« 2009年9月16日 | トップページ | 2009年9月18日 »

2009年9月17日

2009年9月17日 (木)

「自分の弱さゆえに負け」 酒井法子被告の会見全文(17日)

警視庁東京湾岸署から保釈された酒井法子被告は、17日午後6時半から東京都内で会見に臨んだ。冒頭、所属していたサンミュージックプロダクションの相澤正久副社長(60)や、専属契約していたレコード会社ビクターエンタテインメントの三枝照夫会長(58)があいさつ。その間、酒井被告は目を伏せていたが、三枝会長が事件について「残念であり、遺憾」と述べたあたりから、大粒の涙があふれた。

 その後、マイクを取った酒井被告は深々と頭を下げ、時折声を詰まらせながら反省の弁を語った。会見では10月26日に公判を控えていることを理由に質問は受け付けられず、会見後はメンタル面の治療のため入院先に向かうとした。会見に同席したみやび法律事務所の榊枝真一弁護士(39)は、酒井被告の入院先などでの取材や報道を控えるよう要望し、約10分の会見を締めくくった。 酒井被告の発言は次の通り。 

◇このたびは、いち社会人として、人として、決して手を出してはいけない薬物というものに、自分の弱さゆえに負け、そして今このように世間を騒がし、多くの皆様にご迷惑をおかけしました。これまでに私を支え、応援してくださった皆様には、どれほどの残念さと、私の無責任な行動に幻滅なさったことかと。計り知れないことで、決して許されることではありません。この罪を今後どのようにして償っていくのか。まずは自分の罪を悔い改め、二度とこのような事件に手を染めることのないよう、一生の約束として固く心に誓います。

 私が犯したこのたびの出来事は、私を知る皆様の信頼をすぐに回復できるものでないことは、よくわかっております。ですが、日々後悔の念を感じ、取り返しのつかないことをしてしまった自分の弱さを戒め、反省をし、もう一度生まれ変わった気持ちで、心を入れかえ、日々努力していきたく思っております。 そしてこのような日々に支えてくださった方々の温かいお気持ちに深く、深く感謝しております。決して二度とこのようなことで、皆様の信頼を裏切ることはありません。この気持ちを決して忘れることなく、皆様の気持ちに恩返しをしていきたいと思います。至らぬ点は厳しく指摘して頂き、私自身、素直に拝聴し、新しい一歩を踏み出していきます。

 今まで応援してくださった日本や海外のファンの皆様、お世話になった会社の皆様、そして支えてくださったスタッフの皆様、このたびは本当に、本当に申し訳ありませんでした。 http://www.asahi.com/national/update/0917/TKY200909170390_01.htmlLogo3_4

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(17、18日
  (単位・レベル)

2新国家公安委員長の方針について

【治安解説】 千葉県内の暴力団が多重債務者を相手に「保証金を送れば融資できる」などと騙して現金を振り込ませていたとして融資保証金詐欺容疑で千葉県警に摘発された。騙し取った金額は約3億円にのぼるとみられている。

 今年上半期(1~6月)に暴力団が関係するヤミ金業者の摘発事件数は、全ヤミ金事犯の約3割を占めており、依然としてヤミ金業界に根強い暴力団の実態が浮き彫りになった。

 警察庁によると、上半期のヤミ金融事犯の検挙事件数は239事件で検挙人員は455人。前年同期に比べて事件数で10事件、人員で50人のそれぞれ増加となった。 被害額は前年に比べて46億6611万円減の138億3674万円だった。

 このうち暴力団が関係した事件数は70事件で、検挙した全ヤミ金事件の29.3%を占めており、組織犯罪対策は引き続き大きな課題である。

 中井・新国家公安委員長が着任の記者会見で、取調室の可視化の実施を目指しているとした反面、捜査の武器として、おとり捜査や司法取引などの必要性を訴えたという。少なくても可視化は犯罪天国という地獄に繋がる。あ~あ、金七が泣いている。

 警察庁長官の記者会見について、昨日未明の就任会見で「長官の定例会見は国家公安委員会の報告と聞いている。だったら、委員長でいいのではないかと思われるので、公安委員会に諮る」と言っていた。かくして長官会見は平成21年9月17日から中止となった。

 なるほど、表面的には反論の余地はない。参考のために言っておきますが、公安委員会への報告事案はニュースにならないのです。事前に取材していれば全て分かることなんです。知ったら書くことです。書くと、「なんで事前に書かせるんだ」と騒ぐでしょう。それって「言論統制」につながらないの?

