« 2009年9月17日 | トップページ | 2009年9月19日 »

2009年9月18日

2009年9月18日 (金)

急増する「高齢者の万引き」に警視庁が対策乗り出す(19日)

高齢者による万引きが急増していることなどから、警視庁は万引きをなくすための具体的なプログラムをまとめ、対策に乗り出しました。

 東京都内ではここ数年、万引きが増加していて、なかでも65歳以上の高齢者が万引きで摘発される件数は10年間で8.5倍に増えています。警視庁は、「万引きがほかの犯罪の入り口になることも多い」として、万引きをなくすための対策に乗り出しました。
 警視庁・樋口建史副総監:「普通の人たちが万引きに手を染めさせないような、犯罪に手を染めなくても済むような環境を整えていく」
 警視庁は、店側など民間と連携して対策を進めていく方針です。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news6.html?now=20090918204117

Annlogo1_2 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

進むか 車内防犯カメラ コスト増私鉄側難色(18日)

電車内での痴漢防止の「一手」として車内への防犯カメラ設置が浮上している。客観的な証拠の入手が難しい痴漢事件で「動かぬ証拠」を得ることで、摘発と抑止のダブル効果を狙うが、プライバシーの問題や費用対効果など課題は多そうだ。 (加藤寛太)

 警察庁は痴漢防止対策の在り方について議論を進めようと来年度、鉄道事業者や有識者からなる「研究会」を発足させ、その中で、電車内の防犯カメラ設置もテーマとしたい方針だ。

 警察庁は実際の電車車両を使い「乗客」を満員状態にしての防犯カメラの実証実験も検討しており、研究会での議論の材料とする。

 警察庁幹部は「混雑した車内で、犯人の手の動きを実際にとらえるのは難しいかもしれないが、被害者と犯人の位置などを確認でき、実況見分時などに活用できるかもしれない」とし、痴漢以外に暴力や窃盗などをとらえることも可能ではないかとみる。

 電車内の防犯カメラは、すでに一部の新幹線やJRの特急電車、快速電車のグリーン車などが導入。JR東日本の広報担当者は「現時点では、在来線の普通車までに広げる予定はない」と言う。首都圏の大手私鉄の担当者は「カメラを全車両に、しかも一車両あたり複数つけると費用が相当かかる。乗客の反応も気になる。混雑緩和のため輸送力増強などへの投資を優先させたい」と話す。

 統計に基づく世論調査ではないが、「電車内に防犯カメラ設置」について聞いたインターネット「Yahoo! ニュース」の投票結果(実施期間一~十一日)では、約二万六千七百票のうち八割が「賛成」だった。犯罪社会学が専門の小宮信夫・立正大教授は「電車内も街頭と同じ公共の場所であり、防犯カメラをつけることに問題はない」として、「防犯カメラ先進国」とされる英国の例を紹介する。

 「ロンドンでは電車内カメラの設置が進み、新車両にはほとんど備わる。カメラに写った人から請求があれば、画像を本人に見せなければいけないと定めるなどルールもしっかりしている」と指摘。「映像を誰が管理して、どう使われるのかをガイドラインでしっかりと定め、公開することも重要だ」と提案する。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009091802000216.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★交番ガラスに“ライダーキック”俳優おとがめなし(18日)

大津市内の交番のガラスをけって割ったとして器物損壊容疑で逮捕された俳優の唐渡亮(本名・唐渡信忠)さん(44)について、大津区検は18日、「事実を認めて反省している」として起訴猶予処分とした。

 唐渡さんは、映画「仮面ライダーアギトPROJECT G4」(平成13年)で仮面ライダーG4役を務めた。区検によると、唐渡さんは「酔っていらいらしていた」という趣旨の供述をしたという。 所属事務所は「本人は酔っていて記憶が定かではないが、世間を騒がせ申し訳ない」としている。

 大津署によると、唐渡さんは8月23日午前2時ごろ、大津市大萱の瀬田駅前交番のドアガラスをブーツでけって割ったとして逮捕され、24日に釈放された。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303526/

【ブロガーコメント】

Nisshou4 田舎なので、びっくりしたのだろう。どうも、最近は検察が裁判所になってしまった錯覚をおこしてならない。千葉地検も含めてだshock

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル

首都東京の体感治安(18、19
  (単位・レベル)

2事件の発生場所

【治安解説】 15日午後10時5分ごろ、名古屋市熱田区神宮の駐車場で、植え込みに座っていた男に、25歳の女性が声をかけたところ、刃物のような物を突きつけられ「金を出せ」と脅され現金約11万円が奪われる強盗事件が発生した。

 今年に入り、こうした強盗事件やひったくり事件など街頭犯罪が増加している点が気がかりだ。

 警察庁によると、今年1月から8月まで全国で発生した街頭犯罪の件数は966件で前年同期の892件に比べて8.3%の増加となっている。これに対して検挙件数も多く、443件と前年を12.7%も上回った。

