« 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月14日 »

2009年9月13日

2009年9月13日 (日)

東京・板橋区夫婦殺害放火事件 警視庁、現場近くの駅などで情報提供呼びかけるビラ配り(13日)

東京・板橋区の住宅で2009年5月、資産家の夫婦が殺害され自宅などが放火された事件で、警視庁は、現場近くの駅などで情報提供を呼びかけた。
この事件は2009年5月、板橋区弥生町の不動産賃貸業・瀬田英一さん(74)と妻・千枝子さん(69)が殺害され、自宅などを放火されたもの。
瀬田さん夫婦は、鈍器で頭を殴られ刃物で胸を刺されるなどして殺害されたとみられているが、警視庁は、捜査に進展が見られないことから、現場近くの駅でビラを3,000枚配るなどして、事件に関する情報提供を呼びかけた。情報提供は、板橋署「03-3964-0110」まで。http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00162872.htmlLogo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人未遂:男性刺した疑い…交際の少女逮捕 静岡県警(13日)

静岡県富士市のJR富士駅前の交番前で、交際していた男性(20)をナイフで刺して重傷を負わせたとして、県警富士署は13日、沼津市内のアルバイト店員の少女(17)を殺人未遂と銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前11時ごろ、富士駅北口にある駅前交番近くの路上で、別れ話をしていた山梨県南部町の男性会社員の脇腹を果物ナイフ(刃渡り8センチ)で刺し、1カ月の重傷を負わせたとしている。少女は「殺すつもりはなかった」と供述しているという。 同署によると、2人は昨年12月から交際していた。【望月和美】Logo_mainichi1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090914k0000m040078000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交番に包丁強盗、警察官2人に「金を貸せ」(13日)

13日午後0時25分頃、大阪市西区九条の西署松島交番に押し入った男が、署員2人に包丁(刃渡り14センチ)を突きつけ、「金を貸せ」と脅した。

 署員が「話を聞くから、包丁を置け」と一喝すると、男がカウンターに包丁を置いたため取り押さえ、強盗未遂容疑で現行犯逮捕した。交番には当時、署員計4人がいたが、けがはなかった。発表によると、男は同区本田、無職市瀬浩容疑者(49)。「生活保護の金が少なくなり、警察なら貸してくれると思った」などと供述している。(2009年9月13日21時16分  読売新聞)Banner_logo_051_10 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090913-OYT1T00675.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「路上で将棋指すな」と男性刺され死亡 82歳を逮捕(13日)

路上で将棋を指すのをやめるよう注意したのに聞き入れられず、男性の腹を刺したとして、警視庁浅草署は13日、殺人未遂の現行犯で、東京都台東区清川に住む無職、明光(あけみつ)孝容疑者(82)を逮捕した。同署によると、明光容疑者は「将棋をやめないから刺した。おれを怒らせることをした」などと容疑を認めている。

男性は近くの病院に運ばれたが間もなく死亡した。同署は容疑を殺人に切り替え、詳しい動機を調べている。同署の調べによると、明光容疑者は同日午後1時35分ごろ、自宅前の路上で、男性が将棋を指しているのを注意したことから口論となり、自宅から刃渡り約12センチの果物ナイフを持ち出し、男性の腹部を数回刺した疑いが持たれている。通報を受け駆けつけた同署員が、現場にいた明光容疑者を取り押さえた。死亡したのは現場近くに住む60歳代の男性とみられ、同署で身元の確認を急いでいる。Banner_logo_051_9 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301521/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(13、14日
  (単位・レベル)

2警察は弱いんです

【治安解説】 DVどうすれば防げるか
 今度は、福岡市東区で、35歳の女性が夫に殺害される事件があり、41歳の夫が逮捕された。女性は、夫の暴力に耐えかねて度々、警察に相談していた。

 女性は夫の暴力について平成19年9月以降、警察に何度も相談。警察は今年5月、傷害容疑で夫を現行犯逮捕したが、女性が被害届を取り下げたため、釈放していた=読売新聞電子版

