« 重大犯罪の時効撤廃、法務省が諮問先送り方針(26日) | トップページ | 酒井法子容疑者覚せい剤事件 「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」と供述(26日) »

2009年8月26日 (水)

北から覚せい剤密輸?中国で日本人2人起訴(26日)

【瀋陽=牧野田亨】北朝鮮との国境にある中国吉林省延辺朝鮮族自治州の公安当局が、覚せい剤密輸事件にからんで邦人男性2人を拘束、麻薬等密輸罪で起訴していたことが25日わかった。中国筋が明らかにした。

 2人は昨年、覚せい剤を所持していたとして、吉林省に隣接する遼寧省瀋陽市で拘束された。吉林省中級人民法院に起訴され、今月初公判も開かれたという。具体的な起訴事実は不明。同自治州は北朝鮮製覚せい剤の密輸拠点。地元公安当局は取り締まりを強化している。中国は覚せい剤密輸に厳罰を科しており、所持量によっては死刑もありうる。(2009年8月26日03時39分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090825-OYT1T01360.htm?from=main4

 

« 重大犯罪の時効撤廃、法務省が諮問先送り方針(26日) | トップページ | 酒井法子容疑者覚せい剤事件 「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」と供述(26日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46032251

この記事へのトラックバック一覧です: 北から覚せい剤密輸?中国で日本人2人起訴(26日):

« 重大犯罪の時効撤廃、法務省が諮問先送り方針(26日) | トップページ | 酒井法子容疑者覚せい剤事件 「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」と供述(26日) »