« 2009年9月14日 | トップページ | 2009年9月16日 »

2009年9月15日

2009年9月15日 (火)

酒井法子被告の弁護人、保釈保証金500万円のうち250万円を東京地裁に納付(15日)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴され、保釈が認められた酒井法子(本名・高相法子)被告(38)の弁護人は、保釈保証金500万円のうち、250万円を15日午後、納付した。
酒井被告の弁護人は14日、保釈を請求し、東京地裁は保釈を認めて、保釈保証金は500万円だった。関係者によると、弁護側は15日午後、この500万円のうちの半額250万円を東京地裁に納付したという。
半額納付について、元東京地検特捜部・若狭弁護士によると、全額の用意が間に合わなかったという可能性と、250万円を納付し、残りの250万円については第3者が納付を約束し、保証書を発行しているという可能性が考えられるという。Logo1_3
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00162996.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

意識不明女性:殺人未遂容疑で33歳男逮捕 栃木県警(15日)

宇都宮市野沢町のスーパー駐車場の車内から14日、意識不明の女性が見つかった事件で、栃木県警宇都宮中央署は15日、近くに住む新聞販売店従業員、大谷(おおや)和広容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は11日午後2時ごろ、駐車場2階の乗用車内で、同市陽東、新聞販売店従業員、沖広美さん(32)の首を衣類で絞め殺害しようとしたとしている。同署によると、大谷容疑者は15日午後2時ごろ、宇都宮駅交番に出頭した。「(沖さんの)首を絞めた」と認めているという。2人は同じ新聞販売店に勤務し、今年4月ごろから交際していた。【岩壁峻】Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090916k0000m040099000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸市の住宅街で通り魔 母娘2人けが(15日)

15日午後4時50分ごろ、神戸市長田区宮川町の路上で、同市兵庫区松原通の女性(68)と娘(35)の2人が歩いていたところ突然、後から近づいた男に金づちのようなもので頭などを殴られた。2人は病院に運ばれたが、意識はあり命に別条はないという。男はそのまま逃走しており、長田署は殺人未遂容疑事件として、男の行方を追っている。

長田署によると、男は20~30代くらいで大声を上げて近づいており、女性らは「面識がない」と説明しているという。現場はJR新長田駅の北約1.5キロの住宅街。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302249/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(15、16日
  (単位・レベル)

2やっぱり出会い系サイト

【治安解説】JR仙台駅前の立体駐車場6階の車の中で、秋田市の保育園職員、小玉薫さん(51)が殺害されていた事件で、秋田市出身の37歳の男が死体遺棄容疑で指名手配された。二人の関係は出会い系サイトだった。

 事件の裏にはまた出会い系サイトがあった。

 出会い系サイトに関係する事件は全体的に減少傾向にあるのに、殺人事件は増加傾向なんだよなぁ。

 警察庁によると、過去5年間の検挙件数は平成20年が1592件で18年、19年に次いで3位だが、18年から3年連続で減少している。そして今年の上半期(1~6月)は644件で前年同期よりさらに33件も減った。

 昨年の児童買春の検挙件数は平成16年以来5年間で最低の531件で、その昨年に比べて今年上半期はさらに減少し同期比で66件も少ない218件になった。
 強盗事件も強姦事件も昨年は過去5年間で最低の数字だった。

 ところか殺人事件は、今年上半期で既に3件発生した。過去5年間では平成18年の年間件数が3件で5年間で最高の数字だったが、今年は上半期だけで追いつき、下半期で今回の1件が加わると、過去5年間の年間数字を追い越している。クワバラ、クワバラ…。16日のニュースは組閣で賑やかだろう。よって首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」は岡山県で警察官騙る電話相次ぐなど3件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパートで男に催涙スプレーかけられる(15日)

15日朝、東京・練馬区のアパートの一室で、この部屋に住む20代の男性と一緒にいた20代の女性が、訪ねて来た男に突然、催涙スプレーを吹きかけられました。2人は目に痛みを訴え病院に運ばれましたが、軽傷だということです。