 街頭犯罪の発生を県別でみると、増加率の1位は和歌山県で3件発生、前年の1件に比べて300%の増。2位が千葉県の98件で同81.5%、3位が札幌市の30件で同76.5%、4位が広島県の12件、岡山県の3件でそれぞれ同50%、6位が茨城県の15件で同36.4%と続く。

 発生が最も多かったのは大阪府で166件の1.8%の増加。ちなみにわが東京は145件で15.1%の増加だった。まったく発生のない県は秋田、石川、島根、山口、鹿児島県など。

 このように増加の傾向としては、大都市の周辺に拡大しているのが特徴となっており、制服姿のパトロールなど「見せる警戒」が望まれている。

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は、消費者庁なのり不審な電話など3件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 千葉地検がとうとう、やりました。逮捕監禁で追起訴しました。マスコミ報道のみで批判してごめんなさい。

Bye1   千葉市花見川区の団地で7月18日、洋服店員、豊田愛子さん(当時61歳)が殺害され、次女智美さん(22)が連れ去られた事件で、千葉地検は18日、かつて交際していた智美さんを事件前にも連れ去っていたとして、住所不定、無職、仲田敬行被告(28)=殺人罪などで起訴=を逮捕監禁、住居侵入、銃刀法違反の疑いで再逮捕した=ニュース参照のこと

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル"

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引き指南サイト、ゲーム感覚助長…削除要請へ(18日)

万引きが全国的に増加する中、インターネットの掲示板に、捕まらないための手口を具体的に指南する書き込みが相次いでいることがわかった。

 警視庁が万引きで摘発した少年の約3割が「ゲーム感覚」と考えているなど、罪悪感の薄さが浮き彫りになったばかり。同庁は、こうした書き込みが万引きを助長しているとして、実態把握に乗り出した。「万引きサイト」の運営者などには、悪質な書き込みについて削除要請を行う方針。

 「本を盗むなら○○店がいい」「防犯カメラの映像は毎日チェックされているので、1度やった店には行くな」 同庁幹部によると、「2ちゃんねる」などのネット掲示板ではここ数年、万引きの手口や捕まらないような方法を詳細に紹介する書き込みが目立ち始め、「万引きはスポーツ」「漫画100冊は余裕」などと万引きを助長するような書き込みも少なくないという。

 警察庁の統計によると、万引きの検挙数は、今年上半期は5万2975人で前年同期比4%増。都内は7月末までで同17%増で、警視庁が先月公表した調査では、摘発された少年の約3割が「ゲーム感覚」と回答している。万引きをする少年について、同庁は「サイトを見て簡単に出来ると思い、万引きを始めたケースも少なくない」とみており、今後、実態把握に乗り出すとともに、悪質なサイトについては削除要請を行うなど、ネット業界に対する注意喚起を強めたいとしている。

 一方、万引きの増加を受け、同庁は18日、学校の道徳授業などでの具体的取り組みについて提案を行う「万引き防止のための行動計画」を公表した。同計画では、「なぜ万引きをしてはいけないのか」ということを子供たちに考えさせるため、教育現場ではほとんど行われてこなかった万引きをテーマにした特別授業などを提案している。同庁は今後、都などと共同で万引き防止の教材を独自に作成し、小学校の道徳授業で活用してもらうほか、中学校での職場体験授業で、万引き被害の多いスーパーや量販店の店員に、万引きをされた側の立場から被害の実態などを語ってもらう機会を提供していくという。(2009年9月18日14時51分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090918-OYT1T00608.htm?from=main4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

手配の男を窃盗容疑で逮捕 福岡・現金輸送車乗り逃げ(18日)

福岡県大刀洗町で筑邦銀行(本店・同県久留米市)の現金輸送車が乗り逃げされ、現金約7200万円が盗まれた事件で、県警が窃盗容疑で指名手配していた上野高義容疑者(65)=同市田主丸町竹野=を大阪府警が18日発見し、逮捕した。

 福岡県警によると、上野容疑者は2日午前11時ごろ、同町上高橋で運転中の現金輸送車を止め、助手席の同僚を降ろして逃走、車内の現金を盗んだ疑いがある。http://www.asahi.com/national/update/0918/SEB200909180008.html Logo3_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士が覚せい剤逮捕 北海道警、所持容疑(18日)

北海道警は18日、札幌市の自宅で覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで札幌弁護士会副会長の弁護士、加藤恭嗣容疑者(51)=同市中央区伏見=を現行犯逮捕した。

