« 2009年9月7日 | トップページ | 2009年9月9日 »

2009年9月8日

2009年9月 8日 (火)

千葉・茂原市で10分間にコンビニ2店が相次いで襲われる強盗事件 同一犯か(8日)

千葉・茂原市で8日未明、わずか10分の間にコンビニエンスストア2店が相次いで襲われる連続強盗事件があった。
8日午前3時前、茂原市本小轡(ほんこぐつわ)のコンビニで「強盗に入られた」と、110番通報があった。2人組の男は、バールのようなものと刃物を持って押し入ったが、事務所にいた店長が非常ベルを鳴らしたため、何も取らずに逃げた。
そのおよそ10分後、茂原市六ツ野のコンビニに2人組の男が押し入り、「金を出せ」などと男性店員を持っていた刃物などで脅し、現金およそ30万円を奪い逃走した。
店員らに、けがはなかった。手口や犯人の特徴がよく似ていることから、警察は、同一犯による連続強盗事件とみて調べている。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00162556.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(8、9日
  (単位・レベル)

2 だから警察安全相談

【治安コラム】テレビアニメ「ケロロ軍曹」などの声優として知られる池沢春菜さんのホームページの掲示板に名誉を傷つける書き込みをしたり、面会を迫る電子メールを送ったりしたとして、ファンの男が名誉棄損とストーカー規制法違反の疑いで逮捕、起訴されていた。

 逮捕されたのは、盛岡市に住む27歳の無職男で、逮捕したのは警視庁町田署。
起訴状によると、男は、池沢さんのホームページの掲示板に、「気分で物事を言うほら吹き」などと書き込み名誉を傷つけた。また2月から4月にかけて、携帯電話から「張り裂けそうな気持ちもわかってよ」「新幹線で2時間だから盛岡まで来てよ、一人で」などと16回にわたって電子メールを送信したとして、ストーカー規制法違反に問われた=読売新聞電子版

 かたや、出会い系サイトで知り合った女性から現金をだまし取ったとして逮捕された男性が、起訴猶予処分となった。出会い系サイトに「愛人募集中」などと書き込み、応募してきた女性から保証金名目で現金をだまし取ったとして、41歳の男が逮捕されたもので、警視庁によると、男性は容疑を認めていたという。

 同じ東京地検の話しだ。まあ、そもそも「愛人募集」に応募するほうも公序良俗に反する行為であり、猶予されても、しかたがない部分もあり、逮捕監禁を門前払いにする千葉地検よりはましなほうだ。

 こうした「起訴猶予」とか「不起訴」であっても、警察は、訴えられたり、相談を受けて処理しなかったりすると、国民のバッシングに遭う。

 このため、国家公安委員会・警察庁は、「警察安全相談の充実」について、「危害の未然防止のために適切な対応がとられた事例がある一方、相談後に重大事案に発展した事例や、適切な対応がとられなかったとして苦情申し出の事例もあった」として、警察安全相談に対しては、適切な対応を的確にとることで国民の生命・身体の安全の確保を図ることが必要としている。全て警察の責任にされることを認識すべきである。首都東京の治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗:大阪市の天王寺動物園 男2人が売店から5万円奪う(8日)

 8日午前11時50分ごろ、大阪市天王寺区茶臼山町の天王寺動物園で、男2人が売店の女性スタッフにナイフを突きつけ、現金約5万円を奪って逃走した。けが人はなかった。大阪府警天王寺署は強盗事件として、逃げた男の行方を追っている。

 動物園は園内放送で「強盗事件があり、捜査のため一時退園をお願いします」などと呼びかけ、入園者を退園させている。Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090908k0000e040081000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国経由で北の覚せい剤、日本人2人密輸図る(8日)

【延吉(中国吉林省)=牧野田亨】北朝鮮に隣接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州の当局が覚せい剤密輸に関与したとして日本人2人を拘束、起訴した事件で、地元公安筋は本紙に、2人が北朝鮮から中国に密輸された覚せい剤を日本に持ち込む計画だったことを明らかにした。  2人のほか、北朝鮮と中国出身の男女計5人が拘束されていたことも判明。北朝鮮製覚せい剤を中国経由で日本に運ぶ密輸グループの存在が明るみに出た。