 警視庁によりますと、インターホンが鳴ったため、被害者の男性がドアを開けたところ、男が無言でスプレーを吹きかけたということです。被害者の男性は、男とは面識がないということで、警視庁で詳しく調べています。(15日13:38) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4234909.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京や千葉などで窃盗を繰り返していた中国人の男2人を逮捕 被害総額2,000万円か(15日)警視庁

東京や千葉などで窃盗を繰り返していた中国人の男2人が、警視庁に逮捕された。被害総額は、2,000万円にのぼるとみられている。
窃盗などの疑いで逮捕されたのは、中国人の周訓義容疑者(35)と王訓邱容疑者(33)。
調べによると、2人は2009年8月、東京・世田谷区桜丘のアパートに窓ガラスを破って侵入し、腕時計など54点、360万円相当を盗んだ疑いが持たれている。
調べに対して、2人は「これまでに100件ぐらいやった」などと供述している。
2009年7月以降、東京、千葉、埼玉では、同じような手口による空き巣がおよそ100件相次ぎ、被害総額は2,000万円にのぼっていて、警視庁は、2人の犯行とみて捜査している。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

爆発物をゲートで検知、羽田空港で装置実験(15日)

ゲートを通るだけで、発見が難しい手製爆発物を探知する装置の実験が15日朝、東京・羽田空港の保安検査場で始まった。日立製作所が開発中の「ウオークスルー型爆発物探知システム」と呼ばれる装置で、通行人がゲートを通る際に風を吹き付け、その風の中にわずかに含まれた爆発物の材料の成分を検知するというもの。手荷物を開ける必要がなく、2~3秒で探知できるという。

 文部科学省の「安全・安心科学技術プロジェクト」の一環として、開発を委託したもの。開発担当者から説明を受けながらゲートを通る乗客らは、物珍しそうな表情で装置の間を歩いていた。板橋区の大学生、内田明宏さん(19)は「テロ事件は怖いのでこういう装置があったらいいと思います」と話していた。

 実用化の時期は未定だが、同社の開発担当者は「装置の小型化を進めており、空港や鉄道での導入に向けて、ぜひ実験に協力してほしい」と話していた。実験は16日まで続けられる。(2009年9月15日12時07分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090915-OYT1T00519.htmYomiuri_koudoku1_3

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪で空手3段の女性が強盗犯人を確保(15日)

15日午前6時半ごろ、大阪市福島区福島の路上で、大阪府大東市の主婦、山内麻理子さん(45)が軽乗用車を止めて車外に出て体操をしていたところ、男が突然、運転席に乗り込んで発車しようとするのを見つけた。山内さんは男を引きずり下ろし、ともえ投げをして押さえつけ、110番で駆けつけた福島署員が強盗致傷容疑で現行犯逮捕した。山内さんは空手3段の腕前で、もみ合った際、男に顔などを殴られて軽いけが。

 同署によると、逮捕されたのは住所不定、職業不詳、青木亮容疑者(24)。調べに対し「覚えていない」などと話しているという。

 山内さんは知人女性(46)と一緒にスポーツジムに行く途中だったといい、「車を奪われると思って取り押さえた」と話している。空手歴は30年以上で、同署員が駆けつけたときは、青木容疑者を羽交い締めにして取り押さえていた。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302145/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫県警が窃盗容疑で少年を書類送検(15日)連続ひったくり犯か

兵庫県警生田署は15日、窃盗の疑いで神戸市長田区の作業員の少年(19)=別の窃盗罪で起訴=を書類送検した。同署によると、少年は知人の工員(20)=同=とともに昨年12月~今年4月、自転車に乗った女性を狙ったひったくりを22件繰り返し、計約200万円を奪ったと供述しており、同署は裏付け捜査を進める方針。

 送検容疑は1月5日夜、神戸市中央区八雲通5丁目の路上でバイクに乗り、自転車で通行中の会社員の女性(29)の前かごから、現金約1万8千円の入った手提げかばんをひったくった疑い。少年ら2人は4月、別の窃盗容疑で逮捕され、7月に検察官送致(逆送)、起訴されている。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302147/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島市の公園で散乱した穀物から農薬成分検出(15日)

