« 震度4なのに「6弱」 震度計、全国26台で不正確(22日) | トップページ | 偽造のJTB商品券、731万円分使われる 東京(22日) »

2009年8月22日 (土)

警官が免許偽造、公道走った容疑 広島県警の内部試験(22日)

 広島県警広島中央署に勤務する20代の男性警察官が、自動車運転免許証を所持していないのに、偽造した免許証を提出して捜査車両を運転するための県警内の試験を受け、試験車両で公道上を走行していたことが県警への取材でわかった。県警は道路交通法違反(無免許運転)と公文書偽造・同行使の疑いで男性警官から事情を聴いている。

 県警によると、男性警官は呉署に所属していた昨年春と、広島中央署に異動した後の今年夏の計2回、自分が所持している自動二輪免許のコピーに手を加え、自動車免許のように装った書類を署に提出し、試験を受けた。教習や技能試験で数回、教官を助手席に乗せて公道を走行したという。試験結果は2回とも不合格だったという。

 2回目の試験後の今年7月、県警が提出書類と実際の免許証を照合して、不正に気付いたという。県警監察官室は「内部調査を踏まえて厳正に対処する」としている。http://www.asahi.com/national/update/0821/OSK200908210178.html Logo3_2

 

« 震度4なのに「6弱」 震度計、全国26台で不正確(22日) | トップページ | 偽造のJTB商品券、731万円分使われる 東京(22日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警官が免許偽造、公道走った容疑 広島県警の内部試験(22日):

« 震度4なのに「6弱」 震度計、全国26台で不正確(22日) | トップページ | 偽造のJTB商品券、731万円分使われる 東京(22日) »