 道警によると、加藤容疑者は「自分で使うつもりで持っていた」と容疑を認めている。過去に使用していたことも認めているといい、道警は覚せい剤使用容疑でも捜査している。

 逮捕容疑は18日午前9時ごろ、自宅でバッグの中にビニール袋入り覚せい剤7袋を隠し持っていた疑い。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303474/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「小遣いほしければひったくりしてこい」 窃盗教唆容疑で兄送検(18日)

埼玉県警捜査3課と春日部署は窃盗教唆の疑いで、犯行時19歳で住所不定の無職男(20)を逮捕、18日にさいたま地検に送検した。

 捜査3課の調べでは、男は中学3年生の弟(15)=窃盗容疑で書類送検=と同2年生の弟(13)=同容疑で児童相談所に通告=に指示し、4月8日午後11時45分ごろ、春日部市藤塚の路上で、女性店員(20)の自転車の前かごからバッグをひったくらさせた疑いが持たれている。

 捜査3課によると、兄弟3人は父親と折り合いが悪く、自宅に帰らずに路上生活をしていた。男は「小遣いがほしい」と言う弟2人に「ほしければひったくりをしてこい」と指示したという。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303466/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

防犯カメラにバッチリ!女児死亡商店街放火で逮捕男 (18日)

20090918190918025721 東京・東大和市で8歳の女の子が死亡した放火事件で、火が出る直前、容疑者とみられる男が現場を立ち去る姿が防犯カメラに映っていたことが新たに分かりました。

 逮捕された沢田茂容疑者(50)は今年1月、東大和市の商店街の倉庫に火をつけた疑いが持たれています。この火事で、住宅など13棟が焼け、当時8歳の井上知香さんが焼死しました。沢田容疑者は容疑を否認していますが、その後の警視庁への取材で、沢田容疑者とみられる男が火元近くの路地に入り、しばらくして出てくる様子が現場周辺の防犯カメラに映っていたことが新たに分かりました。男が立ち去った直後に火が出ていて、警視庁は、防犯カメラに映った男が沢田容疑者とみて裏づけ捜査を進めています。Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元教諭殺害容疑で男を再逮捕へ(18日)

兵庫県加西市で元中学校教諭の女性の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は、死体遺棄の疑いで逮捕した元交際相手の男について、女性を殺害した容疑も固まったとして、18日午後、再逮捕する方針です。

 兵庫県稲美町の無職、平間洋臣容疑者(28)は去年11月、交際していた元中学校教諭、児玉京子さん(当時37)の遺体を加西市の休耕田に埋めた疑いで逮捕されました。

 これまでの取り調べに対して、平間容疑者は「首を絞めて殺した」と殺害についても認める供述をしているということです。

 捜査幹部によりますと、平間容疑者は借りていた倉庫で児玉さんを殺害した後、車で加西市に運んだとみられ、別の場所では児玉さんの衣服が燃やされ、壊された携帯電話が落ちていたということです。警察は午後にも、児玉さんを殺害した疑いで平間容疑者を再逮捕する方針です。Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4237721.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団排除 罰則付き条例案(18日)

指定暴力団が全国で最も多い5つある福岡県で、暴力団の利益につながる取り引きを禁止し、違反した場合は懲役を科したり、企業などの名前を公表したりする全国で初めての罰則が付いた条例案が、18日、県議会に提出されました。

福岡県内には全国で最も多い5つの指定暴力団があり、抗争事件や企業を狙った発砲事件などがあとを絶たないことから、福岡県警察本部は暴力団の排除を目的に新たな条例案を作りました。18日に県議会に提出された条例案によりますと、▽暴力団にみかじめ料を払ったり、工事の下請けに暴力団と関係のある業者を入れたりするなど、暴力団の利益につながる企業や個人の取り引きを禁止し、▽暴力団を利用するなど悪質な違反には1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科すとしています。また、暴力団の活動に協力する目的で取り引きを行った場合は、県の公安委員会がやめるよう勧告し、従わない場合は企業などの名前を公表するとしています。さらに、暴力団側には、学校や図書館などの周囲200メートル以内に事務所をつくることを罰則付きで禁止しています。暴力団がみかじめ料などを要求する行為は暴力団対策法で禁じられていますが、提供する側を直接、取り締まることはこれまでできませんでした。福岡県警は「この条例によって企業や個人が暴力団からの不当な要求を断りやすい環境をつくりたい」として、来年4月の施行を目指しています。News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/news/t10015587771000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(4)

  ★静かな逮捕劇

Dvc00184  その際、何処に、何人の刑事達がいるかを把握しておく必要があった。目で追いながらバス停に二人、その近くの街路樹の下に二人。ガード下に二人…
 そして、駅の建物の右手から流れてくる人混みに目を移した。その流れは、国鉄で降りた客ではなく、国鉄や地下鉄にこれから乗り込む客の流れだった。

