« 2009年9月24日 | トップページ | 2009年9月26日 »

2009年9月25日

2009年9月25日 (金)

千円札コピー11枚、小6男児「自販機で試そうと」(25日)

千円札をカラーコピーして偽造し、雑貨店で使ったとして、香川県警は25日、県内の小学6年の男子児童(12)を通貨偽造、同行使の非行事実で補導した、と発表した。男児は非行事実を認め、「自動販売機で使えるか試そうと思って作った」などと話しているという。

 発表では、男児は9日頃、自宅で千円札を片面ずつカラーコピーし、ノリで張り合わせて11枚を偽造。10日午前11時頃、休み時間に学校近くの雑貨店で1枚を使ってジュースとガム計150円分を買ったとされる。偽札と気づかれず、お釣りをもらったという。地元の教育委員会などによると、学校の廊下で12日、偽札が落ちているのを教諭が見つけ、この男児が「僕がやった。店で使った」と話したため、県警に届けた。男児が「友だちにあげた。残りは捨てた」などと話したため、県警は友だちから、残っていた1枚を押収した。(2009年9月25日20時23分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090925-OYT1T01007.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官に「お客さん、シャネルの偽物だよ」容疑者逮捕(25日)

愛知県警は25日、大阪市東住吉区鷹合2丁目、衣料品販売業小島聡(52)と同区桑津2丁目、衣料品販売従業員中川英昭(53)の両容疑者を商標法違反(侵害行為)の疑いで現行犯逮捕した、と発表した。フリーマーケットでファッションブランド「シャネル」の偽のTシャツを「コピー商品だよ」と言って捜査員に売ったことで発覚したという。

 港署と生活経済課によると、小島容疑者らは同日、同区の事務所兼倉庫でシャネルの偽のトレーナーやシャツ計4枚を販売目的で持っていた疑いがある。倉庫からはエルメスやアルマーニのシャツなどの偽物の商品計150点が見つかった。

 小島容疑者らは7月、名古屋市東区のナゴヤドームであったフリーマーケットに出店。声を掛けられた捜査員は別の事件の捜査で訪れていたが、客を装って偽のTシャツを買い、シャネル側に鑑定に出した。小島容疑者らは「偽物を置くと客寄せになった」と容疑を認めているという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0925/NGY200909250001.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(25、26日
  (単位・レベル)

2コミュニティガバナンス

【治安解説】 防犯カメラの設置に助成金を出す自治体が増えている中で、地域住民による地域パトロールなどが活発になっているという。東京新聞によると、都内屈指の盛り場の錦糸町地区では住人の間で防犯カメラの要望が高まり、墨田区が昨年秋に始めた設置費用の助成の条件は防犯活動への参加だった。

 同地域では、月1回、夜8時から約1時間、地元の「錦糸三和町会」などが20年以上パトロールを続けていたが、最近は、この防犯活動にマンションの住人である自治会役員も参加している。この効果があり、玄関やエレベーター内などに防犯カメラを設置以後、警察を呼ぶような犯罪やエレベーター内でのトラブルは発生していない。

 東京都内では墨田区と同様に、豊島区でも住民の防犯活動を条件にマンションの防犯カメラ設置費用の一部を助成している。豊島区によると既に12棟が助成を受けたが、防犯活動が条件と知り、申請を取り下げた例もあるという。

 これが下町の地域社会と新興住宅地の違いだろう。下町人情の残る地域では、一度崩壊しかけた地域社会が、こうした防犯ボランティアという形で人間関係が復活の兆しにある。

 今、警察の役割として求められているのは「コミュニティガバナンスのプロモーター」だ。米村警視総監はこの点を力説している。警察の持っている力と情報を提供して、警察がボランティア団体を引っ張る必要がある。

 「カメラを付けてやるからパトロールせよ」だけでなく、警察がリーターになり、パトロールを共にするなどの協力体制が必要ではないのか。

 25日午前11時過ぎ、東京都新宿区西新宿の路上で自転車の60代の女性が背後から背中を刺される事件があった。この事件で警視庁新宿署は現場近くにいた40歳くらいの女の身柄を確保した。犯行を認めているという。
 警視庁は、東京・六本木で通行人に暴行し財布を奪ったとして、陸上自衛官2人を強盗容疑で緊急逮捕した。逮捕事件であり、体感治安には影響はない。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