 問題定期ー大臣は「役人の作った文を見ない」というのだから、国会の答弁を事務当局は作る必要がなくなるわけです。質疑・応答は大臣がやるんだから、資料を大臣の机の上に山と積んでやればいい。

 で、これまで作っていた「想定問答集」がない訳だから、野党の質問によっては、審議ストップがあるわけだぁ~。想定問答集があるから、国会開会中はそれを作るため、役人の帰宅が深夜になっていた。それが霞が関のタクシーの行列だった。それがなくなる訳ですね。民主党って素晴らしい。各省庁は「答弁集」を作るんじゃないぞ。国民は監視を強めよう。

首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は、70回にわたり900万円振り込む被害など4件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

「疑似児童ポルノ」初摘発、2人逮捕(17日)

成人の女性を少女に見せかけた、いわゆる「疑似児童ポルノ」について、警視庁は全国で初めてわいせつ物と判断し、写真家の男ら2人を逮捕しました。

 わいせつ図画頒布の疑いで逮捕されたのは、写真家の力武靖容疑者(48)とビデオ制作会社役員、河野憲一容疑者(35)です。警視庁の調べによりますと、2人は今年6月、30歳の女性に少女のような格好をさせ、下半身などを撮影したわいせつなDVDを、都内のビデオ店に販売した疑いが持たれています。

 警視庁は、映像の一部で性器が露出していると判断、いわゆる「疑似児童ポルノ」がわいせつと判断されたのは全国で初めてです。取り調べに対し力武容疑者は、わいせつ性について否認したうえで、「児童では法に触れるので、少女っぽい大人の女優を使った」と供述しているということです。Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4236793.html

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

酒井法子被告、逮捕から41日目 ついに保釈(17日)

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優の酒井法子被告(38)が17日午後4時前、警視庁東京湾岸署から保釈された。8月8日の逮捕から40日目で、保釈保証金は500万円。

 早朝から報道陣200人以上が詰めかけていた湾岸署の正面玄関からは、午後4時すぎ、酒井被告の元所属先だったサンミュージックの相沢秀禎相談役が出てきて、無言で車に乗り込んだ。同じ頃、署の裏口から、同社の相沢正久副社長も車に乗り込んだ。

 酒井被告が署の前に姿を見せたのは、午後4時29分。黒の上下のスーツ姿で笑みさえみせ、立ち止まって「酒井法子を応援してくださった皆様、このたびは本当に申し訳ありませんでした」と話し、頭をゆっくりと下げた。この後、酒井被告は午後6時半から都内で謝罪の記者会見を行う予定。

 酒井被告は、8月3日に東京・南青山の自宅マンションで覚醒(かくせい)剤0・008グラムを所持した罪で起訴され、さらに7月30日に家族で訪れた鹿児島・奄美大島で覚醒剤を火であぶって吸引したとして、使用罪で追起訴された。

 捜査関係者によると、酒井被告は取り調べで「もう二度と(覚醒剤に)手を出さない」と反省した様子を見せ、「早く息子に会いたい。今後は夫と息子の3人で静かに暮らしたい」などと話していたという。夫の高相祐一被告(41)=同法違反(所持、使用)の罪で起訴=は16日に保釈されている。酒井被告の初公判は10月26日、高相被告の初公判は同月21日、いずれも東京地裁で開かれる。Banner_logo_051_8 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/303019/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子被告、40日ぶりに保釈(17日)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子(本名・高相法子)被告(38)が17日午後4時30分ごろ、逮捕から40日ぶりに保釈された。
東京湾岸署前から出てきた酒井被告は、頭を下げ、「今まで酒井法子を応援してくださった皆さま、本当にこの度は、申し訳ありませんでした」と話し、再び深々と頭を下げた。
Logo1_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本人カード偽造 韓国人逮捕(17日)

東京都内の飲食店などでクレジットカードのデータを盗み取って偽のカードを作り、ソウル市内で使用して、およそ2500万円をだまし取ったとして韓国人のグループが逮捕されました。

