、各建設会社から振り込まれた。元秘書2人は会社から給与明細を受け取っていた。

 2人とも「建設会社の仕事をしたことは一切なく、休日以外はすべて下条議員の私設秘書として働いていた。会社には年末年始など年に数回、あいさつに行く程度だった」などと証言している。下条議員は1999年1月に民主党長野県第2区総支部の代表に就任、現在も代表を務めている。しかし、同支部の収支報告書には、松本市の建設会社が秘書給与を支払っていた00~03年の間、同社による寄付の記載はなく、東筑摩郡の建設会社も01~04年、計48万円を寄付しているだけで、政治資金規正法違反(不記載)にあたる可能性がある。

 提出された報告書に寄付の記載がなければ不記載に問われ、同支部の報告書はいずれも翌年3月末の提出。不記載の公訴時効は5年で、04年分(提出は05年3月)は時効にかからない。読売新聞の取材に対し、松本市の建設会社の当時の社長は「記憶にない」と回答。東筑摩郡の建設会社は「記録が残っていないので答えられない」としている。

 下条議員は「現在調査している。建設会社2社に対し、便宜を図ったことはない」とコメントしている。下条議員の父は下条進一郎・元厚生大臣、祖父は下条康麿・元文部大臣。(2009年9月26日03時56分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090926-OYT1T00044.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「介護に疲れて、妻を殺した」 71歳、自分も腹刺す(25日)

25日午後3時5分ごろ、千葉市若葉区小倉台4丁目、無職大崎章晴さん(71)方を訪れた介護ヘルパーの女性(40)から、「奥さんが首にコードを巻かれて死んでいる」と110番通報があった。 千葉東署の署員が駆けつけると、大崎さんの妻千代子さん(68)が布団の上で死亡しており、隣で大崎さんが脇腹に包丁が刺さったまま座り込んでいた。大崎さんは同署の調べに「妻の介護に疲れた。首を絞めて殺し、自分も死のうと腹を刺した」と話しているといい、同署は、けがの回復を待って殺人容疑で詳しく事情を聴く方針Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0926/TKY200909250425.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

私の募金、どう使われたの? 赤い羽根サイトで公開(26日)

10月1日から始まる「赤い羽根共同募金運動」を前に、中央共同募金会は25日、募金の使い道を広く知ってもらおうと全国の約7万件の事業を検索できるようにホームページ(HP)を全面改定した。「子育て」などのキーワードを入れると、募金が渡った先の活動内容が確認できる。

 「募金が何に使われているのか分からない」といった声に応えたもの。募金の約7割は集められた地元の事業に使われており、市町村ごとの検索もできる。

 募金総額は96年度以降、減少傾向で、08年度は約208億円。運動は12月末まで。HPのアドレスはhttp://hanett.akaihane.or.jp/ Logo3

http://www.asahi.com/national/update/0925/TKY200909250392.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

飯塚耕一郎さんの手紙、5年ぶりに金賢姫元工作員へ届(26日)

拉致被害者、田口八重子さん=拉致当時(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(32)が、田口さんから日本人化教育を受けた金賢姫元北朝鮮工作員(47)に面会を求めて5年前に書いた手紙が、金元工作員本人の手に届けられたことが25日、わかった。手紙は平成16年2月、飯塚さんが外務省担当者に託したが、韓国政府に受け取られなかったため、同省で約5年間保管された後、返却されていた。

 関係者によると、5年前の手紙は、飯塚さんが新たに書いた手紙とともに先月末、韓国で外務省関係者から金元工作員に手渡されたという。

 飯塚さんと金元工作員は今年3月、韓国・釜山で面会。金元工作員の来日についても、日韓両政府が調整している。田口さんの兄、飯塚繁雄さん(71)は、「日韓の政府が彼女と接触できる状態になったととらえれば、(拉致問題が)前進しているということだろう」と話した。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305746/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月25日 | トップページ | 2009年9月27日 »