 その中に、先ほど、私に声をかけた刑事の姿を発見した。その瞬間だった。その幹部刑事が親指を立て周囲の誰かに合図を送った。親指を立てる合図は、航空取材の時にパイロットと整備士がよくする行為だ。

 「うんこれが合図だ」と思い、駅舎から刑事の歩く人の流れに近づきながらバックからカメラを取り出そうとした。しかし、どの男が犯人なのかまだ私には分からなかった。
 よく見ると、これまで立ち止まっていた男達が一方向に向かって歩いている。バス停を過ぎたあたりから、黒っぽいジャケットに白ズボン姿の細面の男を中心に黒背広の男達が集まりだした。

 それでもまだ私には犯人らしい男の姿が見あたらないのである。数秒は過ぎただろうか。先ほどの長身の白ズボン姿の男を中心に人の輪が完成していた。

 雨に濡れ、チャックが開きにくいバックからようやく、カメラを取り出すことに成功した瞬間だった。ガード下めがけて、その集団は駆け足になった。カメラにはモータードライブが付いており、自動巻き取りで連続的に撮影が可能だ。

 私は、その集団を後方から追いかけながらモータードライブを回し続けた。ガードをくぐり抜けた辺りで集団の前に出ることができた。
 カメラのファィンダーを覗く余裕なんてなかった。集団の中の男達の顔を確認しながら、さらに補導と車道を区別するため設置されたパイプの障害物を避けながらモータードライブを回し続けたのだ。
 …  …  …  …  …  …  …
 その集団の中に、髪の毛を綺麗にふっくらとリーゼント型にし、黒っぽいジャケットに白ズボン姿の好青年がいた。先ほどから気にしていた長身のあの男だ。

 紙袋を小脇に抱えた粋な青年だ。どう見ても、あの爆弾犯人とは思えない。一瞬「俺、本当に、爆弾犯人逮捕の写真を撮っているのかな?」と疑問にさえ思えた。とにかく、泥棒の逮捕の時よりも静かな逮捕劇なのだ。

 午前八時二十五分だった。集団は一台の車の前で立ち止まり、長身の男は車の中に押し込められた。車内では逮捕令状が執行されている。それも撮影しなければならない。しかし、車内は極端に暗かった。露出を変えるためレンズの絞りとシャッタースピードを見て驚いた。一二五分の一、絞りは8になっていた。これまで撮影した写真は、明らかに露出不足である。背筋が凍った。

 

続きを読む "新連載「シャッターチャンス」報道カメラマン物語(4)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官、男性を保護→飲酒検知→海へ飛び込み沖へ… 大分(18日)

 17日午後11時40分ごろ、大分市佐賀関の海岸で、大分県警大分東署員が保護した同市内の設備工事業の男性(61)が突然海に飛び込み、行方不明になった。直前に飲酒運転の検知を行い、基準値以上のアルコールが検出されていたという。県警のヘリコプターや署員約50人、大分海上保安部の巡視艇などが出動して捜している。

 大分東署の説明では、17日午後9時過ぎ、男性の妻から「夫の様子がおかしい。車を運転して出て行った。捜してほしい」と110番通報があった。署員が同10時半ごろ、海岸近くの空き地で男性の車と車外にいた男性を発見。酒のにおいがしたため、パトカー内で飲酒検知をした。

 男性が「用を足したい」と言ったため、署員3人が連れ添って車の外に出た。パトカーに戻る途中に男性が急に走り出し、護岸から5メートル下の岩場に飛び降り、そのまま海に入ったという。署員3人も追いかけて海に入り、いったんは男性のズボンや体をつかんだが、男性は服を脱ぐなどして沖へ泳いでいってしまったという。

 当時、現場には署員6人のほか、男性の家族も連絡を受けて来ていたという。

 同署の姫野次生副署長は「職務は通常通り行った。海へ飛び込み、救助活動をするなど保護しようとできる限りのことはしたが、見失ったのは残念だ」と話している。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0918/SEB200909180002.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗んだ金で借金返済か 福岡の輸送車乗り逃げの容疑者(18日)

福岡県大刀洗町の路上で2日午前11時ごろ、約7200万円を積んだ筑邦銀行の現金輸送車が乗り逃げされた事件で、窃盗容疑で指名手配されている同行子会社社員の上野高義容疑者(65)とみられる男が、事件の約2時間後、福岡市内の消費者金融の現金自動預払機ATM)で、七十数万円の借金を返済していたことが18日、県警への取材で分かった。

 県警によると、2日午後1時ごろ、同市中央区天神のATMスペースに設置された防犯カメラに、上野容疑者と似た服装の男が写っており、上野容疑者名義の借金を返済した。帽子をかぶっており顔はよく確認できないが、現金持ち逃げに使ったものと同じ形のバッグも持っていたという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303448/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

おとり捜査検討、10月の臨時国会前にも 中井国家公安委員長表明(18日)