 「日本列島振り込め詐欺」は23日以降、掲載なしhttp://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

報復相手と間違え留学生射殺 容疑の中国逃亡組長を逮捕 千葉県警(25日)

 千葉県柏市で平成13年、韓国人留学生の尹元柱さん=当時(24)=が指定暴力団住吉会系組員に報復相手と間違われ射殺された事件で、千葉県警は25日、殺人容疑などで指名手配していた同会系組長、平田正幸容疑者(57)を逮捕した。

 平田容疑者は事件後に中国へ逃亡したが、現地で身柄を拘束され、千葉県警の捜査員とともに25日、成田空港に到着した。

 逮捕容疑は、仲間の組員が殺害された事件の報復のため、配下の組員と韓国人グループの殺害を計画。13年10月10日朝、柏市の路上で帰宅途中の尹さんを間違って銃撃、殺害した疑い。実行役の3人は殺人罪などに問われ、無期懲役などの実刑判決が確定している。事件をめぐり、韓国に住む尹さんの遺族が住吉会のトップらに損害賠償請求訴訟をを起こし、20年、2審の東京高裁でトップの使用者責任を認めた和解が成立している。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090925/crm0909251704017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

連載小説「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(5)

決死の匍匐(ほふく)前進=あさま山荘事件から
                  
Dvc00184  ★妙義山周辺のアジトを急襲
 「長野本部から軽井沢、佐久、臼田の各局、一一〇番入電中…」
 長野県警通信指令台から至急報の無線が賑やかになったのは昭和四十七年二月十九日午前七時三十分を数十秒過ぎていた。

 「至急、至急、長野本部から各局、本日午前七時五十九分軽井沢駅発下り列車に不審な男女四人連れが乗車した模様、一一〇番受信中」
  至急報はさらに続いた。通信司令官の声は次第に興奮気味となっていった。
 「長野本部から各局、軽井沢駅の四人組は人相着衣から逃走中の極左集団の可能性があり、各局にあっては受傷事故防止に十分留意されたい。以上、長野本部」
 国鉄軽井沢駅周辺で警戒中の軽井沢署員が無線指令を受けて駅に駆けつけるまでには数分もかからなかった。下りの三番線ホームには既に列車が入線。不審者は乗り込んでいるのかホームに人影はなかった。

 署員たちは情報のあった男女四人の車内検索を実施し、先頭車両で男二人を発見した。「服装も髪の毛も汚れ放題。異様な臭いがする四人連れ」とする駅員の情報から、発見には時間がかからなかった。二人の女性は前から三両目に乗っていた。
 列車の発車時刻が迫っており、押し問答の末四人を駅前派出所に連行しようとした。ホームに降りた途端に逃げようと大暴れ、警察官の手に噛みつく者もいた。四人は登山ナイフや散弾銃の実包、鉄パイプ爆弾を所持しており、火薬類取締法違反、銃刀法違反などで現行犯逮捕となった。

 昭和四十五年十二月に警視庁・上赤塚交番襲撃事件があり、四十六年二月には栃木県真岡市で猟銃強奪事件が発生。同年七月には極左暴力集団「連合赤軍」が結成された。
 その年の十二月十八日に警視庁土田警務部長夫人殺害事件、二十四日は警視庁・新宿交番爆破事件と爆弾を使用した凶悪犯罪があいついで発生した。いずれの犯行も極左暴力集団による犯行とみた警察庁は四十七年に入り、二月を「指名手配犯被疑者捜査強化月間」に指定。全国で「ローラ作戦」を展開していた。

 

続きを読む "連載小説「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(5)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

西新宿の女性刺傷、女の身柄を確保 突然「殺してやる」(25日)

東京都新宿区西新宿の路上で25日午前11時過ぎ、自転車の60代の女性が背後から背中を刺された事件で、警視庁新宿署は現場近くにいた40歳くらいの女の身柄を確保した。犯行を認めているという。刺された女性は病院に搬送されたが軽傷。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べによると、女性が自転車で通行中、女が「ちょっと待って、ちょっと待って」などと言って、道をふさいだ。女性が脇を通り過ぎようとしたところ、突然「殺してやる」と言って背中を刺したという。現場付近には血の付いた文化包丁が落ちており、同署は凶器とみて調べている。現場は都庁から南西に約5百メートルの住宅やビルの点在する地域。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305593/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドクターヘリ運航協定を締結(25日)