 なぜ、こんな事態が全国で繰り返されるのか。国民にじっくり考えてほしいのは、「警察は、がんじがらめに縛られており非情に弱い部分がある」ということです。

 「なんでもできる」と思ったら間違いなんです。だったらどうするか。強くするには「被害届けがなくても逮捕できる」ことを可能にすることでしょう。

 DVやストーカー行為、デートDVなど限定した罪種に、刑事手続き上の特例を作ればいいんです。そして検察は「裁判の結果」を恐れずに、送致した事案を受けることなんてす。「無罪」より「人の命」は重いはずです。

 江戸時代の「同心」を指揮していた「与力」なら、簡単に解決することでしょう。後は「大岡裁き」に任せればいいんです。

 それができなければ、「被害届けを出さなかった人」の全責任にすれば良いだけの事です。最近はガードマンによる24時間警護もあるので利用すればいいでしょう。「自分の身は自分で守りなさい」の原則にすれば良いだけのことです。

 タクシー運転手から現金を奪おうと刃物でけがを負わせた男が警視庁城東署に強盗致傷の現行犯で逮捕された。男は、江東区南砂に済む44歳の派遣社員で、同様手口のタクシー強盗事件が4件あり関連を調べているという。まさに「天網恢々疎にして漏らさず」ですな。首都東京の治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」は、架空請求詐欺被害など2件http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国に警視庁捜査員派遣 八王子スーパー射殺事件(13日)

東京都八王子市大和田町4丁目の「スーパーナンペイ大和田店」で95年、アルバイトの高校生ら女性3人が射殺された事件で、覚せい剤を密輸したとして中国で死刑判決を受けた日本人の男(66)が「知人が事件に関与した」と周囲に話していることがわかった。警視庁は男から事情聴取するため、収監されている中国・大連に13日、捜査員を派遣した。

 男は、02~03年に愛知県や福岡県などで資産家らを狙った強盗を繰り返した日本人と中国人の強盗団の首謀者とされる。指名手配されたが、02年に出国し、04年6月、中国で覚せい剤所持容疑で逮捕され、07年8月に死刑判決が確定した。

 警察当局は中国側に捜査員の受け入れを要請していた。事情聴取は中国公安当局者が行い、日本の捜査員が立ち会う形になるという。

 事件は95年7月30日午後9時15分ごろ、同店2階事務所で発生。稲垣則子さん(当時47)と、いずれも高校2年の矢吹恵さん(同17)、前田寛美さん(同16)が頭を拳銃で撃たれ、殺された。 Logo3_3 http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY200909130047.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

娘誘拐容疑で母と祖母逮捕 佐賀(13日)

佐賀県警武雄署は12日、別居中の娘(3)を保育園から連れ去ったとして、未成年者誘拐の疑いで、母親で無職の太田智子容疑者(43)=長崎市滑石=と、祖母で無職の片淵艶子容疑者(76)=同市鳴海町=を逮捕した。娘にけがはなかった。

 逮捕容疑は、12日午後1時10分ごろ、佐賀県武雄市武雄町の保育園で別居中の娘に「絵本を見せてあげる」などと誘い、娘を養育している父親の許可なく太田容疑者の自宅まで連れ去った疑い。保育園の職員には「今日は父親は迎えに来られない」と話していた。

 武雄署によると、2人は「なぜ逮捕されるのか、納得いかない」と供述しているという。連れ去られた後、不審に思った保育園職員が110番した。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301364/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

回転ずし店から72万円強奪(13日)

13日午前6時半ごろ、東京都足立区谷中1丁目の回転ずし店「すし銚子丸綾瀬店」に男が裏口から侵入し、開店作業をしていた店員(26)に刃物を突き付けて「金を出せ」と脅し、金庫にあった売上金約72万円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。 警視庁綾瀬署は強盗容疑で男の行方を追っている。綾瀬署によると、男は30歳くらいで身長160~170センチ。サングラスに黒い長袖シャツ、ジーパン姿だった。店員は「片言の日本語で脅された」と話しているという。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301397/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー強盗の派遣社員逮捕 警視庁(13日)