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は18日の閣議後会見で、取り調べの可視化(全過程の録音・録画)の実施と併せて検討するべきだとした、おとり捜査などの新たな捜査手法導入について、与党が10月中に召集の方向で調整している臨時国会前に、検討を始めたいとの考えを明らかにした。

記事本文の続き 中井氏は「捜査・司法当局や社民党国民新党、弁護士会などから意見を聞かねばならない」と述べ、検討期間や結論の見通しは示さなかったが、新手法の導入がなければ可視化を実施すべきではないと改めて強調した。

 また、女優の酒井法子被告らの薬物事件に絡み「薬物が蔓延(まんえん)していることを憂慮している。一層厳しい取り締まりをしてほしい」と話した。Banner_logo_051_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

無資格で腸内洗浄の疑い 都内のエステ経営者ら逮捕(18日)

神奈川県警生活経済課と中原署は17日、医師の指示を受けずに医療行為の腸内洗浄を行ったとして、保健師助産師看護師法違反(医療行為の禁止)の疑いで、東京都港区南青山5丁目の腸内洗浄エステ店「コロンハイドロセラピー なな企画」経営者で看護師の松村直美容疑者(45)=同6丁目=ら3人を逮捕したと発表した。

 ほかに逮捕されたのは、いずれも共同経営者で、直美容疑者の母親のムツ子(71)=同=と杉平真一(68)=台東区松が谷3丁目=の両容疑者。直美とムツ子の両容疑者は「医療行為とは思わなかった」と否認しているという。

 同課によると、3容疑者らは今年1月9日から4月7日ごろまで、山梨県の無職女性(27)ら女性客10人に、医師の診断や指示を受けずに腸内洗浄を行った疑いがある。腸内洗浄は、専用の器具を使って肛門(こうもん)から直腸に温水を流し込み、強制的に排泄(はいせつ)させる医療行為。便秘などを解消する目的で行われている。

 なな企画は01年に開業。インターネットのホームページでダイエットや美肌の効果などをPRし、20~30代の女性を中心に32都道府県の約3700人が利用していた。1回の施術で平均2万円がかかり、1億3千万円近くの売り上げがあったという。 http://www.asahi.com/national/update/0917/TKY200909170367.htmlLogo3_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井被告、映画で復帰か?「引退」の言葉出ず(18日)

酒井法子被告(38)の謝罪会見には一度も「引退」の2文字は出てこなかった。保釈された東京湾岸署から会見場に移動する際、スタイリストと一緒にワゴン車に乗り込み、念入りに化粧したことからも、酒井被告自身が芸能界復帰を視野に入れている可能性は高い。“規制”の厳しいテレビではなく、映画界から早くも出演打診があったとの声も。その復活のシナリオとは…。

 ある芸能関係者は「謝罪会見は酒井被告が一方的に話す形だったが、表情にも発言にも反省の姿勢が色濃く出ていた。留置場での規則正しい生活と食事で、少しずつ健康を取り戻していることもうかがえた」と指摘。その上で、「会見でも、本人から『引退』の言葉は出なかった。実際、彼女を映画で復帰させたいという映画関係者はいるんです」と打ち明ける。

 その映画関係者は、酒井被告が裁判で執行猶予付きの判決が出た場合に備えて、すでに酒井被告に近い関係者に、非公式に映画出演の打診をしているという話もある。ただ、その場合も前出の芸能関係者は「映画出演の前に、前所属事務所の関係者が、例えば彼女に薬物反対運動や奉仕活動をさせるとか、お寺で修行をさせるとか、酒井被告がなんらかの社会的活動を果たしてからになるでしょう」と推測する。

 芸能ジャーナリストの二田一比古氏も「酒井被告の場合、亡くなった父親が元暴力団だったことや、覚せい剤を夫に勧められてやったこと、子供がいることなど、同情される面も多い。逮捕後、かつてのヒット曲『碧いうさぎ』が再びヒットしているので、もう一度、歌手として復帰させることも考えられる」と指摘。復帰時期については「過去に覚せい剤事件を起こし、執行猶予がついた判決の芸能人は、だいたい1年前後で復帰するケースが多い」と語る。

 また、複数の出版社が酒井被告に近い関係者に対し、今回の覚せい剤事件や生い立ちなどについて、本人の手記を出版できないか打診しているという。いずれにせよ、意外なほど健康的に見えた酒井被告をめぐり、その注目度から芸能ビジネスが動き始めたのは確かなようだ。その一方で、芸能関係者の間では「こんなことだから、芸能界は薬物に甘いと言われる」「復帰するにしても、酒井被告は言葉だけでなく、態度と行動でしっかり反省を示してからにしてほしい」という厳しい声があるのも事実だ。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/303240/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人容疑で手配中の組長、中国で拘束(18日)