医師がヘリコプターに乗り込み患者を治療しながら搬送する「ドクターヘリ」の導入を目指し県は基地となる2つの病院と協定を結びました。

協定を結んだのは県の橋本昌県知事と水戸市の「水戸済生会総合病院」と茨城町の「独立行政法人国立病院機構水戸医療センター」の2つの病院の院長で24日協定書に署名しました。
ドクターヘリは医師が乗り込み事故現場などに駆けつけ治療をしながら病院まで搬送することが出来、8年前から国が補助制度を設け現在、全国16の道府県で運用されています。
茨城県はこれまでドクターヘリがないため救命救急センターから離れた地域で救急医療が必要となった場合、千葉県に要請していて5年間に合わせて242人が利用しています。
25日の協定を受け県は拠点基地となる2つの病院と協力して運航に必要な体制を整備し、来年4月には試験運航を開始し来年度中に本格的な運用を目指したいとしています。
橋本知事は「ドクターヘリは病院の少ない県北地域からの要望が特に多かったので県民が安心出来るよう来年7月か8月ごろには本格的な運航を始めたい」と話していました。News_pic1_4 http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/03.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで集め わいせつ行為か(25日)

女子中学生へのわいせつ事件で、逮捕・起訴された男が、インターネットの書き込みで集めた男7人に、横浜市内の公園で、同じ女子中学生とわいせつな行為をさせていた疑いが強まり、警察は、この男を児童福祉法違反などの疑いで、25日にも追送検する方針です。

児童福祉法違反などの疑いが持たれているのは、神奈川県相模原市の小野寺博被告(37)です。小野寺被告は、携帯電話のサイトで知り合った女子中学生の裸の写真を撮影したなどとして、逮捕・起訴されていますが、その後の警察の調べで、ことし5月に横浜市内の公園で20代から40代の男7人に同じ女子中学生とわいせつな行為をさせていた疑いが強まりました。小野寺被告は事前にインターネットのサイトに「公園で女の子を裸で歩かせる」などと書き込んで、男らを集めていたということです。警察は、小野寺被告を児童福祉法違反などの疑いで、25日にも追送検する方針で、7人の男についても、神奈川県の条例違反の疑いで書類送検する方針です。News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/07.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉人違い射殺:中国で拘束中の組長逮捕の方針 殺人容疑(25日)

千葉県柏市で01年、韓国人留学生の尹元柱さん(当時24歳)が暴力団の報復相手と間違われて射殺された事件で、千葉県警が25日、殺人容疑で指名手配していた住吉会系暴力団組長、平田正幸容疑者(57)の身柄を拘束先の中国から日本に移し、逮捕する方針であることが捜査関係者への取材で分かった。県警は24日に捜査員を中国へ派遣していた。

 容疑は、平田容疑者は配下の組員3人と共謀し、仲間を殺害した韓国人の相手を殺そうと計画。01年10月10日朝、柏市内の路上で、無関係の尹さんを射殺したとしている。実行役の3人は無期懲役などの実刑が確定している。【神足俊輔】毎日新聞 2009年9月25日 11時32分Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090925k0000e040040000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗:容疑の空挺団員2人逮捕、暴行し13万円奪う 東京(25日)

東京・六本木で通行人に暴行し財布を奪ったとして、警視庁麻布署は25日、陸上自衛隊第1空挺団(習志野駐屯地)の陸士長、松原弘樹(21)、岩山和也(23)両容疑者=いずれも千葉県船橋市薬円台3=を強盗容疑で緊急逮捕した。

 麻布署によると、2人とも容疑を認め「車で遊びに来て酒を飲んでいた」と供述しているという。逮捕容疑は、同日午前2時55分ごろ、東京都港区六本木5の路上で、通行中の飲食店従業員の男性(22)に「金を貸してくれ」と声を掛け、無視されると押し倒して顔を殴るなどの暴行を加え、現金約13万円入りの財布を奪ったとしている。男性にけがはなかった。

 麻布署によると、2人は休暇中で、六本木に遊びに来ていた。麻布署近くの駐車場に車を止めており、事件後、車に戻ったところを署員に逮捕された。

 第1空挺団は陸自唯一のパラシュート部隊で、最精鋭部隊の一つとして知られる。永井昌弘・第1空挺団長は「このような不祥事が起こり極めて遺憾。今後このような事件が発生しないよう、隊員に対する指導を徹底します」とのコメントを出した。【神澤龍二、樋岡徹也】Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20090925k0000e040043000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「遊び仲間殺しドラム缶で流す」…26歳男供述(25日)

