« 自宅庭で大麻草栽培した疑い、男逮捕(22日) | トップページ | 「復縁できなければ殺す」女子大生の首絞め逮捕 千葉(22日) »

2009年8月22日 (土)

酒井容疑者、日食奄美で子連れシャブ旅行(22日)

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された女優で歌手、酒井法子容疑者(38)が、7月下旬に鹿児島・奄美大島を家族旅行した際も覚せい剤を使用した疑いのあることが21日、分かった。夫の高相祐一容疑者(41)が「奄美大島でも妻と一緒に使用した」と供述。覚せい剤をストローに詰めて持ち運びやすいようにしたことも明かした。10歳の長男を連れた旅先での使用は、常習のさらなる裏付けともなりそうだ。

 親子3人で訪れた夏休みの奄美大島旅行でも、酒井容疑者は覚せい剤を手放せなかったのか。3日に覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された高相容疑者は21日に起訴。これまでの調べに、覚せい剤“使用実態”について、7月下旬に訪れた奄美大島旅行の“出来事”にも触れていたことが新たに判明した。

 捜査関係者によると、「奄美大島では自分で覚せい剤をやり、妻の分も用意した」と所持を供述。さらに「妻と一緒にやった」と使用も認めた上で、旅行に適した“ポータブル仕様”にしたことも明かした。高相被告は、酒井容疑者の分として、持ち運びに便利な手段として覚せい剤をストローに詰めたという。

 奄美大島へは、学校が夏休みに入ったばかりの7月20日から30日まで滞在。46年ぶりとなった日本での皆既日食を観測するため、酒井容疑者は夫と10歳の長男と訪れていた。島内では、長男をはじめ複数の子供たちと笑顔で記念撮影をする酒井容疑者の姿が見られたという。一方で、地元住民に話しかけられ「ハイ!ハイ!ハイ!」と異常なハイテンションで返事をしていたという目撃情報も。

 “よきママ”を演じながら、我が子が身近にいる環境で薬物を吸引していたとすれば、その“ギャップ”はあまりにも悲惨だ。夏休みの家族旅行にまで覚せい剤を持ち込んだ夫婦の姿は、常習性を裏付ける重要な証拠ともなりそうだ。

 また、毛髪検査で覚せい剤の陽性反応が出た酒井容疑者の供述にも変化が。8日に逮捕された当初は使用について「覚えていない」と曖昧にし、取り調べが進んだ後も「昨年の夏から夫に勧められて」「10回ぐらいやった」と使用歴が短い返答を繰り返していた。高相被告の「4年ほど前に妻に覚せい剤を勧めた。妻も常習的に吸っていた」という供述に対し、使用時期が完全にズレていたが、新たに「昨年夏以前にも覚せい剤を使用した」と認める供述を始めたという。

 さらに捜査関係者によると、高相被告が新供述として「逮捕される前に妻と一緒に覚せい剤を使っていたから、(自分の)尿検査で反応が出た」と語っていることも明らかになった。今月1日から2日にかけて、夫妻は一緒に、微量の覚せい剤が押収された千葉・勝浦市の別荘に滞在。警視庁はここでも夫婦で使用した疑いがあるとみて捜査している。

 酒井容疑者が28日に迎える拘置期限まで1週間。具体的な所持、使用実態はいまだ明らかになっていないが、夫の供述などにより“のりピー常習”はまぬがれない雲行きになってきた。http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/292576/Banner_logo_051_2

 

« 自宅庭で大麻草栽培した疑い、男逮捕(22日) | トップページ | 「復縁できなければ殺す」女子大生の首絞め逮捕 千葉(22日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/45994870

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井容疑者、日食奄美で子連れシャブ旅行(22日):

« 自宅庭で大麻草栽培した疑い、男逮捕(22日) | トップページ | 「復縁できなければ殺す」女子大生の首絞め逮捕 千葉(22日) »