8年前に千葉県で起きた殺人事件で、殺人の疑いで指名手配されている暴力団組長の平田正幸容疑者(57)が中国で当局に身柄を拘束されていたことがわかりました。

 この事件は、柏市の路上で当時24歳の韓国人留学生が暴力団関係者と間違われて射殺されたもので、平田容疑者は実行犯として、既に逮捕・起訴されている暴力団幹部ら3人の指示役と見られています。

 警察は来週、連休明けにも捜査員を中国に派遣して、平田容疑者の身柄を日本に移送するということです。Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4237211.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(18日)3件

振り込め詐欺:気を付けてね、園児ら呼びかけ 京都駅地下街でキャンペーン /京都

Logo_mainichi1_2 振り込め詐欺被害防止を訴えるキャンペーンがこのほど、JR京都駅地下街「ポルタ」(下京区)であり、私立ときわ幼稚園(同区)年長組の園児23人と七条署員らが買い物客らに被害防止を呼びかけた。府警によると、7月末までの集計で今年度のオレオレ詐欺▽架空請求詐欺▽融資保証金詐欺▽還付金等詐欺--を合わせた府内の振り込め詐欺認知件数は74件だった。被害者の約57%が女性。被害額は計約8050万円だった。昨年度の同時期より件数、被害額とも減っている。園児らはポケットティッシュなどが付いた、振り込め詐欺関連の被害データなどを記したチラシ350セットを配布。園児たちは「気を付けてください」と元気よく声を掛け、20分程度で配り終えた。同園の中村愛来(あいら)ちゃん(5)は「『危ないから気を付けて』という気持ちで渡した」と話していた。【橘建吾】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090917ddlk26040477000c.html

振り込め詐欺:郵便局職員防ぐ 高田署が感謝状--大和高田 /奈良

Logo_mainichi1_2高田署(安道修署長)は16日、振り込め詐欺を未然に防いだとして、御所市五百家の御所葛城郵便局職員、杉本善子さん(58)に感謝状を贈った。杉本さんは今月7日、同郵便局窓口で、市内の無職の女性(70)が「品物は届いていないが、50万円と弁護士費用2000円を振り込んでほしい」と依頼したのを聞いて、振り込め詐欺と直感。木村美貴局長らと連携し、女性が「全国相談消費者センター」を名乗る者からの電話やはがきを受けて現金を振り込もうとしていたのをストップさせた。杉本さんは「独り暮らしのお年寄りだったので、未然に防げてよかった」と話している。同署管内では同様のはがきが10件届いており、桶谷雅祥・生活安全課長は「おかしいと思ったら警察などに相談してほしい」と注意を呼び掛けている。【山本和良】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090917ddlk29040407000c.html

消費者庁名乗り不審な電話

News_pic1_3 「消費者庁から詐欺商法の被害救済を委託された」などとうそを言って被害者から金をだまし取ろうとする不審な電話が、群馬県など各地で相次いでいることがわかり、国民生活センターは注意を呼びかけています。国民生活センターによりますと、ことし6月三重県の50代の女性の自宅に男から電話があり「消費者庁から依頼された」などと言って未公開株の詐欺商法に関するアンケートに協力するよう求めたということです。
この女性が、「以前、未公開株の詐欺商法でだまされた」と答えると男は、「知り合いの会社から金融商品を購入すれば、損を取り戻せる」などともちかけてきたということです。
またことし5月には、同様の被害にあった群馬県の70代の男性の自宅に「消費者庁から被害救済を委託された。すべての未公開株を買い取りたいので自宅を訪問させてほしい」という電話がかかってきたということです。
いずれも金銭的な被害はありませんでしたが、このほかにも「消費者庁の調査で名簿を作っている」という男が自宅を訪れ、氏名や住所を書かせるケースもあったということです。
国民生活センターは「消費者庁が詐欺商法の被害回復などを業者に委託することはない。不審に思ったら最寄りの消費生活センターに相談してほしい」と注意を呼びかけていますhttp://www.nhk.or.jp/maebashi/lnews/05.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

統合失調症:入院15万人に 14年めどに4万6千人減(18日)

国が04年に策定した精神医療の改革ビジョンの見直しを進めていた厚生労働省の検討会は17日、05年に19万6000人だった統合失調症の入院患者を14年までに4万6000人減らし約15万人とする新たな数値目標を盛り込んだ報告書をまとめた。これまでは、社会で受け皿が整えば退院可能な「社会的入院」患者約7万人の解消を目標としてきたが、認知症患者の精神病床への受け入れで精神障害との区分けがあいまいな「社会的入院」が急増しているため、より明確な病名での目標値に改めることにした。【江刺正嘉】