大阪府和泉市内の男性(20)が今年4月から行方不明になり、泉佐野署に別の窃盗事件で逮捕された男(26)が、この男性について「仲間数人で暴行し、殺した。遺体はドラム缶に詰め、福井県で海に捨てた」と自供したことがわかった。

 複数の関係先を死体遺棄容疑で捜索したところ、男性のものとみられる血痕が検出され、府警捜査1課は殺人事件の疑いがあるとみて、近く、遺棄したとされる現場を捜索する。

 捜査関係者によると、男性は4月下旬以降、連絡がつかなくなり、5月上旬、親族が捜索願を出していた。

 この男は、男性の遊び仲間で、同府泉佐野市内で車を盗んだ疑いで逮捕された。男の供述では、4月下旬に男性とトラブルがあり、同市内の空き地で仲間ら数人で殴るけるなど暴行した。男性が意識を失ったため仲間の家に運んだが、数日後に死亡。遺体を車で運び、福井県内で橋の上から海に投げ入れた、という。(2009年9月25日11時30分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090925-OYT1T00466.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際女性出頭で疑い浮上 弁護士覚せい剤所持事件(25日)

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で札幌弁護士会の元副会長、加藤恭嗣容疑者(51)=札幌市中央区=が逮捕された事件で、加藤容疑者の逮捕前の8月上旬に交際女性が道警に出頭し、同法違反容疑で逮捕されていたことが25日、道警幹部への取材で分かった。

 道警幹部によると、女性は加藤容疑者とみられる偽名の相手と携帯電話のメールなどを通じてやりとりしており、女性の供述やメールの内容から加藤容疑者が浮上した。

 この女性は、加藤容疑者から覚せい剤の使用を勧められたり、出頭を思いとどまるようにメールを送られたりしたと供述しているという。加藤容疑者の自宅から注射器十数本が既に押収され、道警は使用容疑での立件も視野に調べを進めている。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305447/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

痴漢ダメ!埼玉県警女性警察官150人のパトロール隊(25日)

増加する痴漢被害を防ぐため、埼玉県警は、女性警察官ら約150人の大規模なパトロール隊を結成し、警戒に乗り出しました。

 24日に発足したのは、埼玉県警「痴漢犯罪撲滅パトロール隊」です。このパトロール隊は、女性警察官のほか鉄道警察隊や私服警察官など150人が参加するこれまでにない大規模なものです。最近では、インターネットの掲示板で呼びかけ合った男たちが、1人の女性を取り囲んで下半身を触るなど、悪質な痴漢犯罪が増えています。パトロール隊は今月いっぱい、朝と夕方のラッシュ時などに利用客の多い電車に乗って、警戒や取り締まりにあたるということです。
 埼玉県警・秋山美穂子警部補:「我慢せずに、痴漢はいけないことなので、堂々と『痴漢に遭っている。助けてください』と言ってもらいたい」Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news3.html?now=20090925033735

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内から女性遺体“交際相手”宅を家宅捜索(25日)

24日未明、大分・佐伯市のふ頭で、車の中で調理師・成迫美恵さん(45)が殺害されているのが見つかった。警察は、成迫さんと交際していたとみられる男性の自宅を家宅捜索するとともに、重要参考人として捜している。

 警察の調べによると、24日午前0時ごろ、佐伯市鶴谷町のふ頭に止めてあった軽四乗用車の中で、成迫さんがひものようなもので首を絞められ、殺害されているのが見つかった。

 この事件については、23日午後11時40分ごろ、市内の男性が友人に「車の中で人の首を絞めた。これから海に飛び込む」と電話したという。友人に電話をかけたのは、成迫さんと交際していたとみられる58歳の男性で、車の近くには、この男性の携帯電話と男性のものとみられるサンダルがあった。 警察は、この男性の自宅を家宅捜索するとともに、重要参考人として行方を捜している。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/09/24/07144390.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“新たな捜査手法 調整急ぐ”(25日)

中井国家公安委員長は、24日の会見で、容疑者の取り調べの全面的な録音・録画や司法取引などの新たな捜査手法の導入について、来週の国家公安委員会で委員の意見を聞くとともに、党内や政府内での調整を急ぐ考えを示しました。