 同筋が明らかにした起訴状の内容によると、日本人2人は東京都出身の長野文智(37)、滋賀県出身の間屋口晃(44)両被告。長野被告は昨年10月初旬、日本国内で中国人の男(41)と接触、50万円の報酬で覚せい剤密輸を引き受けた。これを受け、延辺朝鮮族自治州竜井市に住む別の中国人の男(38)が平壌滞在の北朝鮮の女(24)に電話で覚せい剤の準備を指示。女は、10月下旬に竜井市三合鎮の中朝国境付近に覚せい剤約1・2キロ・グラムを持参して指示した男に渡した。覚せい剤は、10月末に遼寧省瀋陽市を訪れた長野、間屋口両被告に渡された。両被告は8月20日の初公判で起訴事実を否認したという。(2009年9月8日14時50分  読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090908-OYT1T00598.htmYomiuri_koudoku1_5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「痴漢サイトに刺激され…」実行相次ぐ、掲示板100超(8日)

 「JR○○線で痴漢をする会」などと痴漢行為を呼びかけるインターネット掲示板に刺激され、電車内で痴漢をしたという男が、今年に入り相次いで警視庁に逮捕されている。

 ネット上には数年前から、こうした「痴漢サイト」が乱立しており、事態を重視した同庁はサイト運営者などに削除要請するとともに、14日からは機動隊やスリ担当捜査員なども投入し、サイトで名前の挙げられた路線を重点的に取り締まる方針だ。

 「痴漢サイトを見て、自分で確かめたくなった」今年4月にJR埼京線の赤羽―十条間で、女子高生の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の容疑で警視庁に現行犯逮捕された会社員の男(23)はこう供述した。この男はわざわざ静岡から上京し、通勤ラッシュ時間帯に埼京線に乗り込んでいた。

 同庁によると、痴漢の検挙件数は、ここ数年1500~1800件台で推移しており、今年上半期も708件。こうした中、最近、検挙した容疑者の供述で目立つのが「痴漢サイトに刺激されて」というものだという。今年5月、埼京線で女性に触り、同条例違反容疑で現行犯逮捕された会社員の男(33)や、6月にやはり同容疑で逮捕された会社員の男(50)なども、いずれも「普段、通勤に使う路線ではないが、痴漢サイトを見ているうちに興味がわいた」などと話したという。

 ネット上には特定の路線を名指しして、痴漢の情報交換をする掲示板が増え始め、警視庁が把握しているだけでも、その数は100以上に上る。中には、具体的に発車時間や車両を指定して、痴漢を呼び掛ける内容のものもあるという。同庁はサイト運営者への削除要請などのほか、痴漢被害が多いJR埼京線、中央線、総武線や、私鉄の京王線など計9路線を中心に警察官を重点配置し、取り締まりを強化する方針だ。

 対策・予防研究へ  電車内の痴漢被害が深刻化していることを受け、警察庁は来年度にも、大学教授や鉄道事業者、被害者支援団体らで作る研究会を設置し、対策を検討する。被害実態を把握するため、東京都内の女子中や女子高を対象にしたアンケート調査を実施するほか、過去の事件の分析や、実際の電車を使った実験などで、被害の予防や検挙の方法なども研究するという。同庁は先月、首都圏や近畿地方の警察本部に対し、対策を強化するよう指示。千葉県警は、電子メールによる被害相談の受け付けを始めた。同庁幹部は「恥ずかしさから被害届を出せないケースも多い。悪質な事件には集中的に捜査員を投入したい」と話している。(2009年9月8日14時57分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_4 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090908-OYT1T00606.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速上の遺体、東京・狛江の主婦か 神奈川・山北(8日)

7日午後11時ごろ、神奈川県山北町向原の東名高速道路下り線左ルートを大型トラックで走行していた男性運転手(35)=神奈川県厚木市=から、「動物のようなものをはねた」と非常電話で通報があった。県警高速隊が調べたところ、足が切断されるなど損傷した人の遺体が約300メートルにわたって道路上に散乱していたという。

 県警高速隊によると遺体は東京都狛江市の40代の主婦とみられる。近くの路側帯にガードレールと接触した跡があるワゴン車が止まっており、車内にこの女性の免許証があったという。同隊は、ワゴン車が事故を起こし、運転していた女性が外に出て、トラックや、その前に通りかかった車両にはねられた可能性があるとみて調べている。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0908/TKY200909080124.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

悪口の手紙を600通 傷害容疑で66歳女を逮捕 鹿児島(8日)