逮捕されたのは、40歳の男ら韓国人の5人です。韓国の警察によりますと、男らは去年4月からことし1月にかけて、およそ230回にわたって、ソウル市内の飲食店で他人名義の偽のクレジットカードを使い、日本と韓国のカード会社からおよそ2500万円をだまし取った疑いが持たれています。偽のクレジットカードは、東京の赤坂や新宿にある飲食店などで、日本人の客がクレジットカードを使った際、男らが飲食店の経営者と共謀して、カードのデータを盗み取ったうえで偽造していたもので、カードはソウル市内の飲食店で使用されていました。警察によりますと、東京の飲食店の経営者だけでなく、カードが実際に使用されたソウルの飲食店の関係者らも、偽造された他人名義のものと知りながらカードでの支払いをさせることで犯行グループから報酬をもらっていたということで、警察は日本人1人を含む複数の飲食店関係者を指名手配するなどして、背後関係をさらに詳しく調べています。News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/k10015552561000.html#

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子3人射殺:死刑囚聴取続く 日中捜査協力の試金石(17日)

東京都八王子市のスーパーで95年に女子高校生ら3人が射殺された事件を巡り「知人が関与した」と証言した日本人死刑囚の男(66)=麻薬密輸罪で中国で死刑確定=に対する警視庁八王子署捜査本部の事情聴取が大連市看守所で続いている。「日中刑事共助条約」(08年11月発効)に基づき捜査員が派遣された初のケースで、聴取内容と共に、日中両国の捜査協力の試金石としても注目される。【古関俊樹、佐々木洋、神澤龍二】

 捜査関係者によると、この男は日本国内で強盗事件を繰り返した日中混成強盗団約30人のリーダーで、愛知など5県警に国際手配されていた。02年7月~03年3月、東京や愛知、大分など9都県で強盗傷害など17件の事件に関与した疑いが持たれている。

 愛知県警などは強盗団のメンバー20人以上を逮捕したが、男は02年11月、名古屋空港から中国に出国。広東省深セン(しんせん)市のホテルで04年6月、中国人らと覚せい剤3.1キロを所持していたとして麻薬密輸容疑で逮捕され、07年8月に死刑が確定した。

 公判中に男と数回面会した男性によると、男は「死刑でも仕方がない」と極刑を受け入れた様子だったという。男性は「面会の際はいつも礼儀正しく、言葉遣いも丁寧で落ち着いた様子だったが、威圧感があった」と話した。現地の総領事館の出張駐在官事務所によると、看守所にはこの男を含めて麻薬密輸罪で死刑が確定した日本人の男3人が収監され、他に同罪などで公判中の日本人も数人収容されているという。

 「日中刑事共助条約」は07年12月、犯罪捜査の円滑化を図るため日中両国政府が署名。捜査当局が外交ルートを通さずに情報交換できるようになった。警察当局によると、今回の捜査員派遣のきっかけは、中国公安当局が昨年、「収監中の男が『知人の男が八王子の事件に関与した』と証言している」と伝えてきたことだった。

 警視庁は今年1月、警察庁を通じて捜査員の派遣を中国側に要請し、日程調整を進めてきた。その結果、警視庁捜査1課の原雄一管理官ら捜査員数人が13日に現地入りし、15日から連日事情聴取をしている。中国で男と行動を共にして同罪で死刑が確定、同じ看守所に収監されている40代の日本人の男についても聴取している。

 事情聴取は、警視庁が事前に用意した聴取事項を基に中国当局が行い、警視庁の捜査員が立ち会う形で進められているという。捜査関係者は「日程調整に時間はかかったが、捜査協力はうまくいっている」と話す。男の証言について警視庁は、中国で死刑執行されるのを免れるための虚偽の可能性もあるとみて慎重に裏付けを進める方針。ある捜査員は「時効まであと約10カ月しかない。どんな情報でもあきらめずにつぶしていく」と話している。 【ことば】八王子3人射殺事件  95年7月30日午後9時15分ごろ、東京都八王子市大和田町4のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で、パートの稲垣則子さん(当時47歳)と、いずれもアルバイトで高校2年の前田寛美さん(同16歳)、矢吹恵さん(同17歳)の3人が拳銃で射殺された事件。公訴時効まで残り約10カ月に迫っている。Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090917k0000e040076000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