鳩山内閣が事務次官らの記者会見は行わないとしたことを受けて、24日の会見は、国家公安委員長に警察庁長官が同席する形で行われました。この中で、中井国家公安委員長は「党内や閣内で調整する前に、公安委員会の委員の皆さんにご理解を頂きたい。また、党のどの部門で議論するかなどを小沢幹事長と詰めていきたいし、内閣とも詰めていきたい」と述べ、来週開かれる国家公安委員会で委員の意見を聞くとともに、導入に向けて党内や政府内での調整を急ぐ考えを示しました。一方、これについて、警察庁の安藤長官は「取り調べのすべての過程を録音・録画することになれば、われわれ捜査に当たる立場からすると、真実の解明に影響を及ぼすのではないかという懸念を従来から申し上げている」と述べて、捜査現場に与える影響について、あらためて懸念を示しました。また、安藤長官は「新しい捜査手法については、警察や検察の課題であり、法務省などと連携して検討すべきものだが、大臣の考えをよく伺いながら、捜査の実情などを踏まえつつ適切に対応したい」と述べました。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/k10015670291000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き助長 サイトに削除要請(25日)警視庁

東京で万引きの被害が急増するなか、インターネット上で手口を紹介したり、万引きがしやすいとして店の実名を記載したりするサイトがあふれていることから、警視庁はインターネットの接続会社などに対し、万引きを助長する内容を含んだサイトを削除するよう要請を始めました。

警視庁によりますと、東京ではことしに入って万引きが急増していて、先月までに検挙・補導された少年は去年のおよそ1.5倍に増えています。こうしたなか、インターネット上には、店舗に設置された万引き防止用のセンサーをかいくぐる手口のほか、防犯カメラの位置や警備員の数などから万引きがしやすいとして店の実名を記載するようなサイトや書き込みがあふれているということです。警視庁は、こうしたサイトが万引き急増の一因になっている可能性があるとして、インターネットの接続会社やサイトの管理者に対しサイトを削除するよう要請を始めました。インターネットで「万引き」や「方法」といった複数のキーワードで検索すると数百万件のサイトが該当するということで、警視庁は今後、ほかのサイトについても内容を調べたうえで削除要請を行っていくことにしています。News_pic1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

顔の見える防犯 カメラよりパトロール 墨田区助成(25日)

かつて隣近所の付き合いが濃密だった東京の下町でも、マンションが増え続け、人間関係は希薄になりつつある。そんな中で、地域を犯罪から守ろうという共通の思いから結び付きを深めている例が墨田区にある。防犯カメラだけに頼るのではない地域の防犯活動が結んだ縁だ。 (菊谷隆文)

 都内屈指の盛り場の錦糸町地区。もともと繁華街が広がり、昼夜にぎわう南口。それとは対照的に、北口は昔ながらの商店や住宅が立ち並ぶ。しかし、北口でもこの十年あまりの再開発で高層マンションや大型複合ビルが増加。夜間の人の流れが増えてきた。

 「北口も治安が悪くなった」。そう話すのは、線路沿いに立つ築十年のマンションの自治会長、古沢武雄さん(67)。製菓業の二代目だが、再開発に伴い入居した。これまでに、二階の一室が空き巣被害に遭い、エレベーター内でも住人の女性が見知らぬ男に体を触られる騒ぎがあった。住人の間で防犯カメラの要望が高まり、墨田区が昨年秋に始めた設置費用の助成が話題に。助成の条件は防犯活動への参加だった。

 住人で話し合った結果、玄関やエレベーター内などに防犯カメラを設置した。それ以後、警察を呼ぶような犯罪やエレベーター内でのトラブルは発生していない。

 地域では、月一回、夜八時から約一時間、地元の「錦糸三和町会」などが二十年以上パトロールを続けていた。この防犯活動に、マンションの住人から古沢さんら十四人の自治会役員が四、五人ずつ交代で参加している。「負担は軽くないが、地域の人と知り合うきっかけになった」と古沢さんは言う。参加者の中には、マンションに住むまで錦糸町とは縁のなかった人も多い。会社勤めの夫の帰宅前、小中学生の子どもに留守番をさせて参加する母親も。居住歴十年の男性は裏通りの飲み屋街をパトロールした際、こう漏らした。「近くにこんな所があったんですね。知らなかった」

