« パチンコ店で7人縛られ2300万円奪われる(25日) | トップページ | 東京・赤坂で暴力団排除のネットワーク設立(25日) »

2009年8月25日 (火)

グーグルのストリートビュー、総務省「差別への対策を」(25日)

総務省は24日、インターネット検索大手グーグルに対し、インターネット上で道路沿いの映像が見られる同社のストリートビュー(SV)サービスの映像が部落差別などに悪用されないよう、対策を求める方針を固めた。近く文書で要請する。

 同省は6月、SVなどのインターネット地図情報サービスは、原則として個人情報保護法違反やプライバシー・肖像権の侵害にはあたらないとの見解をまとめた。しかしその後、地方自治体や各地の部落解放同盟から、SVの映像を二次利用して「被差別部落」と言及するサイトがあるなど悪用されている、との指摘や意見が複数寄せられた。

 このため総務省は方針を転換し、25日に開く研究会の会合で二次利用に関する見解を追加する。そのうえでグーグルに、映像を二次利用する際の規約づくりや人権・プライバシーに配慮した二次利用法の啓蒙(けいもう)、自治体への周知などの対策を求める方針。 Logo3_2 http://www.asahi.com/national/update/0825/TKY200908240425.html

 

« パチンコ店で7人縛られ2300万円奪われる(25日) | トップページ | 東京・赤坂で暴力団排除のネットワーク設立(25日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46024545

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルのストリートビュー、総務省「差別への対策を」(25日):

« パチンコ店で7人縛られ2300万円奪われる(25日) | トップページ | 東京・赤坂で暴力団排除のネットワーク設立(25日) »