 タクシー運転手から現金を奪おうと刃物でけがを負わせたとして、警視庁城東署は13日、強盗致傷の現行犯で、東京都江東区南砂、派遣社員、冨樫秀美容疑者(44)を逮捕した。 同署によると、冨樫容疑者は「遊ぶ金が欲しかった」と供述。付近では8月以降、同様の手口のタクシー強盗事件が4件あり、同署で関連を調べている。

 同署の調べでは、冨樫容疑者は13日午前1時ごろ、江東区南砂の路上でタクシーに乗り、男性運転手(46)に包丁を突きつけ「金を出せ」と脅迫。運転手が抵抗し車内でもみ合いとなっているのを、連続強盗事件の警戒をしていた警察官が発見し、冨樫容疑者を取り押さえた。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301409/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告「出たら、皆さんに謝りたい」(13日)

覚せい剤取締法違反(使用)の罪で11日に追起訴された女優で歌手、酒井法子被告(38)が、「外に出たら、皆さんに謝りたい」と話していることが12日、分かった。一時は保釈を“拒否”するかのような言葉も漏らしていた被告の心境の変化を感じさせる供述で、早ければ週明けの14日にも、担当弁護士により保釈請求が行われる可能性が高まった。

 7月30日ごろ、夫の高相祐一被告(41)、長男(10)の3人で訪れていた鹿児島・奄美大島のホテルで覚せい剤を使用した罪で11日に追起訴された酒井被告。夫の高相被告も千葉・勝浦市の別荘で覚せい剤を所持した罪で同日に追起訴され、夫妻の事件捜査は終結を迎えた。

 保釈が認められれば、晴れて“シャバ”に出られる身となったが、酒井被告は10日に明らかになった供述では「今出ても騒がれて息子にもすぐ会えない。もうしばらく我慢して落ち着いたころに出たい」と複雑な心境を吐露。しかし、追起訴から一夜明けた12日は一転、「外に出たら皆さんに謝りたい」と保釈後の行動について話しているという。

 先月8日の逮捕から約40日間も会えずにいる長男を案じ、切ない母心が芽生えたのか、心境が変化したようだ。取り調べが進むにつれ、笑顔も見せるようになったが、子供の話になると涙ぐむことも多かったという。

 週明けにも酒井被告の継母(62)や夫の両親などが保釈請求を出す見通しで、身元引受人が夫の両親になった場合は、裁判所へ届け出る住所は義父母の実家にほど近い東京・南青山の自宅マンションになる可能性が高い。

 ただ、酒井被告が逮捕前に6日間逃亡したことなどから、検察側は「証拠隠滅や再び逃亡する恐れがある」として保釈に反対する意向。保釈が認められなければ、身柄は今後、東京湾岸署から東京拘置所に移送されるとみられる。

 またこの日、逮捕直後に覚せい剤を使っていたと認めなかった点について「悪いことをしてしまったという思いと、自分の将来やマスコミに取り上げられることを考えたから」と供述していたことが新たに判明。さらに「嘘をついてすみません。このまま吸い続けていたらダメになっていた。逮捕されてよかった」と、落ち着いて反省しているようだ。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/301400/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際相手の男に逮捕状 秋田女性殺害の疑い(13日)

JR仙台駅前の駐車場ビルに止めてあった乗用車内で秋田市のパート小玉薫さん(51)が他殺体で見つかった事件で、仙台中央署捜査本部は12日、殺人容疑で、小玉さんと交際していた男の逮捕状を取った。

 捜査本部は、小玉さんの携帯電話に男と連絡を取り合っていた記録が残っていたほか、車内から男の指紋が検出されたことなどから、事件にかかわった疑いが強いと判断した。男は宮城県外に逃亡した可能性があり、身柄拘束に全力を挙げている。

 捜査関係者によると、小玉さんの乗用車は7日に仙台市に入ったことが自動車ナンバー自動読み取り装置(Nシステム)などで分かった。小玉さんの死因は首を絞められたことによる窒息で、死後数日経過。凶器は見つかっていない。小玉さんの携帯電話や免許証は車内に残されており、争った形跡はなかった。車は施錠され、鍵はなかった。

 捜査本部によると、現場の駐車場の防犯カメラに、小玉さんの車の近くで不審な人物が写っていたが、小玉さんが車から降りた形跡はなかった。

 小玉さんの遺体は10日午後4時半ごろに見つかった。勤務先の秋田市の保育園によると、4日まで通常通り勤務し、土日をはさんで7日から無断欠勤していた。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009091201000693.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