 今年が改革ビジョンの折り返しに当たるため、14年までの10年間で社会的入院をゼロにし、精神病床も約7万床削減することを柱としていた当初計画を検証した。

 厚労省の調査では05年の精神病床の入院患者は32万4000人。6割を占める統合失調症は99年に比べ7%減の19万6000人だったが、急激な高齢化で認知症患者は42%も増え5万2000人となった。02年に約7万人とされた社会的入院患者も05年には約7万6000人に増え、先進国の中で突出している精神病床数も06年で約35万床と、ほとんど削減が進んでいない。

 統合失調症に関する新たな数値目標は現行の施策による患者減少数をほぼ倍にする内容。報告書では、認知症の入院患者についても同省が現在実施中の実態調査に基づき、11年度までに削減目標を数値化することを求めた。目標達成のための施策として精神科訪問看護などの在宅医療充実や、精神科救急の体制整備を挙げている。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090918k0000m040077000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井被告、質問応じず「メンタル面の治療」へ(18日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で起訴された女優の酒井法子(本名・高相法子)被告(38)は、保釈保証金500万円を東京地裁に納付し、17日午後、保釈された。

同日夜の記者会見では、涙ながらに謝罪を繰り返したが、薬物に手を出した理由は最後まで語らなかった。酒井被告は8月3日、東京都港区の自宅マンションで覚せい剤約0・008グラムを隠し持っていたほか、7月30日頃、鹿児島県奄美大島のホテル客室で覚せい剤を使用したとして、起訴された。

 8月8日の逮捕後、拘置されていた警視庁東京湾岸署を40日ぶりに出た酒井被告。午後4時半過ぎ、黒いパンツスーツ姿で正面玄関前に立つと、報道陣やファンら約300人に「酒井法子を応援して下さった皆様、この度は申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 東京都千代田区で午後6時半から臨んだ記者会見では、同席した元所属レコード会社の幹部が「1987年のデビュー以来、20年以上にわたり、苦楽を共にした……」と切り出すと、大粒の涙をこぼした。この幹部は「関連商品の出荷停止や店頭からの回収で、取引先やお客様に多大な迷惑をかけた」と、酒井被告の事件の影響に言及した。

 「一社会人として人として、決して手を出してはいけない薬物に、自分の弱さゆえ負けた」「日本や海外のファンの皆様、本当に本当に、申し訳ありません」酒井被告は謝罪や後悔の言葉を口にしたが、「公判を控えている」との理由で質問は受け付けず、事件についての説明はしなかった。会見後、「子供に言いたいことは」などの質問が飛んだが、それには答えず、「メンタル面の治療」(会見に同席した弁護士)のため、入院する病院に向かった。(2009年9月18日00時31分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

電車の痴漢見逃さない…「特捜イエロー」活躍(18日)

電車内での痴漢やスリなどを専門に捜査するため今年4月に発足した静岡県警鉄道警察隊特務係(通称・特捜イエロー)が活躍している。17日現在で、同隊が摘発した県迷惑防止条例違反(痴漢、盗撮)などの件数は15件(昨年9件)。このうち7件を特捜イエローが摘発した。同隊は「専従捜査員が徐々に経験を積み、不審者を見分ける『目』が培われたことなどが奏功している」としている。

 「何をしている」。今月14日朝、JR浜松駅で停車した普通列車内で、特捜イエローの捜査員が男の手をつかんだ。車内で愛知県豊川市内の女子高校生(17)の体を触ったところを捜査員は見逃さなかった。

 女子高生は今月に入り、通学に利用している同じ列車内で痴漢の被害に3回遭い、同隊に相談。14日は女性捜査員ら4人が同乗して女子高生の近くで目を光らせていた。男は「たまたま当たっただけ」と車内の手すりにしがみついて抵抗したが、捜査員3人が「その瞬間」を目撃しており、同条例違反容疑で現行犯逮捕された。特捜イエローの発足前は同隊員が交代で、ほかの業務もこなしながら痴漢などの捜査にあたっていたが、特捜イエローは女性3人を含む捜査員5人で痴漢などの摘発に専念する。

 イエローの岩本奈美警部補は、「最初は多数の人の中で慣れなかったが、そのうちに目が慣れてきた。電車に乗るのが目的でない人は、女性にばかり視線を向けるなど、周囲の人と比べ、違和感がある」と語る。発足当初は、犯行の瞬間を逃すまいと、手元ばかりに目がいってしまったが、最近は容疑者を含めた全体の状況が見えるようになったという。

 同隊の前出秋雄副隊長は「痴漢などの捜査は現行犯逮捕が大事」と強調する。今年4月には、電車内で女子高生に痴漢をしたとして強制わいせつ罪に問われ、1、2審で有罪判決を受けた大学教授に対し最高裁が無罪判決を言い渡した。「被害者と容疑者2人だけの場合、立件は難しい。イエローは複数の捜査員が現場をおさえることができる」(前出副隊長)