鹿児島市の公園などでハトやスズメの死骸(しがい)が大量に見つかった事件で、8月上旬にも同じ公園でハト17羽が死んでいるのが発見され、周辺に散乱していたコメから農薬成分が検出されていたことが15日、分かった。鹿児島中央署が鳥獣保護法違反の疑いで調べている。

 今月13、14日に市内の公園や河川敷など5カ所でハト85羽、スズメ6羽が死んでいるのを確認。3カ所では青みがかったコメのような穀物が散乱していたという。県警は穀物の鑑定を進めるとともに、8月の事件との関連を調べている。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302178/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県警が窃盗容疑で次男逮捕(15日)

福岡県警早良署は15日、約1年前に亡くなった大和一道さん=当時(78)=の郵便貯金口座から現金を引き出したとして、窃盗の疑いで、次男で無職の卓弘容疑者(39)=福岡市早良区百道1丁目=を逮捕した。

 早良署によると、卓弘容疑者は「年金が打ち切られるので、死亡を届けなかった」と供述。同署は一道さんが死亡した経緯についても事情を聴く。

逮捕容疑は4日午後5時20分ごろ、一道さんのキャッシュカードを使い、自宅近くの郵便局の現金自動預払機で600円を下ろし、盗んだ疑い。同署によると、10日に早良区の自宅で白骨化した一道さんの遺体が見つかった。卓弘容疑者は同居していたが、遺体発見当時、行方が分からなくなっていた。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/302175/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、大連で男から事情聴取 八王子の強盗殺人事件(15日)

【大連共同】東京都八王子市のスーパーで女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件に関連し、日本の警視庁が中国遼寧省大連市に派遣した捜査幹部らが15日、覚せい剤密売関連の事件で死刑判決を受けた日本人の男(66)が収監されている市内の拘置施設に到着した。日中の捜査当局は男への事情聴取を開始、週末にかけ連日聴取を行う方針。

 日中刑事共助条約に基づく事情聴取は初めて。この男の関係者で、同様に死刑判決を受け収監中の40代の日本人の男も何らかの事情を知っているとみて聴取する。66歳の男が八王子の事件は「知り合いがやった」と知人に話しており、日本側が証言の信ぴょう性を確かめようと、条約に基づき事情聴取を中国側に要請した。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009091501000207.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性麻雀店経営者、羽交い絞めにして死なす 容疑者逮捕(15日)

14日午後8時半ごろ、東京都北区浮間3丁目の「麻雀(マージャン)大和北赤羽店」で、「男女が言い争っている」と通行人から110番通報があった。警視庁赤羽署員が駆けつけたところ、同店女性経営者の大和光(さかえ)さん(69)が店内で倒れており、病院に運ばれたが約9時間後に死亡した。同署は、近くに住む常連客の無職五箇谷(ごかや)俊男容疑者(64)を傷害の疑いで現行犯逮捕、容疑を同致死に切り替えて調べている。

 同署によると、五箇谷容疑者は14日午後8時半前、同店で1人でいた大和さんと口論になり、同店が入るビル2階の踊り場で大和さんを羽交い締めにし、意識不明の傷害を負わせた疑いがある。五箇谷容疑者は約1週間前、大和さんを交えてマージャンをした際にトラブルになっていたという。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY200909150091.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

八王子3人射殺、きょう中国で事情聴取(15日)

14年前、東京・八王子市のスーパーで女子高校生ら3人が拳銃で殺害された事件で、警視庁は15日、「仲間が関与した」と話す中国で収監中の日本人の男の事情聴取を行う方針です。
 この事件は14年前、八王子市のスーパー、「ナンペイ大和田店」でアルバイトの女子高校生ら3人が拳銃で射殺されたもので、中国で死刑判決を受けた日本人の男が「仲間が関与した」と話しているとの情報が中国当局から寄せられていました。