先物団体、民主に献金増 営業停止処分の企業幹部が資金(17日)

違法な顧客勧誘などで営業停止処分を受けた商品先物取引企業の幹部らが支援する政治団体が、08年に国会議員らに計806万円を献金していたことが17日、東京都選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書でわかった。献金総額が大幅に減る中、民主党側への献金額は微増しており、「民主シフト」を進めていることがうかがわれる。

 この政治団体は「平成の会」。代表は、東京コムウェル(東京都豊島区)など先物企業4社を中核とする業界グループの元会長(74)が務めている。信用調査会社などによると、4社のうち2社は07年と08年に計3回、顧客トラブルを隠したなどとして国の営業停止処分を受けている。 同会の政治資金収支報告書によると、自民党の議員・派閥への献金は計641万円で全体の約8割。前年と比べ368万円の大幅減だった。一方、民主党は95万円で同14万円増。全体の献金額は07年の1196万円から390万円減ったが、民主側への献金は維持している格好だ。

 献金先を見ると、当時の現職国会議員24人と前職だった3人、政党など5団体。旧大蔵、通産両省、農水省など先物業界を監督する省庁の関係議員が目立つ。

 自民党では、旧通産省で政務次官だった中川秀直氏に80万円、旧通産省出身の西村康稔氏に20万円、同省出身の町村信孝氏に6万円など。民主党は仙谷由人・行政刷新会議担当相に10万円、旧大蔵省出身の平岡秀夫氏に30万円、党の「次の内閣」財務相だった中川正春氏に20万円、同国土交通相の樽床伸二氏に15万円、党本部に20万円だった。08年は国民新党に所属し、今年夏に民主党に移って衆院選で当選した小林興起氏にも50万円を献金していた。献金は大半が政治資金パーティー券の購入やセミナー参加費だった。

同会代表は献金の背景について、「07年の参院選以降、民主党は力を増した。献金すれば議員に業界の話を聞いてもらえる」と説明。民主党が飛び込み営業の規制を主張してきたことに触れ、「民主は先物取引業界に厳しいが、必要な業界だと理解してもらわないと困る」と話した。

 平岡氏は代表にパーティー券購入を頼んだことを認めたうえで、「悪質な先物取引で被害を受けた人のことまで思いが至らなかった。返還も検討する」と述べた。仙谷氏は「先物取引業者でつくる会とは知らなかった。業界側に立って(関係省庁への発言を)やったことはない」と話している。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0917/TKY200909170242_01.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国家公安委員長、司法取引・おとり捜査導入に前向き(17日)

中井洽国家公安委員長は17日の記者会見で、犯罪の容疑者が捜査機関に情報提供する代わりに、訴追時点で有利な扱いを受ける「司法取引」の導入や、おとり捜査の適用範囲の大幅な拡大などの制度改正に前向きな考えを示した。

関連記事

記事本文の続き 会見で中井委員長は、民主党が導入に向けて取り組んでいる取り調べの全面的な録音・録画の導入について聞かれ、「マニフェストなので実施できるようがんばりたい」とする一方で、「司法当局が従来よりも幅広い権限を持たなければ、市民の不安や治安に対する要望は満たされない。取り調べ当局にとって犯罪摘発率を上げる武器を持たせる必要がある」と指摘。その上で、「日本にはなじまないが、おとり捜査や司法取引など捜査が進む手法を考えたらどうかと思う」と述べた。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/302967/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官の会見禁止、国家公安委員長「都合よい情報発信してた」(17日)

中井洽国家公安委員長は17日の記者会見で、各省庁の事務次官会見と同様に警察庁長官の記者会見も禁止したことについて「(警察庁を含む)すべての役所は、政治的中立を保たねばならないが、いろんな形で(政権と)つるまって、自分たちの都合のよい情報を発信し続けてきた」と述べた。

関連記事

記事本文の続き 中井委員長は報道陣から「都合のよい情報発信をしてきた役所には警察も含まれるのか」と問われ、「そうだと思っている」と回答。その上で、「(都合のよい情報発信をするのは)60年同じ政権が続いているんだから。恨み辛みではない。警察が中立性を保ったと、マスコミがいうとは思わなかった」とも述べた。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/302969/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国家公安委の外部事務局、「実現に努力」中井委員長(17日)