仙台駅前立体駐車場女性殺害事件 女性ののどの骨が砕けていたことが判明(13日)

宮城・仙台駅前の立体駐車場の車の中で10日、秋田市に住む51歳の女性が殺害されているのが見つかった事件で、司法解剖の結果、女性ののどの骨が砕けていたことが新たにわかった。
この事件は10日午後4時半ごろ、JR仙台駅前にある立体駐車場に止めてあった乗用車の中で、秋田市桜ガ丘の小玉 薫さん(51)が殺害されているのが見つかったもの。
小玉さんの死因は、首を絞められたことによる窒息死だったが、司法解剖の結果、小玉さんののどの骨が砕けていたことが新たにわかった。
警察は、かなり強い力によって首を絞められたとみて調べている。
また、車内に争ったような形跡はなく、警察は、顔見知りによる犯行の可能性があるとみている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00162852.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(13日)2件

振り込め詐欺:「詐欺関与従属的」 女に猶予付き判決--地裁 /島根

Logo_mainichi1_2 元山陰合同銀行員の男と共謀し、80代女性からキャッシュカードをだまし取り、口座から現金200万円を引き出したとして、詐欺や窃盗などの罪に問われた雲南市大東町の接客業、高橋奈央被告(24)の判決公判が11日、松江地裁であった。吉井隆平裁判官は「被告人の関与が従属的なものにとどまる」などとして、懲役2年、執行猶予4年(求刑同2年)を言い渡した。判決などによると、高橋被告は生活費に困り、昨年11月に当時山陰合同銀行の行員だった木山裕史被告(31)と共謀して、松江市内の80代女性から行員を装い同銀行のカードをだまし取った。その際に暗証番号も聞き出し、高橋被告は同市内の現金自動受払機(ATM)で2回にわたり現金計200万円を引き出し、木山被告から4万円の報酬を受け取った。【目野創】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20090912ddlk32040495000c.html

架空請求詐欺で217万円被害

News_pic1 金沢市の50代の男性が携帯電話のサイトの登録料などを要求され、簡易型の郵便小包「エクスパック」を使って現金あわせて227万円あまりを郵送してだまし取られ、警察で架空請求詐欺事件とみて、捜査しています。

8月26日、金沢市に住む51歳の自営業の男性の携帯電話に「サイトの登録料が未払いになったままです。翌日の正午までに連絡がない場合は身辺調査をします」などと書かれたメールが届きました。男性がメールにある連絡先に電話すると、若い男の声で「登録料と延滞料をあわせて11万4000円を郵便小包で送ってください。お支払いいただけない場合は携帯電話の発信者の名義を調べて身辺調査をします」と言われたため、指定された東京の住所にあてて、簡易型の郵便小包「エクスパック」を使って現金を郵送しました。
その後翌日に再び同じ男の声で電話があり、「供託金としてさらに216万円を支払わなければ財産の差押さえなどの法的手続きをとります」などと言われたため、再び「エクスパック」を使って現金を郵送しました。ところがその後、男と連絡がつかなくなったため、この男性はきのうの夜になって警察に被害届を出しました。警察では架空請求詐欺事件として捜査を進めています。http://www.nhk.or.jp/kanazawa/lnews/04.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヘリ墜落:遭難救助、3000M超経験なし 若鮎2号(13日)

岐阜県高山市の北アルプス奥穂高岳(3190メートル)で県防災ヘリコプター「若鮎2号」が墜落し、搭乗員3人が死亡した事故で、同機は3000メートルを超える山岳地帯での救助経験がなかったことを12日、県防災課が明らかにした。97年の同機導入と同時に県庁入りした操縦士の朝倉仁さん(57)は同機専従で、同様に経験がなかったという。

 県防災課の鈴木金治・防災対策監によると、遭難の119番があると県防災航空センターに連絡が入り、センターは岐阜県警察航空隊と調整、県防災ヘリと県警ヘリのいずれが出動するか決める。だが現場が険しい山岳地帯の場合、これまで県防災ヘリが現場で救助にあたったことはなかったという。

