« 各地の大型病院で盗み500件…67歳女供述(10日) | トップページ | アミューズ、情報流出11万件確認 中国から不正アクセス(10日) »

2009年8月10日 (月)

日本列島振り込め詐欺(10日)2件

振り込め詐欺で川柳募集 岩手県警

News_pic1 振り込め詐欺の被害拡大をくい止めようと岩手県警察本部と盛岡市消費生活センターは被害の防止などを呼びかける川柳を募集しています。岩手県内ではことし6月までの半年間に振り込め詐欺の被害が31件あり、被害額はおよそ5500万円にのぼっています。そこで、岩手県警察本部と盛岡市消費生活センターは7月から9月までの3か月間を「振り込め詐欺撲滅!サマーキャンペーン」として啓発活動を行っています。その一環として、振り込め詐欺の被害防止について関心を高めてもらおうと川柳を募集することになりました。テーマは被害にあわないよう注意を呼びかけるものか犯人に犯行を思いとどまらせるもので、8月20日まではがきかファックス、Eメールで応募を受け付けています。宛先は郵便番号020−0878、盛岡市肴町2−29、盛岡市消費生活センター「振り込ま川柳」の係まで。ファックスは消費生活センターの番号で019−624−4123。Eメールは岩手県警察本部、「ip−event@pref.iwate.jp」です。寄せられた作品の中から最優秀賞などを選び表彰するとともに、今後の啓発活動で活用していくということです。岩手県警察本部は「被害を防止するには、まずは関心を持ってもらうことが大切なので、川柳がそのきっかけになってほしい」と話しています。http://www.nhk.or.jp/morioka/lnews/06.html

振り込め詐欺防止“関心低い”愛媛県警

News_pic1愛媛県内で「振り込め詐欺」の被害にあった人の4人に3人が、振り込め詐欺について家族と話したことがないことが警察のアンケートでわかりました。愛媛県警察本部では、家族を装って電話をかけてくるケースが多いとして、不審に思ったらあらかじめ家族の間で決めた合言葉を尋ねたりして被害を防ぐよう呼びかけています。このアンケートは全国の警察が振り込め詐欺の被害防止に活用しようと、ことし2月以降に、被害にあった人を対象に実施したもので、愛媛県では67人から回答を得ました。このうち、「振り込め詐欺について家族と話したことがない」と答えた人は50人で、率にして74.6%と、全国平均の47.8%より25ポイント以上、多くなっています。さらに「被害にあわない自信があった」と答えた人も48人、71.6%と、全国の平均の60%を10ポイントあまり上回りました。これについて愛媛県警察本部は、県内では被害を防止することに関心が低いのではないかと分析した上で、家族を装って電話をかけてくるケースが多いとして、お盆の時期で家族と会う機会も増えるので、あらかじめ家族の間で合言葉を決めておき、不審に思ったらそれを尋ねたりして被害を防ぐよう呼びかけています。http://www.nhk.or.jp/matsuyama/lnews/03.html

 

« 各地の大型病院で盗み500件…67歳女供述(10日) | トップページ | アミューズ、情報流出11万件確認 中国から不正アクセス(10日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(10日)2件:

« 各地の大型病院で盗み500件…67歳女供述(10日) | トップページ | アミューズ、情報流出11万件確認 中国から不正アクセス(10日) »