中井洽国家公安委員長は17日の記者会見で、公安委員会の事務局が警察庁や各都道府県警に置かれている現行制度を改め、事務局の外部化を進める方針を明らかにした。 中井委員長は、「(外部事務局新設は)私自身が申し上げてきたことがそのままマニフェストに採用されている。この方向に向かって実現できるよう、最大限努力する」と述べた。

 民主党は、衆院選に向けてまとめた政策集で、「警察官による犯罪などが続発し、警察行政への信頼が低下。警察の不祥事に関して公安委員会の役割が問われている」と指摘している。中井委員長の発言は、民主党のこの政策を踏まえたもので、「警察を管理する公安委員会の事務局が警察に置かれていることが一番の問題だ」とし、国家公安委員会の事務局を外部に置く方針に変更がないことを強調。今後、「予算や人事面、法律などの改正作業を進めていく」とした。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/302991/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

また山形県警署員が飲酒運転 火事で非常招集 酒田(17日)

山形県酒田市で住宅10棟が全半焼する火災があった8月下旬、非常招集された酒田署の男性警察官が出勤する際に飲酒運転をしていた疑いがあることが16日、分かった。

 山形県警監察課によると、8月25日午前4時50分ごろ、同市寿町の民家から出火し、5時すぎに署員らが招集された。その際、男性警察官は自宅から車を運転し、事後の検査で呼気から基準値を上回るアルコールが検出されたという。県警は飲酒の状況と運転との関連を調べている。

 山形県警では5月に警部補、7月に巡査長が飲酒運転で逮捕され、懲戒免職となった。県警は再発防止策として非常招集の際には飲酒の有無を確認し、飲酒が分かった場合はタクシーなどの代替手段を使うよう指導していたという。 県警監察課幹部は「事実関係の確認が取れた場合、しかるべき対応を取る」と話した。47newslogo1 http://www.kahoku.co.jp/news/2009/09/20090917t53021.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤所持と使用の罪で起訴された酒井法子被告、17日保釈の見通し その後入院へ(17日)

覚せい剤の所持と使用の罪で起訴された酒井法子(本名・高相法子)被告(38)が17日、逮捕から40日ぶりに保釈され、その後、入院する見通しであることがわかった。一方、夫の高相祐一被告(41)は、16日夕方に保釈された。
酒井法子被告は、覚せい剤の所持と使用の罪で起訴されている。
酒井被告は、すでに保釈が認められていて、500万円の保釈保証金のうち、半額の250万円の納付を済ませている。
関係者によると、東京湾岸署に身柄を拘置されている酒井被告は17日、残りの保釈保証金を納付し、8月8日の逮捕から40日ぶりに保釈される見通しで、姿を見せたあとは、そのまま病院に直行し、入院するという。
一方、覚せい剤の使用と2件の所持の罪で起訴された夫の高相祐一被告は16日夕方、保釈保証金を現金で全額納付し、保釈された。
高相被告は「このたびの件に関しまして、すべてわたしの責任であり、自分が悪いと思っております。皆さま、ご迷惑、そして不愉快な思いをさせて、どうもすみませんでした」と謝罪した。高相被告が乗った車が渋谷署を出る際、車に向かって靴を投げつけた男が一時、身柄を拘束される騒ぎもあった。Logo1
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00163112.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉法相 死刑執行に慎重姿勢(17日)

 千葉景子法相は17日未明の就任記者会見で、思想・言論の自由の制限につながると指摘される人権侵害救済機関について「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ。実現に向けて早急に取り組みたい」と述べ、内閣府の外局として設置する考えを示した。

 自民党政権での人権擁護法案は、救済機関を法務省の外局としていたが、「言論の自由を奪う」などとする党内の強い反発から提出を見送った。民主党案は、内閣府の外局とすることで官邸直結とし、救済機関の権限・影響力の強化が図られている。

 また、千葉氏は、死刑執行について「死刑は人の命にかかわるので法相の職責を踏まえて慎重に取り扱う」と慎重な姿勢を示した。死刑制度の存廃については「広い国民的議論を踏まえて道を見いだしたい」と述べた。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090917/trl0909170048000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(17日)4件