鹿児島県警指宿署は8日、同県内の女性(81)に悪口を書いた手紙約600通を送り精神的傷害を負わせたとして、傷害容疑で大阪市都島区内代町、無職、松木道子容疑者(66)を逮捕した。同署によると、女性は松木容疑者の関係者。差出人欄に同容疑者の名前が書かれていたが「悪いことはしていない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成19年6月から21年6月まで、土地や金銭をめぐり実在しないトラブルを並べ立て、女性に対し「ばかにされた」と因縁を付ける内容などのはがき約600枚を送付。女性に約3カ月間の通院治療が必要となる精神的傷害を負わせた疑い。

 同署は「松木容疑者が周囲からの説得に応じず手紙送付をやめなかったため、逮捕が必要と判断した」としている。Banner_logo_051_5 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/299529/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ攻略法で情報会社に400万円の賠償命令 千葉地裁佐倉支部(8日)

購入したパチンコ攻略情報が当たらず損失が出たとして、千葉県四街道市の男性会社員がパチンコ情報会社「インサイド」(東京)に情報料約400万円の返還を求めた訴訟で、千葉地裁佐倉支部は8日、請求通り約400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 荒木未佳裁判官は、同社側が口頭弁論に出ず答弁書などを提出しなかったとして、民事訴訟法の規定に基づき「請求された事実を自白したとみなす」とした。

 判決によると、インサイドは「どんな方でも1日2~3万円は必ず得られる」などと攻略情報の購入を勧誘。男性は平成18年10月から10回にわたり計約420万円を払ったが全く効果はなかった。その後同社側は男性に「和解金」として約20万円を支払った。Banner_logo_051_4 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/299572/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

高相容疑者「逮捕直前は1日に2回使用」と供述(8日)

女優の酒井法子被告(38)の覚せい剤取締法違反事件に絡み、夫の高相祐一容疑者(41)=同法違反(所持、使用)の罪で起訴、同法違反(所持)容疑で再逮捕=が、警視庁の調べに「逮捕直前は1日2回ほど覚醒(かくせい)剤を使っていた」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は常習性を裏付けるものとみている。

 高相容疑者は8月3日未明、東京都渋谷区の路上で職務質問された際、覚醒剤を隠し持っていたとして同法違反(所持)で現行犯逮捕された。また、前日の2日ごろに港区の青山公園の公衆トイレで覚醒剤を吸引したとして使用容疑でも追送検され、いずれも起訴されている。千葉県勝浦市内の別荘の部屋からは覚醒剤0・097グラムが見つかり、8月23日に再逮捕された。

 捜査関係者によると、高相容疑者はこれまでの調べに「逮捕される直前は1人で頻繁に覚醒剤をやっていた」と説明する一方、「妻とも一緒に何度も使ったが、妻には『やりすぎるな』と言っていた」などと供述。高相容疑者の勾留(こうりゅう)期限は11日で、警視庁と東京地検は夫婦での詳しい使用実態についても詰めの捜査を進めている。Banner_logo_051_3 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/299524/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“自供男”病死、真相闇に 住銀射殺事件14日時効(8日)

住友(現三井住友)銀行名古屋支店長の畑中和文さん=当時(54)=が、自宅のある名古屋市千種区のマンションで射殺された事件が十四日午前零時に公訴時効を迎える。バブル崩壊後の社会に衝撃を与え、企業テロの疑いも取りざたされたが、未解決のまま捜査を終えることになる。

 市東部の丘陵地に建つ高級マンション。一九九四年九月十四日午前七時すぎ、その最上階の通路で、パジャマ姿の畑中さんが倒れているのを住民が見つけた。駆けつけた愛知県警の捜査員は現場の光景が忘れられない。「首を垂れて座り込み、額から一筋の血が流れていた」当時はバブル崩壊後の混乱期で、企業幹部を狙った凶悪犯罪が多発。畑中さんが不良債権処理に取り組んでいたこともあり、特別捜査本部は「企業テロ」とみて走り始めた。

 その二カ月後、「強盗目的でやった」と“自供”する男が現れる。別の銃刀法違反事件で、大阪府警に逮捕された故・近藤忠雄元受刑者=当時(73)。「最大の証拠である拳銃を持っており解決は近いと感じた」。当時の捜査幹部は振り返る。近藤元受刑者には大学関係者を拳銃で脅し、約三億円を奪って服役した過去もあった。だが、元受刑者の供述からは矛盾が噴き出す。身長も、弾道から推定される犯人像に届かない。やがて否認に転じ「別の二人組の共犯者が撃った」などと供述は迷走した。