 警視庁は今月13日、捜査員らを派遣し、15日から男の事情聴取を始めます。 実際に話を聴くのは中国当局で、警視庁の捜査員がそれに立ち会う形になるということですが、警察庁によりますと、日中刑事共助条約に基づき事情聴取が行われるのは初めてだということです。事件は時効まで10か月余りとなっています。(15日02:12) Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4234686.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告覚せい剤取締法違反事件 15日以降、保釈保証金が納付され次第、保釈へ(15日)

覚せい剤取締法違反の罪で起訴された酒井法子(本名・高相法子)被告(38)について、東京地方裁判所は14日、保釈を認める決定をした。
15日以降、保釈保証金が納付され次第、保釈されることになる。
酒井被告側は14日午前、保釈を申請し、東京地裁は午後、保釈保証金500万円で保釈を認める決定をした。
酒井被告が拘置されている東京湾岸署には、多くの報道陣が集まったが、14日は、保釈保証金が支払われず、保釈はされなかった。
15日以降、納付され次第、保釈されることになる。
一方、夫の高相祐一被告(41)も14日、東京地裁に保釈の申請をしているが、裁判所の判断は、まだ出ておらず、15日以降に持ち越された。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(15日)3件

振り込め詐欺:情報メール、1000件超える--県警、4月開始以来 /福島

Logo_mainichi1_2 県警は10日、振り込め詐欺専用のメールアドレスに送られてきた情報提供が、4月27日の受け付け開始以来、1000件を超えたと発表した。県警捜査2課は「自分に届いたはがきやメールに少しでも不安を感じたらメールを送ってほしい」と話している。受信件数は10日正午までに1003件あった。うち架空請求詐欺関連は814件を占めた。提供情報には請求元の名称や電話番号が記され、県警はデータベース化などして捜査に活用している。同課は▽利用した覚えがなければ請求に応じない▽見覚えのないアドレスにはアクセスしない--などと呼び掛けている。メールアドレスはfurikome@police.pref.fukushima.jp。【蓬田正志】

警察官かたる不審電話相次ぐ 岡山県警

News_pic1 14日午後、岡山市内の住宅に、警察官をかたった不審な電話が相次ぎ、警察では「不審な電話があったらすぐに警察に相談してほしい」と注意を呼びかけています。14日正午すぎ、岡山市北区の70代の女性の家に男の声で「県警本部のヤマグチです。
お宅の郵便貯金通帳とキャッシュカードが盗まれています」という電話がありました。
不審に感じた女性がすぐに電話を切ったため、被害はありませんでしたが、その後も、市内の各地で「県警防犯課フジモト」や「捜査二課ヤマグチ」などと、同じように警察官をかたった不審な電話があわせて10件、相次ぎました。警察によりますと、3月には警察官をかたった電話がかかってきた岡山市内の80代の女性が、実際にカードを渡しておよそ25万円を引き出されたケースもあったということです。
警察では「少しでも不審に感じたらいったん電話を切って、警察に相談してほしい」と注意を呼びかけていますhttp://www.nhk.or.jp/okayama/lnews/05.html

全国警察で振り込め詐欺「抵抗力」強化キャンペーン

~カラオケ業者やボウリング場事業者と連携~

Pchlogom 警察庁、全国の警察では、9月7日~16日まで、「振り込め詐欺『抵抗力』強化キャンペーン」を実施している。同庁では、カラオケ事業者やボウリング場事業者と連携しチラシ配布等の予防対策を行っているほか、全国の警察ではキャッチフレーズや各種キャンペーンを通じて振り込め詐欺等の撃退ポイントを呼び掛けている。http://www.police-ch.jp/news/

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員制度:廃止求め、東海3県弁護士が声明(15日)

 東海3県で初の裁判員裁判が津地裁で15日から始まるのを前に、「裁判員制度の廃止を求める東海弁護士の会」が14日、「裁判員制度は裁判員となる国民に過大な負担を強いる」などと廃止を求める声明を発表した。

 同会は3県の弁護士約200人が呼びかけ人・賛同者となっている。声明は裁判員制度について、憲法で保障された裁判官による裁判を受ける権利を被告人から奪うと指摘。「短期間の審理が弁護活動を困難にし、従来にも増して冤罪(えんざい)を生む危険性を高める」などと主張している。Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090915k0000m040142000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