 町会防犯部長の阿部正光さん(73)は「顔が見えにくかった新住民が参加してくれて、『町を一緒に守る』という機運が出てきた」と歓迎する。パトロールには本所署の警察官も同行。電柱や路上の違法看板やチラシの撤去にも汗を流す。街の景観を保つことで犯罪抑止を目指している。この地区で十年前に九十二件あった侵入盗が昨年は二十五件に激減するなど、効果が出ている。

 墨田区内で助成を受けて防犯カメラを設置したマンションは八棟。区安全支援課の松田耕二課長は「防犯力を高めるには『自分のマンションだけ安全ならばよい』ではなく、協力する意識こそが必要なんです」と強調した。

 東京都内では墨田区と同様に、豊島区でも住民の防犯活動を条件にマンションの防犯カメラ設置費用の一部を助成している。豊島区によると既に十二棟が助成を受けたが、防犯活動が条件と知り申請を取り下げた例もあるという。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009092402000212.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・瑞穂町で女性が乗る車に男が突然乗り込み刃物で脅す 男は女性に抵抗され逃走(25日)

東京・瑞穂町のショッピングモールの駐車場で22日、女性が乗る車に男が突然乗り込み、刃物で脅した。男は女性が抵抗し、刃物を取り上げられたため、逃走している。
22日午後、瑞穂町高根のショッピングモールの駐車場で、アルバイトの女性(20)が軽自動車の運転席に乗ったところ、男が突然乗り込んできた。
男は女性にカッターナイフを突きつけ、「静かにしろ、向こうに行け」などと脅し、女性を助手席に移動させて、運転席に座った。
女性が抵抗し、カッターナイフを取り上げると、男は「おれの手が切れちゃったじゃないか」と言い残し、車から降りて逃走したという。
男は、年齢50~60歳くらい、マスクをして黒い帽子をかぶっていたということで、警視庁は、逃げた男の行方を追っている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163532.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リフォーム詐欺:「シェル社」社長を不実告知容疑で逮捕(25日)

名古屋市中区のリフォーム会社「シェルコーポレーション」グループによるリフォーム詐欺事件で、愛知県警は24日、特定商取引法違反(不実の告知)と詐欺の疑いで同区、同社社長、貝沼友浩容疑者(39)を逮捕、同役員、安村弘一被告(41)=同罪などで起訴=を再逮捕した。この事件の逮捕者は8人目。県警は、グループトップの貝沼容疑者が組織的に不正な営業活動を指示したとみて追及する。

 容疑は、元社員の男=有罪確定=と共謀して昨年2月、同県東浦町の男性(当時67歳)に「水道管がさびている」と虚偽の説明をして浄活水器の設置工事契約を結び、工事費約70万円をだまし取ったなどとしている。県警生活経済課によると、貝沼容疑者は「自分は現場に行っていない」と否認しているという。

 県警によると、グループは高齢者宅を訪問し、虚偽説明を繰り返して高額なリフォーム工事の契約を結んでいた。貝沼容疑者が直接営業に出向くことはなかったが、安村容疑者を通じて社員に不正な営業を指示しており、県警は共謀関係に問えると判断した。【中村かさね】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090925k0000m040147000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

横領容疑の元次長、政治家に500万円 障害者団体不正(25日)

全国の障害者施設で組織する社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、事務局・東京)の不正経理事件で、大阪地検特捜部は24日、協会の資金964万円を着服したとして、会計担当だった元事務局次長、五月女(そうとめ)定雄容疑者(58)=さいたま市北区=を業務上横領容疑で逮捕した。容疑を認めているという。全精社協が依頼していた公認会計士の事務所(東京)も家宅捜索した。

 また特捜部の調べで、五月女元次長が捻出(ねんしゅつ)したとされる協会の裏金から政治家らに流れた資金は、少なくとも500万円にのぼることが新たに判明。特捜部は、運営する精神障害者支援施設「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)の事業譲渡や補助金の受給に絡んで支出した可能性があるとみて、元次長から経緯を詳しく聴くとみられる。

 特捜部の調べによると、五月女元次長は05年9月~昨年4月、全精社協の口座から17回にわたって現金を引き出し、計964万円を着服した疑いがある。調べに対し、馬券購入などの私的流用を認めたという。横領総額は1千数百万円にのぼるという。