 テロを念頭に、膨大な取引先の洗い出しを進める一方、暴力団関係者ら約六十人を取り調べた。元受刑者は別の強盗未遂容疑などで計四回逮捕。心を開かせようと、捜査員が実家の墓掃除や母の世話までしたが、今年一月に獄中で病死した。元受刑者に拳銃を渡した元暴力団幹部も、入手先については「命が惜しいから勘弁してくれ」と背後関係には口を閉ざした。投入された捜査員は延べ十五万二千七百人。捜査対象者は千七百人に上り、三万八千台の車を調べた。当時の捜査幹部は「事件の詳細を知るであろう人物を逮捕しながら解決できなかった。遺族に申し訳ない」と声を落とした。Head_logo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009090702000054.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

出会い系サイトで知り合った女性から現金を詐取したとして逮捕された男性が起訴猶予に(8日)

出会い系サイトで知り合った女性から現金をだまし取ったとして逮捕された男性が、起訴猶予処分となっていたことがわかった。この事件は、出会い系サイトに「愛人募集中」などと書き込み、応募してきた女性から保証金名目で現金をだまし取ったとして、41歳の男性が逮捕されたもので、警視庁によると、男性は容疑を認めていた。東京地検は8月28日、男性を起訴猶予処分にした。 Logo1http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00162526.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

隣部屋の男性を包丁で刺す 男を逮捕 東京(8日)

7日夜、東京・中野区のアパートで、隣の部屋に住む60歳の男性を包丁で刺して殺害しようとしたとして、無職・渡辺哲容疑者(57)が殺人未遂の疑いで警視庁に逮捕された。男性は重傷。 警視庁の調べに対し、渡辺容疑者は、「酔っていて、よく覚えていない」などと話している。2人は普段からトラブルがあったという。Noimage_120x901 http://www.news24.jp/articles/2009/09/08/07143343.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

芸能界の薬物一掃 警視庁と業界団体が協議へ(8日)

芸能人による薬物事件が相次いでいる事態を受け、警視庁などは7日、芸能プロダクションが加盟する業界団体などと9日に薬物乱用根絶のための意見交換会を開く方針を決めた。捜査当局が芸能界関係者とともに薬物対策を協議するのは極めて異例。

関連記事

記事本文の続き 意見交換会には、行政側から警視庁と厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部、東京都の各担当者が出席。「日本音楽事業者協会(音事協)」など業界3団体とともに、タレントやアーティストの管理、違法薬物の撲滅のための啓発活動について話し合うとみられる。

 警察庁の安藤隆春長官は8月20日の記者会見で、「芸能人による薬物事件は社会に与える影響力が大きい」としたうえで、「芸能関係者は薬物を一掃するよう再発防止に真剣に取り組んでもらいたい」と述べ、薬物対策に本腰を入れるよう要請していた。

 押尾学被告(31)や酒井法子被告(38)の元所属事務所など約100社が加盟する音事協は、「関係団体と連携しながら薬物撲滅対策を進めたい」としている。Banner_logo_051_2 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/299275/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋女性変死:知り合いの37歳逮捕 麻薬違反容疑(8日)

名古屋市北区若葉通のマンション室内で職業不詳、米森奈穂さん(18)が意識不明で発見され、病院で死亡が確認された事件で、愛知県警は7日、米森さんに薬物を渡したとして住所不定、無職、大森美樹容疑者(37)を麻薬向精神薬取締法違反容疑で逮捕した。県警は、大森容疑者が米森さんの死亡についても事情を知っているとみて追及する。

 容疑は8月28日ごろ、同市守山区白沢町のアパートで、米森さんに睡眠導入剤数錠を無償で譲り渡したとしている。県警捜査1課と北署によると、大森容疑者は米森さんと知り合いだった。調べに対し、容疑を認めているという。

 米森さんは8月29日夜、マンション室内で倒れていた。窓ガラスが割られ、室内に金づちが残されていた。北署によると、大森容疑者はこの直前、知人男性に救急車を呼ぶよう依頼し、姿を消していた。7日午後、北署に出頭した。調べに対し、米森さん方に窓を割って入ったことなどを認めているという。司法解剖の結果、米森さんの血液から睡眠導入剤の成分を検出した。遺体に外傷などはなく、死因は特定できなかった。【福島祥、山口知】Logo_mainichi1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090908k0000m040143000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