振り込め詐欺:900万円被害の届け出 女性公務員、70回振り込む 寒河江 /山形

Logo_mainichi1_2 寒河江市の女性公務員(45)が振り込め詐欺で九百数十万円をだまし取られたと11日、寒河江署に届け出た。架空の民事訴訟の取り下げを求められ、今月3~9日の平日の5日間で七十数回、現金自動受払機(ATM)から振り込んだという。同署によると、3日に東京の中央管理事務局名の「民事訴訟裁判通達書」のはがきが女性宅に届いた。心当たりはなかったが「給料を差し押さえるなど法的強制手段をとる」との内容に心配になり、電話したところ、男から「民事訴訟が始まっている。費用がかからない国選弁護人の法律事務所を紹介する」と言われた。その電話に連絡すると、弁護士を名乗る男から「取り下げには金を払うしかない」と言われ、指示された複数の口座に現金を振り込んだ。9日に指定された口座が凍結されていたため、同署に相談し被害に気付いた。【浅妻博之】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090916ddlk06040041000c.html

振り込め詐欺容疑、暴力団幹部ら逮捕

Logo2 高齢の女性ばかりを狙って振り込め詐欺を繰り返していたとして、警視庁は山口組系暴力団幹部の男ら7人を逮捕しました。詐欺の疑いで逮捕されたのは、新潟市に住む山口組英組傘下団体の幹部、小川雅人容疑者(33)と新潟市の無職、大杉清一容疑者(47)ら7人です。警視庁の調べによりますと、小川容疑者らは今年2月、江東区の女性(63)に孫になりすまして電話をかけ、「通帳の入ったバッグを電車でなくした。今日中にお金をおろさないといけない」などと言い、現金およそ800万円を騙し取った疑いが持たれています。 警視庁によりますと、小川容疑者らのグループはバイク便業者を装って現金を回収していたということで、これまでに関東地方に住む高齢の女性30人以上から1億円余りを騙し取っていたとみられるということです。 警視庁は、騙し取った金が暴力団の資金源になっていたとみて調べを進めています。(16日22:01) http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4236147.html

多重債務者相手に詐欺

News_pic1_2 借金ができなくなった多重債務者に対して、千葉県内の暴力団員らが「保証金を送れば融資できる」などといって、現金を振り込ませてだまし取っていた疑いが強まったとして警察は、詐欺の疑いで強制捜査に乗り出しました。警察は、だまし取った金額はおよそ3億円にのぼるとみて調べています。詐欺の疑いが持たれているのは、千葉県内の暴力団員ら10人です。警察は、容疑を裏付けるために、組員などが活動の拠点にしていたとみられる東京・足立区のビルの部屋を捜索しています。
警察によりますと、組員らは、ことし7月、多重債務に陥って金融機関から金を借りることができない女性に対し、「数万円の保証金を送れば融資できる」などと繰り返し電話し、現金数十万円を銀行に振り込ませてだまし取った疑いが持たれています。
これまでの警察の調べによりますと、暴力団員らが使っていた金融機関の口座には、おととしからこれまでにおよそ3億円が振り込まれていたということです。
警察は、これらの金が同じような手口で集められたとみて、暴力団員らを逮捕するとともに押収した資料をもとに詳しい経緯を調べています。http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/01.html

詐欺容疑で組員ら10人逮捕 被害3億円近くか

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

5000円札:使用容疑で56歳の男を逮捕 愛知県警(17日)

コンビニエンスストアなどで偽5000円札を使ったとして、愛知県警は16日、同県岡崎市下青野町、風俗店員、嶋脇健悦被告(56)=業務上横領罪で起訴=を通貨偽造・同行使容疑で逮捕した。県警によると、6月に名古屋高速料金所で見つかった偽5000円札数枚と記番号が一致しており、追及する。

 容疑は、08年12月~09年1月、当時店長をしていた名古屋市の風俗店のプリンター複合機で5000円札をコピーするなどして偽造したうえ、同県安城市のコンビニとドラッグストアで缶コーヒーなどを購入したとしている。県警によると容疑を認めているという。県警によると、嶋脇容疑者は紙幣をA4判の紙に2~4枚コピーし、裁断して使っていた。【秋山信一】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090917k0000m040150000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車いす女性、線路に落ち死亡 2年前も事故、対策とらず(17日)