 若鮎2号も導入以来、北アルプスのふもとのヘリポートまで救助に向かったことはあるが、3000メートル以上でホバリングして遭難者を引き上げた経験はなかった。

 だが今回は両者が協議し、県警ヘリは出動しなかった。鈴木・防災対策監は「警察航空隊からセンターに『警察に直接通報がなければ出動できない』と説明があったと聞いている」とした上で「一刻を争う事態だったので出動した」と説明した。県警幹部は「事実関係を確認したい」としている。【山田尚弘】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/today/news/20090913k0000m040111000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

包丁?突きつけ4万円奪う 尼崎でコンビニ強盗(13日)

12日午後9時ごろ、兵庫県尼崎市塚口町4のコンビニ店「サンクス塚口町4丁目店」で、男が女性店員(63)に包丁のようなものを突きつけて「金を出せ」と脅し、レジから現金約4万円を奪って逃げた。店員にけがはなく、尼崎北署は強盗事件として捜査している。同署によると、男は20代ぐらいで身長は約170センチ。黒っぽいTシャツを着て、黒っぽいキャップをかぶり、眼鏡をかけていた。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301302/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

非番の副署長が一喝 車を傷付けた男取り押さえる(13日)

非番の副署長が一喝-。大阪府警摂津署の円城寺小二朗副署長(58)が12日、兵庫県伊丹市の駐車場で車に傷を付けていた男を取り押さえて器物損壊容疑で現行犯逮捕した。

 伊丹署などによると、副署長は近くの飲食店で妻らと食事中、店内でいすから何度も立ち上がるなど挙動不審な男に気付いた。食事を終えて外に出ると大きな金属音が。見に行くと男が車に傷を付けていた。「こら何しとんのや。警察や」。副署長は一喝すると、その場で男を取り押さえて現行犯逮捕。駆け付けた伊丹署員に引き渡した。

 逮捕容疑は同日午前9時半ごろ、伊丹市昆陽南の飲食店の駐車場で宝塚市の女性の乗用車に鍵で傷を付けた疑い。伊丹署によると、男は精神的な疾患の通院歴があり「車の先に自転車を止めていた。鍵を持っていてふらついた」と容疑を否認している。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/301303/Banner_logo_051

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

腰にナイフ2本、同級生メッタ刺し…34歳男逮捕(13日)

12日正午頃、愛知県愛西市北一色町、電気設備業鈴村広海さん(60)方に、男が玄関から無言で上がり込み、次男の無職・武さん(35)の胸や腕などをメッタ刺しにし、止めようとした妻(61)にも切りつけた。

 武さんは病院に運ばれたが、約6時間後、出血性ショックで死亡。妻は両手などに軽いけがをした。通報で駆けつけた津島署員が近くの路上で、ナイフ2本を腰のベルトに差し、返り血を浴びていた男を見つけ、殺人未遂と傷害容疑で現行犯逮捕した。男の足元には、凶器とみられる血の付いたサバイバルナイフも落ちていた。

 発表によると、逮捕されたのは同県春日井市の無職の男(34)。同署は殺人容疑に切り替えて調べている。男は武さんと小中学校の同級生で、調べに対し、「(武さんは)俺のことが嫌いになったのか、話をつけに来た」などと供述しているという。供述に意味不明な部分があり、同署は刑事責任能力があるか調べる方針。(2009年9月12日20時06分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090912-OYT1T00742.htm

Yomiuri_koudoku1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒酔い運転取り調べ中に体調急変、容疑者死亡(13日)

12日午前6時半頃、岐阜県多治見市の県警多治見署で、道交法違反容疑(酒酔い運転)で取り調べを受けていた同県恵那市三郷町、郵便事業会社員・伊藤和幸容疑者(47)が体の不調を訴え、病院に運ばれたが、約6時間後、死亡した。

 発表によると、伊藤容疑者は同日午前2時頃、酒に酔って軽乗用車を運転し、瑞浪市の石垣に激突したとして、緊急逮捕され、同6時15分頃から取り調べを受けていた。死因は、外傷性肝破裂による出血性ショックで、同署は衝突の際にハンドルで腹部を強く打ったとみている。