 特捜部の調べでは、五月女元次長は03年から昨年11月に退職するまで、国の補助金や加盟する障害者施設の年会費などが入金される複数の口座を管理して裏金づくりを続けた。一部を私的に着服するほかに、政治献金などに使うための資金も裏金作りで準備していたとされる。 特捜部は、厚生労働行政に詳しい前自民衆院議員のパーティー券について、07年度に計120万円分購入した領収書のほかに、08年度にも100万円分以上を買ったことを示す記録を入手。また、協会が同会幹部あてに「政治献金」の名目で175万円を支出したことを示す受領書のほか、国会議員の勉強会への参加費24万円の支出記録や、厚労省OBに渡されたと協会関係者がいう商品券78万円分の購入記録なども見つかったという。

特捜部はこうした記録から政治家らに少なくとも計500万円が渡ったとみて捜査している。  五月女元次長は逮捕前の取材に対し、前議員のパーティー券購入などの理由について「ハートピアの譲渡などでお世話になったお礼の意味もあったと思う」と説明。五月女元次長に頼まれ、前議員のパーティー券を個人で買ったことがあるという元協会幹部は「元次長から前議員とはつながりがあると聞いた。障害者自立支援法の改正案をより良い方向に進めてほしいという期待があった」と語った。

 ハートピアは96年、精神障害者が働くホテルと授産施設を併設した全国唯一の施設として、財団法人「全国精神障害者家族会連合会」が旧厚生省と連携しながら開業。経営難が続き、全精社協が07年4月、厚労省の仲介で運営を引き継いだ。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0925/OSK200909240160_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

海難事故?実は知人宅に 60歳男性「帰宅したくない」(25日)

熊本市海路口(うじぐち)町の海路口漁港西約4.5キロ沖の島原湾で21日午後、無人の漁船が見つかり、20日深夜から漁に出ていた男性(60)が行方不明になった。熊本海上保安部や熊本県などからヘリ2機、巡視艇や消防艇など3隻、地元漁協から漁船約20隻が出動し、捜索していたが、24日正午ごろ、熊本県城南町の60代の知人女性方で見つかった。熊本県警は男性が海難事故を装って行方をくらまそうとしたことが、捜索した警察や海保などに対する偽計業務妨害にあたる疑いもあるとみて調べている。

 熊本南署によると、男性は21日未明、漁の途中で海に転落した。すぐにはい上がったが、「家族との仲がうまくいっておらず、家に帰りたくない。このまま行方をくらまそう」と意を決した。 いったん港に戻り、別の船と漁をしていた船をロープで結んで再び沖に行き、元の船を残して帰港。家族に見つからないよう、自宅の庭に干されていた服に着替え、倉庫から数日分の衣服を持ち出した。近くのやぶに半日間潜んだ後、タクシーで知人女性方に行き、泊まったという。

 警察などが男性を捜していると知った女性が、警察に連絡するよう説得したが、男性は応じなかった。さらに野宿したり女性宅に泊まったりしたため、女性が漁協に通報した。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0924/SEB200909240006.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

結婚前提?に中3女子教え子と逃避行 教諭を札幌で逮捕(25日)

札幌・豊平署は24日、中学3年の女子生徒(14)にみだらな行為をしたとして、道青少年健全育成条例違反の疑いで仙台市青葉区立町、市立中学校教諭、田代直哉容疑者(51)を逮捕した。逮捕容疑は22~23日、札幌市のホテルで女子生徒にいかがわしい行為をした疑い。豊平署によると、女子生徒は田代容疑者の教え子とみられる。田代容疑者は調べに対し容疑を認め、「結婚前提だった。今週始めから2人で札幌に来ていた」と供述しているという。田代容疑者と女子生徒双方の家族から捜索願が出ていた。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305360/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

イラクで囚人が集団脱獄 アルカイダ系ら16人(25日)テロリスト含む

AP通信によると、イラク北部ティクリートの刑務所で23日夜、国際テロ組織アルカイダ系武装組織とかかわりがある囚人ら16人が脱獄した。囚人の一部はテロや誘拐、殺人などで実刑判決を受け、5人は死刑を言い渡されていたという。

 当局は24日、1人を拘束。残りは逃亡しており、当局がティクリートに夜間外出禁止令を出すなどして捜索している。APによると、刑務所敷地内のトイレで工具が見つかった。囚人らは工具で通風口をこじ開け、逃亡したとみられる。(共同)Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/305344/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月24日 | トップページ | 2009年9月26日 »