東京都大田区田園調布1丁目の東急東横線多摩川駅下り線ホームで13日、車いすに乗った川崎市の女性(81)が車いすごと線路に転落し、死亡していたことがわかった。同じ場所では2年前にも車いすの女性(95)が転落してけがをしたが、東急電鉄は具体的な再発防止策をとっていなかった。

 同社と警視庁田園調布署によると、13日の事故は午後4時半ごろ、ホームの横浜寄りにあるエレベーター前で起きた。亡くなった女性は長女(61)に車いすを押してもらって1階改札からエレベーターに乗り、2階ホームで降りた。長女がいったん車いすから手を離し、エレベーター内のボタンを操作していたところ、車いすが動き出してそのままホームから線路上に転落。女性は頭を強打し、翌14日に亡くなった。エレベーター前からホーム端までは約5メートルにわたり緩やかな下り傾斜になっている。

 ここでは07年9月、車いすの女性が介助者の手が離れた際に線路に転落し、左足を骨折した。同社によると、介助者が「車いすのストッパーをかけ忘れた」と説明したため、転落防止の対策をとらず、駅員に口頭で車いすの利用者への注意徹底を指示しただけだったという。 同社は今回の事故を受け、エレベーター前に係員を置くとともに、17日朝までにホームの端に転落防止用のさくを設ける。同社は「事態を深刻に受け止めている。再発防止を徹底したい」としている。Logo3_2  http://www.asahi.com/national/update/0916/TKY200909160415.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

会見制限に「官」困惑 「大臣の指示を待つ」(17日)

「新政権が目指す政治主導という考えに立っている」。鳩山内閣が官僚による記者会見を行わないと申し合わせた問題で、16日夜、記者会見に臨んだ平野博文官房長官は繰り返し強調した。「決して言論統制という考え方に立っていない」

 しかし、内閣府がこの日各省庁の広報担当を集めた説明会の出席者によると、内閣府の広報から規制対象となる事例が幅広く示された。「記者にすべてノーコメントで通せというのか」。出席者から疑問の声が上がったという。国土交通省が内閣官房の指示を受けて作成した内部への説明文書は「局長や課長によるブリーフィング(記者説明)、記者懇(談)、勉強会なども(取材対応禁止の)対象となる」と記述。取材への対応についても「政策の見解を述べるものは対象になると考えた方がよい」とし、平野氏の説明と受け止め方に食い違いが生じていた。

 同省幹部は「どこまでが取材応対可能な『事実の説明』で、どこからが対応不可の『見解』になるのか不明確。具体的なガイドラインを作ってほしい」と話す。総務省中堅幹部は「そういう政権を(国民の)みなさんが選んだ」と、皮肉を込めて言った。環境省のある職員も「しばらくは役所の口が重くなるでしょうね」と漏らした。

 ◇〈桂敬一・立正大講師(ジャーナリズム論)の話〉 権力の使い方を全く間違っている。政治が許した形でしか権力への取材は認めないというのはファシズム。報道の自由なぞ存在しなくなる。官僚にしてみれば、取材の申し出の一つ一つについて、政治家へお伺いをたてることなど現実的に出来るはずもない。結局は「政治家でなければ答えられない」と取材を拒むことになるだろう。

 〈英国政治に詳しい阪野智一・神戸大教授(比較政治学)の話〉 政治主導が定着している英国では、官僚はあくまで政治家を補佐する立場。政治的中立と守秘義務が課せられ、記者と接触すべきでないとされている。説明責任、結果責任を負うのは国民からの負託を受けた政治家だ。日本ではこれまで政策の立案のみならず発信まで官僚が握ってきた。新政権の方針は正常な政と官の関係に移行しようというもので、現時点でどこまで実現できるかは未知数だが、とっぴとは思わない。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0917/OSK200909160122.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「H画像送らないとそっち行くぞ」女子高生を脅す(17日)

女子高生にわいせつな画像を送らせたとして、警視庁少年育成課などは、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)などの疑いで、福岡市南区の会社員、松尾一祟容疑者(38)を逮捕した。同課によると、松尾容疑者は「性欲が抑えられなかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、5~7月にかけ、埼玉県立高校2年の女子生徒(16)に、携帯電話のカメラでわいせつな姿を撮影させて自分の携帯電話へ送らせた上、自身のわいせつ行為を撮影した画像を女子生徒に送信したとしている。