穀物に毒?ハトの大量死、また鹿児島で(15日)

鹿児島市の中心街にある公園や小学校などで13日から14日にかけ、ハトなど91羽の死骸が相次いで見つかった。

現場には変色した穀物や鳥が吐いたとみられる物が残されており、鹿児島中央署は毒物がまかれた可能性があるとみている。

 発表によると、死骸が見つかったのは同市・天文館周辺にある公園や市立山下小の敷地内など計6か所で、ハト85羽とスズメ6羽。いずれも外傷はなく、現場からは、一部が青みがかった米のような穀物などが見つかった。

 同市新屋敷町の公園では、8月上旬にもハト十数羽が死んでいるのが見つかり、ここにも穀物が落ちていたという。回収した穀物などの鑑定を鹿児島県警科学捜査研究所が進めており、同署は毒物が確認された場合は鳥獣保護法違反の疑いで捜査する。(2009年9月14日23時06分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090914-OYT1T01182.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

夜の路上で跳びげり、女性からバッグ奪う(15日)

埼玉県警蕨署は14日、常習累犯窃盗罪で起訴されている同県戸田市笹目、大工畠山達也被告(32)を強盗傷害容疑で再逮捕し、さいたま地検に送検したと発表した。

同署によると、畠山被告は5月19日夜、自宅近くの市道で、帰宅途中の派遣社員の女性(40)に後ろから跳びげりをし、倒れたすきに、現金約8万円などの入ったバッグを奪った疑い。女性は顔から倒れ、歯茎に重傷。

 畠山被告は「スナックやキャバクラに金を使い、生活費に困ってやった」と話し、同署管内で5月~8月に起きた路上強盗4件について関与をほのめかしているという。畠山被告は、自宅近くの市道で8月、女性のバッグをひったくろうとしたとして逮捕、起訴されていた。(2009年9月15日00時52分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090915-OYT1T00009.htm?from=main7

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

落とし物の2万円窃盗容疑で駅員逮捕 西武・本川越駅(15日)

落とし物として駅で預かっていた現金を盗んだとして、埼玉県警川越署は14日、東京都東村山市在住の西武鉄道の女性職員(20)を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。

 同署によると、女性は19歳だった2月15日、勤務していた川越市の西武新宿線本川越駅で、拾得物として保管されていた2万円を盗んだ疑いがある。拾得物リストに登録されていたデータも削除したという。同社が7月、データの改ざんに気付き、拾得物がなくなっているなどと同署に相談したという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0914/TKY200909140377.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生120人、「痴漢ストップ」訴え JR池袋駅(15日)

東京・JR池袋駅を利用する女子高校生約120人が14日夕、同駅で男性乗降客に「ストップ・ザ・チカン」を訴えた。この日から始まった痴漢被害防止週間を広く知ってもらおうと、警視庁が彼女たちにお願いした。

 制服姿の女子高生らはメトロポリタン口前の広場で「痴漢行為は許しません。泣き寝入りはしません」と宣言文を読み上げた。被害に遭ったことがあるという女子生徒は自衛策について「私は混雑する急行には乗らないで、各駅停車でこまめに『ストップ』しています」と話した。 Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0914/TKY200909140384.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士業務妨害の実態は…逆恨みの暴力や事務所襲撃 (15日)

弁護士が受任案件に絡んで遭う業務妨害の実態を、日本弁護士連合会日弁連)の委員会がまとめ、「弁護士業務妨害対策マニュアル」として紹介している。妨害行為で生命や身体の危機にひんするケースも多く、日弁連では「注意を喚起しておくべき社会状況に入っている」と、各地の弁護士会に呼びかけている。

 対策マニュアルは弁護士業務妨害対策委員会が平成11年から作成し、会員らに配っているが、今年8月の改訂版で初めて、6年7月から今年5月までに全国で起きた業務妨害事件57件を一覧表で紹介した。会員のアンケート回答や報道、独自調査で収集したもの。