 浜松駅で被害に遭った女子高生は、これまで痴漢被害に遭っていることを言い出せなかったが、容疑者の逮捕後、「勇気を出して相談してよかった」と安堵した表情で話したという。同隊は「痴漢被害は、『恥ずかしい』などの理由で申告が少ない。1回だけだとあきらめてしまう場合が多いが、相談があればその分、摘発にも結びつけられる」として、積極的な通報を呼びかけている。(2009年9月18日04時37分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090918-OYT1T00019.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

民主・今井氏派の運動員を買収容疑で逮捕(18日)

岐阜県警は17日、衆院選で未成年者に報酬を渡して選挙運動をさせたなどとして、公選法違反(日当買収など)の疑いで岐阜4区選出の民主党、今井雅人議員(47)派の運動員、伊藤幸一容疑者(40)=多治見市滝呂町=を逮捕した。

 逮捕容疑は8月下旬、同県可児市内で自転車に乗って有権者に投票を呼び掛ける運動の報酬として、少年(19)に数千円を支払うなどしたとしている。

 今井氏は小選挙区で自民党の金子一義前国交相(66)に敗れ、比例で復活当選した。今井議員の秘書は「突然のことで驚いている。まずは事実関係を把握したい」としている。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303201/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

司法取引、ダム中止…新閣僚発言に関係者動揺(18日)

司法取引の導入やおとり捜査の拡大、指揮権発動-。鳩山政権の新閣僚から17日、次々に「新機軸」が打ち出され、関係者の間に動揺が広がっている。一方、前原誠司国土交通相は「費用がかかっても」と改めて群馬県の八ツ場(やんば)ダム中止を明言。地元からは「今さら」と落胆と怒りの声が渦巻いた。

 ■「可視化」反対崩さず  中井洽国家公安委員長は17日の記者会見で、犯罪の容疑者が捜査機関に情報提供する代わりに、訴追時点で有利な扱いを受ける「司法取引」の導入や、おとり捜査の適用範囲の大幅な拡大などの制度改正に前向きな考えを示した。

 中井委員長は導入のねらいを、「取り調べ当局に犯罪摘発率を上げ、スピード化できる武器を持たせてあげたい」とする一方、「一方的な全面的可視化だけでは…」と話し、導入が民主党の推進する「取り調べの全面可視化」を補填(ほてん)する措置であることを明らかにした。検察と警察が「容疑者が萎縮(いしゅく)する可能性が高く、犯罪の真相解明に支障を来す」と全面的な可視化に反対していたことに配慮を示した形だ。

 ただ、司法取引について、警察幹部は「すでに特捜検察の捜査では、犯罪の解明に役立つ供述をした容疑者について情状面をくむなど実質的な司法取引がある」と指摘。おとり捜査についても、司法関係者は「既に捜査現場に導入・浸透しており、可視化で損なわれる捜査力の補填になるとはいえない」と疑問視する。

 警察庁OBは「可視化された取調室で、命をかけて組織を売るような取引に応じる犯罪者はいない。司法取引と全面可視化は相いれない制度だ」と指摘。全面可視化への反対姿勢を崩さなかった。

 ■「指揮権」検察は淡々  千葉景子法相は就任会見で、法相による検事総長への指揮権発動について、「恣意(しい)的、党派的なものを排除する。国民の視点に立ち、検察の暴走をチェックする点で対処すべきだ」と、一歩踏み込んだかのように発言した。この発言について、検察幹部は一様に「制度論を言っているだけだ」と冷静に受け止めている。ある幹部は「検察の捜査は厳正中立、不偏不党が原則。それが損なわれた場合に、指揮権発動という法務大臣の権限がある」と話す。別の幹部は、千葉法相が、西松事件での小沢一郎民主党幹事長秘書の逮捕について暴走ではないとの認識を示した点を重視。「指揮権発動の『検察の暴走』とは、恣意的で証拠に基づかない捜査のことを指すのだろう。大騒ぎするような発言ではない」と淡々と語った。

 ■ダム中止明言に地元怒り  前原国交相の八ツ場ダム(長野原町)の建設中止明言に対しては、地元自治体や住民から怒りの声が相次いだ。群馬県の大沢正明知事は17日、「建設を中止としたことは言語道断で、極めて遺憾。1都4県と連携し、すみやかに政府に抗議する」とのコメントを発表。水没する地区に住む中嶋藤次郎さん(68)は同日、代替地に引っ越したばかり。「ダム建設をしないのであれば、なぜ明治時代から受け継いできた土地と墓を処分しなければいけなかったのか」と強い口調で訴えた。

 埼玉県の上田清司知事も同日の定例会見で「日本国政府と契約しており、政府が契約破棄する場合は相当な理由がなければできない」と述べた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303202/Banner_logo_051

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月17日 | トップページ | 2009年9月19日 »