流出被害拡大…「ウィニー」より怖い「シェア」(8日)

「シェア」と呼ばれるファイル交換ソフトによる映画の著作権侵害が相次いでいる。8月には京都府警と埼玉県警が、インターネット上に新作映画の映像などを流したとして、それぞれ会社員と無職の男を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。

 ファイル交換ソフトといえば「ウィニー」がよく知られるが、シェアのほうがタチが悪いという人もいる。一体どんなソフトなのか。ファイル交換ソフトを使うと、個々のパソコン同士でファイルをやり取りできるようになる。ウィニーもシェアも基本的な仕組みは同じだ。

 だが、日本国際映画著作権協会(JIMCA)の萩野正巳・広報室長は「ウィニーよりシェアのほうが怖い」と言い切る。JIMCAが昨年11月、人気映画「アイアンマン」についてネット上への流出状況を調べたところ、ウィニーによるものが3本だったのに対し、シェアは17本を数えた。ネットワークセキュリティー会社「ネットエージェント」(東京)によれば、シェアが一度に交換できるファイルの容量は、ウィニーの約16倍。このため、映画のように容量の大きなソフトを短時間で交換することが可能という。

 また、ウィニーが一つのファイルをまとまった形でやり取りするのに対し、シェアでは、ファイルが多くの断片に分かれて複数のパソコンに流出するため、最初にファイルを流した人物が特定されにくい。2004年頃から国内を中心に出回り始めたシェアの開発者は不明だが、同社の調査では、現在約16万人が利用している。ウィニーの約30万人には及ばないものの、ウィニーの利用者が減りつつあるのに対し、シェアはじわじわと増えている。同社の杉浦隆幸社長は「ウィニーは開発者が逮捕されるなどして、危ないソフトというイメージが広がったため、シェアに利用者が移っているのでは」と推測する。

 映画のほかにも、音楽、ゲーム、アニメ……。ファイル交換ソフトで流出するソフトの種類は多岐にわたる。コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)などが06年に行った調査では、ウィニーだけでも、わずか6時間に約416万件ものファイル流出が確認された。著作権侵害の被害額に換算すると、約100億円分に上る。では、シェアも含めた被害額は? 「天文学的数字になる」とACCSは頭を抱える。対策は急務だが、特効薬はまだ見つかっていないのが実情のようだ。(河村武志)(2009年9月8日00時12分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_3 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090907-OYT1T01176.htm?from=main6

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性声優にストーカー容疑、面会迫るメール(8日)

テレビアニメ「ケロロ軍曹」などの声優として知られる池沢春菜さんのホームページの掲示板に名誉を傷つける書き込みをしたり、面会を迫る電子メールを送ったりしたとして、ファンの男が名誉棄損とストーカー規制法違反の疑いで逮捕、起訴されていたことが、7日わかった。

 捜査関係者によると、男は盛岡市、無職佐々木潤被告(27)。7月10日に警視庁町田署に逮捕され、同30日に名誉棄損の罪とストーカー規制法違反で起訴された。起訴状によると、佐々木被告は2月、池沢さんのホームページの掲示板に、「気分で物事を言うほら吹き」などと書き込んで、名誉を傷つけたとされる。また、2月から4月にかけて、携帯電話から「張り裂けそうな気持ちもわかってよ」「新幹線で2時間だから盛岡まで来てよ、一人で」などと16回にわたって電子メールを送信したとして、ストーカー規制法違反に問われている。

 池沢さんは、テレビアニメ「ケロロ軍曹」のヒロインの一人を務め、「ふたりはプリキュア マックスハート」などにも声で出演した。(2009年9月8日03時14分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090908-OYT1T00035.htm?from=main4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉県庁で不正経理30億円、一部私的流用か(8日)

千葉県で2007年度までの5年間に約30億円に上る不正経理が行われていたことが7日、県への取材でわかった。「預け」などの手口で全庁的に行われ、県警も含まれていた。県は、このうち約1億1000万円分は県庁、業者双方に記録がないなど私的流用の疑いがあるとみている。県は9日に調査結果を公表後、不正経理にかかわった職員らの特定を進め、処分などを検討する。

