« 押尾学容疑者を起訴 MDMA使用の罪で東京地検(24日) | トップページ | 強盗傷害容疑:中3女子ら逮捕 男性誘い暴行 千葉(24日) »

2009年8月24日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京の体感治安(24、25日
  (単位・レベル)

2長官銃撃事件の犯人?

【治安解説】 すごいですねぇ、新潮45の9月号。「警察庁長官狙撃事件」で警視総監が握りつぶす真犯人ーとして、例の中村泰のことを書いています。読んでいると、ドラマのシーンのようなんです。

 濃紺色のコートを着て、マスクをつけて男は小雨に打たれながら、この建物の陰に身を沈め、獲物が出てくるのをじっと待っていた…前方にEポートのエントランス…その距離約22㍍…さほど時間がかからなかった…いつもと違う通用口から出てきた…

 まるで映画のワンシーン。但し、「現場に行かないで書くとこうなります」という例ですね。距離が違うのです。22という数字は全然わかりません。「どういう訳かこの日は通用口から出てしまった…」はマスコミの文。

 米国のATFの部分は良く調べてありますが…? 狙撃グループにはもうひとりの共犯がいた…仮に〝ハヤシ〟としておこう…(そして肝心のけん銃について)は、大島に向かうフェリーの上から海中に捨てた…

 なんと素晴らしい。全てマスコミに出ている事実ばかり。そう言えば、最初にガサ入れした際、長官事件のスクラップの山があったという。

 「海に捨てた」のくだりは平成7年5月にHの供述で出ているもので、捨てた人物はHT。それを聞いて驚いたのがHで、後の調べで、捨てたのはある物が入ったカバンでした。

 警察はすでに、物的証拠まで調べあげ、2003年10月に「白」と決定している人物なんです。「学問的に言えば」彼の言うけん銃と、犯行に使われた銃弾の線条痕が合わないのです。

首都の体感治安は「レベル2(ブルー)の現状とする。「日本列島振り込め詐欺」は、http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

  ★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪 ポイント100~80
レベル4 治安の悪化    ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向 ポイント 59~40
レベル2 治安の悪化の兆し ポイント 39~20
レベル1 平穏                ポイント 19以下
   【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等         80~50 
路上殺人や連続殺人・連続強盗・強姦70~60
広域重要事件               50~40
肉親殺人事件(家族の皆殺し事件)    40~50
放火殺人                  50~30
強盗殺人                  50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合   +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から -50から-10とする

その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり全くの「平穏」(レベル1)をはずしています。カラーの数字がレベルを表示しています。

 

« 押尾学容疑者を起訴 MDMA使用の罪で東京地検(24日) | トップページ | 強盗傷害容疑:中3女子ら逮捕 男性誘い暴行 千葉(24日) »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 押尾学容疑者を起訴 MDMA使用の罪で東京地検(24日) | トップページ | 強盗傷害容疑:中3女子ら逮捕 男性誘い暴行 千葉(24日) »