 同市消防本部によると、事故後、現場に到着した救急救命士が、伊藤容疑者の体を触診したり、脈拍も調べたりしたが、異常は見あたらなかったため、病院へ搬送しなかったという。同署によると、取り調べを始めて間もなく、伊藤容疑者が質問に答えなくなり、顔色も青白くなったため、病院へ運んだという。

 同署幹部は「伊藤容疑者が腹痛などを訴えることはなく、取り調べ中の措置に問題はなかった」と話しており、同消防本部も「出来る限りのことはしており、落ち度はない」と説明している。(2009年9月12日20時19分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090912-OYT1T00767.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ペーパー会社使い、他にも不正融資 三井住友元行員(13日)

不動産会社「コシ・トラスト」側が三井住友銀行から融資金をだまし取ったとされる事件で、同行元行員堀真文容疑者(44)らが、逮捕容疑となった融資の他にも、同様にペーパー会社を受け皿に不正に融資を引き出していた疑いの強いことがわかった。融資のため決算書類を改ざんするなどしていたといい、警視庁はこれらの不正融資についても詐欺容疑で捜査している。

 捜査2課によると、コシ社や関連の約80社は同行から03年からの約5年間に計約612億円の融資を受け、うち約164億円が焦げ付いた。 同行によると、関連の会社のうち十数社は実体がなかった。捜査関係者によると、警視庁はこのうち数件の融資を詐欺容疑で捜査対象にしている。そのひとつ、東京都内の産業用ロボット設計会社に03年末ごろ約5千万円が融資された件について、逮捕者の1人であるコシ社元社員が逮捕前、取材に証言した。このペーパー会社の社長役だった。

 元社員によると、堀容疑者とコシ社社長中林明久容疑者(41)らは決算書類を改ざん。融資の審査のために堀容疑者とその上司による面談が行われた際は、堀容疑者から事前に「審査の段階でOKにするから心配ない。堂々と面談に応じてくれ」と指示され、質問事項やその受け答えも具体的に示されたという。

 元社員は「ペーパー会社が融資を受けるため、パンフレットや名刺を作って実体があるように見せかけていた。決算書の税務署印も偽造していた」と話した。 捜査2課によると、堀、中林両容疑者らは03年10月、雑貨卸売会社「鳩企画」が実体がないのに、決算書を偽造して返済能力があるよう装い、同行から1億5千万円の融資を引き出したとして逮捕された。この融資を申請する直前、両容疑者らが集まり、決算書偽造などについて話し合っていたという。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0912/TKY200909120247.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

許可取消「km」タクシー、再び街へ 他社移管し営業へ(13日)

 運転手の超過勤務問題で事業許可が取り消された国際自動車(東京都港区)は、12日から営業できなくなった。ところが同社のタクシー約300台は、別のタクシー3社でそのまま利用される見通しになった。3社はフランチャイズ契約を結んで「km」グループ入りし、タクシーは「km」マークをつけたまま。運転手も、100人規模で転籍できるという。

 国際自動車は「利用者や運転手に迷惑がかからないように対処した結果」としており、国土交通省関東運輸局も「処分後に会社側でとった善後策で、『処分逃れ』には当たらず、全く問題ない」としている。

 新たにグループ入りするのは、森永タクシー(同葛飾区)など森永グループの3社。2社はチェッカーグループに属し、1社は大手グループに属さずに営業していた。3社は今後、保有する計297台をすべて処分し、国際自動車で使えなくなったkm車を新たにリースする。運転手も100人以上受け入れる準備があるという。10月末をめどに営業を開始する方針だ。

 国際自動車のハイヤー事業は別の子会社が継承する見通し。ただ、今回の処分をきっかけにハイヤーの契約解除を申し出るケースが数件あり、事業規模は縮小されるという。

 国際自動車では、運転手の超過勤務や休憩時間不足などが相次いで発覚。関東運輸局は2日、大手タクシーとして全国で初めて、同社の事業許可を取り消す処分をした。車や運転手をどうするかが懸案となっていた。(佐々木学) Logo3 http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY200909120254.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月14日 »