 自治体の不正経理問題は、会計検査院が昨年10月に調査結果を発表して以降、各地で発覚。愛知県では、2008年度までの8年間で約14億9000万円にのぼることが明らかになった。千葉県は会計検査院の調査結果発表後、農林水産省と国土交通省の国庫補助事業を扱う部署を対象に内部調査を始めた。

 その後、県警の内偵から、農林水産部職員(当時)が今年2月、「預け」の手口で公金約150万円をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された。5~6月には他の2人の農林水産部職員(当時)が計約2150万円を詐取したとして逮捕され、3人のうち2人に1審で有罪判決が出ている。県は事件を受け、調査対象を全庁に拡大。内部調査を行うとともに、7月には、弁護士など有識者による外部審査委員会を発足させ、検証作業を進めていた。

 内部調査にかかわった県幹部は「処分者が1000人を超えてもおかしくない。ほぼ全部の部署で不正経理が認められた。ここまでひどいとは思わなかった」と話している。

 ◆預け◆ 商品を架空発注して代金を業者の口座にプールして管理させ、後日購入した別の商品の代金などをその口座から支出する手法。正規の予算執行手続きを経ずに物品が購入でき、私的流用の温床とされる。(2009年9月8日03時04分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090907-OYT1T00942.htm?from=top

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

橋から運河に飛び込む 高2が心肺停止 東京(8日)

 7日午後11時5分ごろ、東京都大田区東海1丁目の京浜運河で、「飛び込んで遊んでいたら1人が行方不明になった」と119番通報があった。警視庁大森署によると、高校生ら6人が運河にかかる大和大橋から飛び込むなどして遊んでいたところ、都内に住む私立高校2年の男子生徒(16)が行方不明となった。男子生徒は約3時間後に約20メートル離れた川底で沈んでいるのが発見されたが、心肺停止の状態という。

 同署によると、男子生徒は友人の高校生ら5人と現場に来た。10時20分ごろ、友人2人が橋から飛び込み、自力で護岸に上がった。その15分後に男子生徒と別の少年が飛び込んだ。男子生徒がおぼれたため、さらに1人が飛び込んだという。飛び込まなかった少年が119番通報したという。  橋から水面までは約8メートルあり、水深は約4メートルあるという。 現場は、東京都中央卸売市場大田市場の北西約500メートルの倉庫や物流センターが集まる一角。Logo3  http://www.asahi.com/national/update/0908/TKY200909070410.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒井法子被告出演 裁判員制度映画のお蔵入りに怒りの反対署名(8日)

女優で歌手の酒井法子被告(38)=覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴=が出演し、お蔵入りとなった裁判員制度PR映画「審理」(原田昌樹監督)の再公開と保存を求める署名活動の輪が広がっている。実は、映画はガンで余命を宣告され、52歳の若さで亡くなった原田監督が渾身の思いで撮った遺作。作品自体の価値があらためて見直されている。 活動は、ネット署名サイト「署名TV」で、評論家の切通理作氏が8月18日に開始した。7日朝現在で集まった署名は333人分。今月末に締め切り、最高裁に提出する予定だ。

 映画「旅の贈り物 0:00発」やテレビのウルトラマンシリーズなどを手がけた原田監督は、がんで余命を宣告されながら、一昨年12月から「審理」の撮影を開始した。だが、完成後の昨年2月28日に帰らぬ人となった。切通氏は原田監督が「誰一人重い病気だと気づかなかったぐらい、気力を限界まで振り絞って作られました」と振り返る。作品についても「重く、固くなりがちな裁判映画の中で、見る者の心をやわらかくする。1本の映画として感銘を受けた人々も少くない」という。

 「審理」は裁判員制度PRのため、最高裁が企画・製作した映画で、約7100万円の製作費を投じた。殺人事件の裁判員裁判を描いたストーリーの中で、酒井被告は裁判員のヒロイン役だった。賛同した署名者のコメント欄には「演者が罪を犯したとしても、それは登場人物や作品には関係ない」といった声も少なくない。

 切通氏によると、原田監督は生前、こう語っていたという。「人を愛する気持を、ちゃんと作品の中に入れたいですね。生きてるものにはそれぞれ意味がある。登場人物は、たとえそれがどんな存在でも愛してますよ」Banner_logo_051 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/299274/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月7日 | トップページ | 2009年9月9日 »