 同課によると、女子生徒が携帯電話の自己紹介サイトに書き込みをしているのを見つけ、松尾容疑者が連絡。当初は悩みに乗るなどしていたが、5月下旬に自分の画像を一方的に送り、「わいせつな画像を送らないとそっち(埼玉県)まで行くぞ」と女子生徒を脅したという。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302676/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

計算?金欠? 保釈金“分割払い”狙いは何なのか(17日)

覚せい剤取締法違反罪で起訴された女優、酒井法子被告(38)の保釈が16日となる可能性が高まった。14日午後に保釈が決まったものの保釈保証金500万円のうち250万円だけを15日に納付。異例の“分割払い”の狙いは何なのか。

 関係者によると、酒井被告は「外に出たら皆さんに謝りたい」と希望しているという。残りの250万円は16日に納付し、その後、速やかに会見に臨むとの見方が有力だ。それにしても、保釈金が一括して支払われないのは極めて珍しいパターン。保釈決定から1週間程度の期限内に一括納付するのが通例とされるからだ。

 酒井被告が保釈されるとみられた15日、東京湾岸署前は報道陣200人以上が殺到し、カメラマン用の脚立は240台を数え、上空をヘリが旋回するなどものものしい雰囲気に包まれた。日本テレビによると、午後5時すぎ、榊枝真一弁護士が同署を訪れ、約1時間ほど酒井被告と接見したという。

 本人や警察関係者らと、過熱気味の報道陣や保釈後の対応などを綿密に打ち合わせたもようだ。“分割払い”はその中で生まれたアイデアなのか。日大名誉教授の板倉宏氏は「分割払いはほとんど聞いたことがない。保釈時期の引き延ばしと受け取られても仕方ないのでは」と話す。

 16日は、民主党鳩山由紀夫代表の首相就任と鳩山内閣発足のビッグニュースがある。このため、板倉氏は「大きなニュースがある日に保釈日を合わせて、少しでも混乱を避けようとしたとも考えられる」と指摘する。一方、“金欠”で保釈金が全額用意できていなかったのでは、とみる関係者も。経済的に苦しい被告側が一部金額を払い、2週間程度まで期限を延長されるケースも、まれにあるという。

 「酒井被告レベルのタレントであれば、保釈金は1000万円でもおかしくない」(法曹関係者)という声もある中、500万円に落ち着いたのもそうした事情なのか…。保釈金について、元所属事務所のサンミュージックは「払うことはありません。解雇してますので」としており、酒井被告の逃亡生活に同行していたとされる継母(62)が用立てた可能性が高い。

 酒井被告に弁護士を紹介するなど協力した20年来の知人の建設会社会長(71)は「弁護士に任せている。静かに見守ってほしい」としており、身元保証人には名を連ねていないという。酒井被告の保釈後の居住先については、継母が住む東京都内のマンションの空き室になるとの見方が有力だ。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302718/Banner_logo_051_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大生が食料品万引「お金使いたくなかった」(17日)

埼玉県警越谷署は16日、強盗致傷の現行犯で、越谷市の私立大学1年の女子学生(19)を逮捕した。越谷署の調べでは、16日午前11時半ごろ、越谷市北越谷のスーパーマーケット「ライフコーポレーション北越谷店」で、おにぎりなどの食料品8点(約1500円相当)を万引。逃げようとして、女性警備員(61)を突き飛ばし軽傷を負わせた。 越谷署によると、女子学生は「教科書などで使い道が決まっていたから、お金を使いたくなかった」と供述しているという。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302737/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・銀座のビル火災、20平米焼け延焼防止(17日)

東京都中央区銀座の「銀座富士ビル」で16日深夜に発生した火災は、東京消防庁の消火活動の結果、17日午前2時ごろ、4階約20平方メートルが焼けた後、延焼防止した。けが人はなかった。同庁によると、ビルは6階建てで、4階には飲食店が入っていた。現場はJR新橋駅の東約300メートルで、博品館劇場そばの繁華街。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/302812/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月16日 | トップページ | 2009年9月18日 »