« 北から覚せい剤密輸?中国で日本人2人起訴(26日) | トップページ | 巡査部長、酩酊状態でひき逃げか 危険運転立件も視野(26日) »

2009年8月26日 (水)

酒井法子容疑者覚せい剤事件 「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」と供述(26日)

酒井法子(本名・高相法子)容疑者(38)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された事件で、酒井容疑者が失跡中に連絡を取っていた会社社長が初めてインタビューに応じ、当時の酒井容疑者の様子を語った。
失跡中を知る建設会社社長は「酒井容疑者は、わたしが(現場に)行ったときに、もうほとんど泣きじゃくってさ。あいつ(高相容疑者)が『酒井法子はおれの女房』とでかい声を上げたらしい。刑事さんには、『酒井容疑者はおれの車に乗せておかないと、顔もわれるし写真も撮られたりしたらかわいそうだ』と。『いいですよ』と言うから、了解を得て、おれの車に乗ったわけだよ」と話した。
酒井容疑者は、夫の高相祐一容疑者(41)が逮捕された8月3日から8日の出頭までの6日間、行方がわからなくなっていた。
建設会社社長は「(酒井容疑者は)母親に『楽になりたい、死にたい、こんな大騒ぎを起こして申し訳ない』と言っていた。(出頭前は?)泣いてるよ。思い出したら泣いてたよ。子どものこと思い出してさ。おれに覚せい剤なんてこと言えば、はっきり言って、もうちょっと早く出頭させたよ」と話した。
酒井容疑者は、これまでの調べに対し、「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」などと供述していて、警視庁では、失跡直前に覚せい剤を使用していた疑いもあるとみて調べている。
Logo1 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 北から覚せい剤密輸?中国で日本人2人起訴(26日) | トップページ | 巡査部長、酩酊状態でひき逃げか 危険運転立件も視野(26日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46032297

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子容疑者覚せい剤事件 「覚せい剤を抜くために逃げようと思った」と供述(26日):

« 北から覚せい剤密輸?中国で日本人2人起訴(26日) | トップページ | 巡査部長、酩酊状態でひき逃げか 危険運転立件も視野(26日) »