 それによると、妨害行為でもっとも多いのは、(1)暴行・傷害・殺人・器物損壊で34件。被害は弁護士本人のほか事務員や家族らにもおよび、計3人が亡くなっている。妨害者はDV離婚、ストーカー事案の相手(男性)、訴訟結果を逆恨みした依頼者など。「DV加害者は、暴力が妻についている弁護士に向けられるケースが多い」と三溝直喜同委委員長。

 また、(2)脅迫・恐喝は14件あり、債務事件処理をめぐって約6年で3億円以上の恐喝被害に遭い、追いつめられて横領事件を起こした弁護士もいた。(3)名誉・信用棄損、偽計は、事務所近くで「無能な弁護士」などと街頭宣伝されたり、出前などの架空注文や火災の虚偽通報など9件あった。

 (2)(3)では、インターネットによる名誉棄損、犯罪予告や、高額賠償請求、懲戒申し立ての乱用など知能化の傾向もある。ただ、(2)(3)は表面化しにくく、実際には「はるかに多いと推定される」ともしている。弁護士業務妨害について日弁連の藤本明副会長は「即時独立、早期独立が増え、弁護士事務所で人との接し方や避け方など“対人力”を養う経験が減っていることも背景にあるかもしれない」と見る。

マニュアルでは妨害者、行為の類型ごとの予防策、対策を紹介し、52弁護士会のうち対策委があるのは28会(20年12月現在)にとどまっていることから、早急な対応を促している。

 日弁連の委員会は、元年11月に発生した坂本堤弁護士一家事件の調査のための協議会が前身。三溝委員長は「坂本弁護士事件を知らない世代も出てきている。改めて業務妨害対策について考えてほしい」と話し、11月にはシンポジウムも開催する。

 ■弁護士業務妨害の暴行・傷害・殺人事例(妨害者、被害者、態様、発生年月、所属弁護士会-の順)

 ▼工事差し止め申請の依頼者、弁護士、刺身包丁で刺され失血死、平成8年2月、東京

 ▼顧問を務める会社への苦情者、弁護士の妻、自宅でナイフで刺され死亡、9年10月、第一東京

 ▼ストーカー行為の相手方、弁護士、素手で顔面を数回殴打され腹部を蹴られる、13年9月、福岡県

 ▼離婚調停の相手方、弁護士の妻と事務員3人、事務所で人質に取られ灯油をまかれる、15年4月、新潟県 

 ▼離婚訴訟の相手方、女性弁護士、出刃包丁で切りつけられ顔面神経切断などに、16年9月、千葉県

 ▼DV離婚訴訟中の相手方、女性事務員2人、素手やかなづちで殴られ頭蓋骨骨折の重傷などに、19年3月、兵庫県

 ▼弁護士に財産管理を依頼した母親の所在を探す息子、女性事務員、ハンマーで殴打され死亡、19年9月、大阪

 ▼交通事故訴訟の相手方、弁護士、灯油を浴びせられ顔などに炎症、20年9月、福岡県

 ▼夫婦関係調停の相手方、女性弁護士、頭髪をつかまれ髪を引き抜かれ事務所のガラス損壊も、21年5月、大阪http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090914/trl0909142259027-n2.htmMsn_s1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台の女性殺人で37歳男を指名手配(15日)

JR仙台駅前の立体駐車場6階の車の中で、秋田市の保育園職員、小玉薫さん(51)が殺害されているのが見つかった事件で、仙台中央署捜査本部は14日、小玉さんと一緒に行動し、事件発覚後から行方不明になっている秋田市出身の男(37)を死体遺棄容疑で全国に指名手配した。捜査本部は、男が県外に逃亡しているとみて、行方を追っている。

 捜査本部などによると、小玉さんの車は7日午後8時10分ごろに駐車。この直後に男が立ち去る姿が防犯カメラに写っていた。男の姿は仙台駅のカメラでも確認され、新幹線を利用した可能性もあるという。

 小玉さんと男は出会い系サイトで知り合い、小玉さんが勤務先から帰宅した4日夕から6日までに会ったとみられる。小玉さんは7日から無断欠勤しており、車が駐車場に入った時点で殺害されていた可能性が高い。Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301928/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月14日 | トップページ | 2009年9月16日 »