« 酒井さんの携帯、山梨で電波途絶える(5日) | トップページ | 耳かき代に月40万円 容疑者のストーカー心理(6日) »

2009年8月 5日 (水)

クリントン氏、拉致問題の解決求める(5日)

アメリカのクリントン元大統領が、北朝鮮の金正日総書記と会談した際に、日本人などの拉致問題の解決を求めていたことがわかりました。 アメリカ政府高官への取材で明らかになったところによりますと、クリントン元大統領と金正日総書記は4日、夕食を含め3時間15分にわたって会談を行いました。 会談では、2人のアメリカ人ジャーナリストの釈放について話し合われたほか、クリントン元大統領は「日本人や韓国人の拉致被害者を釈放すれば、さまざまな面でプラスになるだろう」と述べ、拉致問題の解決が、核や米朝関係など、ほかの問題の進展にもつながると訴えたということです。クリントン元大統領は、釈放された2人の女性ジャーナリストとともに、日本時間の今夜、ロサンゼルスの空港に到着する予定になっています。(05日20:22) Logo2_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4202476.html

 

« 酒井さんの携帯、山梨で電波途絶える(5日) | トップページ | 耳かき代に月40万円 容疑者のストーカー心理(6日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリントン氏、拉致問題の解決求める(5日):

« 酒井さんの携帯、山梨で電波途絶える(5日) | トップページ | 耳かき代に月40万円 容疑者のストーカー心理(6日) »